乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法令上、危険物の品名、物品名及び指定数量の組合せで、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.特殊引火物………ジエチルエーテル……… 50L
  2. 2.第1石油類………アセトン………400L
  3. 3.アルコール類………エタノール………1,000L
  4. 4.第3石油類……… 重油………2,000L
  5. 5.第4石油類……… ギヤー油………6,000L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、製造所等以外の場所において、指定数量以上の危険物を仮に貯蔵する場合の基準について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.貯蔵する期間は20日以内としなければならない。
  2. 2.貯蔵しようとする日から10日以内に市町村長等に申し出なければならない。
  3. 3.市町村条例で定める基準に従って、貯蔵しなければならない。
  4. 4.貯蔵する危険物の量は、指定数量の倍数が2以下としなければならない。
  5. 5.貯蔵する場合、所轄消防長又は消防署長の承認を得なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 第4類の危険物の指定数量について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.特殊引火物の指定数量は4類の中で最も小さい。
  2. 2.第1石油類、第2石油類、第3石油類の水溶性物品の指定数量は、非水溶性物品の指定数量の2倍である。
  3. 3.第1石油類の水溶性物品と、アルコール類の指定数量は同じである。
  4. 4.第2石油類の水溶性物品と、第3石油類の非水溶性物品の指定数量は同じである。
  5. 5.第3石油類の水溶性物品と、第4石油類の指定数量は同じである。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、製造所等から一定の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられているが、次の建築物等と確保している距離の組合せで、誤っているものはどれか。ただし、市町村長が認める不燃材料で造った防火上安全な塀を設けたもの、および特例基準は除く。
選択肢
  1. 1.使用電圧が、66,000Vの特別高圧架空電線………水平距離で5 m
  2. 2.住居(同一敷地内に存するものを除く)……… 15 m
  3. 3.高圧ガスの施設(都道府県知事が認めたもの)……… 25 m
  4. 4.重要文化財の建造物……… 40 m
  5. 5.幼稚園……… 30 m
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 消火設備について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.泡消火設備は,第2種消火設備である。
  2. 2.屋内消火栓設備は,第1種消火設備である。
  3. 3.地下タンク貯蔵所には,第5種の消火設備を2個以上設ける。
  4. 4.電気設備に対する消火設備は,電気設備のある場所の面積100uごとに1個以上設ける。
  5. 5.消火粉末を放射する大型消火器は,第4種消火設備である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 第一種販売取扱所と第二種販売取扱所の基準について、正しいもののみの組合せはどれか。
選択肢
  1. 1.第1種販売取扱所………指定数量の倍数が15以下のものをいう。 第2種販売取扱所………指定数量の倍数が15を超え30以下のものをいう。
  2. 2.第1種販売取扱所………店舗は建築物の1階又は2階に設置することができる。 第2種販売取扱所………店舗は建築物の1階に設置すること。
  3. 3.第1種販売取扱所………危険物は容器入りのままで、販売すること。 第2種販売取扱所………危険物は販売室で小分けして販売することができる。
  4. 4.第1種販売取扱所………窓の位置に関する制限はない。 第2種販売取扱所………延焼のおそれのない部分に限り、窓を設けることができる。
  5. 5.第1種販売取扱所………危険物を配合する部屋は設けることができない。 第2種販売取扱所………危険物を配合する部屋を設けることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所を設置しようとする場合の手続きとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.製造所を設置しようとする者は、市町村長等に申請し、許可を受けなければならない。
  2. 2.製造所の設置許可の申請は、市町村長等に施設の設計図等の書類を提出する。
  3. 3.指定数量以上の危険物を貯蔵する液体危険物タンクがある施設の場合は、工事完了の前に完成検査前検査申請をする。
  4. 4.設置許可の申請と同時に、工事着工することができる。
  5. 5.工事がすべて完了した時点で、市町村長等に完成検査の申請をし、市町村長等が行う完成検査を受け、技術上の基準に適合していると認められた後でなければ、使用してはならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 市町村長等が、製造所、貯蔵所又は取扱所に対して、危険物施設の修理、改造又は移転の命令を発令することのできるのは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等において危険物の貯蔵又は取扱いが技術上の基準に違反しているとき。
  2. 2.公共の安全の維持又は災害の発生防止のため、緊急の必要があると認めたとき。
  3. 3.危険物の流出その他の事故が発生したとき。
  4. 4.製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に違反しているとき。
  5. 5.危険物保安監督者が消防法に基づく命令の規定に違反したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上,製造所等の定期点検について,次のうち定められていないものはどれか。
選択肢
  1. 1.定期点検を行わなければならない時期
  2. 2.定期点検の結果を市町村長等に報告しなければならない時期
  3. 3.定期点検を行うことができる者
  4. 4.点検記録に記載する内容
  5. 5.点検記録を保存する期間
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、移動タンク貯蔵所による第4類の特殊引火物の移送について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物を移送する危険物取扱者は、免状を携帯していなければならない。
  2. 2.移動タンク貯蔵所には、完成検査済証及び定期点検の点検記録等を備え付けておかなければならない。
  3. 3.長時間にわたるおそれがある移送の場合には、原則として2名以上の運転要員を確保すること。
  4. 4.定期的に危険物を移送する場合には、移送経路その他必要な事項を出発地の消防署に届け出なければならない。
  5. 5.消防吏員又は警察官は、危険物の移送に伴う火災の防止のため特に必要があると認める場合には、走行する移動タンク貯蔵所を停止させ、乗車している危険物取扱者に対し、免状の提示を求めることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物保安監督者について正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等において危険物取扱作業に従事している作業者の中から選任する。
  2. 2.甲種危険物取扱者又は、当該危険物を取扱うことができる乙種危険物取扱者のうち、製造所等において実務経験が6ヶ月以上を有する者の中から選任する。
  3. 3.丙種危険物取扱者は危険物保安監督者になることができる。
  4. 4.危険物施設保安員は、危険物取扱者の資格を有していなくても危険物保安監督者になることができる。
  5. 5.製造所等の所有者が、甲種危険物取扱者の資格を有していても、自らが危険物保安監督者になることはできない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、危険物の貯蔵の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.屋外貯蔵タンクに設けられている防油堤の水抜口は通常は閉鎖する。
  2. 2.屋内貯蔵タンクの元弁は、危険物を出し入れするとき以外は閉鎖する。
  3. 3.地下貯蔵タンクの計量口は計量するとき以外は閉鎖する。
  4. 4.簡易貯蔵タンクの通気管は危険物を出し入れするとき以外は閉鎖する。
  5. 5.移動貯蔵タンクの底弁は使用時以外は閉鎖する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、危険物の運搬に関する技術上の基準について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.貨物自動車で運搬する場合に限り適用を受ける。
  2. 2.指定数量以上を運搬する場合に限り適用を受ける。
  3. 3.夜間に運搬する場合に限り適用を受ける。
  4. 4.密閉容器に入れて運搬すれば適用を受けない。
  5. 5.運搬する数量に関係なく適用を受ける。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、製造所等における危険物保安監督者の業務について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物取扱作業の保安に関し、必要な監督業務を行う。
  2. 2.危険物取扱作業場所での作業者に対して、貯蔵又は取扱いに関する技術上の基準及び予防規程等の保安に関する規定に適合するように必要な指示を与える。
  3. 3.火災等災害発生時に作業者を指揮して応急措置を講ずるとともに、製造所等の所有者等の承認を受けてから消防機関、その他関連する施設の関係者に連絡する。
  4. 4.危険物施設保安員を置く製造所等にあっては、危険物施設保安員へ必要な指示を行う。
  5. 5.危険物施設保安員を置かない製造所等にあっては、構造、設備の技術上の基準に適合するよう維持するため、施設の定期及び臨時点検の実施、記録及び保存をする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 危険物の貯蔵・取扱い基準として、次のうち正しいものはどれか。 
選択肢
  1. 1.危険物の残存している容器等を修理する際は、安全な場所において危険物を完全に除去した後に行うこと。
  2. 2.危険物のくず、かす等は、1週間に1回以上廃棄、処置をすること。
  3. 3.可燃性蒸気が漏れるおそれのある場所で、火花を発する機械器具を使用する場合は、細心の注意をして使用すること。
  4. 4.焼却による危険物の廃棄は、いかなる場合であっても行ってはならない。
  5. 5.製造所等においては、火災予防のため、いかなる場合であっても火気を使用してはならない。
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 燃焼についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.ニトロセルロースは、その物質中に多量の酸素を含有し、燃焼の際にその酸素が使われる。これを内部(自己)燃焼という。
  2. 2.木炭は、その表面で熱分解や蒸発することなく、高温を保ちながら酸素と反応して燃焼する。これを表面燃焼という。
  3. 3.硫黄は、融点が発火点より低いため、融解し、さらに蒸発して燃焼する。これを分解燃焼という。
  4. 4.石炭は、加熱されて分解し、その際発生する可燃性ガスが燃焼する。これを分解燃焼という。
  5. 5.エタノールは、液面から発生した可燃性蒸気が空気と混合し、なんらかの火源により燃焼する。これを蒸発燃焼という。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 引火点と発火点に関する説明として、次のA〜Dのうち正しいものの組合せはどれか。
A.引火点とは、空気中で可燃性液体に小さな炎を近づけたとき、燃焼するのに十分な濃度の蒸気を液面に発生する最低の液温をいう。
B.発火点とは、可燃物を加熱したとき、火源を与えなくても、自ら燃焼する温度をいう。
C.引火点は、一般に発火点より高い温度である。
D.発火点は、測定方法、装置の形、大きさ、材質、加熱方法、試料の量によらず、物質固有の数値である。
選択肢
  1. 1.AB
  2. 2.AC
  3. 3.BC
  4. 4.BD
  5. 5.CD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 下表に掲げる性質を有する可燃性液体について,正しいものはどれか。

液体の比重…………0.87
引火点…………4.4℃
沸点…………111℃
蒸気比重(空気=1)………3.10
発火点…………480℃
選択肢
  1. 1.この液体2kgの容量は1.74Lである。
  2. 2.空気中で引火するのに十分な濃度の蒸気を,液面上に発生する最低の液温は,4.4℃である。
  3. 3.炎を近づけても,480℃になるまでは燃焼しない。
  4. 4.111℃になるまでは,飽和蒸気圧とならない。
  5. 5.発生する蒸気の重さは,水蒸気の重さの約3.1倍である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 次の文のA〜Cの【 】内に当てはまる語句として,正しいものはどれか。
「水は消火剤として広く利用されている。燃焼の一要素である熱源から熱を奪い【 A 】し消火する。これは水の【 B 】熱,比熱が大きいためである。また,消火する際に発生する水蒸気が空気中の酸素の濃度を【 C 】し,窒息の効果もある。」
選択肢
  1. 1.A.冷却、 B.蒸発、 C.希釈
  2. 2.A.除去、 B.蒸発、 C.抑制
  3. 3.A.冷却、 B.凝縮、 C.窒息
  4. 4.A.冷却、 B.凝縮、 C.除去
  5. 5.A.除去、 B.蒸発、 C.冷却
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 次のうち,燃焼の難易に直接関係のないものはどれか。
選択肢
  1. 1.体膨張率
  2. 2.空気との接触面積
  3. 3.熱伝導率 
  4. 4.含有水分量
  5. 5.発熱量
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.作業場所の床や靴の電気抵抗が大きいと、人体の静電気の蓄積量は大きくなる。
  2. 2.帯電した物体の放電エネルギーの大小は、可燃性ガスの着火に影響しない。
  3. 3.夏場、人体に静電気が蓄積しにくいのは、汗や湿気により静電気が漏れているからである。
  4. 4.接触分離する二つの物質の種類及び組合せにより、発生する静電気の大きさや極性は異なる。
  5. 5.接触面積や接触圧は、静電気発生の要因の一つである。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 潮解について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.潮解とは、空気中の水蒸気によって、物質が固化する現象である。
  2. 2.潮解とは、物質が空気中の水分を吸収して溶ける現象である。
  3. 3.潮解とは、物質が、含有していた水分を空気中に放出し、乾燥する現象である。
  4. 4.潮解とは、物質が空気中の水蒸気と反応して、異なる二つの物質に変わる現象である。
  5. 5.潮解と風解は全く同じ現象である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次の構造化学式をもつ化合物の名称として、正しいものはどれか。
問題 23
選択肢
  1. 1.メタキシレン(m−キシレン)
  2. 2.エタノール
  3. 3.酢酸
  4. 4.ベンゼン
  5. 5.アセトン
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 次の現象のうち、物理変化はどれか。
選択肢
  1. 1.紙が燃えて灰になる
  2. 2.空気中に放置した鉄がさびる。
  3. 3.アルコールが空気中で燃焼する。
  4. 4.水の中に砂糖を入れたら溶けた。
  5. 5.水素と酸素とが反応して、水ができた。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 有機化合物の一般的性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.有機化合物の成分元素は、主に炭素、水素、酸素、窒素である。
  2. 2.有機化合物は、鎖式化合物と環式化合物に大別される。
  3. 3.有機化合物の多くは、水に溶けにくい。
  4. 4.有機化合物は、無機化合物に比べて融点または沸点の低いものが多い。
  5. 5.有機化合物は、一般に不燃性である。
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の性質について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.第1類の危険物は、酸化性の固体又は液体であり、熱、摩擦、衝撃によって分解し、激しい燃焼を起こす。
  2. 2.第2類の危険物は、固体又は液体で、加熱分解により比較的低い温度で多量の熱を発生し、爆発的に反応が進行する。
  3. 3.第3類の危険物は、空気にさらされることにより自然に発火し、又は水と接触して発火し、もしくは可燃性ガスを発生する。
  4. 4.第5類の危険物は、比較的低温で引火しやすい固体である。
  5. 5.第6類の危険物は、いずれも酸化性の固体で可燃性である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第1石油類の危険物を取り扱う際の火災予防の方法として、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.容器等に小分け作業をする場合は、蒸気及びミストを発散させないようにする。
  2. 2.可燃性蒸気の濃度を、燃焼範囲の下限値の1/4以下になるように、通風と換気を行う。
  3. 3.容器に注入するときのホースは接地導線のあるものを用いる。
  4. 4.取扱い作業に従事する作業者の靴は、絶縁性の高いものとし、着衣は合成繊維のものを着用する。
  5. 5.取り扱う室内の湿度を高くする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 舗装道路に流出したガソリンの火災に、注水してはいけない理由として、次の組合せで正しいものはどれか。 
A.ガソリンが水に浮き、燃焼面が拡大するから。
B.水滴がガソリンをかき乱し、燃焼を激しくさせるから。
C.水滴がガソリンを飛散させるから。
D.水が側溝を流れ、ガソリンを遠くまで運ぶから。
E.水が沸騰してガソリンを飛散させるから。
選択肢
  1. 1.AB
  2. 2.AC
  3. 3.BD
  4. 4.DE
  5. 5.AD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の性状について、A〜Dのうち正しいもののみを揚げているものはどれか。 
A.すべて酸素を含有している化合物である。
B.すべて液比重は1より小さい。
C.すべて可燃性である。
D.すべて常温(20℃)以上に温めると水溶性になる。
選択肢
  1. 1.A
  2. 2.B
  3. 3.C
  4. 4.AD
  5. 5.BC
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第4類のアルコール類やケトン類などの水溶性液体には、水溶性液体用泡消火剤を使用するが、その理由として正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.他の泡消火剤に比べ、耐油性に優れているから。
  2. 2.他の泡消火剤に比べ、消火剤にしみ込みやすく、引火点を低くするから。
  3. 3.他の泡消火剤に比べ、可燃性液体と親和性があり、混じりやすいから。
  4. 4.他の泡消火剤に比べ、泡が溶解したり破壊されることがないから。
  5. 5.他の泡消火剤に比べ、水溶性が高いから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.燃焼範囲は、おおむね1〜8 vol%である。
  2. 2.発火点は100℃以下である。
  3. 3.オレンジ色に着色されている。
  4. 4.水より軽い。
  5. 5.引火点は0℃以下である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 次の危険物のうち、ぼろ布等の繊維にしみ込ませて放置すると、状況によって自然発火を起す可能性があるものはどれか。
選択肢
  1. 1.エタノール
  2. 2.灯油
  3. 3.軽油
  4. 4.ベンゼン
  5. 5.動植物油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 灯油について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水より軽い。
  2. 2.蒸気は空気より軽い。
  3. 3.引火点は常温(20℃)より高い。
  4. 4.静電気が発生しやすい。
  5. 5.水に溶けない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 次のA〜Dに掲げる危険物の性状等のすべてに当てはまる危険物はどれか。 
A.引火点は、0℃以下で、燃焼範囲が広い。
B.発火点が90℃と低く、高温体との接触により、容易に発火する。
C.水には、ほとんど溶けない。
D.水より重い。
選択肢
  1. 1.ジエチルエーテル
  2. 2.二硫化炭素
  3. 3.アセトアルデヒド
  4. 4.ベンゼン
  5. 5.酸化プロピレン
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ベンゼンとトルエンについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.いずれも芳香族炭化水素である。
  2. 2.いずれも引火点は、常温(20℃)より低い。
  3. 3.いずれも動植物油を溶かすが、エタノールには溶けない。
  4. 4.蒸気は、いずれも有毒である。
  5. 5.いずれも無色の液体で、水より軽い。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。