乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 屋外貯蔵タンクに第4類の危険物が貯蔵されている。この危険物の性状は、非水溶性液体、1気圧において引火点は24.8℃、沸点138℃、発火点528℃である。
法令上、この危険物に該当する品名は次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 特殊引火物
  2. 2. 第1石油類
  3. 3. アルコール類
  4. 4. 第2石油類
  5. 5. 第3石油類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、特定の製造所等において定めなければならない予防規程について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 予防規程は、危険物保安監督者が定めなければならない。
  2. 2. 予防規程を定めたときは、市町村長等の認可を受けなければならない。
  3. 3. 予防規程を変更するときは、市町村長等の認可を受けなければならない。
  4. 4. 製造所等の所有者及びその従業者は、予防規程を遵守しなければならない。
  5. 5. 予防規程は、危険物の貯蔵及び取扱いの技術上の基準に適合していなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令上、指定数量の異なる危険物A、B及びCを同一の貯蔵所で貯蔵する場合の指定数量の倍数として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. A、B及びCの貯蔵量の和を、A、B及びCの指定数量のうち最も小さい数値で除して得た値。
  2. 2. A、B及びCの貯蔵量の和を、A、B及びCの指定数量の平均値で除して得た値。
  3. 3. A、B及びCの貯蔵量の和を、A、B及びCの指定数量の和で除して得た値。
  4. 4. A、B及びCそれぞれの貯蔵量を、それぞれの指定数量で除して得た値の和。
  5. 5. A、B及びCそれぞれの貯蔵量を、A、B及びCの指定数量の平均値で除して得た値の和。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、次に掲げる製造所等のうち、学校や病院等の建築物等から、一定の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられていないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所
  2. 2. 屋外貯蔵所
  3. 3. 一般取扱所
  4. 4. 屋外タンク貯蔵所
  5. 5. 販売取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等に設置する消火設備のうち、第3種消火設備について正しいもののみの組合せどれか。
A.粉末消火設備
B.水噴霧消火設備
C.スプリンクラー設備
D.粉末を放射する消火器
選択肢
  1. 1. AとB
  2. 2. BとC
  3. 3. BとD
  4. 4. CとD
  5. 5. DとA
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、次の文の下線部【A】〜【C】について、誤っているものだけの組合せはどれか。
「製造所、貯蔵所又は取扱所の所有者、管理者又は占有者は、当該製造所、貯蔵所又は取扱所の用途を廃止したときは、【A:10日前まで】にその旨を【B:消防長又は消防署長】に【C:届け出なければならない。】」
選択肢
  1. 1. A
  2. 2. B
  3. 3. A B
  4. 4. B C
  5. 5. A B C
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所において危険物を取り扱う配管の位置、構造及び設備の基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 配管を地下に設置する場合には、配管は接合部分のないものとし、危険物の漏えいを点検することができる措置を講じなければならない。
  2. 2. 配管は取り扱う危険物により容易に劣化するおそれのないものでなければならない。
  3. 3. 配管に加熱又は保温のための設備を設ける場合には、火災予防上安全な構造としなければならない。
  4. 4. 配管を地上に設置する場合には、配管は、地震、風圧、温度変化等による伸縮等に対し安全な構造の支持物で支持しなければならない。
  5. 5. 地下の電気的腐食のおそれのある場所に設置する配管にあっては、外面の腐食を防止するための塗覆装又はコーティング及び電気防食を行わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等が市町村長等から使用停止を命ぜられる事由に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の位置・構造・設備を無許可で使用、変更したとき。
  2. 2. 製造所等を完成検査済証の交付前に使用したとき。
  3. 3. 製造所等の定期点検の実施・記録・保存がなされないとき。
  4. 4. 製造所等の措置命令に違反したとき。
  5. 5. 危険物の貯蔵・取扱いを休止して、その届出を怠っているとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち誤っているものはどれか。ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1. 点検は製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合しているかを点検する。
  2. 2. 定期点検は1年に1回以上実施しなければならない。
  3. 3. 定期点検終了後、その点検記録を一定期間保存しなければならない。
  4. 4. 定期点検の実施者は、危険物取扱者に限定されている。
  5. 5. 危険物施設保安員は定期点検を行うことができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物保安監督者についての記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物保安監督者は、製造所等において作業者に対して、必要な指示を与える。
  2. 2. 危険物保安監督者は、火災等災害発生時に作業者を指揮して、応急措置を講ずると共に、消防機関等へ連絡する。
  3. 3. 屋外タンク貯蔵所は、貯蔵、取扱う危険物の種類、数量に関係なく危険物保安監督者を選任しなければならない。
  4. 4. 移動タンク貯蔵所は、危険物保安監督者を選任しなくてもよい。
  5. 5. 特定の危険物であれば、丙種危険物取扱者も危険物保安監督者になることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物保安統括管理者について、次のA〜Dの記述のうち、誤っているものだけの組合せはどれか。
A.危険物保安統括管理者として定められた者は、免状を有していなくても、甲種又は乙種危険物取扱者の立会いなしで危険物を取り扱うことができる。
B.危険物施設保安員を50人置く製造所等には、危険物保安統括管理者を定めなければならない。
C.危険物保安統括管理者は、事業所全体としての危険物の保安に関する業務を統括的に管理する。
D.危険物保安統括管理者は、当該事業所において、その事業の実施を統括管理する者をもって充てなければならない。
選択肢
  1. 1. A
  2. 2. A B
  3. 3. C D
  4. 4. A C D
  5. 5. B C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等において危険物保安監督者に選任された者は、選任されてから5年以内に講習を受けなければならない。
  2. 2. 現に製造所等において、危険物の取扱作業に従事していない危険物取扱者は、免状の10年に1回の書換えの際に講習を受けなければならない。
  3. 3. 法令に違反した危険物取扱者は、その違反内容に応じた講習を受けなければならない。
  4. 4. 現に製造所等において危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者は、居住地又は勤務地を管轄する市町村長が行う講習を受けなければならない。
  5. 5. 講習を受けなければならない者が受講しなかった場合は、免状の返納を命ぜられることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 移動タンク貯蔵所による危険物の取扱い及び移送について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 移送する危険物を取扱うことのできる資格をもった危険物取扱者が乗車すること。
  2. 2. 乗車する危険物取扱者は免状を携帯すること。
  3. 3. 移動タンク貯蔵所には、完成検査済証、点検記録等を備え付けておくこと。
  4. 4. 移動タンク貯蔵所で危険物を移送する者は移送開始の前に、移送経路を市町村長等に届け出なければならない。
  5. 5. 消防吏員又は警察官は、火災の防止のため、特に必要があると認められたときは、走行中の移動タンク貯蔵所を停止させることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 危険物の運搬について、次のうち誤っているものはどれか。 
選択肢
  1. 1. 運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  2. 2. 運搬容器および包装の外部に危険物の品名、数量等を表示して積載しなければならない。
  3. 3. 運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物運搬車両に標識と消火設備を設置しなければならない。
  4. 4. 特殊引火物を運搬する場合は、直射日光をさけるため、遮光性の被覆で覆わなければならない。
  5. 5. 指定数量の10倍以上の危険物を車両で運搬する場合は、その都度、市町村長等に届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 危険物の貯蔵・取扱い基準として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物のくず、かす等は、1週間に1回以上廃棄、処置をすること。
  2. 2. 可燃性蒸気が漏れるおそれのある場所で、火花を発する機械器具を使用する場合は、細心の注意をして使用すること。
  3. 3. 危険物を保護液中に貯蔵する場合は、危険物を露出させておくこと。
  4. 4. 危険物を廃棄する場合は、焼却以外の方法で行うこと。
  5. 5. 危険物は、海中又は水中に流出させ、又は投下しないこと。
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 可燃物と燃焼の形態の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 灯油…………………蒸発燃焼
  2. 2. 木炭…………………表面燃焼
  3. 3. 木材…………………分解発燃焼
  4. 4. 重油…………………表面燃焼
  5. 5. セルロイド…………内部(自己)燃焼
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 固体可燃物の燃焼のしやすい条件として、次の組合せのうち適切なものはどれか。
A.周囲の温度が高いと着火しやすい。
B.比表面積(単位重量あたりの酸化表面積)が小さいと着火しやすい。
C.物質に含まれる水分が多いと着火しやすい。
D.熱伝導率が小さいと着火しやすい。
選択肢
  1. 1. AとB
  2. 2. AとC
  3. 3. AとD
  4. 4. BとD
  5. 5. CとD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の物質のうち、燃焼しないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 炭素
  2. 2. 二酸化炭素
  3. 3. 水素
  4. 4. 一酸化炭素
  5. 5. 二硫化炭素
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 容器内で燃焼している動植物油類に、注水すると危険な理由として、最も適切なものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 水が容器の底に沈み、徐々に油面を押し上げるから。
  2. 2. 高温の油と水の混合物は、単独の油よりも燃焼点が低くなるから。
  3. 3. 注水が空気を巻き込み、火炎及び油面に酸素を供給するから。
  4. 4. 油面をかき混ぜ、油の蒸発を容易にするから。
  5. 5. 水が沸騰し、高温の油を飛散させるから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 自然発火の機構について、次の文中の【 A 】〜【 C 】に当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「物質が空気中で常温(20℃)において自然に発熱し、発火する発熱原因には、分解熱、【 A 】、吸着熱などによるものがある。分解熱による例には、【 B 】などがあり、【 A 】による例には不飽和脂肪酸を多く含む、あまに油、キリ油などの【 C 】がある。」
選択肢
  1. A.酸化熱 ………B.セルロイド………C.乾性油
  2. A.燃焼熱 ………B.石炭………C. 半乾性油
  3. A.生成熱 ………B.硝化綿………C. 不乾性油
  4. A.反応熱 ………B.ウレタンフォーム………C. 不乾性油
  5. A.中和熱 ………B.炭素粉末類………C. 乾性油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気に関する説明について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 静電気は固体だけでなく、気体、液体にも発生する。
  2. 2. 静電気の帯電量は、物質の絶縁抵抗が大きいほど少ない。
  3. 3. ガソリン等の液体がパイプやホースの中を流れると、静電気が発生しやすい。
  4. 4. 2種類の電気の不導体を互いに摩擦すると、一方が正、他方が負に帯電する。
  5. 5. 静電気の放電火花は、可燃性ガスや粉じんがあるときは、しばしば点火源となる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 内容積1,000Lのタンクに満たされた、液温15℃のガソリンを35℃に温めた場合、タンクの外に流出する量として、次のうち正しいものはどれか。但し、ガソリンの体膨張率は1.35 × 10 −3(0.00135)である。
選択肢
  1. 1. 15.0L
  2. 2. 20.0L
  3. 3. 25.0L
  4. 4. 27.0L
  5. 5. 30.0L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 Aの物質がBの物質に変化した場合、それが酸化反応に該当するものはどれか。
選択肢
  1. A.木炭、B.一酸化炭素
  2. A.黄リン、B. 赤リン
  3. A.硫黄、B. 硫化水素
  4. A.水、B. 水蒸気
  5. A.濃硫酸、B. 希硫酸
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 炭素が燃焼するときの熱化学方程式は、【A】及び【B】で表される。 
この方程式から考えて、次のうち正しいものはどれか。
C + 1/2 O2 = CO + 110 kJ…………………【A】
C + O2 = CO2 + 395 kJ……………………【B】
ただし、炭素の原子量は12、酸素の原子量は16である。
選択肢
  1. 1. 炭素が完全燃焼するときは【A】、不完全燃焼するときは【B】の式で表される。
  2. 2. 二酸化炭素の1molは、28gである。
  3. 3. 二酸化炭素1分子は、炭素1原子と酸素2原子からなる。
  4. 4. 炭素12gが完全燃焼すると、二酸化炭素32gが生成する。
  5. 5. 【A】【B】両式とも、炭素は吸熱反応により酸化されている。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 酸素の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色、無臭の気体である。
  2. 2. 大気中、体積で21%含まれている。
  3. 3. 実験室では、触媒を使用して過酸化水素を分解してつくられる。
  4. 4. 高温では、一部の貴金属、希ガス元素を除き、ほとんどすべての元素と反応する。
  5. 5. 酸素の同素体として、オゾンがあるが、両者の性状はほぼ同一である。
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物は、分解して酸素を放出する。
  2. 2. 第2類の危険物は、酸素を含有している自己燃焼性の固体である。
  3. 3. 第3類の危険物は、禁水性及び自然発火性の物質である。
  4. 4. 第5類の危険物は、外部から酸素の供給がなくても、燃焼するものが多い。
  5. 5. 第6類の危険物は、不燃性である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 泡消火剤の中には、水溶性液体用泡消火剤とその他の泡消火剤とがある。次の危険物の火災を泡で消火しようとする場合、その他の泡消火剤では適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. エタノール
  2. 2. ガソリン
  3. 3. 軽油
  4. 4. ジェット燃料
  5. 5. 重油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 次の文の【 】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せが正しいものはどれか。
「第4類の危険物は【 A 】で、液比重は水より【 B 】ものがほとんどで、蒸気比重は空気より【 C 】。」
選択肢
  1. A.液体
    B.大きい
    C.小さい
  2. A.液体と固体
    B.大きい
    C.大きい
  3. A.液体
    B.小さい
    C.大きい
  4. A.液体と固体
    B.小さい
    C.小さい
  5. A.液体
    B.小さい
    C.小さい
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 灯油の貯蔵、取扱いについて、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 蒸気は空気より軽いので、換気口は室内の上部に設ける。
  2. 2. 静電気が発生しやすいので、激しい動揺または流動をさける。
  3. 3. 常温(20℃)で分解し、発熱するので、冷所に貯蔵する。
  4. 4. 直射日光により過酸化物を生成するおそれがあるので、容器に日覆いをする。
  5. 5. 空気中の湿気を吸収して、爆発するので、容器に不活性ガスを封入する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 静電気により引火するおそれのある危険物を取り扱うときの火災予防対策として、次のA〜Dのうち正しいもののみを掲げているものはどれか。 
A.作業者は絶縁性の高い手袋や履物を着用する。
B.危険物の機器は接地する。
C.危険物を貯蔵容器から他のタンク等に注入するときは、なるべく流速を速くして短時間で行う。
D.床に散水するなどして、室内の湿度を高くする。
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. A C
  3. 3. B C
  4. 4. B D
  5. 5. C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 ベンゼンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色透明で芳香臭がある。
  2. 2. 水にはよく溶けるほか、ほとんどの有機溶剤にもよく溶ける。
  3. 3. 引火点は0℃より低い。
  4. 4. 融点は5.5℃で、冬季など固化することがある。
  5. 5. 毒性があり、吸入すると危険である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 第4石油類について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 一般に水より軽い。
  2. 2. 常温(20℃)では蒸発しにくい。
  3. 3. 潤滑油や切削油の中に該当するものが多く見られる。
  4. 4. 引火点は第1石油類よりも低い。
  5. 5. 粉末消火剤の放射による消火は、有効である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 酢酸について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色透明の液体である。
  2. 2. 水溶液は腐食性を有する。
  3. 3. 刺激性の臭気を有する。
  4. 4. 蒸気は空気より重い。
  5. 5. 有機溶媒に溶けない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 特殊引火物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. アセトアルデヒドは沸点が低く、非常に揮発しやすい。
  2. 2. ジエチルエーテルは特有の臭気があり、燃焼範囲は広い。
  3. 3. 二硫化炭素は無臭の液体で水に溶けやすく、かつ、水より軽い。
  4. 4. 酸化プロピレンは重合反応を起こして大量の熱を発生する。
  5. 5. 二硫化炭素の発火点は100℃以下である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ガソリンの性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 過酸化水素や硝酸と混合すると、発火の危険性が低くなる。
  2. 2. 皮膚に触れると皮膚炎を起こすことがある。
  3. 3. 主成分は炭化水素である。
  4. 4. 不純物として、微量の有機硫黄化合物などが含まれることがある。
  5. 5. 自動車ガソリンはオレンジ系色に着色されている。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。