乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 次の文の【   】内に該当する語句で正しいものはどれか。 「法別表第1備考第21号の規定により、同表の性質欄に掲げる性状の2以上を有する物品(以下この条において「複数性状物品」という。)の属する品名は、総務省令で定められている。複数性状物品が酸化性固体の性状及び可燃性固体の性状を有する場合、法別表第1【    】の項第8号に掲げる品名とする。」
選択肢
  1. 1. 第1類
  2. 2. 第2類
  3. 3. 第3類
  4. 4. 第4類
  5. 5. 第5類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、予防規程について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 予防規程は、漏油災害のみの対応について具体的に定めること。
  2. 2. 予防規程を定めたときは市町村長等の許可を受けることが義務付けられている。
  3. 3. 製造所等の所有者、管理者又は従業者は、予防規程を守らなければならない。
  4. 4. 消防署長は火災の予防のために必要があるときは、予防規程の変更を命ずることができる。
  5. 5. 予防規程は、危険物取扱者か又は危険物保安監督者が作成しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令上、同一場所において、同じ類の危険物A〜Cを貯蔵する場合、次のうち指定数量の倍数の合計が最も大きい組合せはどれか。ただし、【  】内は、それぞれの指定数量を示す。
A【200 L】
B【1,000 L】
C【2,000 L】
選択肢
  1. 1.A……100 L 、B…… 1,000 L 、C……1,800 L
  2. 2.A……200 L、B……900 L、C…… 1,600 L
  3. 3.A……300 L、B…… 700 L、C…… 1,400 L
  4. 4.A……400 L、B……500 L、C…… 1,200 L
  5. 5.A……500 L、B……200 L 、C……  600 L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、学校、病院等の建築物等から一定の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられている製造所等は次のうちどれか。ただし、特例基準を適用する製造所等は除く。
選択肢
  1. 1. 給油取扱所
  2. 2. 第一種販売取扱所
  3. 3. 第二種販売取扱所
  4. 4. 屋内タンク貯蔵所
  5. 5. 屋内貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 造所等に設置する消火設備の区分について、第5種の消火設備に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 膨張ひる石
  2. 2. 二酸化炭素を放射する大型消火器
  3. 3. 水槽
  4. 4. 膨張真珠岩
  5. 5. 消火粉末を放射する小型消火器
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、指定数量の倍数が50を超えるガソリンを貯蔵する屋内貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 地盤面から軒までの高さが10m未満の平家建てとし、床は地盤面より低くしなければならない。
  2. 2. 壁、柱及び床を耐火構造とし、かつ、はりを不燃材料で造らなければならない。
  3. 3. 架台を設ける場合には、不燃材料で造るとともに、堅固な基礎に固定しなければならない。
  4. 4. 床は、危険物が浸透しない構造とし、適当な傾斜を付け、かつ、貯留設備を設けなければならない。
  5. 5. 屋根を不燃材料で造るとともに、金属板その他の軽量な不燃材料でふき、かつ、天井を設けてはならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所等の所有者等が市町村長等に届け出なくてもよいものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物保安監督者を定めたとき。
  2. 2. 定期点検を行ったとき。
  3. 3. 危険物保安統括管理者を定めたとき。
  4. 4. 製造所等の譲渡を受けたとき。
  5. 5. 製造所等を廃止したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、次のA〜Dのうち、危険物保安監督者を定めなければならない製造所等において、市町村長等から製造所等の使用停止を命ぜられる事由に該当するものの組合せはどれか。
A.危険物保安監督者が危険物の取扱作業の保安に関する講習を受講していないとき。
B.危険物保安監督者を定めていたが、その届出を怠っていたとき。
C.危険物保安監督者を定めていなかったとき。
D.危険物保安監督者を定めたが、その者に保安の監督をさせていなかったとき。
選択肢
  1. 1. A  B
  2. 2. A  C
  3. 3. B  C
  4. 4. B  D
  5. 5. C  D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち定められていないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 定期点検を行わなければならない時期
  2. 2. 定期点検の結果を市町村長等に報告しなければならない時期
  3. 3. 定期点検を行うことができる者
  4. 4. 点検記録に記載する内容
  5. 5. 点検記録を保存する期間
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物取扱者についての記述として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 丙種危険物取扱者は、特定の危険物についてのみ、危険物保安監督者になることができる。
  2. 2. 製造所等においては、甲種又は乙種危険物取扱者が立会わなければ、危険物取扱者以外の者は危険物を取扱ってはならない。
  3. 3. 乙種危険物取扱者が危険物の取扱作業に関して立会うことができる危険物の種類は、当該免状に指定する種類の危険物に限られる。
  4. 4. 甲種又は乙種危険物取扱者が、危険物保安監督者に選任される場合には、製造所等において6カ月以上の危険物取扱いの実務経験を有していなければならない。
  5. 5. 危険物取扱者は、危険物の取扱作業に従事するときは、貯蔵又は取扱いの技術上の基準を遵守するとともに、当該危険物の保安の確保について細心の注意を払わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、免状の交付、書換え及び再交付に関する説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 免状の書換えは、交付した都道府県知事にのみ申請することができる。
  2. 2. 免状の再交付は居住地を管轄する都道府県知事に申請することができる。
  3. 3. 免状に記載されている本籍地に変更はないが、現住所が変わったので書換えの申請をする。
  4. 4. 免状の書換えは、交付した都道府県知事又は居住地・勤務地を管轄する都道府県知事に申請する。
  5. 5. 免状を亡失し、その再交付を受けた者が、亡失した免状を発見した場合は、再交付された免状を10日以内に居住地の都道府県知事に提出しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 危険物施設保安員の業務について、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 施設の維持のための定期点検、臨時点検の実施、記録及び保存をする。
  2. 2. 施設の異常を発見した場合の危険物保安監督者への連絡及び適当な措置をする。
  3. 3. 火災が発生したとき又は火災発生の危険が著しい場合の応急措置をする。
  4. 4. 危険物保安監督者が病欠等で長期不在のときは、危険物施設保安員が監督指示の代行を行う。
  5. 5. 計測装置、制御装置、安全装置等の機能保持のための保安管理をする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所(セルフ型スタンド)における取扱基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 顧客は顧客用固定給油設備以外の固定給油設備を使用して給油することができる。
  2. 2. 給油量、給油時間等の上限を設定する場合は、適正な数値としなければならない。
  3. 3. 顧客の給油作業等を直視等により監視すること。
  4. 4. 顧客が給油作業等を行う場合は、火の気がないこと、その他安全上支障ないことを確認してから実施させること。
  5. 5. 非常時においては、すべての固定給油設備等における危険物の取扱いが行えない状態にすること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法に定める運搬容器への収納についての文で、【  】の箇所で誤っているのはどれか。 「危険物は、温度変化等により危険物が漏れないように運搬容器を【密封】して収納すること。ただし、温度変化等により危険物からのガスの発生によって【運搬容器内】の圧力が上昇するおそれがある場合は、発生するガスが【毒性】又は【酸化性】を有する等の危険性があるときを除き、【ガス抜き口】(危険物の漏えい及び他の物質の浸透を防止する構造のものに限る。)を設けた運搬容器に収納することができる。」
選択肢
  1. 1. 密封
  2. 2. 運搬容器内
  3. 3. 毒性
  4. 4. 酸化性
  5. 5. ガス抜き口
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 次の文の【  】内に当てはまる数字は、次のうちどれか。 「移動貯蔵タンクに引火点【  】未満の危険物を注入する場合は、移動タンク貯蔵所の原動機を停止して行うこと。」
選択肢
  1. 1. 30℃
  2. 2. 35℃
  3. 3. 40℃
  4. 4. 45℃
  5. 5. 50℃
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 可燃物と燃焼の形態の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 木炭…………………表面燃焼
  2. 2. 灯油…………………蒸発燃焼
  3. 3. ガソリン……………蒸発燃焼
  4. 4. セルロイド…………内部(自己)燃焼
  5. 5. 重油…………………表面燃焼
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 燃焼の一般的説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 酸素供給源は、空気とは限らない。
  2. 2. 可燃物、酸素供給源及び点火源を燃焼の三要素という。
  3. 3. 二酸化炭素は可燃物ではない。
  4. 4. 気化熱や融解熱は、点火源になる。
  5. 5. 金属の衝撃火花や静電気の放電火花は、点火源になることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の引火性液体の説明について正しいものはどれか。 
沸点………………………… 78.3℃
燃焼範囲 ……………………3.3〜19 vol%
液体の比重…………………0.76
引火点……………………… 12.8℃
発火点……………………… 363℃
蒸気比重 ……………………1.6
選択肢
  1. 1. 液体を78.3℃に加熱しても、蒸気圧と標準大気圧は等しくならない。
  2. 2. この液体1kgのときの容積は0.76L である。
  3. 3. 引火性液体が燃焼するのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生する最低の液温は12.8℃である。
  4. 4. 炎を近づけても、液温が363℃になるまで燃焼しない。
  5. 5. 蒸気の重さは、水蒸気の1.6倍である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 容器内で燃焼している動植物油類に、注水すると危険な理由として、最も適切なものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 水が容器の底に沈み、徐々に油面を押し上げるから。
  2. 2. 高温の油と水の混合物は、単独の油よりも燃焼点が低くなるから。
  3. 3. 注水が空気を巻き込み、火炎及び油面に酸素を供給するから。
  4. 4. 油面をかき混ぜ、油の蒸発を容易にするから。
  5. 5. 水が沸騰し、高温の油を飛散させるから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 動植物油類の乾性油の他、原綿、石炭、ゴム粉、金属紛等は、空気中で酸素と化合することによって自然発火をおこすが、次のうち、自然発火をおこしにくいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 堆積物内の温度が高い。
  2. 2. 湿度が高く、気温が高い。
  3. 3. 物質の表面積が広い。
  4. 4. 通風が良く、乾燥している。
  5. 5. 物質の熱伝導率が小さく保温効果が良いとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 物体が電気を帯びることを帯電という。
  2. 2. 導体に帯電体を近づけると、導体と帯電体は反発する。
  3. 3. 帯電した物体に分布している、流れのない電気を静電気という。
  4. 4. 電荷には正電荷と負電荷があり、異種の電荷の間には引力がはたらく。
  5. 5. 物体間で電荷のやりとりがあっても、電気量の総和は変わらない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 「圧力を一定に保った状態では、一定質量の気体の体積は、温度1℃上昇又は下降するごとに、0℃における体積の(    )づつ、膨張又は収縮する。これをシャルルの法則という。」
上の文(  )内に該当するものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.173分の1
  2. 2. 273分の1
  3. 3. 256分の1
  4. 4. 327分の1
  5. 5. 372分の1
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 ホースやパッキングなどに使用された加硫ゴムが、経年変化により老化し亀裂・強度が低下する現象として、次の化学変化で正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 中和
  2. 2. 酸化
  3. 3. 脱水
  4. 4. 還元
  5. 5. 加水分解
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 分子内にヒドロキシル基(―OH)を含むものはどれか。
選択肢
  1. 1. アセトアルデヒド(CH3CHO)
  2. 2. エタノール(C2H5OH)
  3. 3. アセトン(CH3COCH3)
  4. 4. エチルメチルケトン(CH3COC2H5)
  5. 5. 酢酸エチル(CH3COOC2H5)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 次の用語の組合せで、化学変化のみのものはどれか。
選択肢
  1. 1.気化、 凝縮、 凝固
  2. 2.潮解、 風解、 分解
  3. 3.分解、 溶解、 昇華
  4. 4.酸化、 分解、 中和
  5. 5.燃焼、 気化、 液化
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 次の文の【  】内に当てはまる語句は、次のうちどれか。 「【   】は、強酸化性物質で、他の物質と反応しやすい酸素を多量に含有しており、加熱、衝撃、摩擦などにより分解し、酸素を放出しやすい固体である。」
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物
  2. 2. 第2類の危険物
  3. 3. 第3類の危険物
  4. 4. 第4類の危険物
  5. 5. 第5類の危険物
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の性状として、次のA〜Eのうち正しいもののみの組み合わせはどれか。
A.液体の比重は1より大きい。
B.流動性が高いので火災がおきたとき拡大する危険がある。
C.液面から発生した蒸気の比重は1より小さい。
D.引火点が高い物質ほど引火の危険性が大きい。
E.可燃性蒸気は低所に滞留しやすく、また遠方まで流れることがある。
選択肢
  1. 1.A C
  2. 2.A D
  3. 3.B D
  4. 4.B E
  5. 5.C E
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 次の事故事例を教訓とした今後の対策として、誤っているものはどれか。
「給油取扱所において、計量口が設置された地下専用タンクに移動貯蔵タンクからガソリンを注入する際、作業者が誤って他のタンクの注入口に注入ホースを結合したため、この地下専用タンクの計量口からガソリンが噴出した。」
選択肢
  1. 1. 注入開始前に、移動貯蔵タンクと注入する地下専用タンクの油量を確認する。
  2. 2. 注入ホースを結合する注入口に誤りがないことを確認する。
  3. 3. 地下専用タンクの注入管に過剰注入防止装置を設置する。
  4. 4. 地下専用タンクの計量口は、注入中は開放し、常時ガソリンの注入量が確認できるようにする。
  5. 5. 注入する際、給油取扱所と移動タンク貯蔵所の両方の危険物取扱者が立会い、誤りがないことを確認する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 メタノールの火災の消火方法として、不適切なものはどれか。
選択肢
  1. 1. リン酸塩類が主成分の消火粉末を放射する。
  2. 2. 霧状の強化液消火剤を放射する。
  3. 3. 二酸化炭素消火剤を放射する。
  4. 4. ハロゲン化物消火剤を放射する。
  5. 5. 水溶性液体用以外の泡消火剤を放射する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第4類の危険物の一般的な性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 液体の比重は1より小さく、水に溶けないものが多い。
  2. 2. ほとんどのものが、発火点は100℃以上である。
  3. 3. 蓄熱し、自然発火するものが多い。
  4. 4. 蒸気比重が1より大きく蒸気が低所に滞留する。
  5. 5. 引火点が低いほど蒸気が発生しやすく引火の危険性が大きい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 発火点は100℃以下である。
  2. 2. 燃焼上限界は約8vol%である。
  3. 3. 蒸気は空気より重く、低所に滞留しやすい。
  4. 4. オレンジ系色に着色してある。
  5. 5. 流動等により静電気を帯電しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 キシレンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 3つの異性体が存在する。
  2. 2. 芳香臭がある。
  3. 3. 無色の液体である。
  4. 4. 水によく溶ける。
  5. 5. 水よりも軽い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 灯油について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水より軽い。
  2. 2. 蒸気は空気より軽い。
  3. 3. 引火点は常温(20℃)より高い。
  4. 4. 静電気が発生しやすい。
  5. 5. 水に溶けない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 二硫化炭素の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.色、臭気………無色透明の液体であるが、日光に当てると黄色になる。純品はほとんど無臭である。
  2. 2.貯蔵………水より重く水にほとんど溶けないので、びん、缶などに貯蔵するときは、二硫化炭素の表面を水で覆い、密栓して蒸気が漏れないようにする。
  3. 3.蒸気………空気より軽く、毒性はほとんどない。
  4. 4.発火………他の第4類の危険物よりも発火点が低く、高温の配管などに接触すると発火することがある。
  5. 5.燃焼範囲………1〜50%と広く、点火すると青色の炎を上げて燃え、有毒の二酸化硫黄を発生する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 酢酸エチルの性状について、正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. エタノールには溶けにくい。
  2. 2. 比重は水より小さい。
  3. 3. 引火点は常温(20℃)より高い。
  4. 4. 無色・無臭の液体である。
  5. 5. 沸点は100℃より高い。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。