乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法令上、危険物について、法別表第一に掲げる品名とそれに該当する物品の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.特殊引火物 二硫化炭素
  2. 2.第1石油類 ガソリン
  3. 3.アルコール類 ジエチルエーテル
  4. 4.第2石油類 軽油
  5. 5.第3石油類 クレオソート油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、貯蔵所及び取扱所の区分について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋内貯蔵所とは、屋内の場所に置いて危険物を貯蔵し、又は取り扱う貯蔵所をいう。
  2. 2. 屋内タンク貯蔵所とは、屋内にあるタンクにおいて危険物を貯蔵し、又は取り扱う貯蔵所をいう。
  3. 3. 屋外タンク貯蔵所とは、屋外にあるタンクにおいて危険物を貯蔵し、又は取り扱う貯蔵所をいう。
  4. 4. 第2種販売取扱所とは、店舗において容器入りのままで販売するため危険物を取り扱う取扱所で、指定数量の倍数が15を超え40以下のものをいう。
  5. 5. 一般取扱所とは、配管及びポンプ並びにこれらに附属する設備によって危険物の移送の取扱いを行う取扱所をいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令上、次の危険物を同一場所に貯蔵する場合、指定数量の倍数が最も大きいものの組合せはどれか。
選択肢
  1. 1.メタノール………400 L、軽 油………500 L
  2. 2.軽 油 ………1,000 L、 重 油………1,000 L
  3. 3.特殊引火物………50 L、 灯 油………500 L
  4. 4.ガソリン……… 100 L、 重 油………3,000 L
  5. 5.ガソリン……… 50 L、 灯 油………800 L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、政令で定められた建築物等から製造所等の外壁又はこれに相当する工作物の外側までの間に一定の距離を保つこととされているが、次の組合せとして、正しいものはどれか。
ただし、建築物には不燃材料で造った防火上有効な塀は設けていないものとする。又、特例基準を適用する場合を除く。
選択肢
  1. 地下タンク貯蔵所………収容人員300人の劇場……… 30m
  2. 屋内タンク貯蔵所……… 小学校……… 30m
  3. 屋外貯蔵所……… 重要文化財に指定された建造物……… 50m
  4. 製造所……… 大学校……… 10m
  5. 給油取扱所……… 敷地外に存する住居……… 10m
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 消火設備について次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 消火設備は第1種から第6種に区分されている。
  2. 2. 第4類の危険物に適応する消火設備を第4種消火設備という。
  3. 3. 消火粉末を放射する小型消火器は第4種消火設備である。
  4. 4. 泡を放射する大型消火器は第3種消火設備である。
  5. 5. 乾燥砂は第5種の消火設備に該当する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、第一種販売取扱所における位置、構造及び設備の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 建築物の1階に設置しなければならない。
  2. 2. 第一種販売取扱所の用に供する部分には、窓を設置してはならない。
  3. 3. 危険物を配合する室において、滞留した可燃性の蒸気又は可燃性の微粉を屋根上に排出する設備を設けなければならない。
  4. 4. 危険物を配合する室の床面積は、6u以上10u以下でなければならない。
  5. 5. 見やすい箇所に標識及び防火に関し必要な事項を掲示した掲示板を設けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所等を設置する場合の手続きとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 市町村長等に届け出る。
  2. 2. 市町村長等の許可を受ける。
  3. 3. 所轄消防長又は消防署長の許可を受ける。
  4. 4. 所轄消防長又は消防署長に届け出る。
  5. 5. 都道府県知事に届け出る。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち正しいものはどれか。 ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1. 定期点検は、3年に1回行わなければならない。
  2. 2. 定期点検の記録は、1年間保存しなければならない。
  3. 3. 危険物施設保安員が点検を実施するときは、危険物取扱者の立会いが必要である。
  4. 4. 移動タンク貯蔵所は、貯蔵し、又は取り扱う危険物の数量等に関係なく定期点検の実施対象である。
  5. 5. 危険物保安統括管理者を定めている製造所等は、定期点検を免除されている。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 消防法違反とこれに対する命令の組合せで、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等における危険物の貯蔵又は取扱いが、技術上の基準に違反しているとき……… 危険物の貯蔵、取扱い基準遵守命令
  2. 2.製造所等の位置、構造又は設備が技術上の基準に違反しているとき……… 危険物施設の修理、改造又は移転の命令
  3. 3.公共の安全の維持又は災害の防止のため緊急の必要があると認めたとき……… 製造所等の緊急使用停止命令
  4. 4.危険物の流出その他の事故が発生したとき……… 危険物施設の応急措置実施命令
  5. 5.危険物保安監督者が、その責務を怠っているとき……… 危険物取扱作業の保安に関する講習の受講命令
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名、指定数量の倍数にかかわりなく、危険物保安監督者を定めなければならない製造所等は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 屋内貯蔵所
  2. 2. 屋外貯蔵所
  3. 3. 給油取扱所
  4. 4. 販売取扱所
  5. 5. 屋内タンク貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 危険物の規制として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 指定数量未満の危険物の貯蔵又は取扱いの技術上の基準は、市町村条例で定められている。
  2. 2. 製造所等の位置、構造又は設備を変更しようとするときは、市町村長等に届け出なければならない。
  3. 3. 製造所等の譲渡をうけたときは、遅滞なく、届け出なければならない。
  4. 4. 製造所等に消防職員が、立ち入り、検査や質問をすることがある。
  5. 5. 特定の製造所等の所有者、管理者又は占有者は危険物保安監督者を選任又は解任したとき、遅滞なく、届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、免状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 免状を亡失又は破損した場合は、免状を交付又は書換えをした都道府県知事に再交付の申請をすることができる。
  2. 2. 免状は、それを取得した都道府県の範囲だけでなく、全国で有効である。
  3. 3. 免状の返納を命じられた者は、その日から起算して6ヵ月を経過しないと免状の交付を受けることができない。
  4. 4. 免状を亡失して再交付を受けた者が亡失した免状を発見した場合は、これを10日以内に免状の再交付を受けた都道府県知事に提出すること。
  5. 5. 免状に記載されている事項に変更が生じたときは、交付した都道府県知事又は居住地、若しくは勤務地を管轄する都道府県知事にその書換えを申請しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、危険物施設保安員の業務として、定められていないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の構造及び設備を技術上の基準に適合するように維持するため、定期及び臨時の点検を行うこと。
  2. 2. 点検を行ったときは、点検を行った場所の状況及び保安のために行った措置を記録し、消防署長に報告すること。
  3. 3. 製造所等の構造及び設備に異常を発見した場合には、危険物保安監督者その他関係のあるものに連絡するとともに、状況を判断して適当な措置を講ずること。
  4. 4. 火災が発生したとき又は火災発生の危険性が著しいときは、危険物保安監督者と協力して、応急の措置を講ずること。
  5. 5. 製造所等の計測装置、制御装置、安全装置等の機能が適正に保持されるようにこれを保守管理すること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、危険物の貯蔵、取扱い基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物のくず・かす等は、1日1回以上廃棄、処置すること。
  2. 2. 可燃性蒸気が漏れるおそれのある場所で、火花を発する機械器具を使用する場合は、注意をして使用すること。
  3. 3. 危険物を保護液中に貯蔵する場合は、危険物を露出させてはならない。
  4. 4. 廃油等を焼却する場合は、少量づつ見張り人をつけておこなうこと。
  5. 5. 原則として、類を異にする危険物は、同一の貯蔵所(耐火構造の隔壁で完全に区分された室が二以上ある貯蔵所においては、同一の室)において貯蔵しないこと。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、指定数量以上の危険物の運搬について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  2. 2. 運搬容器および包装の外部に危険物の品名、数量等を表示して積載しなければならない。
  3. 3. 危険物運搬車両に「危」の標識と消火設備を設置しなければならない。
  4. 4. 危険物や運搬容器に著しい摩擦や動揺がおきないよう運搬すること。
  5. 5. 指定数量以上の危険物を車両で運搬する場合は、その都度、市町村長等に届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 燃焼に関する説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 燃焼は、一般に熱と光の発生を伴う。
  2. 2. 燃焼の三要素とは、点火源、可燃物および酸素供給源をいう。
  3. 3. 可燃性固体の燃焼はすべて、融解しながら蒸発し、その蒸気が燃焼する。
  4. 4. 可燃性気体の燃焼は、空気中では空気との混合気体となるか、互いに拡散しながら燃焼する。
  5. 5. 可燃物は、燃焼により安定な酸化物に変わる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 可燃性液体の通常の燃焼について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 可燃性液体の表面から発生した蒸気が空気と混合して燃焼する。
  2. 2. 可燃性液体は蒸発せず、液面が空気と触れて燃焼する。
  3. 3. 可燃性液体の内部で燃焼し、燃焼生成物が炎となって液面に現われる。
  4. 4. 液体が熱により分解し、発生した可燃性ガスが燃焼する。
  5. 5. 可燃性液体が空気を吸収して燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 気体の消火剤の一般的説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 二酸化炭素消火剤は、空気より重く不燃性の気体であり、主に窒息効果の作用をもつ。
  2. 2. 窒素ガス消火剤は、主に空気中の酸素濃度を一定濃度以下に低下させる窒息効果の作用をもつ。
  3. 3. ハロゲン化物は、ハロゲンが燃焼の負触媒として働くことにより、燃焼抑制効果がある。
  4. 4. 不活性ガス消火設備は、二酸化炭素や窒素等を消火薬剤として充填している。
  5. 5. 二酸化炭素は、密閉された場所で放射しても、人体に危険はなく、安心して使用できる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 ガソリンの燃焼範囲は、1.4〜7.6 vol %であるといわれている。このことについて、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 空気100Lにガソリン蒸気を1.4L混合した場合は、点火すると燃焼する。
  2. 2. 空気100Lにガソリン蒸気を1.4〜7.6L混合した場合は、長時間放置すると自然発火する。
  3. 3. 空気1.4Lとガソリン蒸気98.6Lとの混合気体は、点火すると燃焼する。
  4. 4. ガソリン蒸気1.4Lと空気98.6Lとの混合気体は、点火すると燃焼する。
  5. 5. ガソリン蒸気100Lに空気を1.4L混合した場合は、点火すると燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 自然発火に関する次の文の【 A 】〜【 E 】に当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「自然発火とは、他から火源を与えなくても、物質が空気中で常温(20℃)において【 A 】し、長時間熱が蓄積して、ついには【 B 】に達し、燃焼し始める現象をいう。 自然発火しやすい物質が自然に【 A 】する原因として、【 C 】、【 D 】、吸着熱、重合熱、発酵熱などがあげられる。【 E 】の中には、不飽和性のため、空気中の酸素と結合しやすく、放熱が不十分なとき温度が上がり、自然発火を起こすものもある。」
選択肢
  1. 1.【A:発熱】 【B:引火点】【C:分解熱】【D:酸化熱】【E:セルロース】
  2. 2【A:酸化】 【B:発火点】【C: 燃焼熱】【D:生成熱】【E: セルロース】
  3. 3.【A:発熱】 【B:発火点】【C: 酸化熱】【D:分解熱】【E: 動植物油】
  4. 4.【A:酸化】 【B:燃焼点】【C: 燃焼熱】【D:酸化熱】【E: セルロース】
  5. 5.【A:発熱】 【B:引火点】【C: 分解熱】【D:生成熱】【E: 動植物油】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気に関する説明について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 静電気は固体だけでなく、気体、液体にも発生する。
  2. 2. 静電気の帯電量は、物質の絶縁抵抗が大きいほど少ない。
  3. 3. ガソリン等の液体がパイプやホースの中を流れると、静電気が発生しやすい。
  4. 4. 2種類の電気の不導体を互いに摩擦すると、一方が正、他方が負に帯電する。
  5. 5. 静電気の放電火花は、可燃性ガスや粉じんがあるときは、しばしば点火源となる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 酸化と還元の説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 物質が酸素と化合することを酸化という。
  2. 2. 物質が水素と化合することを還元という。
  3. 3. 化合物が水素を失うことを酸化という。
  4. 4. 酸化物が酸素を失うことを還元という。
  5. 5. 同一反応系において、酸化と還元が同時に起きることはない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次の反応のうち、(  )内の物質が還元されているのはどれか。
選択肢
  1. 1. (二酸化炭素)が赤熱した炭素に触れて一酸化炭素になった。
  2. 2. (黄リン)が燃焼して五酸化二リンになった。
  3. 3. (銅)が加熱されて酸化銅になった。
  4. 4. (石炭)が燃焼して二酸化炭素と水蒸気を生じた。
  5. 5. (メタン)が燃焼して二酸化炭素と水蒸気になった。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 有機化合物の特性として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 成分元素は主体が炭素、水素、酸素、窒素等である。
  2. 2. 完全燃焼すると、二酸化炭素と水蒸気が発生するものが多い。
  3. 3. 一般に水に溶けにくい。
  4. 4. 無機化合物に比べて、沸点及び融点は高い。
  5. 5. 結合の仕方の相違から組成が同じであっても性質の異なる異性体が存在する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 次のガス又は蒸気のうちで、空気より軽いものはどれか。
選択肢
  1. 1. ベンゼン
  2. 2. ガソリン
  3. 3. 水素
  4. 4. 灯油
  5. 5. エチルアルコール
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとに共通する性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物は不燃性の酸化性固体で、可燃物と混合したものは加熱、衝撃、摩擦等により発火、爆発するものが多い。
  2. 2. 第2類の危険物は、比較的低温で着火しやすい可燃性の液体である。
  3. 3. 第3類の危険物は、空気または水と接触することにより発熱し、可燃性ガスを発生して発火する。
  4. 4. 第5類の危険物は、自ら酸素を含む自己燃焼性のものが多い。
  5. 5. 第6類の危険物は不燃性の酸化性液体で、腐食性があり皮膚をおかす。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の一般的な性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. すべて可燃性で、水に溶けないものが多い。
  2. 2. 常温(20℃)で、すべて液体である。
  3. 3. 液体の比重は1より小さいものが多い。
  4. 4. 蒸気比重は1より小さい。
  5. 5. 静電気が発生しやすく、静電気の火花により引火する危険性がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 次の文の【 】内のA〜Dに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「第4類の危険物の貯蔵及び取扱いにおいては、炎、火花及び【 A 】の接近を避け、発生した蒸気を屋外の【 B 】に排出するか室内の【 C 】を良くし、蒸気の拡散を図る。また容器には、【 D 】危険物を収納し、発生した蒸気が漏えいしないように密栓する。」
選択肢
  1. 1. 【A:可燃物】【B:高所】【C:通風】【D:若干の空間を残して】
  2. 2.【A:高温体】【B:高所】【C:通風 】【D:若干の空間を残して】
  3. 3.【A:水分】【B: 高所】【C:通風】【D:空間を残さないように】
  4. 4.【A:可燃物】【B:低所】【C:冷暖房】【D: 若干の空間を残して】
  5. 5.【A:高温体】【B:低所】【C:冷暖房】【D: 空間を残さないように】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 ジエチルエーテルの貯蔵及び取扱いについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 直射日光をさけ、冷暗所に貯蔵する。
  2. 2. 容器は密栓する。
  3. 3. 火気及び高温体の接近をさける。
  4. 4. 建物内部に滞留した蒸気は、屋外の高所に排出する。
  5. 5. 水より重く、水に溶けにくいので、容器等に水を張り蒸気の発生を抑制する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第4類の危険物の火災に使用する消火剤として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 重油の火災に、泡消火剤を使用した。
  2. 2. トルエンの火災に、二酸化炭素消火剤を使用した。
  3. 3. 軽油の火災に、ハロゲン化物消火剤を使用した。
  4. 4. ベンゼンの火災に、リン酸塩類の粉末消火剤を使用した。
  5. 5. ガソリンの火災に、棒状の水を使用した。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状等について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水と混合したものは、下層が水、上層がガソリンに分かれる。
  2. 2. 主成分は、オクタンと呼ばれる芳香族炭化水素である。
  3. 3. 常温(20℃)では、液面の近くで静電気が発生しても、引火の危険はない。
  4. 4. 製造工程で、緑色に着色される。
  5. 5. 過酸化水素や硝酸と混合すると、発火の危険性が低くなる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 動植物油のうち、乾性油は自然発火することがあるが、次のうち最も自然発火を起こす危険性が高いものはどれか。
選択肢
  1. 1. 金属製容器に入ったものが長期間、倉庫に貯蔵してある。
  2. 2. ぼろ布に染み込んだものが長期間、通風の悪い所に貯蔵してある。
  3. 3. ガラス製容器に入ったが長時間、直射日光さらされている。
  4. 4. 水が混入したものが、屋外に貯蔵されている。
  5. 5. 種々の動植物油が同一場所に貯蔵されている。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 アクリル酸の性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無臭の黄色の液体である。
  2. 2. 水やエーテルには溶けない。
  3. 3. 重合しやすく、重合熱が大きいので発火・爆発のおそれがある。
  4. 4. 液体は素手で触れても安全であり、蒸気も無毒である。
  5. 5. 酸化性物質と混触しても、発火・爆発のおそれはない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 灯油、軽油及び重油の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. いずれも引火点は、常温(20℃)より高い。
  2. 2. いずれも原油から分留されたものである。
  3. 3. いずれも静電気の発生のおそれがある。
  4. 4. いずれも霧状になると火がつきやすい。
  5. 5. いずれも水に不溶で、灯油と軽油は水より軽いが、重油は水より重い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 エタノールの性状について、次のA〜Eのうち誤っているもののみの組合せはどれか。 
A.市場に出回っている工業用のエタノールは、ほとんどが掘削により採取されたものである。
B.凝固点は5.5℃である。
C.燃焼範囲は3.3〜19vol%である。
D.燃焼すると炎の色は淡く、見えにくい。
E.酸化されると、アセトアルデヒドを経て酢酸に変わる。
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. B C
  3. 3. C D
  4. 4. D E
  5. 5. A E
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。