乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法令上の危険物についての説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物とは、法別表第一の品名欄に掲げる物品で、同表に定める区分に応じ同表の性質欄に掲げる性状を有するものをいう。
  2. 2. 危険物はその性質により、第1類から第6類に区分されている。
  3. 3. 危険物の指定数量は全国同一である。
  4. 4. 圧縮アセチレンガスや液化石油ガスも、その取扱いが危険なため、危険物として指定されている。
  5. 5. 危険物は、法別表に掲げられているものの他に、政令で定められているものもある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、製造所等の区分について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋外タンク貯蔵所とは、地盤面下に埋没されているタンクにおいて危険物を貯蔵し、又は取り扱う貯蔵所をいう。
  2. 2. 第2種販売取扱所とは、店舗において容器入りのままで販売するため、指定数量の15倍以下の危険物を取り扱う取扱所をいう。
  3. 3. 移動タンク貯蔵所とは、自動車又は鉄道の車両に固定されたタンクにおいて危険物を移送する貯蔵所をいう。
  4. 4. 屋内貯蔵所とは、屋内において危険物を貯蔵し、又は取り扱う貯蔵所をいう。
  5. 5. 給油取扱所とは、固定給油設備によって自動車等の燃料タンク又は鋼製ドラム等の運搬容器に直接給油するため危険物を取り扱う取扱所をいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令上、屋内貯蔵所に次の危険物を貯蔵する場合、貯蔵量は指定数量の何倍になるか。
軽油 …………………………… 3,000L
ガソリン ……………………… 1,000L
エタノール …………………… 2,000L
選択肢
  1. 1. 10倍
  2. 2. 11倍
  3. 3. 12倍
  4. 4. 13倍
  5. 5. 14倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、危険物を取り扱う建築物の周囲に、一定の幅の空地を保有しなければならない旨の規定が設けられている製造所等のみの組合せは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 屋外貯蔵所、   第2種販売取扱所
  2. 2. 屋内貯蔵所 、  第1種販売取扱所
  3. 3. 一般取扱所 、  屋内タンク貯蔵所
  4. 4. 給油取扱所 、  簡易タンク貯蔵所(屋外に設けるもの)
  5. 5. 製 造 所  、 屋外タンク貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等に設置する消火設備のうち、第2種と第5種の消火設備に該当するものの組合せどれか。 
A.スプリンクラー設備
B.消火粉末を放射する大型の消火器
C.屋内消火栓設備
D.泡消火設備
E.ハロゲン化物を放射する小型の消火器
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. A E
  3. 3. B D
  4. 4. B C
  5. 5. C A
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、製造所における設備上の基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物を取り扱う建築物は、地階を有しないこと。
  2. 2. 危険物を取り扱う建築物の壁、柱、はり及び階段を不燃材料とすること。
  3. 3. 危険物を取り扱う建築物の窓及び出入口は、防火設備とすること。
  4. 4. 危険物を取り扱う建築物の窓及び出入口にガラスを用いる場合は、ガラスの厚さを5mm以上とすること。
  5. 5. 液状の危険物を取り扱う建築物の床は、危険物が浸透しない構造とするとともに、適当な傾斜をつけ、かつ、貯留設備を設けること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所等の所有者等が市町村長等に届け出なくてもよいものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物保安監督者を定めたとき。
  2. 2. 定期点検を行ったとき。
  3. 3. 危険物保安統括管理者を定めたとき。
  4. 4. 製造所等の譲渡を受けたとき。
  5. 5. 製造所等を廃止したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、市町村長等が製造所等の許可の取り消し又は使用停止を命ずることができる事由として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 給油取扱所の構造を無許可で変更したとき。
  2. 2. 完成検査を受けないで、屋内貯蔵所を使用したとき。
  3. 3. 地下タンク貯蔵所の定期点検を、規定の期間内に行わなかったとき。
  4. 4. 基準に違反している製造所等に対する、修理、改造又は移転命令に従わなかったとき。
  5. 5. 移動タンク貯蔵所の危険物取扱者が、法令で定める保安の講習を受講していないとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち正しいものはどれか。ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1. 定期点検は、3年に1回行わなければならない。
  2. 2. 定期点検の記録は、1年間保存しなければならない。
  3. 3. 危険物施設保安員が点検を実施するときは、危険物取扱者の立会いが必要である。
  4. 4. 移動タンク貯蔵所は、貯蔵し、又は取り扱う危険物の数量等に関係なく定期点検の実施対象である。
  5. 5. 危険物保安統括管理者を定めている製造所等は、定期点検を免除されている。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、指定数量が30倍以下の第4類の危険物を貯蔵し又は取り扱う次の施設のうち、危険物保安監督者の選任が必要なものはどれか。
選択肢
  1. 1. 引火点が40℃以上の危険物を貯蔵する屋内貯蔵所
  2. 2. 灯油を貯蔵し、取り扱う第1種販売取扱所
  3. 3. 屋外タンク貯蔵所
  4. 4. 軽油、灯油を移送する移動タンク貯蔵所
  5. 5. 重油を貯蔵する屋外貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 次の文の【  】内に当てはまる数字として、正しいものは次のうちどれか。
「免状に記載されている氏名、本籍地が変わったとき、又は免状に貼付されている写真が撮影から【  】年を経過した時は、書換えの申請をしなければならない。」
選択肢
  1. 1. 3
  2. 2. 5
  3. 3. 10
  4. 4. 15
  5. 5. 20
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等において、危険物の取扱作業に従事するすべての者は、この講習を受講しなければならない。
  2. 2. 危険物施設保安員は、すべてこの講習を受けなければならない。
  3. 3. 危険物保安監督者に選任された危険物取扱者のみが、この講習を受けなければならない。
  4. 4. 危険物取扱者であっても、現に製造所等において危険物の取扱作業に従事していない者は、この講習を受ける必要はない。
  5. 5. 現に危険物の取扱作業に従事している者で、法令に違反した者のみが受けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、危険物施設保安員について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物施設保安員は、甲種危険物取扱者又は乙種危険物取扱者の中から選任しなければならない。
  2. 2. 製造所等の所有者等は、危険物施設保安員を定めた場合、市町村長等に遅滞なく届け出なければならない。
  3. 3. 危険物施設保安員は、予防規程を定めなければならない。
  4. 4. 危険物施設保安員は、製造所等の構造及び設備を法令基準に適合するよう維持するため、定期及び臨時の点検を行う。
  5. 5. 危険物施設保安員は、危険物保安監督者が旅行、疾病その他事故により職務を行うことができない場合、その職務を代行しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、指定数量以上の危険物の運搬について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  2. 2. 危険物や運搬容器に著しい摩擦や動揺がおきないよう運搬すること。
  3. 3. 運搬する危険物が指定数量以上のときは、その都度、市町村長等に届け出なければならない。
  4. 4. 運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物運搬車両に「危」の標識を設置しなければならない。
  5. 5. 運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物運搬車両に消火設備を設置しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所(セルフ型スタンド)における取扱基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 顧客は顧客用固定給油設備以外の固定給油設備を使用して給油することができる。
  2. 2. 給油量、給油時間等の上限を設定する場合は、適正な数値としなければならない。
  3. 3. 顧客の給油作業等を直視等により監視すること。
  4. 4. 顧客が給油作業等を行う場合は、火の気がないこと、その他安全上支障ないことを確認してから実施させること。
  5. 5. 非常時においては、すべての固定給油設備等における危険物の取扱いが行えない状態にすること。
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 燃焼についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. ニトロセルロースは、その物質中に多量の酸素を含有し、燃焼の際にその酸素が使われる。これを内部(自己)燃焼という。
  2. 2. 木炭は、その表面で熱分解や蒸発することなく、高温を保ちながら酸素と反応して燃焼する。これを表面燃焼という。
  3. 3. 硫黄は、融点が発火点より低いため、融解し、さらに蒸発して燃焼する。これを分解燃焼という。
  4. 4. 石炭は、加熱されて分解し、その際発生する可燃性ガスが燃焼する。これを分解燃焼という。
  5. 5. エタノールは、液面から発生した可燃性蒸気が空気と混合し、なんらかの火源により燃焼する。これを蒸発燃焼という。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 燃焼についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 燃焼とは、発熱と発光を伴う酸化反応である。
  2. 2. 可燃物はどんな場合でも空気がないと燃焼しない。
  3. 3. 燃焼の三要素とは、可燃物、酸素供給源及び点火源のことである。
  4. 4. 点火源とは、可燃物と酸素が反応を起こすために必要なエネルギーのことである。
  5. 5. 固体の可燃物は、細かく砕くと燃焼しやすくなる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 引火点と発火点に関する説明として、次のA〜Dのうち正しいものの組合せはどれか。 
A.引火点とは、空気中で可燃性液体に口火を近づけたとき、燃えだすのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生する最低の液温である。
B.発火点とは、可燃物を加熱したとき、火源を与えなくても、自ら燃焼する温度をいう。
C.引火点は、一般に発火点より高い温度である。
D.引火点とは、可燃性液体が燃焼範囲の上限値の濃度の蒸気を発生する液温をいう。
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. A C
  3. 3. B C
  4. 4. B D
  5. 5. C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 二酸化炭素消火剤について、次の文の【  】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「二酸化炭素消火剤の主たる消火効果は、【 A 】である。二酸化炭素は高圧で【 B 】され、液状で本体容器に充填されており、放射時に気化するときの冷却作用もある。薬剤は電気【 C 】性が良く、油火災と電気火災に適応する。」
選択肢
  1. 1. 【A.抑制】【B.圧縮】【C.伝導】
  2. 2.【A.窒息】【B. 冷却】【C.伝導】
  3. 3.【A.窒息】【B. 圧縮】【C.伝導】
  4. 4.【A.抑制】【B. 冷却】【C.絶縁】
  5. 5.【A.窒息】【B. 圧縮】【C.絶縁】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 自然発火の機構について、次の文中の【 A 】〜【 C 】に当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「物質が空気中で常温(20℃)において自然に発熱し、発火する発熱原因には、分解熱、【 A 】、吸着熱などによるものがある。分解熱による例には、【 B 】などがあり、【 A 】による例には不飽和脂肪酸を多く含む、あまに油、キリ油などの【 C 】がある。」
選択肢
  1. 1.【A.酸化熱】【B.セルロイド】【C.乾性油】
  2. 2.【A.燃焼熱】【B.石炭】【C.半乾性油】
  3. 3.【A.生成熱】【B.硝化綿】【C.不乾性油】
  4. 4.【A.反応熱】【B.ウレタンフォーム】【C. 不乾性油】
  5. 5.【A.中和熱】【B.炭素粉末類】【C.乾性油】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 一酸化炭素の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 二酸化炭素が酸化されて生成する。
  2. 2. 無色、無臭のきわめて有毒な気体である。
  3. 3. 空気より軽い。
  4. 4. 青い炎をあげて燃える。
  5. 5. 水に溶けにくい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 液体や粉体のうち、不導体の帯電防止策について、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 設備、装置は導電性材料を用いる。
  2. 2. 粉体は、加水、加湿する。
  3. 3. 粉体は、よくかくはんする。
  4. 4. 帯電防止剤を添加、または、表面に塗付する。
  5. 5. 液体は取扱作業の流速を下げる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次の文の【  】内のAとBに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。 
「お風呂のお湯や部屋の空気などの液体や気体は、暖まると比重が軽くなり、流体となって移動する。熱せられた物体と他の物体との間に、流体物が存在し、流体物が流動して熱が伝わることを【 A 】という。
又、熱せられた物体と他の物体の間に中間物がなく、太陽熱のように真空中でも光によって熱が伝わることを【 B 】という。」
選択肢
  1. 1.【A.対流】【B.放射】
  2. 2.【A.伝導】【B. 伝導】
  3. 3.【A.放射】【B. 伝導】
  4. 4.【A.伝導】【B. 放射】
  5. 5.【A.伝導】【B. 対流】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 単体についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 単体は純粋な物質で、1種類の元素のみからなるものである。
  2. 2. 単体は、金属、非金属とに大別される。
  3. 3. 単体は、物質によっては1種類だけだが、同素体のあるものもある。
  4. 4. 単体の名称は、通常元素名である。
  5. 5. 単体は、すべて分解することができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 一酸化炭素と二酸化炭素の性質の比較について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 一酸化炭素………毒性が強い
    二酸化炭素……… 毒性は弱い
  2. 一酸化炭素………空気より重い
    二酸化炭素……… 空気より軽い
  3. 一酸化炭素………液化しにくい
    二酸化炭素……… 液化しやすい
  4. 一酸化炭素………水に溶けにくい
    二酸化炭素……… 水によく溶ける
  5. 一酸化炭素………燃える
    二酸化炭素……… 燃えない
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 次の文に該当する危険物はどれか。
「この類の危険物は、強酸化性物質で、そのもの自体は不燃性だが、他の物質と反応しやすい酸素を多量に含有しており、加熱、衝撃、摩擦などにより分解し、酸素を放出しやすい固体である。」
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物
  2. 2. 第2類の危険物
  3. 3. 第3類の危険物
  4. 4. 第4類の危険物
  5. 5. 第5類の危険物
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の消火方法として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 粉末消火剤は効果がある。
  2. 2. 二酸化炭素消火剤は効果がある。
  3. 3. 泡消火剤は効果がある。
  4. 4. 棒状の強化液消火剤は効果がある。
  5. 5. ハロゲン化物消火剤は効果がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 次の事故事例を教訓とした今後の対策として、誤っているものはどれか。
「給油取扱所の固定給油設備から軽油が漏れて地下に浸透したため、地下専用タンクの外面保護材の一部が溶解した。また、周囲の地下水も汚染されて油臭くなった」
選択肢
  1. 1. 給油中は吐出状況を監視し、ノズルから空気(気泡)を吹き出していないかどうか注意すること。
  2. 2. 固定給油設備は定期的に全面カバーを取り外し、ポンプ及び配管に漏れがないか点検すること。
  3. 3. 固定給油設備のポンプ周囲及び下部ピット内は点検を容易にするため、常に清掃しておくこと。
  4. 4. 固定給油設備のポンプ及び配管等の一部に著しく油ごみ等が付着する場合は、その付近に漏れの疑いがあるので、重点的に点検すること。
  5. 5. 固定給油設備の下部ピットは、漏油しても地下に浸透しないように、内側をアスファルトで被服しておくこと。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 エチルメチルケトンの貯蔵のしかたについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 火気を近づけないこと。
  2. 2. 容器に保存するときは、通気口付きのものにすること。
  3. 3. 直射日光を避けて冷所に貯蔵すること。
  4. 4. 貯蔵又は取扱場所は通風をよくすること。
  5. 5. 消火の際は、耐アルコール泡が有効である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第2石油類の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 霧状の場合は、引火点以下の温度でも、着火することがある。
  2. 2. 蒸気比重は1より大きい。
  3. 3. 水溶性のものはない。
  4. 4. 発火点は100℃を超える。
  5. 5. 15℃で凝固するものがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 蒸気は空気より重い。
  2. 2. 二硫化炭素より発火点は低い。
  3. 3. ジエチルエーテルより燃焼範囲は広い。
  4. 4. 引火点は常温(20℃)より高い。
  5. 5. 水より重い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 重油の性質について、次のうち誤りはどれか。
選択肢
  1. 1. 不純物として含まれている硫黄は、燃えると有毒な亜硫酸ガスになる。
  2. 2. 褐色又は暗褐色の液体である。
  3. 3. 水より軽い。
  4. 4. 発火点は70〜150度である。
  5. 5. 種類によって引火点は若干異なる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 灯油と軽油の性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. ともに精製したものは無色であるが、軽油はオレンジ色に着色されている。
  2. 2. 灯油は一種の植物油であるが、軽油は石油製品である。
  3. 3. ともに電気の不導体であり、流動により静電気が発生しやすい。
  4. 4. ともに第3石油類に属する。
  5. 5. ともに液温が常温(20℃)付近で引火する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 引火点が低いものから高いものの順になっているものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 重油  →  ギヤー油  →  軽油
  2. 2. ジエチルエーテル  →  キシレン  →  重油
  3. 3. ギヤー油  →  灯油  →  二硫化炭素
  4. 4. 軽油  →  ガソリン  →  トルエン
  5. 5. シリンダー油  →  エタノール  →  灯油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 トルエンの性質について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 金属と作用しない。
  2. 2. 蒸気の毒性はベンゼンより低い。
  3. 3. ニトロ化するとトリニトロトルエンになる。
  4. 4. 蒸気は空気より軽い。
  5. 5. 水に溶けない。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。