乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法別表第一に定める第4類危険物について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 二硫化炭素は、特殊引火物に該当する。
  2. 2. ジエチルエーテルは、第1石油類に該当する。
  3. 3. 軽油は、第2石油類に該当する。
  4. 4. 重油は、第3石油類に該当する。
  5. 5. シリンダー油は、第4石油類に該当する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、製造所等以外の場所において、指定数量以上の危険物を仮に貯蔵する場合の基準について、次のA〜Dのうち正しいものの組合せはどれか。 
A.貯蔵する場合、所轄消防長又は消防署長の承認を得なければならない。
B.貯蔵する危険物の量は、指定数量の10倍以下としなければならない。
C.危険物保安監督者を定めなければならない。
D.貯蔵する期間は10日以内としなければならない。
選択肢
  1. 1. AとB
  2. 2. AとC
  3. 3. AとD
  4. 4. BとC
  5. 5. CとD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 現在、メタノール100Lを貯蔵している。これと同一場所に貯蔵した場合、指定数量以上とみなされるものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. アセトアルデヒド 20L
  2. 2. トルエン 90L
  3. 3. 酢酸 200L
  4. 4. アセトン 300L
  5. 5. グリセリン 500L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、製造所の外壁等から50m以上の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられている建築物等は次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 高圧ガス施設
  2. 2. 製造所等の敷地外の住居
  3. 3. 病院
  4. 4. 重要文化財に指定された建築物
  5. 5. 使用電圧が35,000Vの特別高圧架空電線
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 製造所等に設置する消火設備の区分について、第3種の消火設備に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 水蒸気消火設備
  2. 2. 泡消火設備
  3. 3. ハロゲン化物消火設備
  4. 4. スプリンクラー設備
  5. 5. 不活性ガス消火設備
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、次の文の【  】内のAとBに該当する語句の組合せとして正しいものはどれか。
「製造所、貯蔵所又は取扱所の位置、構造又は設備を変更しないで、当該製造所、貯蔵所又は取扱所において貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名、数量又は指定数量の倍数を変更しようとする者は、【 A 】に、その旨を【 B 】に届け出なければならない。」
選択肢
  1. A:変更しようとする日の10日前まで
    B:消防長又は消防署長
  2. A:変更しようとする日の10日前まで
    B:市町村長等
  3. A:変更した後7日以内
    B:消防長又は消防署長
  4. A:変更した後10日以内
    B:市町村長等
  5. A:変更した後10日以内
    B:消防長又は消防署長
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 灯油と軽油を貯蔵するために、タンクの容量が10,000L、30,000L、および60,000Lの屋外タンクの設置を予定しているが、この3基のタンクを同一の防油堤内に設置する場合、防油堤の最低容量として、次のうち正しいものはどれか。ただし、岩盤タンク及び特殊液体危険物タンクを除く。
選択肢
  1. 1. 10,000L
  2. 2. 30,000L
  3. 3. 60,000L
  4. 4. 66,000L
  5. 5. 90,000L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等の所有者等が、市町村長等から製造所等の許可を取り消される理由に該当しないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物保安監督者を定めなければならない製造所等において、その者が取り扱うことができる危険物の取扱作業に関して、保安の監督をさせていないとき。
  2. 2. 製造所等の変更の完成検査を受けないで、当該製造所等を使用したとき。
  3. 3. 基準違反の設備に関して、修理、改造又は移転の命令を受けたが、それに従わなかったとき。
  4. 4. 定期点検を行わなければならない製造所等において、定期に点検を行っていないとき。
  5. 5. 市町村長等の許可を受けないで、製造所等の構造を変更したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 定期点検を実施し、その記録を保存しなければならない製造所等は次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 地下タンクを有する製造所
  2. 2. すべての屋外タンク貯蔵所
  3. 3. すべての屋外貯蔵所
  4. 4. 簡易タンクのみを有する給油取扱所
  5. 5. すべての屋内タンク貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 危険物保安監督者について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物保安監督者は、火災等災害発生時に作業者を指揮して、応急措置を講ずると共に、消防機関等へ連絡する。
  2. 2. 危険物保安監督者は、危険物の取扱作業にあたり保安の監督をするとともに、作業者に対して必要な指示を与える。
  3. 3. 危険物保安監督者が立会わない限り、危険物取扱者以外の者は危険物を取り扱うことができない。
  4. 4. 危険物保安監督者は、製造所等において危険物取扱いの実務経験が6ヶ月以上あるものでなければならない。
  5. 5. 危険物保安監督者を定めたとき、又は解任したときは、市町村長等に届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物取扱者免状の交付を受けている者が、免状を亡失・滅失若しくは、汚損・破損した場合の再交付の申請について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 当該免状を交付した都道府県知事に申請することができる。
  2. 2. 当該免状の書換えをした都道府県知事に申請することができる。
  3. 3. 居住地を管轄する都道府県知事に申請することができる。
  4. 4. 免状を破損し再交付を受ける場合は、当該免状を添えて申請しなければならない。
  5. 5. 免状を亡失し、その再交付を受けた者が、亡失した免状を発見した場合は、それを10日以内に免状を再交付した都道府県知事に提出しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 移動タンク貯蔵所による危険物の取扱い及び移送について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 移動貯蔵タンクから重油を容器に詰替えることができる。
  2. 2. 移送する者は、移送の開始前に移動貯蔵タンクの底弁、マンホール及び注入口のふた、消火器等の点検を行うこと。
  3. 3. すべての移動貯蔵タンクは,接地導線を設けなければならない。
  4. 4. 移動タンク貯蔵所には、完成検査済証、定期点検記録等を備え付けておくこと。
  5. 5. 消防吏員と警察官は,走行中の移動タンク貯蔵所を停止させ,危険物取扱者免状の提示を命じることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習について、次のA〜Dのうち正しいものすべてを掲げている組合せはどれか。 
A.受講義務のある危険物取扱者は、製造所等において作業に従事している危険物取扱者である。
B.受講義務のある危険物取扱者は、講習を受けた日から5年以内に次回の講習を受けなければならない。
C.受講する場所は免状の交付を受けた都道府県だけでなく、全国どこの都道府県でもよい。
D.受講義務のある危険物取扱者が、定められた期間内に受講しなかった場合には、免状の交付を受けた都道府県知事から免状の返納を命ぜられることがある。
選択肢
  1. 1. A
  2. 2. A B
  3. 3. A C D
  4. 4. B C
  5. 5. B D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、指定数量以上の危険物の運搬について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  2. 2. 運搬容器および包装の外部に危険物の品名、数量等を表示して積載しなければならない。
  3. 3. 運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物運搬車両に「危」の標識と消火設備を設置しなければならない。
  4. 4. 危険物や運搬容器に著しい摩擦や動揺がおきないよう運搬すること。
  5. 5. 指定数量以上の危険物を車両で運搬する場合は、その都度、市町村長等に届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、給油取扱所における、危険物の取扱いの基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 自動車等に給油するときは、固定給油設備又は専用タンク注入口の周囲には,他の自動車等が駐車しないようにすること。
  2. 2. 給油するときは、固定給油設備を使用し、直接給油すること。
  3. 3. 給油するときは、自動車等のエンジンを停止して行うこと。
  4. 4. 自動車等の一部又は全部が給油空地からはみ出たままで給油する場合は、細心の注意をすること。
  5. 5. 自動車等の洗浄は、引火点を有する液体の洗剤を使用しないこと。
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 燃焼の一般的説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 酸素供給源は、空気とは限らない。
  2. 2. 可燃物、酸素供給源及び点火源を燃焼の三要素という。
  3. 3. 二酸化炭素は可燃物ではない。
  4. 4. 気化熱や融解熱は、点火源になる。
  5. 5. 金属の衝撃火花や静電気の放電火花は、点火源になることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 次の有機化合物の気体1molを空気中で完全燃焼させた場合、最も酸素量が多く必要なものはどれか。
選択肢
  1. 1. C3H7OH
  2. 2. CH3COCH3
  3. 3. C2H5OC2H5
  4. 4. CH3COC2H5
  5. 5. CH3COOC2H5
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 可燃性液体の通常の燃焼について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 可燃性液体の表面から発生した蒸気が空気と混合して燃焼する。
  2. 2. 可燃性液体は蒸発せず、液面が空気と触れて燃焼する。
  3. 3. 可燃性液体の内部で燃焼し、燃焼生成物が炎となって液面に現われる。
  4. 4. 液体が熱により分解し、発生した可燃性ガスが燃焼する。
  5. 5. 可燃性液体が空気を吸収して燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 容器内で燃焼している動植物油類に、注水すると危険な理由として、最も適切なものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 水が容器の底に沈み、徐々に油面を押し上げるから。
  2. 2. 高温の油と水の混合物は、単独の油よりも燃焼点が低くなるから。
  3. 3. 注水が空気を巻き込み、火炎及び油面に酸素を供給するから。
  4. 4. 油面をかき混ぜ、油の蒸発を容易にするから。
  5. 5. 水が沸騰し、高温の油を飛散させるから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 燃焼についての記述として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 可燃性固体の燃焼は、酸素濃度が高いときほど激しくなる。
  2. 2. 可燃性液体の燃焼のしかたは、発生した蒸気がそのまま燃焼するので自己燃焼という。
  3. 3. 沸点の高い可燃性の液体には、引火点がない。
  4. 4. 木炭、コークスなどの燃焼のしかたを分解燃焼という。
  5. 5. 分子内に酸素を含んでいる物質の燃焼を表面燃焼という。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 物質の摩擦時における静電気発生の防止及び抑制は、材料の特性・性状及び工程上の制約等から、現実的には困難な場合が多いが、一般的な対策として、次のうち正しい組合せはどれか。 
A.接触面積を増やす。
B.接触回数を減らす。
C.接触圧力を低くする。
D.接触状態にあるものを強く引きはがす。
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. B C
  3. 3. C D
  4. 4. D A
  5. 5. A C
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 次に示す水素イオン指数について、酸性で、かつ中性に最も近いものはどれか。
選択肢
  1. 1. pH 2.0
  2. 2. pH 5.1
  3. 3. pH 6.8 
  4. 4. pH 7.1
  5. 5. pH 11.2
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次の文の【 】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして正しいものはどれか。
「金属が水溶液中で【 A 】になろうとする性質をイオン化傾向という。流電陽極法はこの性質を利用した金属の腐食防止方法の1つで、イオン化傾向の【 B 】金属を先に溶解させることで腐食を防止する。例えば鉄の場合、主に【 C 】の合金が用いられる。」
選択肢
  1. 【A:陽イオン】【B:大きい】【C: アルミニウム】
  2. 【A:陽イオン】【B:小さい】【C: 銅】
  3. 【A:陽イオン】【B:大きい】【C: 水銀】
  4. 【A:陰イオン】【B:小さい】【C: アルミニウム】
  5. 【A:陰イオン】【B:大きい】【C: 銅】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 次の反応のうち、( )内の物質が還元されているものはどれか。
選択肢
  1. 1. (黄リン)が燃焼して五酸化リンになった。
  2. 2. (アルコール)が燃焼して二酸化炭素と水になった。
  3. 3. (木炭)が燃焼して二酸化炭素になった。
  4. 4. (二酸化炭素)が赤熱した木炭に触れて一酸化炭素になった。
  5. 5. (銅)を熱したら黒く変色した。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 化学反応と反応速度の一般的説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 反応物の濃度が高いほど衝突頻度が高いので、反応速度は速くなる。
  2. 2. 気体の圧力を高くすると、単位体積当たりの粒子数が増えるので、反応速度は速くなる。
  3. 3. 温度を高くするほど、粒子の熱運動が激しくなるため衝突頻度が増し、反応速度は早くなる。
  4. 4. 触媒を用いると反応機構が変わり、活性化エネルギーがより小さい経路で反応が進むため、反応速度は速くなる。
  5. 5. 触媒を用いると反応熱が高くなる。
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物は、分解して酸素を放出する。
  2. 2. 第2類の危険物は、酸素を含有している自己燃焼性の固体である。
  3. 3. 第3類の危険物は、禁水性及び自然発火性の物質である。
  4. 4. 第5類の危険物は、外部から酸素の供給がなくても、燃焼するものが多い。
  5. 5. 第6類の危険物は、不燃性である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の一般的な性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 流動性が高く、火災の際に拡散しやすい。
  2. 2. すべて引火点がある。
  3. 3. 非水溶性のものは、電気の不導体で静電気が蓄積しやすい。
  4. 4. 蒸気は空気より重く、低所に滞留する。
  5. 5. 液比重は1より大きいものが多い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 アセトン及びエタノールなど、水溶性液体危険物の火災に、一般の泡消火剤を使用しても効果的でない。その理由として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 泡が重いため沈むから。
  2. 2. 泡が燃えるから。
  3. 3. 泡が乾いて飛ぶから。
  4. 4. 泡が固まるから。
  5. 5. 泡が消えるから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第1石油類の危険物を取り扱う場合の火災予防について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 液体から発生した蒸気は、地上をはって離れた低い場所に溜まることがあるので、周囲の火気に注意する。
  2. 2. 取扱い作業をする場合には、鉄ビョウの付いた靴は使用しない。
  3. 3. 取扱い場所に設けるモータ、制御器、スイッチ、電灯などの電気設備は、すべて防爆構造でなければならない。
  4. 4. 取扱い作業時の服装は、電気絶縁性のよい靴やナイロンその他の化学繊維などの衣類を着用する。
  5. 5. 床上に少量こぼれた場合には、ぼろ布などでよくふき取り、通風をよくして換気を十分に行う。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 次のうち、貯蔵の際、水を張って蒸気の発生を抑制する物質はどれか。
選択肢
  1. 1. アセトアルデヒド
  2. 2. 酸化プロピレン
  3. 3. 二硫化炭素
  4. 4. 酢酸エチル
  5. 5. キシレン
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 ガソリンの性状等について,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 工業ガソリンは無色の液体だが,自動車ガソリンはオレンジ系色に着色されている。
  2. 2. 各種の炭化水素の混合物である。
  3. 3. 発火点はおおむね100℃以下で第4類の危険物の中では最も低い。
  4. 4. 自動車ガソリンの燃焼範囲は1〜8vol%程度である。
  5. 5. 蒸気は空気より重い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 重油の一般的な性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水に溶けない。
  2. 2. 水より重い。
  3. 3. 日本工業規格では、1種(A重油)、2種(B重油)及び3種(C重油)に分類されている。
  4. 4. 発火点は、100℃より高い。
  5. 5. 1種及び2種重油の引火点は60℃以上である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 軽油の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 沸点は水よりも高い。
  2. 2. 水より軽い。
  3. 3. 蒸気は空気よりわずかに軽い。
  4. 4. ディーゼル機関等で燃料として用いられる。
  5. 5. 引火点は45℃以上である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 引火点が低いものから高いものの順になっているものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 自動車ガソリン  < トルエン  < ギヤー油
  2. 2. 自動車ガソリン  < 灯油  < トルエン
  3. 3. 自動車ガソリン  < ギヤー油  < 灯油
  4. 4. トルエン  < 自動車ガソリン  < ギヤー油
  5. 5. トルエン  < ギヤー油  < 灯油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ベンゼンとトルエンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 蒸気は共に有毒である。
  2. 2. いずれも無色の液体で水より軽い。
  3. 3. いずれも芳香族炭化水素である。
  4. 4. いずれも引火点は、常温(20℃)より低い。
  5. 5. いずれも水によく溶ける。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。