乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法令上の危険物についての説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物とは、法別表第一の品名欄に掲げる物品で、同表に定める区分に応じ同表の性質欄に掲げる性状を有するものをいう。
  2. 2. 危険物はその性質により、第1類から第6類に区分されている。
  3. 3. 危険物の指定数量は全国同一である。
  4. 4. 圧縮アセチレンガスや液化石油ガスも、その取扱いが危険なため、危険物として指定されている。
  5. 5. 危険物は、法別表に掲げられているものの他に、政令で定められているものもある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、貯蔵所又は取扱所の区分について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋外にあるタンクで危険物を貯蔵し又は取り扱う貯蔵所を屋外貯蔵所という。
  2. 2. 屋内にあるタンクで危険物を貯蔵し又は取り扱う貯蔵所を屋内貯蔵所という。
  3. 3. 店舗において容器入りのままで販売するため、指定数量の15倍以下の危険物を取り扱う施設を第1種販売取扱所という。
  4. 4. ボイラーで重油等を消費する施設を製造所という。
  5. 5. 鋼製ドラム等に直接給油するためガソリンを取り扱う施設を給油取扱所という。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令上、同一場所において、同じ類の危険物を複数貯蔵する場合、次のうち指定数量の倍数の合計が最も小さい組合せはどれか。ただし、下表は、各品名の指定数量を示す。

品   名 指定数量
第1石油類(非水溶性液体)……… 200 L
第2石油類(非水溶性液体)……… 1,000 L
第3石油類(非水溶性液体)……… 2,000 L
第4石油類…………………………… 6,000 L
選択肢
  1. 1. ガソリン2,000Lとシリンダー油6,000L
  2. 2. 灯油3,000Lとガソリン5,000L
  3. 3. 重油4,000Lと灯油4,000L
  4. 4. 軽油5,000Lと重油3,000L
  5. 5. シリンダー油6,000Lと軽油2,000L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、学校、病院等の建築物等から一定の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられている製造所等は次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 屋外貯蔵所
  2. 2. 販売取扱所
  3. 3. 移動タンク貯蔵所
  4. 4. 屋内タンク貯蔵所
  5. 5. 給油取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等に設置する消火設備の区分について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1種の消火設備………………………………屋内消火栓設備
  2. 2. 第2種の消火設備………………………………スプリンクラー設備
  3. 3. 第3種の消火設備………………………………ハロゲン化物消火設備
  4. 4. 第4種の消火設備………………………………屋外消火栓設備
  5. 5. 第5種の消火設備………………………………乾燥砂
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所(セルフ型スタンド)において、表示しなければならない事項として、次のうち必要ないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 自動車等の停車位置の表示。
  2. 2. 危険物の品目等の表示。
  3. 3. 顧客は、顧客用固定給油設備以外の固定給油設備の使用はできない旨の表示。
  4. 4. 営業時間の表示。
  5. 5. ホース、給油機器の使用方法の表示。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、次の文の【  】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「製造所等(移送取扱所を除く)を設置しようとする者は、消防本部及び消防署を置く市町村の区域にあっては【  A  】、その他の区域にあっては当該区域を管轄する【  B  】の許可を受けなければならない。これは設置計画に対する許可であるので、工事完了後に【  C  】を受け、許可どおり設置されているかどうか確認を受けなければならない。」
選択肢
  1. 【A:消防長又は消防署長】【B:市町村長】【C:機能検査】
  2. 【A:市町村長】【B:都道府県知事】【C:完成検査】
  3. 【A:市町村長】【B:都道府県知事】【C:機能検査】
  4. 【A:消防長】【B: 市町村長 】【C:完成検査】
  5. 【A:消防署長】【B:都道府県知事】【C:機能検査】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、市町村長等から出される許可の取り消しに、該当しないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の施設の一部を無許可で変更したとき。
  2. 2. 設備の完成検査を受けないで屋内貯蔵所を使用したとき。
  3. 3. 予防規程を制定しなければならない製造所等で、制定していなかったとき。
  4. 4. 地下タンク貯蔵所の定期点検を怠ったとき。
  5. 5. 製造所等に対する、修理、改造又は移転命令に従わなかったとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 製造所等の定期点検に関する記述ついて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 定期点検は製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合しているかどうかについて行う。
  2. 2. 地下貯蔵タンク、地下埋設配管、移動貯蔵タンクの漏れの有無を確認する点検は、危険物取扱者の立会いがあれば、誰でも点検を行うことができる。
  3. 3. 製造所等の所有者等は、点検の記録を作成し、これを一定期間保存しなければならない。
  4. 4. 地下タンク貯蔵所は、定期点検を実施しなければならない。
  5. 5. 点検記録には、点検を行った製造所等の名称、点検の方法及び結果を記載しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、製造所等における危険物取扱時の危険物取扱者の立会いについて、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の所有者が承認し許可すれば危険物取扱者以外の者でも、危険物取扱者の立会い無しで危険物を取り扱うことができる。
  2. 2. すべての危険物施設保安員は、危険物取扱者以外の者が取り扱う場合の立会いができる。
  3. 3. 危険物取扱者以外の者が危険物を取り扱う場合には、指定数量未満であっても、甲種危険物取扱者又は当該危険物を取り扱うことができる乙種危険物取扱者の立会いが必要である。
  4. 4. 危険物取扱者以外の者が危険物を取り扱う場合、丙種危険物取扱者の立会いがあれば危険物を取り扱うことができる。
  5. 5. すべての乙種危険物取扱者は、丙種危険物取扱者が取り扱うことができる危険物の立会いができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物取扱者免状の書換え又は再交付について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 免状の書換えは、免状の交付を受けた都道府県知事又は居住地若しくは勤務地を管轄する都道府県知事に申請する。
  2. 2. 免状の記載事項に変更を生じたときは、遅滞なく当該事項の書換えを免状の交付を受けた都道府県知事又は居住地もしくは勤務地を管轄する都道府県知事に申請しなければならない。
  3. 3. 免状を亡失し、滅失し、汚損し又は破損したときは、免状の交付又は書換えを受けた都道府県知事に再交付の申請をすることができる。
  4. 4. 免状を汚損又は破損し、再交付の申請をするときは、申請書に当該免状を添えて提出しなければならない。
  5. 5. 免状を亡失し再交付を受けた者が、亡失した免状を発見したときは、再交付された免状を、亡失した区域を管轄する市町村長等に提出しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 製造所等のうち、政令で定める一定規模以上になると市町村長等が行う保安に関する検査の対象となるものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 屋外タンク貯蔵所
  2. 2. 一般取扱所
  3. 3. 給油取扱所
  4. 4. 製造所
  5. 5. 地下タンク貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、危険物施設保安員の業務として、定められていないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の構造及び設備を技術上の基準に適合するように維持するため、定期及び臨時の点検を行うこと。
  2. 2. 点検を行ったときは、点検を行った場所の状況及び保安のために行った措置を記録し、消防署長に報告すること。
  3. 3. 製造所等の構造及び設備に異常を発見した場合は、危険物保安監督者その他関係のある者に連絡するとともに、状況を判断して適当な措置を講ずること。
  4. 4. 火災が発生したとき又は火災発生の危険性が著しいときは、危険物保安監督者と協力して、応急の措置を講ずること。
  5. 5. 製造所等の計測装置、制御装置、安全装置等の機能が適正に保持されるようにこれを保安管理すること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、危険物の運搬について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 指定数量未満である場合は、運搬方法・容器等を消防法により規制されない。
  2. 2. 同一車両において、異なった類の危険物との混載は一切禁止されている。
  3. 3. 指定数量以上の危険物を運搬する場合、車両の前後の見やすい位置に「危」の標識を掲げなければならない。
  4. 4. 指定数量以上の危険物を車両で運搬する場合は、所轄の消防長又は消防署長に届け出なければならない。
  5. 5. 運搬容器の材質や容器の最大容量の制限は特にない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、危険物の貯蔵・取扱い基準として、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物の残存している設備、機械器具、容器等を修理する際は、安全な場所において危険物保安監督者の立会いのもとで行うこと。
  2. 2. 危険物のくず、かす等は、1日に1回以上危険物の性質に応じ安全な場所及び方法で処理すること。
  3. 3. 危険物を保護液中に貯蔵する場合は、危険物を露出させないこと。
  4. 4. 廃油を焼却する時は、安全な場所で安全な方法でおこなうこと。
  5. 5. 貯留設備又は油分離装置にたまった危険物は、随時汲み上げること。
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 燃焼等の一般的説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 燃焼とは、発熱と発光を伴う酸化反応である。
  2. 2. 可燃物、酸素供給源及び点火源を燃焼の三要素という。
  3. 3. 二酸化炭素は可燃物である。
  4. 4. 金属の衝撃火花や静電気の放電火花は点火源になることがある。
  5. 5. 分解又は蒸発し、可燃性気体が発生しやすい物質ほど燃焼しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 引火点の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 可燃液体が空気中で燃焼するのに必要な熱源の温度をいう。
  2. 2. 発火点と同じものであり、その可燃物が液体又は気体の場合は引火点といい、固体の場合は発火点という。
  3. 3. 可燃物が、その蒸気を発生させるのに必要な最低の気温をいう。
  4. 4. 可燃物を空気中で加熱したとき、他から点火されなくても燃え出すのに必要な液温をいう。
  5. 5. 可燃性液体を空気中で点火したとき、燃えだすのに必要な濃度の蒸気を液面上に発生する最低の液温をいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の物質のうち、常温(20℃)、1気圧で、どちらも蒸発燃焼するものはどれか。
選択肢
  1. 1. ガソリン、硫黄
  2. 2. 固形アルコール、金属粉
  3. 3. セルロイド、プラスチック
  4. 4. 木材、コークス
  5. 5. 木炭、石炭
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火方法とその主たる理論について、次のうち適切なものはどれか。
選択肢
  1. 1. 電気室の火災に不活性ガスを放出して消火した。……窒息消火
  2. 2. 重油の火災に泡消火剤を放射して消火した。…………抑制消火
  3. 3. ガスの配管の継手から漏れたガスに着火したので、元バルブをしめて消火した。…………窒息消火
  4. 4. アルコールランプにふたをして火を消した。…………冷却消火
  5. 5. マグネシウムの火災に乾燥砂をかけて消火した。…………除去消火
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 可燃性液体の通常の燃焼について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 可燃性液体の表面から発生した蒸気が空気と混合して燃焼する。
  2. 2. 可燃性液体は蒸発せず、液面が空気と触れて燃焼する。
  3. 3. 可燃性液体の内部で燃焼し、燃焼生成物が炎となって液面に現われる。
  4. 4. 液体が熱により分解し、発生した可燃性ガスが燃焼する。
  5. 5. 可燃性液体が空気を吸収して燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 非導電性液体を取扱う場合の帯電防止の対策として、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 配管内の流速を制限して、静電気の発生をできる限り防止する。
  2. 2. ノズルの噴出速度を制限して帯電電圧を抑制する。
  3. 3. ノズル、容器、配管などは導電性のものにし、導電部分を地面に接地する。
  4. 4. タンクに充填するときはノズルの先端を液体に接触させないように、液面より上部に配置する。
  5. 5. 液体に溶解しない空気や水等が混入しないよう注意する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 「圧力を一定に保った状態では、一定質量の気体の体積は、温度1℃上昇又は下降するごとに、0℃における体積の(    )づつ、膨張又は収縮する。これをシャルルの法則という。」
上の文(  )内に該当するものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 173分の1
  2. 2. 273分の1
  3. 3. 256分の1
  4. 4. 327分の1
  5. 5. 372分の1
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 ホースやパッキングなどに使用された加硫ゴムが、経年変化により老化し亀裂・強度が低下する現象として、次の化学変化で正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 中和
  2. 2. 酸化
  3. 3. 脱水
  4. 4. 還元
  5. 5. 加水分解
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 内容積1,000Lのタンク内を満たしている液温15℃のガソリンを35℃まで上げた場合、タンク外に流出する量として、次のうち正しいものはどれか。ただし、ガソリンの体膨張率は1.35×10―3 K−1 (0.00135)とし、タンクの膨張及びガソリンの蒸発は考えないものとする。
選択肢
  1. 1. 1.35 L
  2. 2. 6.75 L
  3. 3. 13.5 L
  4. 4. 27.0 L
  5. 5. 54.0 L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 物理変化と化学変化について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. ドライアイスが二酸化炭素(気体)になるのは、化学変化である。
  2. 2. 氷が水になるのは、物理変化である。
  3. 3. 鉄がさびるのは、化学変化である。
  4. 4. ニクロム線に電気を通じると発熱するのは、物理変化である。
  5. 5. 鉛を加熱すると溶けるのは、物理変化である。
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の性質について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物はその形状、粒度により危険物になるものとならないものがある。
  2. 2. 水に触れると発熱し、可燃性ガスを発生するものがある。
  3. 3. 保護液として、水、二硫化炭素、メタノールを使用するものがある。
  4. 4. 酸素を物質中に含有し、加熱衝撃、摩擦等により、発火し、爆発するものがある。
  5. 5. 酸化力が強く、有機物と混ぜるとこれを酸化させ、場合によっては着火させるものがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 ベンゼンやトルエンの火災に使用する消火器として、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 消火粉末を放射する消火器
  2. 2. 棒状の強化液を放射する消火器
  3. 3. 二酸化炭素消火剤を放射する消火器
  4. 4. 霧状の強化液を放射する消火器
  5. 5. 泡を放射する消火器
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 次の事故事例を教訓とした今後の対策として、誤っているものはどれか。
「給油取扱所において、計量口が設置された地下専用タンクに移動貯蔵タンクからガソリンを注入する際、作業者が誤って他のタンクの注入口に注入ホースを結合したため、この地下専用タンクの計量口からガソリンが噴出した。」
選択肢
  1. 1. 注入開始前に、移動貯蔵タンクと注入する地下専用タンクの油量を確認する。
  2. 2. 注入ホースを結合する注入口に誤りがないことを確認する。
  3. 3. 地下専用タンクの注入管に過剰注入防止装置を設置する。
  4. 4. 地下専用タンクの計量口は、注入中は開放し、常時ガソリンの注入量が確認できるようにする。
  5. 5. 注入する際、給油取扱所と移動タンク貯蔵所の両方の危険物取扱者が立合い、誤りがないことを確認する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の一般的な性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. いずれも水に溶けやすい。
  2. 2. 常温(20℃)でも、火源があればすべて引火する。
  3. 3. 蒸気は燃焼範囲を有し、この下限値に達する温度が低いものほど引火の危険性は大きい。
  4. 4. 蒸気は空気より軽く、空気中で拡散しやすい。
  5. 5. 火源がなければ発火点以上でも燃焼しない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 二硫化炭素を貯蔵する場合は水槽に入れ、水没させるが、その理由として正しいものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 可燃物との接触を避けるため。
  2. 2. 水と反応して安定な物質ができるため。
  3. 3. 可燃性蒸気が発生するのを防ぐため。
  4. 4. 不純物の混入を防ぐため。
  5. 5. 空気と接触して爆発性の物質ができるのを防ぐため。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 電気の不良導体で流動等により静電気を発生する。
  2. 2. 燃焼範囲はおおむね1〜8vol%である。
  3. 3. 6類の危険物と混触すると発火する危険がある。
  4. 4. 蒸気を吸引すると、頭痛やめまい等が起こる。
  5. 5. 引火点は−20℃以下、発火点は約150℃である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 酢酸の性質として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 高濃度の酢酸は低温で氷結するので、氷酢酸ともよばれる。
  2. 2. トルエン、ベンゼンによく溶ける。
  3. 3. 粘性が高いため、水に溶けない。
  4. 4. エタノールと反応して、酢酸エステルを生じる。
  5. 5. 金属を腐食させる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 重油の一般的な性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水に溶けない。
  2. 2. 水より重い。
  3. 3. 日本工業規格では、1種(A重油)、2種(B重油)及3種(C重油)に分類される。
  4. 4. 発火点は、250℃〜380℃である。
  5. 5. C重油の引火点は、70℃以上である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 引火点が低いものから高いものの順になっているものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 自動車ガソリン  <  シリンダー油  <  重油
  2. 2. 自動車ガソリン  <  軽油  <  シリンダー油
  3. 3. ベンゼン  <  自動車ガソリン  <  重油
  4. 4. ベンゼン  <  シリンダー油  <  重油
  5. 5. ベンゼン  <  シリンダー油  <  軽油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 アセトンについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色・無臭の液体である。
  2. 2. 引火点は0℃より低い。
  3. 3. 水によく溶けるほか、アルコール、ジエチルエーテルにも溶ける。
  4. 4. 酸化性物質と混合すると発火することがある。
  5. 5. 沸点は100℃より低い。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。