乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 屋外貯蔵タンクに第4類の危険物が貯蔵されている。この危険物の性状は、非水溶性液体、1気圧において引火点は24.8℃、沸点138℃、発火点528℃である。
法令上、この危険物に該当する品名は次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 特殊引火物
  2. 2. 第1石油類
  3. 3. アルコール類
  4. 4. 第2石油類
  5. 5. 第3石油類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、特定の製造所等において定めなければならない予防規程について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 予防規程は、危険物保安監督者が定めなければならない。
  2. 2. 予防規程を定めたときは、市町村長等の認可を受けなければならない。
  3. 3. 予防規程を変更するときは、市町村長等の認可を受けなければならない。
  4. 4. 製造所等の所有者及びその従業者は、予防規程を遵守しなければならない。
  5. 5. 予防規程は、危険物の貯蔵及び取扱いの技術上の基準に適合していなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 第4類の危険物の指定数量について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 特殊引火物の指定数量は4類の中で最も小さい。
  2. 2. 第1石油類、第2石油類、第3石油類の水溶性物品の指定数量は、非水溶性物品の指定数量の2倍である。
  3. 3. 第1石油類の水溶性物品と、アルコール類の指定数量は同じである。
  4. 4. 第2石油類の水溶性物品と、第3石油類の非水溶性物品の指定数量は同じである。
  5. 5. 第3石油類の水溶性物品と、第4石油類の指定数量は同じである。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、学校、病院等の建築物等から一定の距離(保安距離)を保たなければならないが、次の製造所等のうち、保安距離を確保しなくてもよい施設はどれか。
選択肢
  1. 1. 屋外貯蔵所
  2. 2. 一般取扱所
  3. 3. 屋外タンク貯蔵所
  4. 4. 製造所
  5. 5. 販売取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等に設置する消火設備の区分について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. スプリンクラー設備……………第1種消火設備
  2. 2. 泡消火設備………………………第2種消火設備
  3. 3. 大型消火器………………………第3種消火設備
  4. 4. 小型消火器………………………第4種消火設備
  5. 5. 乾燥砂、膨張ひる石……………第5種消火設備
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、製造所等の仮使用について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 市町村長等の承認を受ける前に、貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名、数量又は指定数量の倍数を変更し、仮に使用すること。
  2. 2. 製造所等を変更する場合に、変更工事が終了した部分について、順次、市町村長等の承認を受け、仮に使用すること。
  3. 3. 製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分以外の部分において、指定数量以上の危険物を10日以内の期間で、仮に使用すること。
  4. 4. 製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分以外の部分の全部又は一部について、市町村長等の承認を受け、完成検査を受ける前に、仮に使用すること。
  5. 5. 製造所等の譲渡又は引渡しが有る場合に、市町村長等の承認を受けずに、仮に使用すること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、簡易タンク貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 簡易貯蔵タンクを屋外に設置する場合は、簡易貯蔵タンクの周囲に1m以上の空地を確保する必要がある。
  2. 2. 一の簡易タンク貯蔵所には簡易貯蔵タンクを3基まで設置することができ、同一品質の危険物は2基以上設置できない。
  3. 3. 簡易貯蔵タンクは、容易に移動しないように地盤面、架台等に固定する。
  4. 4. 簡易貯蔵タンクは、厚さ3.2mm以上の鋼板で気密に造り、外面はさびどめの塗装をするとともに、70kPaの圧力で10分間行う水圧試験において、漏れ、又は変形しないものでなければならない。
  5. 5. 簡易貯蔵タンクには通気管を設ける必要はない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等が市町村長等から使用停止を命ぜられる事由に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の位置、構造又は設備を無許可で変更したとき。
  2. 2. 製造所等を完成検査済証の交付前に使用したとき。
  3. 3. 製造所等の定期点検の実施、記録及び保存がなされないとき。
  4. 4. 危険物の貯蔵又は取扱い基準の遵守命令に違反したとき。
  5. 5. 製造所等において危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者が、免状の返納命令を受けたとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 定期点検は原則として1年に1回以上行わなければならない。
  2. 2. 定期点検終了後、その点検記録を一定期間保存しなければならない。
  3. 3. 定期点検は危険物保安統括管理者が行うこと。
  4. 4. 危険物取扱者以外の者でも危険物取扱者の立ち会いがあれば、定期点検を行うことができる。
  5. 5. 定期点検は、製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合しているかどうかについて行う。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物保安監督者についての記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物保安監督者は、製造所等において作業者に対して、必要な指示を与える。
  2. 2. 危険物保安監督者は、火災等災害発生時に作業者を指揮して、応急措置を講ずると共に、消防機関等へ連絡する。
  3. 3. 屋外タンク貯蔵所は、貯蔵、取扱う危険物の種類、数量に関係なく危険物保安監督者を選任しなければならない。
  4. 4. 移動タンク貯蔵所は、危険物保安監督者を選任しなくてもよい。
  5. 5. 特定の危険物であれば、丙種危険物取扱者も危険物保安監督者になることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物保安統括管理者について、次のA〜Dの記述のうち、誤っているものだけの組合せはどれか。
A.危険物保安統括管理者として定められた者は、免状を有していなくても、甲種又は乙種危険物取扱者の立会いなしで危険物を取り扱うことができる。
B.危険物施設保安員を50人置く製造所等には、危険物保安統括管理者を定めなければならない。
C.危険物保安統括管理者は、事業所全体としての危険物の保安に関する業務を統括的に管理する。
D.危険物保安統括管理者は、当該事業所において、その事業の実施を統括管理する者をもって充てなければならない。
選択肢
  1. 1. A
  2. 2. A B
  3. 3. C D
  4. 4. A C D
  5. 5. B C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等において危険物保安監督者に選任された者は、選任されてから5年以内に講習を受けなければならない。
  2. 2. 現に製造所等において、危険物の取扱作業に従事していない危険物取扱者は、免状の10年に1回の書換えの際に講習を受けなければならない。
  3. 3. 法令に違反した危険物取扱者は、その違反内容に応じた講習を受けなければならない。
  4. 4. 現に製造所等において危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者は、居住地又は勤務地を管轄する市町村長が行う講習を受けなければならない。
  5. 5. 講習を受けなければならない者が受講しなかった場合は、免状の返納を命ぜられることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、移動タンク貯蔵所による危険物の貯蔵・取扱い及び移送について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 移動タンク貯蔵所で危険物を移送する場合は、移送開始の前に移送経路その他必要な事項を出発地の消防署に届け出なければならない。
  2. 2. 移動タンク貯蔵所には、完成検査済証、点検記録等を備え付けておかなければならない。
  3. 3. 移動タンク貯蔵所で危険物を移送する者で市長村長等の許可を受けた場合、乗車する危険物取扱者は免状を携帯しなくてもよい。
  4. 4. 移送する者は、移送終了後、移動貯蔵タンクの底弁、マンホール及び注入口のふたの点検を行うこと。
  5. 5. 消防吏員と警察官は、走行中の移動タンク貯蔵所を停止させ、危険物取扱者免状の提示を命じることができない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 危険物の運搬について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  2. 2. 運搬容器および包装の外部に危険物の品名、数量等を表示して積載しなければならない。
  3. 3. 運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物運搬車両に標識と消火設備を設置しなければならない。
  4. 4. 特殊引火物を運搬する場合は、直射日光をさけるため、遮光性の被覆で覆わなければならない。
  5. 5. 指定数量の10倍以上の危険物を車両で運搬する場合は、市町村長等に報告しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 危険物の貯蔵・取扱い基準として、次のうち正しいものはどれか。 
選択肢
  1. 1. 危険物のくず、かす等は、1日1回以上当該危険物の性質に応じて、安全な場所で廃棄その他適当な処置をしなければならない。
  2. 2. 危険物が残存し、又は残存しているおそれがある設備、機械器具、容器等を修理する場合は、換気に注意して行わなければならない。
  3. 3. 危険物を保護液中に貯蔵する場合は、危険物が確認できるように一部を露出させておかなければならない。
  4. 4. 貯留設備又は油分離装置にたまった危険物は、あふれないように水とよく混ぜ合わせて下水道等に排水処理しなければならない。
  5. 5. 製造所等では、一切の火気の使用をしないこと。
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 メタノールが完全燃焼したときの化学反応式として、(  )内の @ 〜 Bに当てはまる数字および化学式の組合せとして正しいものはどれか。
( @ )CH3OH + ( A )O2  →  2( B ) + 4H2O
選択肢
  1. 1.@2……A3……BCO2
  2. 2.@2……A3……B CO
  3. 3.@3……A2……B HCHO
  4. 4.@3……A2……B CH4
  5. 5.@4……A3……B CO2
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 可燃物と燃焼の仕方の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 灯油…………………蒸発燃焼
  2. 2. 木炭…………………表面燃焼
  3. 3. 木材…………………分解発燃焼
  4. 4. 重油…………………表面燃焼
  5. 5. セルロイド…………内部(自己)燃焼
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の液体の引火点と燃焼範囲の下限値の数値として考えられる組合せで、正しいものはどれか。
「ある引火性液体は、45℃のとき濃度10vol%の可燃性蒸気を発生した。この状態でマッチの火を近づけたところ引火した。」
選択肢
  1. 1.引火点……35℃、燃焼範囲の下限値……12vol%
  2. 2.引火点……40℃、燃焼範囲の下限値……8vol%
  3. 3.引火点……50℃、燃焼範囲の下限値……7vol%
  4. 4.引火点……55℃、燃焼範囲の下限値……6vol%
  5. 5.引火点……60℃、燃焼範囲の下限値……5vol%
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火器、消火剤と主な消火効果との組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. ハロゲン化物消火器………抑制効果
  2. 2. 二酸化炭素消火器…………窒息効果
  3. 3. 化学泡消火器………………窒息効果
  4. 4. 粉末消火器…………………抑制効果
  5. 5. 乾燥砂………………………冷却効果
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 蓄熱による自然発火に関する次の文の【  】内のA〜Cに当てはまるものの組合せとして、正しいものはどれか。 
「自然発火の機構として、分解熱、【 A 】、吸着熱などがある。分解熱の例としては、【 B 】があり、【 A 】の例としては、不飽和結合をもつアマニ油やキリ油などの【 C 】がある。」
選択肢
  1. 1.A.酸化熱……B.セルロイド……C.乾性油
  2. 2.A.燃焼熱 ……B.石炭……C. 半乾性油
  3. 3.A.生成熱……B. 硝化綿……C. 不乾性油
  4. 4.A.反応熱……B. ウレタンフォーム……C. 不乾性油
  5. 5.A.中和熱……B. 炭素粉末類……C. 乾性油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気について、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 静電気の放電火花は可燃性蒸気の点火源になる。
  2. 2. ガソリン等がホースの中を流れているとき、静電気が発生しやすい。
  3. 3. 静電気の蓄積を防ぐには、電気絶縁性の高いものを使用する。
  4. 4. 静電気は、人体にも帯電する。
  5. 5. 一般に合成樹脂は、摩擦などにより静電気が発生しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 物体を単体、化合物及び混合物の3種類に分類したとき、次のうち混合物と混合物の組合せはどれか。
選択肢
  1. 1. 硝酸、酸素
  2. 2. 硝酸、塩化ナトリウム
  3. 3. 酸素、空気
  4. 4. 石油、空気
  5. 5. 塩化ナトリウム、水銀
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 硫酸銅(U)(CuSO4)の水溶液を電気分解したとき、電極に析出される物質の組合せとして、正しいものはどれか。
なお、電極には陽極、陰極ともに白金を使用するものとする。
選択肢
  1. 1. 硫酸と酸素
  2. 2. 銅と酸素
  3. 3. 窒素と酸素
  4. 4. 水素と銅
  5. 5. 硫酸と水素
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 ある物質の反応速度が10℃上昇するごとに2倍になるとすると、10℃から60℃に上昇した場合の反応速度として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 10倍
  2. 2. 25倍
  3. 3. 32倍
  4. 4. 50倍
  5. 5. 100倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 酸素の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色、無臭の気体である。
  2. 2. 大気中、体積で21%含まれている。
  3. 3. 実験室では、触媒を使用して過酸化水素を分解してつくられる。
  4. 4. 高温では、一部の貴金属、希ガス元素を除き、ほとんどすべての元素と反応する。
  5. 5. 酸素の同素体として、オゾンがあるが、両者の性状はほぼ同一である。
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとの性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物は、いずれも分子内に酸素を含有しており、水と反応して酸素を発生するものがある。
  2. 2. 第2類の危険物は、いずれも可燃性の固体であり燃焼すると有毒なガスを発生する。
  3. 3. 第3類の危険物は、いずれも自然発火性および禁水性の両方を有している。
  4. 4. 第5類の危険物は、いずれも可燃性の固体であり、加熱、衝撃、摩擦等により発火・爆発のおそれがある。
  5. 5. 第6類の危険物は、いずれも分子内に酸素を含有しており、有機物と混ぜると、それを酸化させ、着火させる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 エチルメチルケトンの貯蔵・取扱いにおける注意事項として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 換気をよくする。
  2. 2. 貯蔵容器は通気口のあるものを。
  3. 3. 火気に近づけない。
  4. 4. 日光の直射を避ける。
  5. 5. 冷暗所に貯蔵する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 横転した移動タンク貯蔵所からガソリンが流出し、火災のおそれがある場合の対応として、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 火災が大きくなると除去消火や窒息消火は困難になるので、冷却効果の高い消火剤を準備する。
  2. 2. ガソリンは水に溶けず、水面に広がってゆくので、土のう等により排水溝や下水道への流入を防ぐ。
  3. 3. ガソリンの引火点は常温(20℃)より低く、可燃性混合気を形成しやすいので、周囲での火気の使用を制限する。
  4. 4. ガソリンの蒸気は空気より重いので、周囲のくぼみや排水溝に溜まりやすいことに留意する。
  5. 5. 移動貯蔵タンクに残ったガソリンを抜き取る際には、防爆型のポンプを使用する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の一般的な性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. すべて可燃性で、水に溶けないものが多い。
  2. 2. 常温(20℃)で、すべて液体である。
  3. 3. 液体の比重は1より小さいものが多い。
  4. 4. 蒸気比重は空気より軽い。
  5. 5. 静電気が発生しやすく、静電気の火花により引火する危険性がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 静電気による引火のおそれがある危険物を取り扱う場合の火災予防対策として、次のA〜Dのうち、正しいものの組合せはどれか。 
A. 作業者は、絶縁性の手袋や靴を着用する。
B. 危険物を取り扱う機器を接地する。
C. 取り扱う危険物の流速を速くし、短時間で作業を行う。
D. 床に水を散布し湿度を上げる。
選択肢
  1. 1. AとB
  2. 2. AとC
  3. 3. BとC
  4. 4. BとD
  5. 5. CとD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 第4類のアルコール類に共通する性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色・無臭の液体である。
  2. 2. 水との溶解度は小さい。
  3. 3. 水より重い
  4. 4. 水より沸点は低い。
  5. 5. 蒸気は空気より軽い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 灯油と軽油の性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. ともに精製したものは無色であるが、軽油はオレンジ色に着色してある。
  2. 2. 灯油は一種の植物油であるが、軽油は石油製品である。
  3. 3. ともに電気の不導体であり、流動によって静電気を発生しやすい。
  4. 4. ともに第3石油類に属する。
  5. 5. ともに液温が常温(20℃)付近で引火する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 布などにしみ込ませて大量に放置すると、自然発火する危険性が最も高い危険物はどれか。
選択肢
  1. 1. 第4石油類のうち、ギヤー油
  2. 2. 動植物油類のうち、不乾性油
  3. 3. 動植物油類のうち、半乾性油
  4. 4. 動植物油類のうち、乾性油
  5. 5. 第3石油類のうち、クレオソート油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 アセトアルデヒドの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色透明の液体である。
  2. 2. 水、アルコールに溶けない。
  3. 3. 熱又は光で分解すると、メタンと一酸化炭素になる。
  4. 4. 空気と接触し加圧すると、爆発性の過酸化物をつくることがある。
  5. 5. 蒸気の比重は空気よりも重い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ガソリンの性質について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水より重い。
  2. 2. 発火点は二硫化炭素より低い。
  3. 3. 燃焼範囲はジエチルエーテルより広い。
  4. 4. 引火点は極めて低く、冬季でも引火の危険性がある。
  5. 5. 燃焼範囲の下限値は、5vol%を超える。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。