乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法令上、次の文の【  】内に当てはまるものはどれか。
「特殊引火物とは、ジエチルエーテル、二硫化炭素その他1気圧において、発火点が100℃以下のもの又は【    】のものをいう。」
選択肢
  1. 1. 引火点が−40℃以下
  2. 2. 引火点が−40℃以下で沸点が40℃以下
  3. 3. 引火点が−20℃以下
  4. 4. 引火点が−20℃以下で沸点が40℃以下
  5. 5. 沸点が40℃以下
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、予防規程について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 予防規程を定めたときは、市町村長等の認可を受けなければならない。
  2. 2. すべての製造所等の所有者等は、予防規程を定めておかなければならない。
  3. 3. 予防規程は、危険物の貯蔵及び取扱いの技術上の基準に適合していないと認められたとき、定めなければならない。
  4. 4. 予防規程は、危険物施設保安員が定めなければならない。
  5. 5. 自衛消防組織を置く事業所における予防規程は、当該組織の設置によってこれに代わるものとすることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令上、次の品名・性質の危険物6,000Lの指定数量の倍数の組合せとして、正しいものはどれか。
問題 3
選択肢
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、学校や病院等指定された建築物等から、外壁又はそれに相当する工作物までの間に、定められた距離を保たなければならない製造所等に該当しないものは次のうちどれか。ただし、防火性の壁などは無いものとし、基準の特例が適用されるものを除く。
選択肢
  1. 1. 屋外貯蔵所
  2. 2. 一般取扱所
  3. 3. 屋外タンク貯蔵所
  4. 4. 製造所
  5. 5. 販売取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等に設置しなければならない消火設備は、第1種から第5種まで区分されているが、次のうち第3種に該当するものはどれか。
選択肢
  1. 1. 乾燥砂
  2. 2. 泡消火設備
  3. 3. 屋内消火栓設備
  4. 4. スプリンクラー設備
  5. 5. 泡を放射する大型の消火器
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、製造所等の仮使用について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 市長村長等の承認を受ける前に、貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名、数量又は指定数量の倍数を変更し、仮に使用すること。
  2. 2. 製造所等を変更する場合に、変更工事が終了した部分について、順次、市町村長等の承認を受け、仮に使用すること。
  3. 3. 製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分以外の部分において、指定数量以上の危険物を10日以内の期間で、仮に使用すること。
  4. 4. 製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分以外の部分の全部又は一部について、市町村長等の承認を受け、完成検査を受ける前に、仮に使用すること。
  5. 5. 製造所等の譲渡又は引渡しがある場合に、市町村長等の承認を受けずに、仮に使用すること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、移動貯蔵タンクの位置、構造及び設備について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 常置場所は壁、床、はり及び屋根を耐火構造とし、若しくは不燃材料で造った建物の1階又は、屋外の防火上安全な場所とすること。
  2. 2. 移動貯蔵タンクの配管は、先端部に弁等を設けること。
  3. 3. 移動貯蔵タンクの底弁手動閉鎖装置のレバーは、手前に引き倒すことにより閉鎖装置を作動させるものであること。
  4. 4. 移送する者は、移送の開始前に移動貯蔵タンクの底弁、マンホール及び注入口のふた、消火器等の点検を行うこと。
  5. 5. 積載型以外の移動貯蔵タンクの容量は10,000 L以下とすること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等の所有者等が、市町村長等から製造所等の許可を取り消される理由に該当しないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物保安監督者を定めなければならない製造所等において、それを定めていないとき。
  2. 2. 製造所等の変更の完成検査を受けないで、当該製造所等を使用したとき。
  3. 3. 基準違反の設備に関して、修理、改造又は移転の命令を受けたが、それに従わなかったとき。
  4. 4. 定期点検を行わなければならない製造所等において、定期に点検を行っていないとき。
  5. 5. 市長村長等の許可を受けないで、製造所等の構造を変更したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等における定期点検について、次のうち誤っているものはどれか。ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1. 地下タンク貯蔵所は、点検を実施しなければならない。
  2. 2. 移動タンク貯蔵所は、点検を実施しなくてもよい。
  3. 3. 鉱山保安法の規定による保安規程を定めている製造所等、および火薬類取締法の規定による危害予防規程を定めている製造所等は点検を実施しなくてもよい。
  4. 4. 定期点検は1年に1回以上実施しなければならない。
  5. 5. 危険物取扱者以外のものでも、危険物取扱者の立会いがあれば点検することができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物取扱者免状の記載事項として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 氏名・生年月日
  2. 2. 取得した種類
  3. 3. 交付年月日
  4. 4. 交付番号
  5. 5. 居住地の都道府県知事
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 危険物保安監督者について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所、屋外タンク貯蔵所、給油取扱所には、貯蔵、取り扱う危険物の種類、数量に関係なく、危険物保安監督者を選任しなければならない。
  2. 2. 危険物保安監督者は、危険物の取扱作業に関して保安の監督をする場合は誠実にその職務を行わなければならない。
  3. 3. 危険物保安監督者は、危険物の取扱作業にあたり保安の監督をするとともに、取扱者に対して必要な指示を与えなければならない。
  4. 4. 危険物保安監督者を定めたとき、又は解任したときは、市町村長等に届け出なければならない。
  5. 5. 危険物保安監督者が立会わない限り、危険物取扱者以外の者は、危険物を取り扱うことはできない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習(以下「講習」という。)について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物保安監督者に選任された危険物取扱者のみが、この講習を受けなければならない。
  2. 2. 講習は、免状の交付又は再交付を受けた都道府県でのみ受講することができる。
  3. 3. 現に製造所等において危険物の取扱い作業に従事している危険物取扱者は3年に1回受講し、それ以外の危険物取扱者は10年に1回受講しなければならない。
  4. 4. 受講義務のある危険物取扱者が受講していない場合、免状の返納命令の対象になる場合がある。
  5. 5. 現に製造所等において危険物の取扱い作業に従事している、すべての危険物取扱者及び危険物施設保安員は講習を受けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、10日以内の制限があるのは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 所轄消防署長から承認を受け、指定数量以上の危険物を製造所等以外の場所で仮に貯蔵し、又は取り扱うことができる期間。
  2. 2. 都道府県知事から免状の返納命令を受けてから、返納するまでの期間。
  3. 3. 製造所等の変更工事中に、市町村長等の承認を受け、当該製造所等の変更工事部分以外の部分について仮に使用できる期間。
  4. 4. 免状を亡失してから、都道府県知事に再交付を申請する期間。
  5. 5. 予防規程を定めてから、市町村長等に認可の申請をする期間。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、危険物の運搬について、運搬容器及び技術上の基準として、次のうち正しいものどれか。
選択肢
  1. 1. 運搬についての規定は、指定数量未満の危険物についても適用される。
  2. 2. 運搬容器の材質は、ガラス製は認められない。
  3. 3. 運搬容器で鋼板製のものは、強度が認められているので最大容積の制限はない。
  4. 4. 金属製ドラムの容器は、転倒防止のため収納口を横向きに積載すること。
  5. 5. 運搬する危険物が指定数量未満の場合は、運搬容器の外部に品名、危険等級及び化学名、数量、注意事項を表示しなくてもよい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、屋内貯蔵所における危険物の貯蔵の基準で、類を異にする危険物を類ごとにとりまとめて、相互に1m以上の間隔をおけば、同時に貯蔵できるものとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物と第4類の危険物とを貯蔵する場合
  2. 2. 第1類の危険物と第6類の危険物とを貯蔵する場合
  3. 3. 第2類の危険物と第5類の危険物とを貯蔵する場合
  4. 4. 第2類の危険物と第6類の危険物とを貯蔵する場合
  5. 5. 第3類の危険物と第5類の危険物とを貯蔵する場合
回答欄 1 2 3 4 5

物理学・化学

問題 16 可燃物と燃焼の形態の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 石炭…………………分解燃焼
  2. 2. ナフタレン…………蒸発燃焼
  3. 3. 重油…………………分解燃焼
  4. 4. エタノール…………蒸発燃焼
  5. 5. 紙…………………分解燃焼
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 標準状態において、プロパン1 Lを完全燃焼させるのに必要な酸素量として、次のうち最も近い値はどれか。
プロパン(C3H8)の燃焼の反応式は、次のとおりである。
C3H8 +  5O2 → 3CO2 + 4H2O
選択肢
  1. 1. 1 L
  2. 2. 2 L
  3. 3. 3 L
  4. 4. 4 L
  5. 5. 5 L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 燃焼について、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 窒素が酸素と反応して一酸化二窒素(亜酸化窒素)が生成する反応も燃焼である。
  2. 2. 炭化水素ガスが完全燃焼すると、二酸化炭素と水が生成する。
  3. 3. 空気中の炭化水素ガス濃度が理論混合比より高くなると、炭素は二酸化炭素まで酸化されずに一酸化炭素が生成する。
  4. 4. 鉄がさびるのは酸化反応だが、発光を伴わないので燃焼にはあたらない。
  5. 5. 酸素供給源として、一般的に空気中の酸素が使われるが、分子内に含まれる酸素が使われることもある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 泡消火剤には色々な種類があるが、いずれも窒息効果と冷却効果がある。
  2. 2. 燃焼の三要素のうち、2つの要素を取りさらなければ、消火できない。
  3. 3. 二酸化炭素消火剤を放射し、可燃物周囲の酸素濃度をおおむね14〜15vol%にすれば、燃焼は阻止される。
  4. 4. 可燃性液体の燃焼は、その液体の温度を引火点未満にすれば、消火することができる。
  5. 5. ハロゲン化物消火剤は、抑制(負触媒)作用があるため消火効果が大きい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 次に示す性質を有する物質に関する説明として、正しいものはどれか。
引火点: 28℃
発火点: 600℃
燃焼範囲:2〜10vol%
沸点:140℃
選択肢
  1. 1. 液体の温度が28℃未満の時には、蒸気は発生しない。
  2. 2. 液体の温度が28℃以上になると、発生する蒸気の濃度は10vol%以上になる。
  3. 3. 蒸気の濃度が10vol%を超えなければ、引火しない。
  4. 4. 液体の温度を140℃まで加熱すると、蒸気の濃度は10vol%になる。
  5. 5. 600℃以上の物質と接触すると、燃焼することがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 物体間で電荷のやりとりがあると、電気量の総和は減少する。
  2. 2. 物体が電気を帯びることを帯電という。
  3. 3. 種類の違う物質は、こすり合わせると電子の一部が一方から他方へうつり、それぞれ正負の電荷が帯電する。
  4. 4. 帯電した物体に分布している、流れのない電気を静電気という。
  5. 5. 湿度が低いほうが帯電しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 鉄の腐食について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 鉄が腐食するとき水分と反応して酸素が発生する。
  2. 2. 酸性域の水中では、水素イオン濃度が低いほど腐食しやすい。
  3. 3. アルカリ性のコンクリート中では、腐食は抑制される。
  4. 4. 塩分が付着したものは腐食しにくい。
  5. 5. 水中で鉄と銅が接触していると、銅の方が速く腐食する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 一酸化炭素と二酸化炭素の性質の比較について、次のうち誤っているものはどれか。
問題 23
選択肢
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 物体を単体、化合物及び混合物の3種類に分類したとき、次のうち混合物と混合物の組合せはどれか。
選択肢
  1. 1. 硝酸、酸素
  2. 2. 硝酸、塩化ナトリウム
  3. 3. 酸素、空気
  4. 4. 石油、空気
  5. 5. 塩化ナトリウム、水銀
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 酸化と還元の説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 物質が酸素と化合することを酸化という。
  2. 2. 物質が水素と化合することを還元という。
  3. 3. 化合物が水素を失うことを酸化という。
  4. 4. 酸化物が酸素を失うことを還元という。
  5. 5. 同一反応系において、酸化と還元が同時に起きることはない。
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 次の性状を有する危険物の類別として、正しいものはどれか。
「この類の危険物は、比較的低温で着火しやすい可燃性の固体で、比重は1より大きく、水に溶けないものがほとんどである。酸化剤との接触又は混合・打撃などにより爆発する危険性がある。」
選択肢
  1. 1. 第1類
  2. 2. 第2類
  3. 3. 第3類
  4. 4. 第5類
  5. 5. 第6類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第2石油類の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 霧状の場合は、引火点以下の温度でも、着火することがある。
  2. 2. 蒸気比重は1より大きい。
  3. 3. 水溶性のものはない。
  4. 4. 発火点は100℃を超える。
  5. 5. 15℃で凝固するものがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 移動タンク貯蔵所から給油取扱所の地下専用タンクに危険物を注入する場合の安全対策として、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 移動タンク貯蔵所に設置してある接地導線を、給油取扱所の専用タンクに設置してある接地端子に取り付ける。
  2. 2. 消火器を、注入口そばの風上となる場所に設置する。
  3. 3. 地下専用タンクの残油量を計量口から確認し、注入が終わるまでふたを開けておく。
  4. 4. 注入中は緊急事態に備えて、移動タンク貯蔵所付近から離れないようにする。
  5. 5. 給油取扱所の責任者と、注入する危険物の品名、数量等を確認してから作業を開始する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 引火性液体の危険物を取り扱う場合、静電気による火災を防止する措置として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 容器等に小分け作業をする場合は、蒸気及びミストを発生させないようにする。
  2. 2. 床に水を散布するなどして周囲の湿度を上げる。
  3. 3. タンク、容器、配管、ノズル等は、できる限り導電性のものを使用し、導体部分を接地する。
  4. 4. 取扱作業に従事する作業者の靴及び着衣は、絶縁性のある合成繊維のものを使用する。
  5. 5. 取り扱う場所は、十分な痛風と換気を行い、可燃性蒸気の滞留を抑制する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第4類の危険物と、消火方法の組合せとして、適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. ガソリン ……………… 粉末消火剤を放射する。
  2. 2. エタノール …………… 棒状の強化液を放射する。
  3. 3. 軽油 …………………… 泡消火剤を放射する。
  4. 4. 重油 …………………… ハロゲン化物消火剤を放射する。
  5. 5. ギヤー油 ……………… 二酸化炭素消火剤を放射する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 液体の比重は1以上である。
  2. 2. 蒸気の比重は5以上である。
  3. 3. 燃焼範囲の下限値は5vol%以上である。
  4. 4. 引火点は−40℃以下である。
  5. 5. 発火点は250℃以下である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 灯油の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 電気の導体である。
  2. 2. 霧状にしたものは火がつきやすい。
  3. 3. 水に溶けない。
  4. 4. 引火点は40℃以上である。
  5. 5. 水より軽い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 次の危険物のうち、ぼろ布等の繊維に染み込ませて放置すると、自然発火を起こす可能性のあるものはどれか。
選択肢
  1. 1. エタノール
  2. 2. 軽油
  3. 3. 灯油
  4. 4. ベンゼン
  5. 5. 動植物油類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 アセトアルデヒドの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色透明の液体である。
  2. 2. 水、アルコールに溶けにくい。
  3. 3. 空気と接触し加圧すると、爆発性の過酸化物をつくることがある。
  4. 4. 熱又は光で分解すると、一酸化炭素とメタンになる。
  5. 5. 常温(20℃)で引火の危険がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 メタノールの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 常温(20℃)で引火する。
  2. 2. アルコール類では分子量が最も小さい化合物である。
  3. 3. 燃焼しても炎の色が淡く、見えないことがある。
  4. 4. 毒性はエタノールより低い。
  5. 5. 沸点は約65℃である。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。