乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法別表第1に定める危険物の品名と物品名の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. ジエチルエーテルは特殊引火物に該当する。
  2. 2. ガソリンは第1石油類に該当する。
  3. 3. 軽油は第2石油類に該当する。
  4. 4. 重油は第3石油類に該当する。
  5. 5. クレオソート油は第4石油類に該当する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、次の文の【 】内のA及びBに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「屋外の場所において第2類の危険物のうち【 A 】、【 A 】のみを含有するもの若しくは引火性固体(引火点が0℃以上のものに限る。)又は第4類の危険物のうち第1石油類(引火点が0℃以上のものに限る。)、【 B 】、第2石油類、第3石油類、第4石油類若しくは動植物油類を貯蔵し、又は取り扱う貯蔵所を屋外貯蔵所という。」
選択肢

  1. 問題 2
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令上、ある製造所において、第4類第2石油類を2,000L製造した場合、指定数量の倍数として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. その危険物が非水溶性であれば10倍である。
  2. 2. その危険物が水溶性であれば5倍である。
  3. 3. その危険物が非水溶性であれば2倍である。
  4. 4. その危険物が水溶性であれば2倍である。
  5. 5. その危険物が非水溶性であれば1倍である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、次の建築物等のうち、製造所等から一定の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられていないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 大学校(学校教育法に規定されたもの。)
  2. 2. 使用電圧が66,000Vの特別高圧架空電線
  3. 3. 収容人員400人の劇場
  4. 4. 病院(医療法に規定されたもの。)
  5. 5. 住居(製造所の存する敷地と同一の敷地内に存するものを除く。)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 製造所等に設置する消火設備の区分について、第3種の消火設備に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 水蒸気消火設備
  2. 2. 泡消火設備
  3. 3. ハロゲン化物消火設備
  4. 4. スプリンクラー設備
  5. 5. 不活性ガス消火設備
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、製造所の設置等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所の保有空地を変更するため、市町村長等の許可を受けた。
  2. 2. 製造所を設置する際に、液体の危険物を貯蔵するタンクの完成検査前検査を行ったのち、完成検査の申請を行った。
  3. 3. 市町村長等に製造所の変更の許可申請をしたので、申請と同時に変更の工事に着手した。
  4. 4. 製造所の設置工事が完了し、市町村長等から完成検査済証の交付を受けたので、製造所を使用した。
  5. 5. 製造所の変更許可を市町村長等に申請する際に、変更の内容に関する図面その他政令で定める書類を添付した。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 灯油と軽油を貯蔵するために、タンクの容量が10,000L、30,000L、および60,000Lの屋外タンクの設置を予定しているが、この3基のタンクを同一の防油堤内に設置する場合、防油堤の最低容量として、次のうち正しいものはどれか。ただし、岩盤タンク及び特殊液体危険物タンクを除く。
選択肢
  1. 1. 10,000L
  2. 2. 30,000L
  3. 3. 60,000L
  4. 4. 66,000L
  5. 5. 90,000L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等の所有者等が、市町村長等から製造所等の許可を取り消される理由に該当しないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物保安監督者を定めなければならない製造所等において、その者が取り扱うことができる危険物の取扱作業に関して、保安の監督をさせていないとき。
  2. 2. 製造所等の変更の完成検査を受けないで、当該製造所等を使用したとき。
  3. 3. 基準違反の設備に関して、修理、改造又は移転の命令を受けたが、それに従わなかったとき。
  4. 4. 定期点検を行わなければならない製造所等において、定期に点検を行っていないとき。
  5. 5. 市長村長等の許可を受けないで、製造所等の構造を変更したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち正しいものはどれか。 ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1. 製造所等の所有者が委任していれば、誰でも点検を行うことができる。
  2. 2. 点検は製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合しているかを点検する。
  3. 3. 製造所等の所有者、管理者又は占有者は、定期点検を実施した後、10日以内に結果を市町村長等に提出しなければならない。
  4. 4. 点検の記録は保存しなくてもよい。
  5. 5. 地下タンク貯蔵所は、点検を実施しなくてもよい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物保安監督者の業務として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物保安監督者が立会わないと、危険物取扱者以外の者は危険物を取り扱うことができない。
  2. 2. 危険物取扱作業場所での作業者に対して、貯蔵又は取扱いに関する技術上の基準に適合するよう、必要な指示を行う。
  3. 3. 危険物取扱作業場所での作業者に対して、予防規程等に定める保安基準に適合するよう、必要な指示を与える。
  4. 4. 危険物施設保安員を置かない製造所等にあっては、危険物施設保安員の行う業務を危険物保安監督者が行う。
  5. 5. 危険物保安監督者の要件の危険物取扱いの6ヶ月以上の実務経験は、製造所等におけるものに限定される。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物取扱者免状の交付を受けている者が、免状を亡失・滅失若しくは、汚損・破損した場合の再交付の申請について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 当該免状を交付した都道府県知事に申請することができる。
  2. 2. 当該免状の書換えをした都道府県知事に申請することができる。
  3. 3. 居住地を管轄する都道府県知事に申請することができる。
  4. 4. 免状を破損し再交付を受ける場合は、当該免状を添えて申請しなければならない。
  5. 5. 免状を亡失し、その再交付を受けた者が、亡失した免状を発見した場合は、それを10日以内に免状を再交付した都道府県知事に提出しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 移動タンク貯蔵所による危険物の貯蔵・取扱い及び移送について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物の移送の際、危険物取扱者の免状は携帯しなくてもよい。
  2. 2. 完成検査済証は、紛失しないように事務所で保管すること。
  3. 3. 移送する者は1ヶ月に1回移動貯蔵タンクの底弁、マンホール及び注入口のふた、消火器等の点検を行うこと。
  4. 4. 移動タンク貯蔵所で危険物を移送する者は移送開始の前に、移送経路を市町村長等に届け出なければならない。
  5. 5. ガソリンを移送する移動タンク貯蔵所には、丙種危険物取扱者が乗車することができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物取扱者であっても、現に危険物の取扱作業に従事していない者は、この講習の受講義務はない。
  2. 2. 危険物保安監督者に選任されている者は、受講の義務がある。
  3. 3. 講習は、どこの都道府県の講習であっても受講することができる。
  4. 4. 危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者は、2年に1回受講すること。
  5. 5. 受講義務のある危険物取扱者が受講しない場合、免状の返納命令を受けることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、指定数量以上の危険物の運搬について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 指定数量以上の危険物を車両で運搬する場合は、その都度、市町村長等に届け出なければならない。
  2. 2. 運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  3. 3. 運搬容器および包装の外部に危険物の品名、数量等を表示して積載しなければならない。
  4. 4. 運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物運搬車両に「危」の標識と消火設備を設置しなければならない。
  5. 5. 危険物や運搬容器に著しい摩擦や動揺がおきないよう運搬すること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、給油取扱所(航空機、船舶及び鉄道給油取扱所を除く。)の危険物の取扱いの技術上の基準に適合しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 自動車に給油するときは、自動車の原動機を停止させなければならない。
  2. 2. 油分離装置にたまった油は、あふれないように随時くみ上げなければならない。
  3. 3. 自動車に給油するときは、固定給油設備を使用して直接給油しなければならない。
  4. 4. 自動車の一部が給油空地からはみ出たまま給油するときは、防火上の細心の注意を払わなければならない。
  5. 5. 自動車の洗浄を行う場合は、引火点を有する液体の洗剤を使用してはならない。
回答欄 1 2 3 4 5

物理学・化学

問題 16 燃焼の一般的説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 酸素供給源は、空気とは限らない。
  2. 2. 可燃物、酸素供給源及び点火源を燃焼の三要素という。
  3. 3. 二酸化炭素は可燃物ではない。
  4. 4. 気化熱や融解熱は、点火源になる。
  5. 5. 金属の衝撃火花や静電気の放電火花は、点火源になることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 プロパンの完全燃焼を表した化学反応式において、次のA〜Cの係数の和として正しいものは次のうちどれか。
C3H8 + 【 A 】O2 → 【 B 】CO2 + 【 C 】H2O
選択肢
  1. 1. 7
  2. 2.9
  3. 3.10
  4. 4.11
  5. 5.12
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の有機化合物の気体1molを空気中で完全燃焼させた場合、最も酸素量が多く必要なものはどれか。
選択肢
  1. 1. C3H7OH
  2. 2. CH3COCH3
  3. 3. C2H5OC2H5
  4. 4. CH3COC2H5
  5. 5. CH3COOC2H5
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 次の文の【 】内A〜Cに当てはまる語句の組合せとして正しいものはどれか。
「二酸化炭素消火剤の消火原理は、【 A 】効果である。【 B 】することにより容易に液化され、高圧ガス容器に充填して設置できる。また、消火剤による機器の汚損がほとんどなく、電気【 C 】に優れているので、電気設備の火災にも適応する。」
選択肢

  1. 問題 19
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 自然発火しやすいものとして、次のうち該当しないものはどれか。
選択肢
  1. 1. あまに油の沁み込んだぼろきれ
  2. 2. メタノールの沁み込んだぼろきれ
  3. 3. 硝化綿
  4. 4. 吸湿したごみ固形化燃料
  5. 5. 大量に積んだゴムくず
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 液体、粉体等のうち、電気の不導体における帯電防止策として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 設備、装置等に導電性材料を使用する。
  2. 2. 粉体は、加水、加湿する。
  3. 3. 粉体は、よくかくはんする。
  4. 4. 帯電防止剤を添加し、または表面に塗布する。
  5. 5. 液体は流速を小さくする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 混合物は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 水
  2. 2. 硫黄
  3. 3. 水素
  4. 4. 硫酸
  5. 5. 灯油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次の化学構造式で表される物質の名称として、正しいものはどれか。
問題 23
選択肢
  1. 1. エタノール
  2. 2. ベンゼン
  3. 3. 酢酸
  4. 4. キシレン
  5. 5. アセトン
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 次の反応のうち、下線を引いた物質が還元されているのはどれか。
選択肢

  1. 問題 24
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 0.00001 mol/Lの塩酸水溶液(液温25℃)の水素イオン指数(pH)の値に最も近いものは、次のうちどれか。
なお、水溶液の水素イオン濃度[H+]は[H+]= 1.0 × 10−n  (nはpH)
選択肢
  1. 1.1
  2. 2.3
  3. 3.5
  4. 4.7
  5. 5.9
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 第1類から第6類の危険物の性状等について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物には、常温(20℃)において、気体、液体又は固体のものがある。
  2. 2. 引火性液体は蒸発燃焼であるが、引火性固体の燃焼は分解燃焼である。
  3. 3. 液体の危険物の比重は1より小さいが、固体の危険物の比重はすべて1より大きい。
  4. 4. 危険物には、単体、化合物及び混合物の3種類がある。
  5. 5. 同一の類の危険物に対する適応消火剤及び消火方法は同じである。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第2石油類の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 引火点が20℃以下のものはない。
  2. 2. 比重は1より大きく、水に沈むものがある。
  3. 3. 水に溶けるものがある。
  4. 4. 蒸気比重は1より大きい。
  5. 5. 発火点はすべて、第1石油類より高く、第3石油類より低い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 ガソリンを別の容器に入れ替える際の取扱い方法として、防火上適切なものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 容器は、灯油用のポリ容器に入れた。
  2. 2. 静電気の発生を抑制するため、金属製の容器に入れ、絶縁性のシートの上に置いた。
  3. 3. 周辺で火花を発する機械器具などを使用している場合は、別の容器への入れ替えをしない。
  4. 4. 容器の開栓時にエア調整ネジを緩めず、缶内の圧力を調整しないで開栓した。
  5. 5. 容器に入れる際、空間をとらずに入れた。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の消火方法として、不適切なものはどれか。
選択肢
  1. 1. 棒状の強化液を放射する消火器を使用した。
  2. 2. ハロゲン化物を放射する消火器を使用した。
  3. 3. 霧状の強化液を放射する消火器を使用した。
  4. 4. 泡を放射する消火器を使用した。
  5. 5. 二酸化炭素を放射する消火器を使用した。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第1石油類の危険物を取り扱う場合の火災予防について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 液体から発生した蒸気は、地上をはって離れた低い場所に溜まることがあるので、周囲の火気に注意する。
  2. 2. 取扱作業をする場合には、鉄ビョウの付いた靴は使用しない。
  3. 3. 取扱場所に設けるモータ、制御器、スイッチ、電灯などの電気設備は、すべて防爆構造でなければならない。
  4. 4. 取扱い作業時の服装は、電気絶縁性のよい靴やナイロンその他の化学繊維などの衣類を着用する。
  5. 5. 床上に少量こぼれた場合には、ぼろ布などでよくふき取り、通風をよくして換気を十分に行う。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状等について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水と混合したものは、下層が水、上層がガソリンに分かれる。
  2. 2. 主成分は、ベンゼンと呼ばれる飽和炭化水素である。
  3. 3. 常温(20℃)では、液面の近くで静電気が発生しても、引火の危険はない。
  4. 4. 製造工程で、緑色に着色される。
  5. 5. 過酸化水素や硝酸と混合すると、発火の危険性が低くなる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 酢酸の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 一般に、高純度のものは氷酢酸と呼ばれ、約15〜16℃以下で固体になる。
  2. 2. 刺激臭を有する無色透明の液体である。
  3. 3. 常温(20℃)で引火する危険性がある。
  4. 4. 青い炎をあげて燃焼し、二酸化炭素と水蒸気になる。
  5. 5. 水溶液は、腐食性を有する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 灯油について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 引火点は40℃以上である。
  2. 2. 水より軽い。
  3. 3. 静電気が発生しやすい。
  4. 4. 蒸気は空気より軽い。
  5. 5. 水に溶けない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 特殊引火物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. アセトアルデヒドは加圧下で空気と接触させると、爆発性の過酸化物を生成するおそれがある。
  2. 2. ジエチルエーテルの発火点は100℃より低い。
  3. 3. 二硫化炭素は燃焼すると有毒な二酸化硫黄を発生する。
  4. 4. 酸化プロピレンは重合反応を起こして大量の熱を発生する。
  5. 5. 二硫化炭素の比重は1より大きい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ベンゼンとトルエンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 蒸気は共に有毒である。
  2. 2. いずれも無色の液体で水より軽い。
  3. 3. いずれも芳香族炭化水素である。
  4. 4. いずれも引火点は、常温(20℃)より低い。
  5. 5. いずれも水によく溶ける。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。