乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法別表第一に掲げる危険物の品名として、第4類に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 特殊引火物
  2. 2. 引火性固体
  3. 3. 第2石油類
  4. 4. 第3石油類
  5. 5. 動植物油類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、次の危険物のうち、屋外貯蔵所で貯蔵し、又は取り扱うことができないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 硫化リン
  2. 2. アルコール類 
  3. 3. 引火性固体(引火点が0℃以上のものに限る。)
  4. 4. 第1石油類(引火点が0℃以上のものに限る。)
  5. 5. 第2石油類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 現在、ガソリン400 L 、メタノール800 L、軽油2,000 Lを貯蔵している。指定数量の倍数の合計として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 2
  2. 2. 4
  3. 3. 6
  4. 4. 8
  5. 5. 11
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 次に掲げる製造所等のうち、危険物を貯蔵し又は取り扱う建築物等の周囲に空地を保有しなければならないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋内タンク貯蔵所
  2. 2. 屋内貯蔵所
  3. 3. 給油取扱所
  4. 4. 第1種販売取扱所
  5. 5. 第2種販売取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等に消火設備を設置する場合の、所要単位と能力単位について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 所要単位とは、製造所等に対して、どのくらいの消火能力を有する消火設備が必要なのかを定める単位である。
  2. 2. 能力単位とは、所要単位に対応する消火設備の消火能力の基準の単位である。
  3. 3. 外壁が耐火構造の製造所及び取扱所の建築物は、延べ面積100uを1所要単位とする。
  4. 4. 危険物は指定数量の10倍を1所要単位とする。
  5. 5. 外壁が耐火構造でない貯蔵所の建築物は、延べ面積150uを1所要単位とする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、製造所において危険物を取り扱う配管の位置、構造及び設備の基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 配管は、その設置される条件及び使用される状況に照らして十分な強度を有するものとし、かつ、当該配管に係る最大常用圧力の1.5倍以上の圧力で水圧試験を行ったとき漏えいその他の異常がないものでなければならない。
  2. 2. 配管は、取り扱う危険物により容易に劣化するおそれのないものでなければならない。
  3. 3. 地上に設置する配管にあっては、地盤面に接しないようにするとともに、外面の腐食を防止するための塗装を行わなければならない。
  4. 4. 地下に設置する配管にあっては、その上部の地盤面を車両が通行しない位置としなければならない。
  5. 5. 地下の電気的腐食のおそれのある場所に設置する配管にあっては、外面の腐食を防止するための塗覆装又はコーティング及び電気防食を行わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所等の用途を廃止するときの手続きとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の用途を廃止するときは、10日前までに市町村長等に届け出なければならない。
  2. 2. 製造所等の用途を廃止したときは、遅滞なく市町村長等に届け出なければならない。
  3. 3. 製造所等の用途を廃止したときは、10日以内に市町村長等に届け出なければならない。
  4. 4. 製造所等の用途を廃止したときは、遅滞なく消防長又は消防署長に届け出なければならない。
  5. 5. 製造所等の用途を廃止するときは、10日前までに消防長又は消防署長に届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、次の文の【  】内に当てはまる語句はどれか。
「市町村長等は、製造所、貯蔵所又は取扱所の位置、構造及び設備が第10条4項の技術上の基準に適合していないと認めるときは、製造所、貯蔵所又は取扱所の【     】に対し、同項の技術上の基準に適合するように、これらを修理し、改造し、又は移転すべきことを命ずることができる。」
選択肢
  1. 1. 危険物保安監督者
  2. 2. 所有者、管理者又は占有者で権原を有する者
  3. 3. 危険物保安統括管理者
  4. 4. 危険物施設保安員
  5. 5. 危険物取扱者
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち誤っているものはどれか。ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1. 点検は製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合しているかを点検する。
  2. 2. 定期点検は1年に1回以上実施しなければならない。
  3. 3. 定期点検終了後、その点検記録を一定期間保存しなければならない。
  4. 4. 定期点検の実施者は、危険物取扱者に限定されている。
  5. 5. 危険物施設保安員は定期点検を行うことができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物取扱者が免状の携帯を義務づけられているものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等で、危険物取扱者でない者の危険物の取扱作業に立会っているとき。
  2. 2. 指定数量以上の危険物を運搬する車両に乗車をするとき。
  3. 3. 製造所等で、定期点検の実施又は立会いを行っているとき。
  4. 4. 危険物を移送するため、移動タンク貯蔵所に乗車するとき。
  5. 5. 危険物保安監督者に選任され、製造所等で危険物作業の監督をするとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物保安監督者を選任しなくてもよい製造所等は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所
  2. 2. 屋外タンク貯蔵所
  3. 3. 給油取扱所
  4. 4. 移送取扱所
  5. 5. 移動タンク貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物施設保安員は、すべてこの講習を受けなければならない。
  2. 2. 危険物保安監督者に選任された危険物取扱者のみが、この講習を受けなければならない。
  3. 3. 危険物取扱者であっても、現に製造所等において危険物の取扱作業に従事していない者は、この講習を受ける必要はない。
  4. 4. 危険物取扱者はすべてこの講習を受けなければならない。
  5. 5. 現に危険物の取扱作業に従事している者で、法令に違反した者のみが受けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、移動タンク貯蔵所に備え付けておかなければならない書類として、次のうち該当しないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 完成検査済証
  2. 2. 設置許可書
  3. 3. 定期点検記録
  4. 4. 危険物貯蔵所譲渡・引渡しの届出書
  5. 5. 危険物の品名、数量又は指定数量の倍数の変更届出書
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、危険物を車両で運搬する場合の技術上の基準として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物の運搬は、危険物取扱者が行わなければならない。
  2. 2. 危険物を混載して運搬することは一切禁じられている。
  3. 3. 指定数量以上の危険物を運搬する場合は、当該危険物に適応する消火設備を備え付けなければならない。
  4. 4. 運搬する容器の構造等についての基準はあるが、積載方法についての基準はない。
  5. 5. 指定数量以上の危険物を運搬する場合は、市町村長等に届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、次のA〜Dのうち製造所等における危険物の貯蔵・取扱いの基準に適合しているものの組合せはどれか。
A.屋外貯蔵所において、引火点40℃の第2石油類を金属製ドラム缶(上部固定式のもの)に密封して貯蔵する。
B.危険物の残存している設備、機械器具、容器等を修理する際は、安全な場所において危険物を完全に除去した後に行うこと。
C.屋内貯蔵所において、容器に収納して貯蔵する危険物の温度が80度を超えないように必要な措置を講ずる。
D.危険物を配合する室を設けていない第1種販売取扱所において、シンナー(第1石油類)を顧客が持参した容器に詰め替えて販売する。
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. A C
  3. 3. B C
  4. 4. B D
  5. 5. C D
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 次の文の【  】内のA及びBに当てはまる物質の燃焼の仕方について、正しいものはどれか。
「木材、紙などの可燃性固体を加熱すると、可燃性ガスが発生し、それが燃焼することを【 A 】といい、木炭、コークスなどの可燃性固体を加熱すると、赤熱しながら燃焼することを【 B 】という。」
選択肢

  1. 問題 16
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 次のうち燃焼の三要素がそろっている組合せで、正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.水素、酸素、窒素
  2. 2.硫黄、酸素、火源
  3. 3.赤りん、二酸化炭素、火源
  4. 4.一酸化炭素、窒素、火源
  5. 5.プロパン、空気、二酸化炭素
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 燃焼に関する一般的な説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 最小着火エネルギーが大きい方が小さいものより着火しやすい。
  2. 2. 比熱が小さい方が大きいものより温度が上昇しやすい。
  3. 3. 燃焼範囲の下限値が同じであれば、燃焼範囲が広いもののほうが引火の危険性が大きい。
  4. 4. 引火点が低い方が高いものより蒸発しやすい。
  5. 5. 燃焼速度が大きい方が、小さいものより火災が拡大しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火剤の消火効果について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水の主な消火効果は冷却効果である。
  2. 2. 二酸化炭素消火剤の主な消火効果は窒息効果である。
  3. 3. 窒素消火剤の主な消火効果は窒息効果である。
  4. 4. 泡消火剤の主な消火効果は窒息効果である。
  5. 5. ハロゲン化物消火剤の主な消火効果は冷却効果である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 メタノール2.0molを完全燃焼させるのに必要な酸素の物質量は次のうちどれか。
メタノールの燃焼の反応式は、次のとおりである。
CH3OH + 3/2O2 → CO2 + 2H2O
選択肢
  1. 1. 1mol
  2. 2. 1.5 mol
  3. 3. 2 mol
  4. 4. 3 mol
  5. 5. 6 mol
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 2つの異なる絶縁性固体を摩擦するときに、次のうち静電気の発生に最も影響しないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 温度
  2. 2. 表面状態
  3. 3. 照度
  4. 4. 不純物
  5. 5. 速度
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 純硝酸(HNO3)として126kgを含むものを中和するために使用する、1袋25kgの炭酸ナトリウム(Na2CO3)の最低必要数として、次のうち正しいものはどれか。
ただし、原子量はH=1、C=12、N=14、O=16、Na=23 とする。
選択肢
  1. 1. 3袋
  2. 2. 4袋
  3. 3. 5袋
  4. 4. 6袋
  5. 5. 9袋
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次の文の【  】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「液体の飽和蒸気圧は、温度の上昇により( A )する。その圧力が、大気の圧力と等しくなったときの( B )が沸点である。したがって、大気の( C )が低いときは、沸点も低くなる。」
選択肢

  1. 問題 23
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 内容積1,000Lのタンク内を満たしている液温15℃のガソリンを35℃まで上げた場合、タンク外に流出する量として、次のうち正しいものはどれか。
ただし、ガソリンの体膨張率は1.35×10―3 K−1とし、タンクの膨張及びガソリンの蒸発は考えないものとする。
選択肢
  1. 1. 1.35 L
  2. 2. 6.75 L
  3. 3. 13.5 L
  4. 4. 27.0 L
  5. 5. 54.0 L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 一酸化炭素と二酸化炭素の性質の比較について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢

  1. 問題 25
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとに共通する性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物は、比較的低温で着火しやすい可燃性物質で、火気により引火するものが多い。
  2. 2. 第2類の危険物は、還元性の固体であり、酸化性物質と混合したものは加熱、衝撃、摩擦等により発火、爆発することがある。
  3. 3. 第3類の危険物は、空気または水と接触することにより発熱し、可燃性ガスを発生して発火するものが多い。
  4. 4. 第5類の危険物は、自ら酸素を含む自己燃焼性のものが多い。
  5. 5. 第6類の危険物は、腐食性があり、皮膚をおかし、蒸気は有毒のものが多い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の一般的な性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水に溶けやすい。
  2. 2. 液体の比重は1より大きい。
  3. 3. 静電気が発生しやすく、静電気の火花により引火する危険性がある。
  4. 4. 蒸気は空気より軽い。
  5. 5. 点火源がなければ、発火点以上に加熱しても燃焼することはない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 第4類の危険物の性状について、次のA〜Eのうち誤っているもののみをすべて掲げている組み合わせはどれか。 
A. 液体の比重は、1より大きいものが多い。
B. 流動性が高いため、火災になると拡大する危険性が大きい。
C. 液面から発生する蒸気の比重は、1よりも小さい。
D. 沸点の高い物質ほど引火の危険性が大きい。
E. 蒸気は滞留しやすく、また遠方へ流動することもある。
選択肢
  1. 1. A
  2. 2. B D
  3. 3. B E
  4. 4. C E
  5. 5. A C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の消火に際しての注意点として、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 二硫化炭素は燃焼により有毒ガスが発生する。
  2. 2. ガソリンの消火に水を使用すると、火災液面が拡大することがある。
  3. 3. メタノールの火炎の色は淡く認識しづらい。
  4. 4. 灯油の消火に水を使用するときは霧状にする。
  5. 5. 容器内で燃焼している重油に水をかけると、水が沸騰し高温の重油を飛散させる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 危険物を取り扱う地下埋設配管(炭素鋼管)が腐食して危険物が漏えいする事故が発生している。その腐食の原因として、考えにくいものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 通気性の異なる土壌にまたがって配管を埋設した。
  2. 2. 埋設した土壌に海砂を使用した。
  3. 3. タールエポキシ樹脂で配管内を塗装した。
  4. 4. 電気機器のアースをとるため、銅の棒を地中に打ち込んだ際に、配管と銅の棒が接触した。
  5. 5. 埋設した配管の近くに、直流の電気設備を設置したため、迷走電流の影響が大きくなった。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状等について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水と混合したものは、下層が水、上層がガソリンに分かれる。
  2. 2. 主成分は、オクタンと呼ばれる芳香族炭化水素である。
  3. 3. 常温(20℃)では、液面の近くで静電気が発生しても、引火の危険はない。
  4. 4. 製造工程で、緑色に着色される。
  5. 5. 過酸化水素や硝酸と混合すると、発火の危険性が低くなる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 第4石油類の性状について、次A〜Dのうち誤っているもののみの組合せはどれか。 
A. 潤滑油のすべてが第4石油類である。
B. 燃焼すると液温が高くなり、泡消火剤等は水分が沸騰蒸発することがある。
C. 粉末消火剤の放射による消火は、有効である。
D. 酸やアルカリとは反応するものはない。
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. A C
  3. 3. A D
  4. 4. B C
  5. 5. B D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 クレオソート油の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水に溶けない。
  2. 2. 水より重い。
  3. 3. 引火点は70℃より高い。
  4. 4. 人体には無毒である。
  5. 5. 蒸気は空気より重く低所に滞留する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 二硫化炭素の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢

  1. 問題 34
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ベンゼンとトルエンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 蒸気は共に有毒である。
  2. 2. いずれも無色の液体で水より軽い。
  3. 3. いずれも芳香族炭化水素である。
  4. 4. いずれも引火点は、常温(20℃)より低い。
  5. 5. いずれも水によく溶ける。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。