乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法別表第一に定める危険物の品名と物品名の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 二硫化炭素、特殊引火物に該当する。
  2. 2. アセトンは、第1石油類に該当する。
  3. 3. 軽油は、第2石油類に該当する。
  4. 4. 重油は、第3石油類に該当する。
  5. 5. クレオソート油は、第4石油類に該当する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 製造所等の区分について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.第2種販売取扱所とは、店舗において容器入りのままで販売するため、指定数量倍数が15倍以下の危険物を取り扱う取扱所をいう。
  2. 2.移動タンク貯蔵所とは、鉄道の車両に固定されたタンクにおいて危険物を貯蔵し、又は取り扱う貯蔵所をいう。
  3. 3.屋外貯蔵所とは、地盤面下に埋没されているタンクにおいて危険物を貯蔵し、又は取り扱う貯蔵所をいう。
  4. 4.屋内貯蔵所とは、屋内の場所において、危険物を貯蔵し、又は取り扱う貯蔵所をいう。
  5. 5.給油取扱所とは、自動車等の燃料タンク、又は鋼板製ドラム等の運搬容器にガソリンを給油するため危険物を取り扱う取扱所をいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 屋内貯蔵所に次の危険物を貯蔵する場合、貯蔵量は指定数量の何倍になるか。 
軽油 …………………………… 3,000 L
ガソリン ……………………… 1,000 L
エタノール …………………… 2,000 L
選択肢
  1. 1. 10倍
  2. 2. 11倍
  3. 3. 12倍
  4. 4. 13倍
  5. 5. 14倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、製造所等に設置しなければならない消火設備は、第1種から第5種まで区分されているが、次のうち第3種に該当するものはどれか。
選択肢
  1. 1. 乾燥砂
  2. 2. 泡消火設備
  3. 3. 屋内消火栓設備
  4. 4. スプリンクラー設備
  5. 5. 泡を放射する大型の消火器
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等から一定の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられているが、次の建築物等と確保している距離の組合せで、誤っているものはどれか。ただし、市町村長が認める不燃材料で造った防火上安全な塀を設けたもの、および特例基準は除く。
選択肢

  1. 問題 5
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、屋外タンク貯蔵所の防油堤について、次のうち正しいものはどれか。ただし、特例基準が適合されるものは除く。
選択肢
  1. 1. 液体の危険物(二硫化炭素は除く)を貯蔵しているものは、すべて設けなければならない。
  2. 2. 第4類の危険物を貯蔵しているもののみ設けなければならない。
  3. 3. 引火点を有している危険物を貯蔵しているもののみ設けなければならない。
  4. 4. 第4類の危険物のうち、引火点が低い危険物を貯蔵しているもののみ設けなければならない。
  5. 5. 引火点を有しない危険物を貯蔵しているもののみ設けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 次の文の【 】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。 「製造所等(移送取扱所を除く。)を設置しようとする者は、消防本部及び消防署を置く市町村の区域にあっては【 A 】、その他の区域にあっては当該区域を管轄する【 B 】の許可を受けなければならない。 これは設置計画に対する許可であるので、工事完了後に【 C 】を受け、許可どおり設置されているかどうか確認を受けなければならない。」
選択肢

  1. 問題 7
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等の所有者等に対し、製造所等の使用停止を命ぜられる事由として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 給油取扱所の構造を無許可で変更したとき。
  2. 2. 完成検査を受けないで、屋内貯蔵所を使用したとき。
  3. 3. 地下タンク貯蔵所の定期点検を、規定の期間内に行わなかったとき。
  4. 4. 基準違反の製造所等に対し、修理、改造又は移転命令に従わなかったとき。
  5. 5. 移動タンク貯蔵所の危険物取扱者が危険物の取扱作業の保安に関する講習を受講していないとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検に関する記述について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 移動タンク貯蔵所は、すべて定期点検を実施しなければならない。
  2. 2. 屋外タンク貯蔵所は、すべて定期点検を実施しなければならない。
  3. 3. 地下タンクを有する給油取扱所は、定期点検を実施しなければならない。
  4. 4. 地下貯蔵タンク・二重殻タンクの強化プラスチック製の外殻・地下埋設配管・移動貯蔵タンクの漏れの有無を確認する点検は、点検の方法に関する知識及び技能を有する者が実施しなければならない。
  5. 5. 移動貯蔵タンクの漏れの点検の点検記録の保存年限は、10年間である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物保安監督者を選任しなくてもよい製造所等は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所
  2. 2. 屋外タンク貯蔵所
  3. 3. 給油取扱所
  4. 4. 移送取扱所
  5. 5. 移動タンク貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11  法令上、危険物保安統括管理者について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物保安統括管理者は、当該事業所において、その事業の実施を統括管理する者をもって充てなければならない。
  2. 2. 危険物保安統括管理者は、事業所全体としての危険物の保安に関する業務を統括的に管理する。
  3. 3. 危険物保安統括管理者は甲種危険物取扱者の資格が必要である。
  4. 4. 製造所等の所有者等は、危険物保安統括管理者を定めた場合、市町村長等に遅滞なく届け出なければならない。
  5. 5. 危険物保安統括管理者は危険物取扱者でなくてもよい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、移動タンク貯蔵所における移送の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物を移送する危険物取扱者は、免状を携帯していなければならない。
  2. 2. 移動タンク貯蔵所には、完成検査済証及び定期点検の点検記録等を備え付けておかなければならない。
  3. 3. 危険物を移送する際は、当該危険物を取り扱うことのできる危険物取扱者が乗車していなければならない。
  4. 4. 定期的に危険物を移送する場合には、移送経路その他必要な事項を出発地の消防署に届け出なければならない。
  5. 5. 消防吏員は、危険物の移送に伴う火災の防止のため必要と認める場合には、走行する移動タンク貯蔵所を停止させ、乗車する危険物取扱者に対し免状の提示を求めることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 危険物を容器で貯蔵する場合の貯蔵、取扱いの基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物の残存している容器等を修理する際は、安全な場所において危険物を完全に除去した後に行うこと。
  2. 2. 収納する容器は危険物の性質に適応し、かつ、破損、腐食、さけめ等がないようにすること。
  3. 3. 危険物を収納した容器を貯蔵し、又は取り扱う場合は、みだりに転倒させ、落下させ、衝撃を加え、又は引きずる等粗暴な行為をしないこと。
  4. 4. 屋内貯蔵所及び屋外貯蔵所において危険物を貯蔵する場合においては、容器は絶対に積み重ねてはならない。
  5. 5. 屋内貯蔵所においては、容器に収納して貯蔵する危険物の温度が55度を超えないように必要な措置を講ずること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 危険物施設保安員の業務について、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 施設の維持のための定期点検、臨時点検の実施、記録及び保存をする。
  2. 2. 施設の異常を発見した場合の危険物保安監督者への連絡及び適当な措置をする。
  3. 3. 火災が発生したとき又は火災発生の危険が著しい場合の応急措置をする。
  4. 4. 危険物施設保安員は、危険物の取扱作業にあたり、危険物取扱者に対して必要な指示を与える。
  5. 5. 計測装置、制御装置、安全装置等の機能保持のための保安管理をする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 液体の危険物が入った未開封容器の表示が汚れてしまい、「危険等級V」「水溶性」「火気厳禁」の表示のみが読み取れた。 この危険物の類として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 2類
  2. 2. 3類
  3. 3. 4類
  4. 4. 5類
  5. 5. 6類
回答欄 1 2 3 4 5

物理学・化学

問題 16 メタノールが完全燃焼したときの化学反応式として、【  】内のA 〜Cに当てはまる数字及び化学式の組合せとして正しいものはどれか。
【 A 】CH3OH + 【 B 】O2  →  2【 C 】 + 4H2O
選択肢

  1. 問題 16
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 可燃物と燃焼の形態の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 灯油…………………蒸発燃焼
  2. 2. 木炭…………………表面燃焼
  3. 3. 木材…………………分解燃焼
  4. 4. 重油…………………表面燃焼
  5. 5. セルロイド…………内部(自己)燃焼
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 炭素と水素からなる有機化合物が完全燃焼したときに生成する物質として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 有機過酸化物と二酸化炭素
  2. 2. 過酸化水素と二酸化炭素
  3. 3. 飽和炭化水素と水
  4. 4. 二酸化炭素と水
  5. 5. 有機過酸化物と水
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火剤と主な消火効果の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. ハロゲン化物消火剤…………燃焼を化学的に抑制する効果
  2. 2. 泡消火剤………………………酸素の供給を遮断し窒息させる効果
  3. 3. 二酸化炭素消火剤……………酸素濃度を低下させ窒息させる効果
  4. 4. 粉末消火剤……………………燃焼を化学的に抑制する効果
  5. 5. 乾燥砂、膨張ひる石…………比熱、蒸発熱により冷却する効果
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 次に示す性質を有する物質に関する説明として、正しいものはどれか。 
引火点  28℃
発火点 600℃
燃焼範囲 2〜10vol%
沸点  140℃
選択肢
  1. 1. 液体の温度が28℃未満の時には、蒸気は発生しない。
  2. 2. 液体の温度が28℃以上になると、発生する蒸気の濃度は2vol%以上になる。
  3. 3. 蒸気の濃度が10vol%を超えなければ、引火しない。
  4. 4. 液体の温度を140℃まで加熱すると、蒸気の濃度は10vol%になる。
  5. 5. 600℃以上になるまで、点火源を近づけても燃焼しない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気に関する説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 引火性の液体は電気を通すので静電気は発生しない。
  2. 2. 静電気は一般に、電気の不導体に発生しやすい。
  3. 3. 接地をすると、静電気の蓄積を防止できる。
  4. 4. 電気的に絶縁された二つの異なる物質が接触して離れるときには、一方が正、他方が負に帯電する。
  5. 5. 静電気は、湿度が低いほど発生しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 容器に入った液温0℃のガソリン1,000Lを温めていくと1,020Lになった。このとき、ガソリンの液温として最も近いものは次のうちどれか。
なお、ガソリンの体膨張率は1.35×10−3 K−1 とし、蒸発による減少はないものとする。
選択肢
  1. 1. 5 ℃
  2. 2. 10 ℃
  3. 3. 15 ℃
  4. 4. 20 ℃
  5. 5. 25 ℃
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次の図は水の状態図である。次のうち誤っているものはどれか。
問題 23
選択肢
  1. 1. Aの領域では固体である。
  2. 2. Bの領域では液体である。
  3. 3. 点@は三重点である。
  4. 4. 曲線Aは融解曲線である。
  5. 5. 曲線Bは蒸気圧曲線である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 物理変化と化学変化について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. エタノールに、メタノール、ホルマリン等を添加して変性アルコールを作った。………物理変化
  2. 2. 炭化カルシウムに水を加えてアセチレンを作った。…………………化学変化
  3. 3. 過酸化水素水に酸化マンガンを加えて酸素を作った。………………化学変化
  4. 4. 原油を蒸留してガソリンを作った。……………………………………化学変化
  5. 5. ごまの種を圧搾してごま油を作った。…………………………………物理変化
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 一酸化炭素と二酸化炭素の性質の比較について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 問題25
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物は、酸化性の固体で加熱、衝撃、摩擦等により分解して酸素を放出する。
  2. 2. 第2類の危険物は、燃焼のとき有毒ガスを発生するものがある。
  3. 3. 第3類の危険物は、すべて水と接触することにより、発火又は可燃性ガスを発生する。
  4. 4. 第5類の危険物は、加熱、衝撃、摩擦等により発火し、燃焼速度が速いものが多い。
  5. 5. 第6類の危険物は、酸化力が強く、自らは不燃性であるが有機物と混ぜるとこれを酸化させ、場合によっては着火させることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 水溶性液体用の特別な泡消火剤を使用しなければならない危険物の組合せは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. ベンゼン 、ジエチルエーテル
  2. 2. ガソリン、 アセトアルデヒド
  3. 3. ベンゼン、 メタノール
  4. 4. アセトン 、メタノール
  5. 5. 軽油、 酢酸メチル
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 次の事故事例を教訓とした今後の対策として、次のうち適切でないものはどれか。
「移動タンク貯蔵所の運転者が、地下タンク貯蔵所(容量1400L)に軽油を1000L注入すべきところ、誤って軽油を1400L注入したため、タンク容量を超え、通気管から漏油した。」
選択肢
  1. 1. 注入するときは、必ず地下貯蔵タンクの残油量を確認する。
  2. 2. 注入するときは、受け渡し双方が立ち会う。
  3. 3. 危険物の注入状態を確認する。
  4. 4. 過剰注入防止用警報装置の維持管理は、日頃から徹底し、注入前には使用時点検を実施する。
  5. 5. 注入するときは、通気管を閉鎖する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の一般的な性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物の蒸気に火源を近づけると、必ず燃焼する。
  2. 2. 液体の比重は1より小さいものが多い。
  3. 3. 蒸気比重は1より大きい。
  4. 4. 流動等により、静電気を発生しやすいものが多い。
  5. 5. 水に溶けず、水より軽い可燃性物質では注水すると水面に広がり、火災を拡大することがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 エチルメチルケトンの貯蔵のしかたについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 火気を近づけない。
  2. 2. 貯蔵容器は、通気口のあるものにする。
  3. 3. 冷暗所に貯蔵する。
  4. 4. 換気をよくする。
  5. 5. 日光の直射を避ける。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 蒸気は空気の3〜4倍重く、空気の流動のない所では滞留する。
  2. 2. 引火点は常温(20℃)より低い。
  3. 3. オレンジ系色に着色されている。
  4. 4. 揮発しやすい液体で特有の臭気がある。
  5. 5. パラフィン系炭化水素の単体である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 クレオソート油の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 常温(20℃)では、黄色又は暗緑色で特異臭のある液体である。
  2. 2. アルコールなどの有機溶剤や水によく溶ける。
  3. 3. ナフタレン、アントラセンなどを含む混合物である。
  4. 4. 引火点は70℃以上である。
  5. 5. 金属に対する腐食性はない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 灯油及び軽油に共通する性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水より軽い。
  2. 2. 引火点は、常温(20℃)より高い。
  3. 3. 蒸気は、空気より重い。
  4. 4. 発火点は、100℃より低い。
  5. 5. 水に溶けない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 引火点が低いものから高いものの順になっているものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 重油       → ギヤー油   → 軽油
  2. 2. ジエチルエーテル → キシレン   → 重油
  3. 3. ギヤー油     → 灯油     →   二硫化炭素
  4. 4. 軽油       → ガソリン   → トルエン
  5. 5. シリンダー油   → エタノール  → 灯油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 メタノールの性状について、次のA〜Eのうち誤っているものの組合せはどれか。 
A. 常温(20℃)で無色透明の液体である。
B. ナトリウムと反応して酸素を発生する。
C. 燃焼範囲はガソリンより狭い。
D. 燃焼した場合、火炎の色が淡く、気づきにくい。
E. 酸化剤と混合すると、発火爆発することがある。
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. A E
  3. 3. B C
  4. 4. C D
  5. 5. D E
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。