乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 次の文の【  】内に当てはまる語句はどれか。 「アルコール類とは、1分子を構成する炭素の原子の数が【  】までの飽和1価アルコール(変性アルコールを含む)を対象とする。」
選択肢
  1. 1. 2個以上
  2. 2. 1〜3個
  3. 3. 4個以上
  4. 4. 1〜5個
  5. 5. 6個
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、屋外貯蔵所で貯蔵できない危険物は次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 硫黄
  2. 2. 引火性固体(引火点が零度以上のもの)
  3. 3. アルコール類
  4. 4. 第2石油類
  5. 5. 黄リン
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 第4類の危険物の指定数量について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 特殊引火物の指定数量は50Lである。
  2. 2. 第1石油類の水溶性物品とアルコール類の指定数量は400Lである。
  3. 3. 第2石油類の水溶性物品と第3石油類の非水溶性物品の指定数量は2,000Lである。
  4. 4. 第3石油類の水溶性物品と第4石油類の指定数量は5,000Lである。
  5. 5. 動植物油類の指定数量は10,000Lである。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、次に掲げる製造所等のうち、危険物を取り扱う建築物の周囲に、一定の幅の空地を保有しなければならない旨の規定が設けられていないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋外貯蔵所
  2. 2. 簡易タンク貯蔵所(屋外に設けるもの)
  3. 3. 屋内タンク貯蔵所
  4. 4. 屋外タンク貯蔵所
  5. 5. 製 造 所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、次の製造所等について、その規模、貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名、最大数量等にかかわりなく第5種の消火設備を2個以上設けなければならないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋内貯蔵所
  2. 2. 一般取扱所
  3. 3. 屋内タンク貯蔵所
  4. 4. 地下タンク貯蔵所
  5. 5. 第一種販売取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、簡易タンク貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 簡易貯蔵タンクは、容易な移動を防ぐため、地盤面、架台等に固定するとともに、タンク専用室に設ける場合は、タンクと専用室の壁との間に0.5m以上の間隔を保たなければならない。
  2. 2. ひとつの簡易タンク貯蔵所に設置する簡易貯蔵タンクは、3基までとし、同一品質の危険物は2基以上設置してはならない。
  3. 3. 簡易貯蔵タンクは、さびを防ぐためその表面を塗装しなければならない。
  4. 4. 簡易タンク貯蔵所は、簡易タンク貯蔵所である旨を表示した標識及び防火に関する必要な事項を掲示した掲示板を設置しなければならない。
  5. 5. 第4類の危険物を貯蔵した圧力タンク以外で、屋外に設置した簡易貯蔵タンクには、当該タンクに通気管を設ける必要はない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所等の仮使用について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 市町村長等の承認を受ける前に、貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名、数量又は指定数量の倍数を変更し、仮に使用すること。
  2. 2. 製造所等を変更する場合に、変更工事が終了した部分について、順次、市町村長等の承認を受け、仮に使用すること。
  3. 3. 製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分以外の部分において、指定数量以上の危険物を10日以内の期間で、仮に使用すること。
  4. 4. 製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分以外の部分の全部又は一部について、市町村長等の承認を受け、完成検査を受ける前に、仮に使用すること。
  5. 5. 製造所等の譲渡又は引渡しがある場合に、市町村長等の承認を受けずに、仮に使用すること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等が市町村長等から使用停止を命ぜられる事由に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物の貯蔵及び取扱いの基準の遵守命令に違反したとき。
  2. 2. 仮使用の承認又は完成検査を受けないで、製造所等を使用したとき。
  3. 3. 危険物保安監督者の解任命令に応じなかったとき。
  4. 4. 製造所等を譲り受けたが、その届け出をしていなかったとき。
  5. 5. 定期点検を行わなければならない製造所等で、法定期限内にそれを行わなかったとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち誤っているものはどれか。ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1. 点検記録は、一定期間保存しなければならない。
  2. 2. 点検は、原則として1年に1回以上行なわなければならない。
  3. 3. 地下タンク貯蔵所は、定期点検を行う必要はない。
  4. 4. 危険物施設保安員は、点検を行うことができる。
  5. 5. 危険物取扱者の立会いがあれば、危険物取扱者以外の者が点検を行うことができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、製造所等における危険物取扱時の危険物取扱者の立会いについて、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の従業員が危険物を取り扱うときは、管理者の指示があれば、すべて立会いを必要としない。
  2. 2. 製造所等の所有者が自ら危険物を取り扱うときは、すべて立会いを必要としない。
  3. 3. 危険物施設保安員が危険物を取り扱うときは、すべて立会いを必要としない。
  4. 4. 危険物取扱者が、取り扱うことができる類又は品名の危険物を自ら取り扱うときは、すべて立会いを必要としない。
  5. 5. 乙種及び丙種危険物取扱者は、取り扱うことができる類又は品名の危険物取扱作業に立ち会うことができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物取扱者免状についての記述で、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 書換えは、居住地を管轄する消防長又は消防署長に申請しなければならない。
  2. 2. 免状の返納を命じられた者は、その日から起算して2年を経過しないと免状の交付を受けることができない。
  3. 3. 免状を汚損したとき、再交付の申請をすることができる。
  4. 4. 再交付は、居住地を管轄する市町村長に申請しなければならない。
  5. 5. 免状を亡失して再交付を受けた者は、亡失した免状を発見したときは、再交付された免状を交付した市町村長に提出しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、危険物保安監督者と危険物施設保安員について、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物保安監督者は製造所等において、危険物取扱いの実務経験が6ヶ月以上あるものでなければならない。
  2. 2. 危険物保安監督者は、危険物の取扱作業にあたり保安の監督をするとともに、危険物施設保安員を置く製造所等にあっては危険物施設保安員に必要な指示を与える。
  3. 3. 危険物施設保安員を置かない製造所等にあっては、危険物保安監督者がその職務を行う。
  4. 4. 危険物施設保安員は、施設の異常を発見した場合の危険物保安監督者への連絡及び適当な措置をする。
  5. 5. 危険物施設保安員は、甲種危険物取扱者、乙種危険物取扱者、又は丙種危険物取扱者でなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 移動タンク貯蔵所における危険物の取扱作業の技術上の基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 移動貯蔵タンクから危険物を貯蔵し、又は取り扱うタンクにガソリンを注入するときは、当該タンクの注入口と移動貯蔵タンクの注入ホースを手でしっかりと押さえなければならない。
  2. 2. 移動貯蔵タンクから灯油を運搬容器に詰め替えるときは、運搬容器は法令で定める技術上の基準に適合するものでなければならない。
  3. 3. 静電気による災害が発生するおそれのある液体の危険物を移動貯蔵タンクに入れ、又は移動貯蔵タンクから出すときは、移動タンク貯蔵所を接地しなければならない。
  4. 4. 静電気による災害が発生するおそれのある液体の危険物を移動貯蔵タンクにその上部から注入するとは、注入管を用いなければならない。
  5. 5. 移動貯蔵タンクから危険物を貯蔵し、又は取り扱うタンクに第1石油類を注入するときは、移動タンク貯蔵所の原動機を停止させなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 指定数量の1/10を超える危険物を混載して運搬する場合、混載できない組合せはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類と第4類
  2. 2. 第2類と第4類
  3. 3. 第3類と第4類
  4. 4. 第4類と第5類
  5. 5. 第2類と第5類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 危険物の貯蔵・取扱い基準として、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物が残存している設備、機械器具、容器等を修理する際は、安全な場所で行い、火花を発する機械器具の使用には細心の注意をすること。
  2. 2. 危険物のくず、かす等は、1日に1回以上危険物の性質に応じて、安全な場所及び方法で処理すること。
  3. 3. 危険物を貯蔵し、又は取扱っている建築物等においては、当該危険物の性質に応じた有効な遮光又は換気を行うこと。
  4. 4. 貯留設備又は油分離装置に溜まった危険物は、あふれないように随時くみ上げること。
  5. 5. 危険物を貯蔵し、又は取り扱う場合には、危険物が漏れ、あふれ、又は飛散しないように必要な措置を講ずること。
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 次の文章の【  】内のA〜Cに該当する語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「燃焼は【 A 】と【 B 】の発生を伴う【 C 】である。」
選択肢

  1. 問題 16
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 粒子の燃焼は、粒子表面での反応が基になるため、比表面積(単位質量当たりの表面積の総和)の大小が燃焼性に影響する。直径1cm(1×10-2 m)の球体を粉砕して、直径1μm(1×10-6 m)の球状粒子にした場合、比表面積は何倍になるか。
選択肢

  1. 問題 17
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 1molが完全燃焼する場合、次のうち酸素量が最も多く必要な物質はどれか。
選択肢
  1. 1. C3H7OH
  2. 2. CH3COCH3
  3. 3. C2H5OC2H5
  4. 4. CH3COC2H5
  5. 5. CH3COOC2H5
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 水は最も一般的に使われている消火剤である。棒状で使用する場合は【 A 】の火災に適応し、霧状で使用する場合は【 A 】のほかに【 B 】の火災にも適応する。
選択肢

  1. 問題 19
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 炭素と水素からなる有機化合物が完全燃焼したときに生成する物質として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 有機過酸化物と二酸化炭素
  2. 2. 過酸化水素と二酸化炭素
  3. 3. 飽和炭化水素と水
  4. 4. 二酸化炭素と水
  5. 5. 有機過酸化物と水
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 液体や粉体のうち、不導体の帯電防止策について、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 設備、装置は導電性材料を用いる。
  2. 2. 粉体は、加水、加湿する。
  3. 3. 粉体は、よくかくはんする。
  4. 4. 帯電防止剤を添加、または、表面に塗付する。
  5. 5. 液体は取扱作業の流速を下げる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 金属の腐食についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 鉄の腐食では、アルカリ性が強くなると、腐食速度が増大する。
  2. 2. 腐食速度は、pH値に左右される。
  3. 3. 金属材料が環境中で反応して、酸化消耗することを腐食という。
  4. 4. 金属の種類により、腐食速度は異なる。
  5. 5. 金属表面の状態により、腐食速度は異なる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 プラスチックは可塑性物質という意味を持つが、熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂に分類される。次の樹脂の分類で、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. メラミン樹脂……………………熱硬化性樹脂
  2. 2. ポリエチレン……………………熱可塑性樹脂
  3. 3. 塩化ビニル樹脂…………………熱硬化性樹脂
  4. 4. ポリプロピレン…………………熱可塑性樹脂
  5. 5. フェノール樹脂…………………熱硬化性樹脂
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 単体、化合物及び混合物の組合せで、次のうち正しいものはどれか。
選択肢

  1. 問題 24
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 次の(1)式と(2)式から導かれた、化学式 C + O2 → CO2 で発生する反応熱はいくらになるか。
(1) C + 1/2 O2  = CO + 111 kJ
(2) CO + 1/2 O2  = CO2 + 283 kJ
選択肢
  1. 1. 55 kJ (吸熱)
  2. 2. 142 kJ (吸熱)
  3. 3. 173 kJ (発熱)
  4. 4. 394 kJ (発熱)
  5. 5. 505 kJ (発熱)
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとに共通する性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物は、可燃性であり加熱すると爆発的に燃焼する。
  2. 2. 第2類の危険物は、着火又は引火の危険性がある固体である。
  3. 3. 第3類の危険物は、二酸化炭素と接触すると分解発熱して発火する。
  4. 4. 第5類の危険物は、窒素及び酸素含有物質であり、強還元性である。
  5. 5. 第6類の危険物は、強酸性であり、ガラスやプラスチックを容易に腐食する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 次の文の【 】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せが正しいものはどれか。
「第4類の危険物は【 A 】で、液比重は水より【 B 】ものがほとんどで、蒸気比重は空気より【 C 】。
選択肢

  1. 問題 27
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 ジエチルエーテルの貯蔵及び取扱いについて、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 直射日光をさけ、冷暗所に貯蔵する。
  2. 2. 容器は密栓する。
  3. 3. 火気及び高温体の接近をさける。
  4. 4. 建物内部に滞留した蒸気は、屋外の高所に排出する。
  5. 5. 水より重く、水に溶けにくいので、容器等に水を張り、蒸気の発生を抑制する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 泡消火剤の中には、水溶性液体用泡消火剤と、その他の一般の泡消火剤とがある。次の危険物の火災を消火しようとする場合、一般の泡消火剤が適切でないのはどれか。
選択肢
  1. 1. エタノール
  2. 2. ガソリン
  3. 3. 灯油
  4. 4. シリンダー油
  5. 5. 重油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 次のうち、貯蔵の際、水を張って蒸気の発生を抑制する物質はどれか。
選択肢
  1. 1. アセトアルデヒド
  2. 2. 酸化プロピレン
  3. 3. 二硫化炭素
  4. 4. 酢酸エチル
  5. 5. キシレン
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 ガソリンの性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 蒸気は空気より重い。
  2. 2. 発火点は二硫化炭素より低い。
  3. 3. 燃焼範囲はジエチルエーテルより広い。
  4. 4. 引火点は常温(20℃)より高い。
  5. 5. 水より重い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 ニトロベンゼンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色又は淡黄色の液体である。
  2. 2. 水より重い。
  3. 3. 空気中で自然発火することがある。
  4. 4. 常温(20℃)では引火の危険性はない。
  5. 5. 芳香臭がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 動植物油類の中には自然発火を起こすものがある。自然発火を起こしやすいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 容器に入った油を、長時間直射日光にさらしていたとき。
  2. 2. 油の入った容器を、ふたをせずに置いていたとき。
  3. 3. 容器に入った油を、湿気の多い場所で貯蔵したとき。
  4. 4. 容器からこぼれた油が染み込んだ布や紙などを、長い間風通しの悪い場所に積んでおいたとき。
  5. 5. 容器の油に不乾性油を混合したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 灯油、軽油及び重油の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. いずれも引火点は、常温(20℃)より高い。
  2. 2. いずれも原油から分留されたものである。
  3. 3. いずれも静電気の発生のおそれがある。
  4. 4. いずれも霧状になると火がつきやすい。
  5. 5. いずれも水に不溶で、灯油と軽油は水より軽いが、重油は水より重い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 酢酸エチルの性状について、正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. エタノールには溶けにくい。
  2. 2. 比重は水より小さい。
  3. 3. 引火点は常温(20℃)より高い。
  4. 4. 無色・無臭の液体である。
  5. 5. 沸点は100℃より高い。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。