乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法別表第一に定める危険物の品名と物品名の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 二硫化炭素、特殊引火物に該当する。
  2. 2. アセトンは、第1石油類に該当する。
  3. 3. 軽油は、第2石油類に該当する。
  4. 4. 重油は、第3石油類に該当する。
  5. 5. クレオソート油は、第4石油類に該当する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、製造所等に関して、市町村長等の認可を受けなければならないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物保安監督者を定めたとき。
  2. 2. 予防規程を定めたとき。
  3. 3. 危険物施設保安員を定めたとき。
  4. 4. 危険物保安統括管理者を定めたとき。
  5. 5. 定期点検の実施者を定めたとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 ある製造所において、第4類の危険物A及びBを同一場所に貯蔵している。指定数量の倍数の合計として、次のうち正しいものはどれか。
問題 3
選択肢
  1. 1. 2
  2. 2. 3
  3. 3. 7
  4. 4. 22
  5. 5. 30
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、製造所等から一定の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられているが、次の建築物等と確保している距離の組合せで、誤っているものはどれか。ただし、市町村長が認める不燃材料で造った防火上安全な塀を設けたもの、および特例基準は除く。
選択肢

  1. 問題 4
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 消火設備について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 泡消火設備は、第2種消火設備である。
  2. 2. 屋内消火栓設備は、第1種消火設備である。
  3. 3. 地下タンク貯蔵所には、第5種の消火設備を2個以上設ける。
  4. 4. 電気設備に対する消火設備は、電気設備のある場所の面積100uごとに1個以上設ける。
  5. 5. 消火粉末を放射する大型消火器は、第4種消火設備である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、第1種販売取扱所と第2種販売取扱所の区分並びに位置、構造、設備又は貯蔵、取扱いの技術上の基準について、次のうち正しいものの組合せはどれか。
選択肢

  1. 問題 6
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所の設置等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所の保有空地を変更するため、市町村長等の許可を受けた。
  2. 2. 製造所を設置する際に、液体の危険物を貯蔵するタンクの完成検査前検査を行ったのち、完成検査の申請を行った。
  3. 3. 市町村長等に製造所の変更の許可申請をしたので、申請と同時に変更の工事に着手した。
  4. 4. 製造所の設置工事が完了し、市町村長等から完成検査済証の交付を受けたので、製造所を使用した。
  5. 5. 製造所の変更許可を市町村長等に申請する際に、変更の内容に関する図面その他政令で定める書類を添付した。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、市町村長等から製造所等の修理、改造又は移転を命ぜられることがある場合として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 公共の安全の維持、又は災害発生の防止のため、緊急の必要があるとき。
  2. 2. 製造所等において貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名を変更しないで、当該危険物の数量を減少するとき。
  3. 3. 製造所等の施設について、位置、構造又は設備の技術上の基準に違反しているとき。
  4. 4. 移動タンク貯蔵所において、危険物の移送の基準に違反しているとき。
  5. 5. 製造所等において、危険物の貯蔵、取扱いに関する技術上の基準に違反しているとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、定期点検の実施者として、次のうち適切でないものはどれか。ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1. 免状の交付を受けていない危険物施設保安員
  2. 2. 免状の交付を受けていない所有者
  3. 3. 甲種危険物取扱者の立会いを受けた、免状の交付を受けていない者
  4. 4. 乙種危険物取扱者の立会いを受けた、免状の交付を受けていない者
  5. 5. 丙種危険物取扱者の立会いを受けた、免状の交付を受けていない者
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物保安監督者について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所は貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名、指定数量の倍数等にかかわりなく、危険物保安監督者を定めなければならない。
  2. 2. 製造所等の所有者等は、危険物保安監督者を選任又は解任したときは、市町村長等に届け出なければならない。
  3. 3. 火災等の災害が発生した場合は、作業者を指揮して応急の措置を講ずるとともに、直ちに消防機関等へ連絡する。
  4. 4. 危険物保安監督者は製造所等の所有者等が選任する。
  5. 5. 特定の危険物は、製造所等の所有者が認めた場合にかぎり、丙種危険物取扱者を危険物保安監督者に定めることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物保安統括管理者について、次のA〜Dの記述のうち、誤っているものだけの組合せはどれか。
A.危険物保安統括管理者として定められた者は、免状を有していなくても、甲種又は乙種危険物取扱者の立会いなしで危険物を取り扱うことができる。
B.危険物施設保安員を50人置く製造所には、危険物保安統括管理者を定めなければならない。
C.危険物保安統括管理者は、事業所全体としての危険物の保安に関する業務を統括的に管理する。
D.危険物保安統括管理者は、当該事業所において、その事業の実施を統括管理する者をもって充てなければならない。
選択肢
  1. 1. A
  2. 2. A B
  3. 3. C D
  4. 4. A C D
  5. 5. B C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 現に製造所等において危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者は、免状の交付、書換え、再交付をうけた都道府県知事が行う講習を受けなければならない。
  2. 2. 現に製造所等において危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者は3年以内に1回、その他の危険物取扱者は10年以内に1回、講習を受けなければならない。
  3. 3. 講習を受ける義務のある危険物取扱者が受講しなかった場合、免状の返納を命ぜられることがある。
  4. 4. 法令に違反した危険物取扱者は、その違反内容に応じた講習を受けなければならない。
  5. 5. 現に製造所等において危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者と危険物施設保安員は、この講習を受けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、移動タンク貯蔵所による危険物の貯蔵・取扱い及び移送について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 移動タンク貯蔵所には、完成検査済証、点検記録等を備え付けておかなければならない。
  2. 2. 移動タンク貯蔵所で危険物を移送する場合は、移送開始の前に移送経路その他必要な事項を出発地の消防署に送付しなければならない。
  3. 3. 移動タンク貯蔵所で指定数量未満の危険物を移送する場合、乗車する危険物取扱者は免状を携帯しなくてもよい。
  4. 4. 移動タンク貯蔵所で危険物を移送する者で市町村長等の許可を受けた場合、乗車する危険物取扱者は免状を携帯しなくてもよい。
  5. 5. 移送する者は、移送終了後、移動貯蔵タンクの底弁、マンホール及び注入口のふたの点検を行うこと。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、危険物を車両で運搬する場合の技術上の基準として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物の運搬は、危険物取扱者が行わなければならない。
  2. 2. 危険物を混載して運搬することは一切禁じられている。
  3. 3. 指定数量以上の危険物を運搬する場合は、当該危険物に適応する消火設備を備え付けなければならない。
  4. 4. 運搬する容器の構造等についての基準はあるが、積載方法についての基準はない。
  5. 5. 指定数量以上の危険物を運搬する場合は、市町村長等に届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、製造所等においてする危険物の貯蔵及び取扱いのすべてに共通する技術上の基準として、次のうち正しいものはどれか。 
選択肢
  1. 1. 危険物のくず、かす等は、1日に1回以上当該危険物の性質に応じて、安全な場所で廃棄その他適当な処置をしなければならない。
  2. 2. 危険物が残存し、又は残存しているおそれのある設備、機械器具、容器を修理する場合は、適宜換気をしながら行わなければならない。
  3. 3. 危険物を保護液中に保存する場合は、危険物の状態が確認できるよう、その一部を保護液から露出させておかなければならない。
  4. 4. 貯留設備又は油分離装置にたまった危険物は、十分に希釈して濃度を下げてから下水道等に排出しなければならない。
  5. 5. 製造所等においては、一切の火気を使用してはならない。
回答欄 1 2 3 4 5

物理学・化学

問題 16 可燃性液体の通常の燃焼について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 可燃性液体の表面から発生した蒸気が空気と混合して燃焼する。
  2. 2. 可燃性液体は蒸発せず、液面が空気と触れて燃焼する。
  3. 3. 可燃性液体の内部で燃焼し、燃焼生成物が炎となって液面に現われる。
  4. 4. 液体が熱により分解し、発生した可燃性ガスが燃焼する。
  5. 5. 可燃性液体が空気を吸収して燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 次の物質のうち、可燃物又は酸素供給源のいずれにも該当しないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 過酸化水素
  2. 2. 窒素
  3. 3. 水素
  4. 4. メタン
  5. 5. 一酸化炭素
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の実験結果について、正しいものはどれか。
「ある化合物を−50℃から温めていくと、−42℃で液体になった。常温(20℃)に達したとき、液面上の蒸気濃度は1.8vol%であった。さらに加熱すると液温は115℃で一定となり、すべて気化してしまった。また常温(20℃)のものを別容器にとり、液面上に火花をとばすと激しく燃焼した。」
選択肢
  1. 1. この物質の分解温度は、−42℃である。
  2. 2. この物質の沸点は、115℃である。
  3. 3. この物質の発火点は、20℃である。
  4. 4. この物質の融点は、−50℃である。
  5. 5. この物質の燃焼範囲の上限値は、1.8%(容量)である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 油火災と電気設備(電気火災)のいずれにも適応する消火剤の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 泡、 二酸化炭素、 消火粉末
  2. 2. 泡、      二酸化炭素、 ハロゲン化物
  3. 3. 棒状の水、   二酸化炭素、   ハロゲン化物
  4. 4. 二酸化炭素、 ハロゲン化物、 消火粉末
  5. 5. 棒状の水 、 消火粉末 、 泡
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 標準状態(0℃、1気圧)において、エタン1 Lを完全燃焼させるのに必要な酸素量として、次のうち最も近い値はどれか。 
エタン(C2H6)の燃焼の反応式は、次のとおりである。
2C2H6 + 7O2  →  4CO2  +  6H2O
選択肢
  1. 1. 2.0 Ⅼ
  2. 2. 3.5 Ⅼ
  3. 3. 4.0 Ⅼ
  4. 4. 4.5 Ⅼ
  5. 5. 7.0 Ⅼ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気の帯電について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 帯電防止靴を着用していても、絶縁性の床上では、人体への帯電を防止することができない。
  2. 2. 絶縁物は、環境の湿度が高いと、帯電性が増加する。
  3. 3. 導体の液滴、粉体は、空気中で浮遊した場合、帯電することはない。
  4. 4. 抵抗率が106Ω・m以下の物体は、接地してもほとんど帯電を防止することができない。
  5. 5. 液化ガスをボンベから放射する場合、気相より気液混合状態のほうが、静電気を抑制することができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 一酸化炭素の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 二酸化炭素が酸化されて生成する。
  2. 2. 無色、無臭のきわめて有毒な気体である。
  3. 3. 空気より軽い。
  4. 4. 青い炎をあげて燃える。
  5. 5. 水に溶けにくい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次の文の【  】内のAとBに当てはまる語句の組合せとして正しいものはどれか。 
「物体と熱源との間に流体が存在するときは、流体は一般に温度が高くなると比重が小さくなるため上方に移動し、これにより熱が伝わる。 この現象を熱の【 A 】という。
しかし、物体と熱源との間に何もない真空の状態でも熱は伝わる。太陽により地上の物体が温められるのはこの例であり、この現象を熱の【 B 】という。」
選択肢

  1. 問題 23
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 単体についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 単体は純粋な物質で、1種類の元素のみからなるものである。
  2. 2. 単体は、金属、非金属に大別される。
  3. 3. 単体は、物質によっては1種類だけだが、同素体のあるものもある。
  4. 4. 単体の名称は、通常元素名である。
  5. 5. 単体は、すべて分解することができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 石油からつくられたプラスチックの一般的な特徴について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 腐食しにくい。
  2. 2. 酸や塩基に侵されにくい。
  3. 3. 成形、加工が容易である。
  4. 4. 電気を通しやすい。
  5. 5. 密度が小さく軽い。
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとに共通する性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物は、可燃性であり加熱すると爆発的に燃焼する。
  2. 2. 第2類の危険物は、着火又は引火の危険性がある固体である。
  3. 3. 第3類の危険物は、二酸化炭素と接触すると分解発熱して発火する。
  4. 4. 第5類の危険物は、窒素及び酸素含有物質であり、強還元性である。
  5. 5. 第6類の危険物は、強酸性であり、ガラスやプラスチックを容易に腐食する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の共通する性状として、次のA〜Eのうち正しいもののみをすべて掲げているものはどれか。 
A.水より軽い非水溶性の液体である。
B.液体の比重は1より小さい。
C.蒸気の比重は1より大きい。
D.発火点は100℃以上である。
E.蒸気は低所に滞留し、また遠方へ流動することもある。
選択肢
  1. 1. A
  2. 2. B
  3. 3. C
  4. 4. C E
  5. 5. B C E
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 メタノールの火災の消火方法として、不適切なものはどれか。
選択肢
  1. 1. リン酸塩類が主成分の消火粉末を放射する。
  2. 2. 霧状の強化液消火剤を放射する。
  3. 3. 二酸化炭素消火剤を放射する。
  4. 4. 棒状の水を放射する。
  5. 5. ハロゲン化物消火剤を放射する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第1石油類の危険物を屋内で取り扱う場合の火災予防の方法について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物の蒸気を排出する設備の吸気口は床面近くにし、排気口は屋外の高所に設置する。
  2. 2. 危険物設備の配管や装置のつなぎ目から、危険物がにじんでいないか確認する。
  3. 3. 静電気の発生を抑制し、電気設備は防爆性のあるものを使用する。
  4. 4. 危険物の漏れ、蒸気の発生を抑制するため、危険物の室内への搬入は配管のみで行う。
  5. 5. 危険物を配管および密閉容器内のみで取り扱う室内では、換気の設備を設置しない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 アクリル酸の貯蔵、取扱いにおける注意事項として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 容器は密閉し、換気のよい場所に保管する。
  2. 2. 容器はステンレス鋼、又は内面をポリエチレンでライニングしたものを用いる。
  3. 3. 融点がおよそ14℃であることを利用して、通常、凍結させて保管する。
  4. 4. 皮膚に接触すると火傷をするおそれがあるので、取り扱う際には保護具を着用する。
  5. 5. 熱、光、過酸化物、鉄さびなどで重合が加速するので、重合防止剤を加えて保管する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 燃焼範囲はおおむね8〜20vol%である。
  2. 2. 水より軽い。
  3. 3. 種々の炭化水素の混合物である。
  4. 4. オレンジ系色に着色されている。
  5. 5. 引火点は一般に−40℃以下である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 第4石油類の性状について、次A〜Dのうち誤っているもののみの組合せはどれか。 
A.潤滑油のすべてが第4石油類である。
B.燃焼すると液温が高くなり、泡消火剤等は水分が沸騰蒸発することがある。
C.粉末消火剤の放射による消火は、有効である。
D.酸やアルカリとは反応するものはない。
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. A C
  3. 3. A D
  4. 4. B C
  5. 5. B D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 重油の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 不純物として含まれている硫黄は,燃えると有毒ガスになる。
  2. 2. 褐色又は暗褐色の液体である。
  3. 3. 水に溶けない。
  4. 4. 引火点は種類などにより異なる。
  5. 5. 発火点は70℃〜150℃程度である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 水より重いものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. アセトン
  2. 2. 二硫化炭素
  3. 3. トルエン
  4. 4. メタノール
  5. 5. エチルメチルケトン
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 トルエンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色の液体である。
  2. 2. 特有の芳香を有している。
  3. 3. 水によく溶ける。
  4. 4. 蒸気は空気より重い
  5. 5. 水より軽い。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。