乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法別表第一に危険物の品名として掲げられていないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 塩素酸塩類
  2. 2. 硫化リン
  3. 3. アルキルリチウム
  4. 4. アルコール類
  5. 5. クロロスルホン酸
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、製造所等以外の場所において、指定数量以上の危険物を仮に貯蔵する場合の基準について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 貯蔵することができるものは、第2類のうち、硫黄若しくは引火性固体及び第4類のうち、引火点が0℃以上のものに限られる。
  2. 2. 貯蔵する危険物の量は、指定数量の倍数が2以下としなければならない。
  3. 3. 貯蔵する場所に危険物保安監督者を選任しなければならない。
  4. 4. 貯蔵する場合、所轄消防長又は消防署長の承認を得なければならない。
  5. 5. 貯蔵する期間は30日以内としなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 現在、灯油を200 L貯蔵している。これと同一場所に貯蔵した場合、指定数量以上とみなされるものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. ガソリン ………………  100 L
  2. 2. 重油  …………………… 1,000 L
  3. 3. 軽油  ……………………  800 L
  4. 4. ギヤー油 ……………… 1,500 L
  5. 5. ジエチルエーテル ……… 30 L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 次に掲げる製造所等のうち、危険物を貯蔵し又は取り扱う建築物等の周囲に空地を保有しなければならないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋内タンク貯蔵所
  2. 2. 簡易タンク貯蔵所(屋外に設置したもの)
  3. 3. 地下タンク貯蔵所
  4. 4. 移動タンク貯蔵所
  5. 5. 第1種販売取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 製造所等に消火設備を設置する場合の所要単位を計算する方法として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 外壁が耐火構造の製造所の建築物は、延べ面積100uを1所要単位とする。
  2. 2. 外壁が耐火構造でない製造所の建築物は、延べ面積50uを1所要単位とする。
  3. 3. 外壁が耐火構造の貯蔵所の建築物は、延べ面積150uを1所要単位とする。
  4. 4. 外壁が耐火構造でない貯蔵所の建築物は、延べ面積75uを1所要単位とする。
  5. 5. 危険物は指定数量の100倍を1所要単位とする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、販売取扱所の区分並びに、位置、構造及び設備の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 販売取扱所は、指定数量の倍数が15以下の第1種販売取扱所と、指定数量の倍数が15を超え40以下の第2種販売取扱所とに区分される。
  2. 2. 第1種販売取扱所は、建築物の2階に設置できる。
  3. 3. 第1種販売取扱所には、第1種販売取扱所である旨を表示した標識と防火に関し必要な事項を掲示した掲示板を設けなければならない。
  4. 4. 危険物を配合する室の床は、危険物が浸透しない構造とするとともに、適切な傾斜をつけ、かつ、貯留設備を設けなければならない。
  5. 5. 建築物の第2種販売取扱所の用に供する部分には、当該部分のうち延焼のおそれのない部分に限り、窓を設けることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 仮使用の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 仮使用とは、製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分を、市町村長等の承認を得て完成検査前に仮に使用することをいう。
  2. 2. 仮使用とは、製造所等を変更する場合に、工事が終了した部分を仮に使用することをいう。
  3. 3. 仮使用とは、製造所等の設置工事において、工事終了部分の機械装置を完成検査前に試運転することをいう。
  4. 4. 仮使用とは、製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分以外の部分の全部又は一部を、市町村長等の承認を得て完成検査前に仮に使用することをいう。
  5. 5. 仮使用とは、製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分以外の部分の全部又は一部を、消防長又は消防署長の承認を得て完成検査前に仮に使用することをいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、市町村長等から出される許可の取り消しに、該当しないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の施設の一部を無許可で変更したとき。
  2. 2. 設備の完成検査を受けないで屋内貯蔵所を使用したとき。
  3. 3. 地下タンク貯蔵所の定期点検を怠ったとき。
  4. 4. 製造所等に対する、修理、改造又は移転命令に従わなかったとき。
  5. 5. 危険物保安監督者を定めないで、当該製造所等を使用しているとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、新設及び既設の製造所等に設置されている地下貯蔵タンク等の漏れの点検について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 設置又は交換をし、完成検査を受けた日から15年を超えないものは、3年以内に1回、点検を行わなければならない。
  2. 2. 二重殻タンクの強化プラスチック製の外殻の点検は3年以内に1回、点検を行わなければならない。
  3. 3. 点検記録の保存期間は1年間である。
  4. 4. 危険物取扱者が立会えば、危険物取扱者以外の者で漏れの点検の方法に関する知識及び技能を有する者は点検を行うことができる。
  5. 5. 点検記録には、点検をした製造所等の名称、点検の方法及び結果、点検年月日、点検を行った危険物取扱者等の氏名を記載しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物取扱者と危険物保安監督者について、次のA〜Dのうち、正しいもののみをすべてあげた組合せはどれか。
A.甲種危険物取扱者が立会えば危険物取扱者以外の者も危険物を取り扱うことができる。
B.丙種危険物取扱者が危険物保安監督者に選任されることはない。
C.危険物保安監督者を選任したときは、遅滞なく市町村長等に届け出をしなければならない。
D.危険物保安監督者の要件の危険物取扱いの実務経験は、製造所等におけるものに限定されず、その他の場所におけるものも含まれる。
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. A B C
  3. 3. A B D
  4. 4. B C D
  5. 5. C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、免状の免状について、次の文の【  】内のA〜Cに該当する語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「法令に違反して【 A 】から免状の返納を命じられた者は、【 B 】から起算して【 C 】が経過しないと免状の交付を受けることができない。」
選択肢
  1. 問題 11
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、顧客に自ら自動車等に給油をさせる給油取扱所における取り扱いの基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 顧客用固定給油設備以外の固定給油設備を使用して顧客に自ら給油を行わせることができる。
  2. 2. 顧客用固定給油設備の1回の給油量の上限及び給油時間の上限は、顧客の1回あたりの給油量及び給油時間を勘案し、適正な数値に設定しなければならない。
  3. 3. 顧客の給油作業が終了したときは、制御装置を用いてホース機器への危険物の供給を停止し、顧客の給油作業が行えないようにしなければならない。
  4. 4. 非常時その他安全上支障があると認められる場合には、制御装置によりホース機器への危険物の供給を一斉に停止し、給油取扱所内のすべての固定給油設備における危険物の取り扱いが行えない状態にしなければならない。
  5. 5. 制御卓において、顧客自らによる給油作業を監視し、制御し、並びに顧客に対し必要な指示を行わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 危険物施設保安員の業務について、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 施設の維持のための定期点検、臨時点検の実施、記録及び保存をする。
  2. 2. 施設の異常を発見した場合の危険物保安監督者への連絡及び適当な措置をする。
  3. 3. 火災が発生したとき又は火災発生の危険が著しい場合の応急措置をする。
  4. 4. 危険物保安統括管理者と危険物保安監督者が病気等で長期不在のときは、危険物施設保安員が監督指示の代行を行う。
  5. 5. 計測装置、制御装置、安全装置等の機能保持のための保安管理をする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、危険物の運搬について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  2. 2. 運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物運搬車両に標識と消火設備を設置しなければならない。
  3. 3. 運搬容器および包装の外部に危険物の品名、数量等を表示して積載しなければならない。
  4. 4. 異なる類の危険物との混載は一切禁止されている。
  5. 5. 特殊引火物を運搬する場合は、直射日光をさけるため、遮光性の被覆で覆わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等で、危険物保安監督者に選任されたものは受講の対象者である。
  2. 2. 危険物取扱者であっても、現に危険物の取扱作業に従事していない者は、この講習の受講義務はない。
  3. 3. 免状の交付を受けた都道府県だけでなく、他の都道府県で行われている講習を受講することができる。
  4. 4. 受講義務のある危険物取扱者が受講しなかった場合、免状の返納命令を受けることがある。
  5. 5. 講習は甲種及び乙種危険物取扱者は3年に1回、丙種危険物取扱者は5年に1回、それぞれ受講すること。
回答欄 1 2 3 4 5

物理学・化学

問題 16 燃焼の一般的説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 酸素供給源は、空気とは限らない。
  2. 2. 可燃物、酸素供給源及び点火源を燃焼の三要素という。
  3. 3. 二酸化炭素は可燃物ではない。
  4. 4. 気化熱や融解熱は、点火源になる。
  5. 5. 金属の衝撃火花や静電気の放電火花は、点火源になることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 消火方法の区分として、窒息消火、除去消火、冷却消火、抑制消火がある。消火行動と消火方法の区分の組合せとして、次のうち妥当でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 燃焼しているガスコンロのコックを閉めた。 …………………… 除去消火
  2. 2. 粉末消火剤を放射した。 …………………………………………… 冷却消火
  3. 3. ハロゲン化物消火剤を放射した。…………………………………… 抑制消火
  4. 4. アルコールランプのふたを閉めた。………………………………… 窒息消火
  5. 5. 燃焼物を乾燥砂で覆った。…………………………………………… 窒息消火
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 プロパンの完全燃焼を表した化学反応式において、次のA〜Cの係数の和として正しいものは次のうちどれか。
C3H8 + 【 A 】O2 → 【 B 】CO2 + 【 C 】H2O
選択肢
  1. 1. 7
  2. 2. 9
  3. 3. 10
  4. 4. 11
  5. 5. 12
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 1molが完全燃焼する場合、次のうち酸素量が最も多く必要な物質はどれか。
選択肢
  1. 1. CH4
  2. 2. C2H4
  3. 3. CH3OH
  4. 4. CH3COH
  5. 5. CH3COOH
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 引火性液体の燃焼について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 液体の液面上の蒸気濃度が、燃焼範囲の下限値以下のとき、火炎を近づけても着火しない。
  2. 2. 物質1gの温度を1K(℃)だけ高めるのに必要な熱量を燃焼熱という。
  3. 3. 液体を空気中で点火したとき、燃え出すのに必要な濃度の蒸気を液面上に発生する最低の液温を引火点という。
  4. 4. 液体を空気中で加熱したとき、他から点火されなくても燃え出す最低の液温を発火点という。
  5. 5. 液体がいったん燃え出したとき、継続的な燃焼をおこす最低の液温を燃焼点という。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気に関する記述として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 物体が電気を帯びることを帯電といい、帯電した物体に分布している、流れのない電気を静電気という。
  2. 2. 種類の違う物質は、こすり合わせると電子の一部が一方から他方へうつり、それぞれ正負の電荷が帯電する。
  3. 3. 電子が不足した物体は負に帯電する。
  4. 4. 物体間で電荷のやりとりがあっても、電気量の総和は変わらない。
  5. 5. 電荷には正電荷と負電荷があり、異種の電荷の間には引力がはたらく。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 容器に入った液温20℃のガソリン10,000Lを温めていくと10,200Lになった。このとき、ガソリンの液温として最も近いものは次のうちどれか。なお、ガソリンの体膨張率は1.35×10−3 K−1 とし、蒸発による減少はないものとする。
選択肢
  1. 1. 20 ℃
  2. 2. 25 ℃
  3. 3. 30 ℃
  4. 4. 35 ℃
  5. 5. 40 ℃
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 化学反応による発熱は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 中和熱
  2. 2. 蒸発熱
  3. 3. 融解熱
  4. 4. 凝固熱
  5. 5. 凝縮熱
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 有機化合物に関する説明として誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 有機化合物の成分元素は、主に炭素、水素、酸素で構成されていて、リン、硫黄、窒素が含まれているものがある。
  2. 2. 有機化合物は炭素の共有結合で構成されていて、鎖状や環状構造物をつくる。
  3. 3. 有機化合物の多くは水に溶けにくく、有機溶媒に溶けやすい。
  4. 4. 有機化合物は、一般的に融点及び沸点の低いものが多い。
  5. 5. 有機化合物は、一般的に燃えやすく、燃焼すると主に、一酸化炭素と水を生成する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 次に示す水素イオン指数について、酸性で、かつ中性に最も近いものはどれか。
選択肢
  1. 1. pH 2.0 
  2. 2. pH 5.1
  3. 3. pH 6.8 
  4. 4. pH 7.1
  5. 5. pH 11.2
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 次の文に該当する危険物はどれか。
「この類の危険物は、酸化性の液体で、自らは不燃性だが、有機物と混ぜるとこれを酸化させ、場合によっては着火させることがある。また、蒸気は有毒である。」
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物
  2. 2. 第2類の危険物
  3. 3. 第3類の危険物
  4. 4. 第5類の危険物
  5. 5. 第6類の危険物
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 ガソリンを取り扱う場合、静電気による火災を防止するための処置として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. タンクや容器へ注入するときは、できるだけ流速を小さくした。
  2. 2. 移動貯蔵タンクへ注入するときは、移動貯蔵タンクを絶縁状態にした。
  3. 3. 容器等へ注入するホースは、接地導線のあるものを用いた。
  4. 4. 作業衣等は、帯電防止服を着用した。
  5. 5. 取り扱う室内の湿度を高くした。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 第4類の危険物の貯蔵、取り扱いの方法について、次のA〜Dのうち正しいもののみを掲げている組合せはどれか。
A.引火点の低い物質を屋内で取り扱う場合には、室内の温度を引火点以下に保つこと。
B.屋内の可燃性蒸気の滞留するおそれのある場所は、その蒸気を屋外の地表に近い部分に排出する。
C.引火点の低い物質を屋内で取り扱う場合には、換気を十分にする。
D.可燃性蒸気が滞留しやすい場所に設ける電気設備は、防爆構造とする。
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. A C
  3. 3. A D
  4. 4. B C
  5. 5. C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 油槽所から河川の水面に、非水溶性の引火性液体が流出している場合の処置について、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. オイルフェンスで周囲を囲み、引火性液体の拡大及び流動を防ぐとともに、回収装置で回収する。
  2. 2. 河川に引火性液体が流出したことを、付近、下流域及び船舶等に知らせ、火気使用の禁止等の協力を呼びかける。
  3. 3. 流出した引火性液体を、堤防の近くからオイルフェンスで河川の中央部分に誘導し、監視しながら揮発成分を蒸発させる。
  4. 4. 大量の油吸着材の投入と、引火性液体を吸着した吸着材の回収作業とを繰り返し行う。
  5. 5. 引き続く引火性液体の流出を防止するとともに、火災の発生に備え消火作業の準備をする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 ガソリンが収納してあった移動貯蔵タンクに灯油を注入しているときに火災が起きることがあるが、その主な原因として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 流入した灯油の蒸気にガソリンの蒸気が吸収され、そのとき発生した吸収熱により発火するため。
  2. 2. 流入した灯油の蒸気とガソリンの蒸気との摩擦熱により発火するため。
  3. 3. 充満しているガソリン蒸気がある程度灯油に吸収されて燃焼範囲内の濃度になり、かつ、灯油の流入によって発生した静電気の放電火花によって発火するため。
  4. 4. ガソリン蒸気によって爆発性混合気が形成されているところに、灯油の蒸気が加わり、その圧縮熱と蒸気の摩擦熱により発火するため。
  5. 5. 灯油の流入によってガソリン蒸気が攪拌され、そのときの摩擦熱により発火するため。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 ガソリンの性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 工業ガソリンは無色の液体だが、自動車ガソリンはオレンジ系色に着色されている。
  2. 2. 各種の炭化水素の混合物である。
  3. 3. 発火点はおおむね100℃以下で第4類の危険物の中では最も低い。
  4. 4. 自動車ガソリンの燃焼範囲は1〜8vol%程度である。
  5. 5. 蒸気は空気より重い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 灯油の性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 自然発火しやすい。
  2. 2. 引火点は、40℃以上である。
  3. 3. 発火点は、100℃より低い。
  4. 4. 液温が常温(20℃)では、蒸気は発生しない。
  5. 5. 水によく溶ける。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 次の危険物が燃焼する際、炎の色が淡く、見えにくいものはどれか。
選択肢
  1. 1. メタノール
  2. 2. ベンゼン
  3. 3. トルエン
  4. 4. 灯油
  5. 5. 軽油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 アクリル酸の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色の液体である。
  2. 2. 引火点は常温(20℃)より高い。
  3. 3. 重合禁止剤が添加されていないと反応し、爆発の危険がある。
  4. 4. 酸化性物質と混触すると爆発することがある。
  5. 5. エタノール、ジエチルエーテルに溶けない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ベンゼンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 発生する蒸気は空気より重い。
  2. 2. 引火点は、常温(20℃)より低い。
  3. 3. 発生する蒸気の毒性が強い。
  4. 4. 水と反応して発熱する。
  5. 5. 流動等により静電気が発生しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。