乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法 令

問題 1 法令で定める危険物の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物はその性質、性状により特類及び第1類から第6類の7つに分類されている。
  2. 2. 危険物は、その危険性により、甲種危険物、乙種危険物、丙種危険物に分けられている。
  3. 3. 危険物はその類の数が大きくなるほど、危険性も大きくなる。
  4. 4. 指定数量は全国同一である。
  5. 5. プロパンと水素は第4類の危険物に該当する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、貯蔵所及び取扱所について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢

  1. 問題 2
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令上、200L入りの金属製ドラムで、重油を45本と灯油を50本、18L入りの金属製容器でガソリンを150缶貯蔵している。指定数量の倍数の合計として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 23.5
  2. 2. 25.0
  3. 3. 28.0
  4. 4. 30.5
  5. 5. 32.0
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、製造所等から一定の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられているが、次の建築物等と確保している距離の組合せで、法令に適合していないものはどれか。ただし、市町村長等が認める不燃材料で造った防火上安全な塀を設けたもの、および特例基準は除く。
選択肢

  1. 問題 4
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 製造所等に設置する消火設備の区分について、第3種の消火設備に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 水蒸気消火設備
  2. 2. 泡消火設備
  3. 3. 水噴霧消火設備
  4. 4. 不活性ガス消火設備
  5. 5. 屋内消火栓設備
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 次の文の【 】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。 「製造所等(移送取扱所を除く。)を設置しようとする者は、消防本部及び消防署を置く市町村の区域にあっては【 A 】、その他の区域にあっては当該区域を管轄する【 B 】の許可を受けなければならない。
これは設置計画に対する許可であるので、工事完了後に【 C 】を受け、許可どおり設置されているかどうか確認を受けなければならない。」
選択肢

  1. 問題 6
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所の位置、構造又は設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物を取り扱う建築物の壁、柱、床、はり及び階段は不燃材料で造ること。
  2. 2. 危険物を取り扱う建築物は、屋根を不燃材料で造るとともに、金属板その他の軽量な不燃材料でふくこと。
  3. 3. 建築物の窓及び出入口は、防火設備とすること。
  4. 4. 危険物を取り扱う建築物の窓又は出入口にガラスを用いる場合は、厚さを5mm以上の網入りガラスとすること。
  5. 5. 液状の危険物を取り扱う建築物の床は、危険物が浸透しない構造とするとともに、適当な傾斜をつけ、かつ、貯留設備を設けること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 市町村長等の命令として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢

  1. 問題 8
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 定期点検を行うことができるのは、危険物取扱者のみである。
  2. 2. 定期点検は、危険物の貯蔵及び取扱いの技術上の基準に適合しているかどうかについて実施する。
  3. 3. 地下タンクを有する給油取扱所は、定期点検の実施対象である。
  4. 4. 危険物施設保安員を定めている製造所等は、定期点検を免除されている。
  5. 5. 製造所等の所有者、管理者又は占有者は、定期点検を実施した後、10日以内に結果を市町村長等に提出しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物取扱者について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物取扱者でなければ、危険物保安統括管理者になることはできない。
  2. 2. 危険物取扱者でなくても、危険物施設保安員になることができる。
  3. 3. 丙種危険物取扱者は、危険物取扱者以外の者の危険物の取扱いに立ち会うことはできない。
  4. 4. 移動タンク貯蔵所で危険物を移送するとき、移送者として危険物取扱者が乗車していれば、運転する者は危険物取扱者でなくてもよい。
  5. 5. 甲種危険物取扱者はすべての危険物を取り扱うことができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習(以下「講習」という。)について、次の文の下線部分【A】〜【C】のうち誤っているものをすべて掲げているものはどれか。

問題 11
選択肢
  1. 1. A
  2. 2. C
  3. 3. A B
  4. 4. B C
  5. 5. A B C
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、危険物取扱者免状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 免状を亡失したときは再交付申請を、また汚損したときは書換申請をそれぞれ行わなければならない。
  2. 2. 免状を亡失した者は、亡失した日から1年以内に再交付申請を行わなければ、その資格は自動的に取り消される。
  3. 3. 免状の書換申請は、居住地又は勤務地を管轄する市町村長に対して行わなければならない。
  4. 4. 免状は危険物取扱者試験に合格した者に対し、都道府県知事が交付する。
  5. 5. 免状の再交付申請は、当該免状を交付した都道府県知事に対してのみ行うことができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、製造所等において、火災又は危険物の流出等の災害が発生した場合の応急の措置等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 所有者等は、火災が発生したときは、直ちに火災現場に対する給水のため、公共水道の開閉弁を開かなければならない。
  2. 2. 所有者等は、危険物の流出その他の事故が発生したときは、直ちに、引き続く危険物の流出の防止その他災害の発生の防止のための応急の措置を講じなければならない。
  3. 3. 危険物保安監督者は、火災等の災害が発生した場合は、作業者を指揮して応急の措置を講じなければならない。
  4. 4. 所有者等は、危険物施設保安員に、火災が発生したときは、危険物保安監督者と協力して、応急の措置を講じさせなければならない。
  5. 5. 危険物の流出その他の事故を発見した者は、直ちに、その旨を消防署等に通報しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、危険物を運搬するための容器の外部に「火気厳禁」及び「衝撃注意」の注意事項を表示しなければならないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 第4類の危険物
  2. 2. 禁水性物品
  3. 3. 第5類の危険物
  4. 4. 自然発火性物品
  5. 5. 第6類の危険物
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、次のA〜Dのうち製造所等における危険物の貯蔵・取扱いの基準に適合しているものの組合せはどれか。
A.屋外貯蔵所において、引火点40℃の第2石油類を金属製ドラム缶(上部固定式のもの)に密封して貯蔵する。
B.危険物の残存している設備、機械器具、容器等を修理する際は、安全な場所において危険物を完全に除去した後に行うこと。
C.屋内貯蔵所において、容器に収納して貯蔵する危険物の温度が80℃を超えないように必要な措置を講ずる。
D.危険物を配合する室を設けていない第1種販売取扱所において、シンナー(第1石油類)を顧客が持参した容器に詰め替えて販売する。
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. A C
  3. 3. B C
  4. 4. B D
  5. 5. C D
回答欄 1 2 3 4 5

物理学・化学

問題 16 固体可燃物の燃焼のしやすい条件として、次の組合せのうち適切なものはどれか。
A.周囲の温度が高いと着火しやすい。 B.比表面積(単位重量あたりの酸化表面積)が小さいと着火しやすい。 C.物質に含まれる水分が多いと着火しやすい。 D.熱伝導率が小さいと着火しやすい。
選択肢
  1. 1. AとB
  2. 2. AとC
  3. 3. AとD
  4. 4. BとD
  5. 5. CとD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 可燃物と燃焼の形態の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 石炭 ………………… 分解燃焼
  2. 2. ナフタレン ………… 蒸発燃焼
  3. 3. 重油 ………………… 分解燃焼
  4. 4. エタノール ………… 蒸発燃焼
  5. 5. 紙 …………………… 分解燃焼
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 ガソリンの燃焼範囲は、1.4〜7.6 vol %であるといわれている。このことについて、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 空気100Lにガソリン蒸気を1.4L混合した場合は、点火すると燃焼する。
  2. 2. 空気100Lにガソリン蒸気を1.4〜7.6L混合した場合は、長時間放置すると自然発火する。
  3. 3. 空気1.4Lとガソリン蒸気98.6Lとの混合気体は、点火すると燃焼する。
  4. 4. ガソリン蒸気1.4Lと空気98.6Lとの混合気体は、点火すると燃焼する。
  5. 5. ガソリン蒸気100Lに空気を1.4L混合した場合は、点火すると燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火剤と消火効果の一般的な説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水消火剤は、比熱と蒸発熱が大きいので冷却効果があり、棒状あるいは霧状に放射して使用される。
  2. 2. 粉末消火剤は、無機化合物を粉末状にしたもので、燃焼を化学的に抑制する効果と窒息効果がある。
  3. 3. 二酸化炭素消火剤は、不燃性の気体で窒息効果があり、気体自体に毒性はないので、狭い空間でも安心して使用できる。
  4. 4. 強化液消火剤は燃焼を化学的に抑制する効果と冷却効果があるので、消火後の再燃防止効果がある。
  5. 5. 泡消火剤は、泡で燃焼を覆うので窒息効果があり、油火災に適する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 引火点の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 気温が引火点になると燃焼可能な濃度の蒸気を発生する。
  2. 2. 液温が引火点になると液面に点火源を近づければ火が着く。
  3. 3. 液温が引火点になると発火する。
  4. 4. 気温が引火点になると自然に発火する。
  5. 5. 液温が引火点になると蒸気を発生し始める。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気に関する説明について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 静電気は固体だけでなく、気体、液体にも発生する。
  2. 2. 静電気の帯電量は、物質の絶縁抵抗が大きいほど少ない。
  3. 3. ガソリン等の液体がパイプやホースの中を流れると、静電気が発生しやすい。
  4. 4. 2種類の電気の不導体を互いに摩擦すると、一方が正、他方が負に帯電する。
  5. 5. 静電気の放電火花は、可燃性ガスや粉塵があるときは、しばしば点火源となる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 金属には塩酸に溶けて水素を発生するものが多いが、次のうち塩酸に溶けないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 亜鉛
  2. 2. ニッケル
  3. 3. 白金
  4. 4. 鉄
  5. 5. スズ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次のうち混合物はどれか。
選択肢
  1. 1. ガソリン
  2. 2. 蒸留水
  3. 3. 塩化ナトリウム
  4. 4. 硫酸マグネシウム
  5. 5. メタノール
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 有機化合物の一般的性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 有機化合物の成分元素は、主に炭素、水素、酸素、窒素である。
  2. 2. 有機化合物は、鎖式化合物と環式化合物に大別される。
  3. 3. 有機化合物の多くは、水に溶けにくい。
  4. 4. 有機化合物は、無機化合物に比べて融点または沸点の低いものが多い。
  5. 5. 有機化合物は、一般に不燃性である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 比熱が2.5 J/(g・K)の液体100gを、温度10℃から30℃まで上昇させるために必要な熱量は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 2.5 kJ
  2. 2. 5.0 kJ
  3. 3. 7.5 kJ
  4. 4. 10.0 kJ
  5. 5. 12.5 kJ
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとに共通する性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物は、気体又は液体である。
  2. 2. 第2類の危険物は、すべて液体である。
  3. 3. 第3類の危険物は、すべて液体である。
  4. 4. 第5類の危険物は、固体又は液体である。
  5. 5. 第6類の危険物は、すべて固体である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第2石油類の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 霧状の場合は、引火点以下の温度でも、着火することがある。
  2. 2. 蒸気比重は1より大きい。
  3. 3. 水溶性のものはない。
  4. 4. 発火点は100℃を超える。
  5. 5. 15℃で凝固するものがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 危険物を取り扱う地下埋設配管(鋼管)が腐食して危険物が漏えいする事故が発生している。その腐食の原因として、考えにくいものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 地下水位が高く、常時、配管の上部が乾燥し、下部が湿っている。
  2. 2. 配管埋設の際、工具が落下し被覆がはげたことに気づかず、配管を埋設した。
  3. 3. コンクリートの中に配管を埋設した。
  4. 4. 電気機器のアースをとるため、銅の棒を地中に打ち込んだ際に、配管と銅の棒が接触した。
  5. 5. 埋設した配管の近くに、直流の電気設備を設置したため、迷走電流の影響が大きくなった。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物に共通する一般的な火災予防の方法として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋内で取り扱う場合には、可燃性蒸気は上方に滞留しやすいので、高所の換気を重点的に行う。
  2. 2. 容器は密封して貯蔵する。
  3. 3. 火気、加熱を避けて貯蔵する。
  4. 4. 静電気が発生するおそれがある場合は、接地し、静電気を除去する。
  5. 5. 可燃性蒸気が滞留するおそれのある場所の電気設備は、防爆構造のものとする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第4類の危険物の一般的な性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. すべて可燃性で、水に溶けないものが多い。
  2. 2. 常温(20℃)で、すべて液体である。
  3. 3. 液体の比重は1より小さいものが多い。
  4. 4. 引火点を有しないものがある。
  5. 5. 静電気が発生しやすく、静電気の火花により引火する危険性がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 灯油の性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 自然発火しやすい。
  2. 2. 引火点は、40℃以上である。
  3. 3. 発火点は、100℃より低い。
  4. 4. 液温が常温(20℃)では、蒸気は発生しない。
  5. 5. 水によく溶ける。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 クレオソート油の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 常温(20℃)では、黄色又は暗緑色で特異臭のある液体である。
  2. 2. アルコールなどの有機溶剤や水によく溶ける。
  3. 3. ナフタレン、アントラセンなどを含む混合物である。
  4. 4. 引火点は70℃以上である。
  5. 5. 金属に対する腐食性はない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 ガソリンの一般的な性状等について、次のA〜Dのうち、正しいものを組合せたものはどれか。
A.自動車ガソリンは、オレンジ系色に着色されている。
B.自動車ガソリンは、メタノールを10vol%含むものがある。
C.工業ガソリンは、無色透明の精製鉱油であり、第1石油類に該当するものはない。
D.自動車ガソリンは、原油の蒸留により分離・精製し製造しているほか、さらに高沸点留分に対して熱的・化学的処理を施し製造したものがある。
選択肢
  1. 1. AとB
  2. 2. AとC
  3. 3. AとD
  4. 4. BとC
  5. 5. BとD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 次のA〜Eの危険物のうち、引火点が0℃以下のものの組合せはどれか。
A.ジエチルエーテル
B.ピリジン
C.酢酸
D.トルエン
E.アセトン
選択肢
  1. 1. AとD
  2. 2. AとE
  3. 3. AとB
  4. 4. BとC
  5. 5. CとD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 第4類のアルコール類に共通する性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色透明な液体である。
  2. 2. 蒸気は空気より重い。
  3. 3. 沸点は水より高い。
  4. 4. 特有の芳香を有する。
  5. 5. 水に任意の割合で溶ける。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。