乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法令上、危険物の品名について、次のうち誤っているものはどれか。 ただし、組成等を勘案して規則で定めるものを除く。
選択肢
  1. 1. 1気圧において、発火点が200℃以下のもの、又は引火点が0℃以下で沸点が40℃以下のものは、特殊引火物に該当する。
  2. 2. 1分子を構成する炭素の原子の数が1個から3個までの飽和1価アルコールは、アルコール類に該当する。
  3. 3. 1気圧において、引火点が21℃未満のものは、第1石油類に該当する。
  4. 4. 1気圧において、引火点が21℃以上70℃未満のものは、第2石油類に該当する。
  5. 5. 1気圧において、引火点が70℃以上200℃未満のものは、第3石油類に該当する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、次の危険物のうち、屋外貯蔵所で貯蔵し、又は取り扱うことができないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 硫黄
  2. 2. 特殊引火物
  3. 3. 第1石油類(引火点が0℃以上のものに限る。)
  4. 4. 第2石油類
  5. 5. 引火性固体(引火点が0℃以上のものに限る。)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令上、次の危険物を同一の場所に貯蔵する場合、指定数量の倍数の合計として、次のうち正しいものはどれか。
トルエン………………… 2,000L
メタノール……………… 2,000L
硝酸………………………  600kg
選択肢
  1. 1. 6倍
  2. 2. 9倍
  3. 3. 12倍
  4. 4. 17倍
  5. 5. 26倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 危険物を貯蔵し、又は取り扱う建築物その他の工作物の周囲の空地について、次のうち誤っているものはどれか。ただし、特例基準を適用する場合を除く。
選択肢
  1. 1. 地下タンク貯蔵所は、空地の保有の必要はない。
  2. 2. 屋外タンク貯蔵所は、空地を保有しなければならない。
  3. 3. 給油取扱所は、空地の保有の必要はない。
  4. 4. 簡易タンク貯蔵所で屋内に設置するものは、空地の保有の必要はない。
  5. 5. 屋内貯蔵所の空地の幅は、敷地面積によって定められている。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等の使用停止を命ぜられる事由に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の位置、構造又は設備を無許可で変更したとき又は完成検査を受けないで製造所等を使用したとき。
  2. 2. 危険物保安監督者を定めなければならない製造所等において、それを定めていないとき又は定めていてもその者に危険物の取扱作業の保安の監督をさせていないとき。
  3. 3. 市町村長等による製造所等の修理、改造又は移転命令に従わなかったとき。
  4. 4. 定期点検を行わなければならない製造所等において、それを行っていないとき。
  5. 5. 製造所等を譲渡した場合において、市町村長等にその届け出を怠ったとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、警報設備を設置しなくてもよい製造所等は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 屋外貯蔵所
  2. 2. 製造所
  3. 3. 屋内貯蔵所
  4. 4. 移動タンク貯蔵所
  5. 5. 屋外タンク貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 仮使用の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 仮使用とは、製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分を、市町村長等の承認を得て完成検査前に仮に使用することをいう。
  2. 2. 仮使用とは、製造所等を変更する場合に、工事が終了した部分を仮に使用することをいう。
  3. 3. 仮使用とは、製造所等の設置工事において、工事終了部分の機械装置を完成検査前に試運転することをいう。
  4. 4. 仮使用とは、製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分以外の部分の全部又は一部を、市町村長等の承認を得て完成検査前に仮に使用することをいう。
  5. 5. 仮使用とは、製造所等を変更する場合に、変更工事に係る部分以外の部分の全部又は一部を、消防長又は消防署長の承認を得て完成検査前に仮に使用することをいう。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等に設置する消火設備の区分について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋内消火栓設備………………………………第1種の消火設備
  2. 2. 水噴霧消火設備………………………………第2種の消火設備
  3. 3. 粉末消火設備…………………………………第3種の消火設備
  4. 4. 泡を放射する大型の消火器…………………第4種の消火設備
  5. 5. 乾燥砂…………………………………………第5種の消火設備
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、定期点検について、次のうち誤っているものはどれか。 ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1. 定期点検は、製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合しているかどうかについて行う。
  2. 2. 原則として、1年に1回以上行わなければならない。
  3. 3. 危険物取扱者以外の者は、この点検を行うことができない。
  4. 4. 製造所等の所有者等は、点検の記録を作成し、これを一定期間保存しなければならない。
  5. 5. 移動タンク貯蔵所と地下タンクを有する給油取扱所は、この点検を実施しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、製造所等における危険物取扱時の危険物取扱者の立会いについて、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. すべての危険物施設保安員は、危険物取扱者以外の者が取り扱う場合の立会いができる。
  2. 2. 危険物取扱者以外の者が危険物を取り扱う場合には、指定数量未満であっても、甲種危険物取扱者又は当該危険物を取り扱うことができる乙種危険物取扱者の立会いが必要である。
  3. 3. 危険物取扱者以外の者が危険物を取り扱う場合、丙種危険物取扱者が立会うことができるのは、自ら取り扱える危険物に限られている。
  4. 4. すべての乙種危険物取扱者は、丙種危険物取扱者が取り扱うことができる危険物を、自ら取り扱うことができる。
  5. 5. 製造所等の所有者が指示した場合、危険物取扱者以外の者でも、指定数量未満であれば、危険物を取り扱うことができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物施設保安員の業務として、定められていないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 予防規程に定められた内容に適合するよう、必要な指示を行う。
  2. 2. 施設の維持のための定期点検、臨時点検の実施、記録及び保存をする。
  3. 3. 施設の異常を発見した場合の危険物保安監督者への連絡及び適当な措置をする。
  4. 4. 火災が発生したとき又は火災発生の危険が著しい場合の応急措置をする。
  5. 5. 計測装置、制御装置、安全装置等の機能保持のための保安管理をする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、免状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 免状を亡失又は破損した場合は、免状を交付又は書換えをした都道府県知事に再交付の申請をすることができる。
  2. 2. 免状は、それを取得した都道府県の範囲だけでなく、全国で有効である。
  3. 3. 免状の返納を命じられた者は、その日から起算して6ヵ月を経過しないと免状の交付を受けることができない。
  4. 4. 免状を亡失して再交付を受けた者が亡失した免状を発見した場合は、これを10日以内に免状の再交付を受けた都道府県知事に提出すること。
  5. 5. 免状に記載されている事項に変更が生じたときは、交付した都道府県知事又は居住地、若しくは勤務地を管轄する都道府県知事にその書換えを申請しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 指定数量未満の危険物の貯蔵及び取扱いに関する技術上の基準は、市町村条例に定められている。
  2. 2. 製造所等の位置、構造又は設備を変更しないで、貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名、数量を変更したときは、遅滞なく、消防署長の承認を受けなければならない。
  3. 3. 製造所等を廃止したときは、遅滞なく、その旨を市町村長等に届け出なければならない。
  4. 4. 製造所等の所有者等は、危険物保安監督者を選任したとき又は解任したときは、遅滞なく、その旨を市町村長等に届け出なければならない。
  5. 5. 消防職員が市町村長の定める証票を示し、指定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱っている場所に立入り、検査や質問をしたときは、関係者はこれに応じなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、次のA〜Eのうち、製造所等における危険物の取扱いの基準に適合しているものはいくつあるか。
A.貯留設備又は油分離装置にたまった危険物は、1日1回汲み上げること。
B.危険物を保護液中に貯蔵する場合は、危険物を露出させないこと。
C.廃油を焼却する時は、安全な場所で安全な方法でおこなうこと。
D.製造所等では、一切の火気の使用をしないこと。
E.可燃性蒸気が漏れるおそれのある場所では、火花を発する機械器具は使用しないこと。
選択肢
  1. 1. 1つ
  2. 2. 2つ
  3. 3. 3つ
  4. 4. 4つ
  5. 5. 5つ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、危険物の運搬に関する技術上の基準として、危険物を積載する場合の運搬容器を積み重ねる高さの制限として定められているものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 1m以下
  2. 2. 2m以下
  3. 3. 3m以下
  4. 4. 4m以下 
  5. 5. 5m以下
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 次の語句のうち、燃焼の難易に直接関係のないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 体膨張率
  2. 2. 空気との接触面積
  3. 3. 含水量
  4. 4. 熱伝導率
  5. 5. 発熱量
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 燃焼についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 一般に、燃焼とは、可燃物が発熱と発光をともないながら激しく酸化を起こす現象である。
  2. 2. 一般に、燃焼が起こるには、反応物質としての可燃物と酸化剤および燃焼を開始するための点火エネルギーが必要である。
  3. 3. 一般に、可燃性液体の燃焼は、液面から蒸発した可燃性蒸気が空気と混合し、なんらかの火源により燃焼する。
  4. 4. 木炭などの表面燃焼は、固体の表面に空気があたり、その固体の表面で燃焼がおこる。
  5. 5. 燃焼が起こるための酸化剤として、二酸化炭素や酸化鉄などの物質中に含まれる酸素が使われることはない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の危険物の引火点と燃焼範囲の下限値として考えられる組合せのうち、正しいものはどれか。
「ある引火性液体は、液温40℃のとき濃度9vol%の可燃性蒸気を発生した。この状態でマッチの火を近づけたところ引火した。」
選択肢
  1. 引火点……………10℃、燃焼範囲の下限値……………11vol%
  2. 引火点……………15℃、燃焼範囲の下限値……………4vol%
  3. 引火点……………20℃、燃焼範囲の下限値……………10vol%
  4. 引火点……………40℃、燃焼範囲の下限値……………12vol%
  5. 引火点……………45℃、燃焼範囲の下限値……………6vol%
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 粉じん爆発について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 可燃性固体の微紛が空中に浮遊しているとき、なんらかの火源により爆発することをいう。
  2. 2. 開放空間では粉じん爆発はおこりにくい。
  3. 3. 粉じんと空気が適度に混合しているときに粉じん爆発はおこる。
  4. 4. 紛じんの粒子が大きいときは、浮遊しにくいので、粉じん爆発をおこしにくい。
  5. 5. 有機物が紛じん爆発したとき、燃焼が完全なので一酸化炭素が発生することはない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 油火災と電気設備(電気火災)のいずれにも適応する消火剤の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.泡……二酸化炭素……消火粉末
  2. 2.泡……二酸化炭素……ハロゲン化物
  3. 3.棒状の水…… 二酸化炭素…… ハロゲン化物
  4. 4.二酸化炭素…… ハロゲン化物…… 消火粉末
  5. 5.棒状の水…… 消火粉末……泡
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 静電気は、物体の摩擦等によって発生する。
  2. 2. 静電気の蓄積を防止するには、湿度を上げた方がよい。
  3. 3. 静電気は、ガソリンの詰替えや運搬の際に発生することがある。
  4. 4. 配管に流れる液体の静電気の発生を少なくするには、速度を遅くすればよい。
  5. 5. 静電気は、導電性が大きいものの方が、小さいものより蓄積しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 金属のイオン化傾向の説明として、次のA〜Dのうち、正しいものの組合せはどれか。
A.イオン化傾向の小さい金属の単体は、大きい金属の単体より酸化されやすい。
B.イオン化傾向の大きい金属の単体は、希硫酸や希塩酸と反応して水素を発生させるものがある。
C.イオン化傾向と金属の反応の関係性は、ほとんどない。
D.イオン化傾向の異なる異種金属を組合せて、酸化還元反応を利用して電池ができる。
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. A C
  3. 3. B C
  4. 4. B D
  5. 5. C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 反応速度について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 溶液の濃度が高いほど、反応速度は大きくなる。
  2. 2. 吸熱反応では、温度が高くなるほど、反応速度は小さくなる。
  3. 3. 触媒は、反応の前後でそれ自身は変化せず、反応速度のみが変わる。
  4. 4. 固体の反応では、表面積が大きくなると、反応速度は大きくなる。
  5. 5. 気体の反応における反応速度は、分圧が大きいほど大きくなる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 1気圧のとき、20℃の水100gを100℃の水蒸気にするために必要な熱量として、次のうち最も近いものはどれか。ただし、水の比熱は4.2J/g・Kとし、100℃の水が気化するときの気化熱は2263 J/gとする。
又、水は100℃になるまで、蒸発しないものと仮定する。
選択肢
  1. 1. 84.0 kJ
  2. 2. 226.8 kJ
  3. 3. 260.0 kJ
  4. 4. 390.6 kJ
  5. 5. 520.6 kJ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 熱の移動の仕方には、伝導、対流、放射(ふく射)の3つがあるが、次のうち対流についての記述はいくつあるか。
A.窓ガラス越しに日光を浴びていたら、暖かくなった。
B.灯油ストーブを点けたら、部屋の床面よりも天井付近が暖かくなった。
C.鉄の棒の先端を暖めると、端までその熱が伝わった。
D.火にかけたやかんのお湯が、水面から徐々に熱くなった。
E.アイロンをかけたら、布が熱くなった。
選択肢
  1. 1. 1つ
  2. 2. 2つ
  3. 3. 3つ
  4. 4. 4つ
  5. 5. 5つ
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとに共通する性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物は、すべて固体である。
  2. 2. 第2類の危険物は、すべて固体である。
  3. 3. 第3類の危険物は、液体または固体である。
  4. 4. 第5類の危険物は、すべて液体である。
  5. 5. 第6類の危険物は、すべて液体である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 引火性の液体である。
  2. 2. 発火点は、ほとんどのものが100℃以下である。
  3. 3. 引火の危険性は、引火点が低い方が高い。
  4. 4. 液体の比重は、1より小さいものが多い。
  5. 5. 非水溶性のものは、静電気が蓄積しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 移動タンク貯蔵所から給油取扱所の地下専用タンクに危険物を注入していたら突然発火した。防火上の安全対策として、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 移動タンク貯蔵所に設置してある接地導線を、給油取扱所の専用タンクに設置してある接地端子に取付ける。
  2. 2. 注入するときは、必ず注入するタンクの残油量を確認してから行う。
  3. 3. 注入する危険物の、配管やホースの中の流速速度を小さくする。
  4. 4. 取扱い作業時の服装は、電気絶縁性のよい靴や衣類を着用していたので、静電気が発生しやすかった。
  5. 5. 地盤面への散水を行い、人体等に帯電した静電気が漏えいしやすい環境をつくる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の中には、消火剤として泡を用いる場合、泡が消滅しやすいので、水溶性液体用の泡消火剤を使用しなければならないものがあるが、次のA〜Eの危険物のうち該当するものの組合せはどれか。
A.アセトン
B.エチルメチルケトン C.ガソリン D.トルエン E.ベンゼン
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. A E
  3. 3. B D
  4. 4. C D
  5. 5. C E
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第4類の危険物の貯蔵、取扱いの方法について、次のA〜Dのうち正しいものの組合せはどれか。
A.引火点の低い物質を屋内で取り扱う場合には、換気を十分にする。
B.屋内の可燃性蒸気の滞留するおそれのある場所は、その蒸気を屋外の地表に近い部分に排出する。
C.容器に収納する場合、容器に通気孔を設ける。
D.可燃性蒸気が滞留しやすい場所に設ける電気設備は、防爆構造とする。
選択肢
  1. 1. A B
  2. 2. A C
  3. 3. A D
  4. 4. B C
  5. 5. C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの一般的な性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水より重い。
  2. 2. 引火点が低く、冬期の屋外でも引火の危険がある。
  3. 3. 燃焼範囲はジエチルエーテルよりも広い。
  4. 4. 比重は一般的な灯油や軽油よりも大きい。
  5. 5. 蒸気は空気より軽い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 軽油の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 沸点は水よりも高い。
  2. 2. 水より軽い。
  3. 3. 蒸気は空気よりわずかに軽い。
  4. 4. ディーゼル機関等で燃料として用いられる。
  5. 5. 引火点は45℃以上である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 酢酸の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 一般に、高純度のものは氷酢酸と呼ばれ、約15〜16℃以下で固体になる。
  2. 2. 刺激臭を有する無色透明の液体である。
  3. 3. 常温(20℃)で引火する危険性がある。
  4. 4. 青い炎をあげて燃焼し、二酸化炭素と水蒸気になる。
  5. 5. 水溶液は、腐食性を有する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 空気との接触及び日光の下、揮発性の過酸化物を生成しやすいものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. ジエチルエーテル
  2. 2. 二硫化炭素
  3. 3. ベンゼン
  4. 4. ピリジン
  5. 5. エチルメチルケトン
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ベンゼンとトルエンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 蒸気は共に有毒である。
  2. 2. いずれも無色の液体で水より軽い。
  3. 3. いずれも芳香族炭化水素である。
  4. 4. いずれも引火点は、常温(20℃)より低い。
  5. 5. いずれも水によく溶ける。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。