乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法に定める危険物の品名について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. ジエチルエーテルは、特殊引火物に該当する。
  2. 2. ガソリンは、第1石油類に該当する。
  3. 3. 重油は、第2石油類に該当する。
  4. 4. クレオソート油は、第3石油類に該当する。
  5. 5. シリンダー油は、第4石油類に該当する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、次の危険物のうち、屋外貯蔵所で貯蔵し、又は取り扱うことができないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 硫黄
  2. 2. 特殊引火物
  3. 3. 第1石油類(引火点が0℃以上のものに限る。)
  4. 4. 第2石油類
  5. 5. 引火性固体(引火点が0℃以上のものに限る。)
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 屋内貯蔵所に次の危険物を貯蔵する場合、貯蔵量は指定数量の何倍になるか。
軽油 …………………………… 3,000L
ガソリン ……………………… 1,000L
エタノール …………………… 2,000L
選択肢
  1. 1. 10倍
  2. 2. 11倍
  3. 3. 12倍
  4. 4. 13倍
  5. 5. 14倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、製造所等に設ける標識、掲示板について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋外タンク貯蔵所には、危険物の類、品名及び貯蔵最大数量又は取扱最大数量、指定数量の倍数並びに危険物保安監督者の氏名又は職名を表示した掲示板を設けなければならない。
  2. 2. 移動タンク貯蔵所には、「危」と表示した標識を設けなければならない。
  3. 3. 第4類の危険物を貯蔵する地下タンク貯蔵所には、「取扱注意」と表示した掲示板を設けなければならない。
  4. 4. 給油取扱所には、「給油中エンジン停止」と表示した掲示板を設けなければならない。
  5. 5. 第4類の危険物を貯蔵する屋内貯蔵所には、「火気厳禁」と表示した掲示板を設けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等に設置する消火設備のうち、第3種と第5種の消火設備に該当するものの組合せはどれか。
A.屋内消火栓設備
B.スプリンクラー設備
C.泡消火設備
D.消火粉末を放射する大型の消火器
E.ハロゲン化物を放射する小型の消火器
選択肢
  1. 1. AとC
  2. 2. BとD
  3. 3. CとE
  4. 4. AとD
  5. 5. BとE
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、各種申請手続きについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等以外の場所で指定数量以上の危険物を、10日以内の期間、仮に貯蔵し、又は取り扱うときは、消防長又は消防署長の承認を受ける。
  2. 2. 製造所等の譲渡又は引渡しがあったときは、遅滞なくその旨を市町村長等に届け出をする。
  3. 3. 製造所等の位置、構造又は設備を変更するときは、消防長又は消防署長に変更の承認を受ける。
  4. 4. 予防規程を定めたときは、市町村長等の認可を受ける。
  5. 5. 製造所等を設置したときは、その工事がすべて完了した時点で、市町村長等の行う検査を受ける。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 危険物を貯蔵又は取り扱う建築物その他の工作物の周囲に、原則として空地を保有しなければならない製造所等のみの組合せはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋外貯蔵所、   第2種販売取扱所
  2. 2. 屋内貯蔵所、   第1種販売取扱所
  3. 3. 一般取扱所、   屋内タンク貯蔵所
  4. 4. 給油取扱所、   屋外に設置した簡易タンク貯蔵所
  5. 5. 製 造 所、   屋外タンク貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、市町村長等から製造所等の所有者等に対する使用停止命令の事由に、該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等において、危険物保安監督者に危険物の取扱作業の保安の監督をさせていないとき。
  2. 2. 屋外タンク貯蔵所において、危険物保安監督者を定めていないとき。
  3. 3. 給油取扱所において、所有者等が市町村長等からの危険物保安監督者の解任命令に違反したとき。
  4. 4. 移送取扱所において、危険物保安監督者が免状の返納命令を受けたとき。
  5. 5. 屋内貯蔵所において、危険物の貯蔵又は取扱いの基準の遵守命令に違反したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち正しいものはどれか。 ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1. 定期点検を行うことができるのは、危険物取扱者のみである。
  2. 2. 定期点検は、危険物の貯蔵及び取扱いの技術上の基準に適合しているかどうかについて実施する。
  3. 3. 特定の製造所等の所有者等は、定期に点検し、その点検記録を作成し、一定の期間保存しなければならない。
  4. 4. 製造所、屋内貯蔵所、屋外タンク貯蔵所、屋外貯蔵所、一般取扱所は、指定数量の倍数にかかわらず、点検を行わなければならない。
  5. 5. 移動タンク貯蔵所は、点検を実施しなくてもよい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 危険物の取扱作業の保安講習について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物取扱者であっても、現に危険物の取扱作業に従事していない者は、この講習の受講義務はない。
  2. 2. 製造所等で、危険物保安監督者に選任されたものは受講の対象者である。
  3. 3. 免状の交付を受けた都道府県だけでなく、他の都道府県で行われている講習を受講することができる。
  4. 4. 講習は甲種及び乙種危険物取扱者は3年に1回、丙種危険物取扱者は5年に1回、それぞれ受講すること。
  5. 5. 受講義務のある危険物取扱者が受講しなかった場合、免状の返納命令を受けることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、第4類の危険物を貯蔵、取り扱う次の施設のうち、危険物の種類、数量に関係なく保安監督者の選任が必要なものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋外貯蔵所
  2. 2. 屋内貯蔵所
  3. 3. 給油取扱所
  4. 4. 販売取扱所
  5. 5. 屋内タンク貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 製造所等において、火災又は危険物の流出等の災害が発生した場合の応急の措置等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 所有者等は、火災が発生したときは、直ちに火災現場に対する給水のため、公共水道の制水弁を開かなければならない。
  2. 2. 所有者等は、危険物の流出その他の事故が発生したときは、直ちに、引き続く危険物の流出の防止その他災害の発生の防止のための応急措置を講じなければならない。
  3. 3. 危険物保安監督者は、火災等の災害が発生した場合は、作業者を指揮して応急の措置を講じなければならない。
  4. 4. 所有者等は、危険物施設保安員に、火災が発生したときは、危険物保安監督者と協力して、応急措置を講じさせなければならない。
  5. 5. 危険物の流出その他の事故を発見した者は、直ちに、その旨を消防署等に通報しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、免状の不交付について、次の文の【  】内のA〜Cに該当する語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「【 A 】は、危険物取扱者が免状の【 B 】、その日から起算して【 C 】を経過しない者には、免状の交付を行わないことができる。」
選択肢
  1. 1.【A.都道府県知事】【B.返納を命ぜられた】【C.1年】
  2. 2.【A.市町村長等】【B. 返納を命ぜられた】【C.2年】
  3. 3.【A.市町村長等】【B. 返納をした】【C. 1年】
  4. 4.【A.都道府県知事】【B.返納をした】【C.2年】
  5. 5.【A.市町村長等】【B. 返納を命ぜられた 1年】【C.1年】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、危険物の運搬について、次のうち誤っているものはどれか。    
選択肢
  1. 1. 運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  2. 2. 異なる類の危険物との混載は一切禁止されている。
  3. 3. 運搬容器および包装の外部に危険物の品名、数量等を表示して積載しなければならない。
  4. 4. 運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物運搬車両に標識と消火設備を設置しなければならない。
  5. 5. 特殊引火物を運搬する場合は、直射日光をさけるため、遮光性の被覆で覆わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 危険物の貯蔵・取扱い基準として、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物が残存している設備、機械器具、容器等を修理する際は、安全な場所において危険物保安監督者の立会いのもとで行うこと。
  2. 2. 危険物のくず、かす等は、1日に1回以上危険物の性質に応じて、安全な場所及び方法で処理すること。
  3. 3. 危険物を貯蔵し、又は取扱っている建築物等においては、当該危険物の性質に応じた有効な遮光又は換気を行うこと。
  4. 4. 貯留設備又は油分離装置に溜まった危険物は、あふれないように随時くみ上げること。
  5. 5. 危険物を貯蔵し、又は取り扱う場合には、危険物が漏れ、あふれ、又は飛散しないように必要な措置を講ずること。
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 燃焼についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 一般に、燃焼とは、可燃物が発熱と発光をともないながら激しく酸化を起こす現象である。
  2. 2. 一般に、燃焼が起こるには、反応物質としての可燃物と酸化剤および燃焼を開始するための点火エネルギーが必要である。
  3. 3. 一般に、可燃性液体の燃焼は、液面から蒸発した可燃性蒸気が空気と混合し、なんらかの火源により燃焼する。
  4. 4. 木炭などの表面燃焼は、固体の表面に空気があたり、その固体の表面で燃焼がおこる。
  5. 5. 燃焼が起こるための酸化剤として、二酸化炭素や酸化鉄などの物質中に含まれる酸素が使われることはない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 金属を粉体にすると、燃えやすくなる理由は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 熱伝導率が大きくなるから。
  2. 2. 空気の供給がされにくくなるから。
  3. 3. 単位重量あたりの酸化表面積が大きくなるから。
  4. 4. 単位重量あたりの発熱量が小さくなるから。
  5. 5. 熱が拡散しやすくなるから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の液体の引火点及び燃焼範囲の下限値の数値として考えられる組合せで、正しいものはどれか。
「ある引火性液体は30℃で液面付近に濃度9vol%の可燃性蒸気を発生した。この状態でマッチの火を近づけたところ引火した。」
選択肢
  1. 1.引火点……10℃、 燃焼範囲の下限値……11 vol%
  2. 2.引火点……15℃、 燃焼範囲の下限値…… 4 vol%
  3. 3.引火点……20℃、 燃焼範囲の下限値…… 10 vol%
  4. 4.引火点……35℃、 燃焼範囲の下限値…… 8 vol%
  5. 5.引火点……40℃、 燃焼範囲の下限値…… 6 vol%
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 油火災と電気設備(電気火災)のいずれにも適応する消火剤の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.泡………二酸化炭素………消火粉末
  2. 2.泡………二酸化炭素………ハロゲン化物
  3. 3.棒状の水………二酸化炭素………ハロゲン化物
  4. 4.二酸化炭素………ハロゲン化物………消火粉末
  5. 5.棒状の水………消火粉末………泡
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 ガソリンの燃焼範囲は、1.4〜7.6 vol %であるといわれている。このことについて、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 空気100Lにガソリン蒸気を1.4L混合した場合は、点火すると燃焼する。
  2. 2. 空気100Lにガソリン蒸気を1.4〜7.6L混合した場合は、長時間放置すると自然発火する。
  3. 3. 空気1.4Lとガソリン蒸気98.6Lとの混合気体は、点火すると燃焼する。
  4. 4. ガソリン蒸気1.4Lと空気98.6Lとの混合気体は、点火すると燃焼する。
  5. 5. ガソリン蒸気100Lに空気を1.4L混合した場合は、点火すると燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気の帯電について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 引火性液体に帯電すると、電気分解を起こす。
  2. 2. 電気の不導体に帯電しやすい。
  3. 3. 一般に合成繊維製品は、綿製品より帯電しやすい。
  4. 4. 湿度が低いほうが帯電しやすい。
  5. 5. 帯電防止策として、接地する方法がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 溶質の溶媒における溶解性の説明として、表中の【 A 】〜【 E 】のうち、誤っているものはどれか。
問題 22
選択肢
  1. A
  2. B
  3. C
  4. D
  5. E
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次のうち混合物はどれか。
選択肢
  1. 1. ガソリン
  2. 2. 蒸留水
  3. 3. 塩化ナトリウム
  4. 4. 硫酸マグネシウム
  5. 5. メタノール
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 比熱が2.5 J/(g・K)の液体100gの温度を10℃から30℃まで上昇させるために必要な熱量は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 2.5 kJ
  2. 2. 5.0 kJ
  3. 3. 7.5 kJ
  4. 4. 10.0 kJ
  5. 5. 12.5 kJ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 次に示す水素イオン指数について、酸性で、かつ中性に最も近いものはどれか。
選択肢
  1. 1. pH 2.0
  2. 2. pH 5.1
  3. 3. pH 6.8 
  4. 4. pH 7.1
  5. 5. pH 11.2
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の性質について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 同一金属でも、性状、粒度によって危険物になるものと、ならないものがある。
  2. 2. 不燃性の液体及び固体で、酸素を分離し、他を燃焼しやすくするものがある。
  3. 3. 液体の危険物の比重は1より小さいが、固体の危険物の比重はすべて1より大きい。
  4. 4. 危険物には、単体、化合物、混合物の3種類がある。
  5. 5. 多量の酸素を含んでおり、他からの酸素の供給がなくても燃焼するものがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第1石油類の危険物を取り扱う場合の火災予防について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 液体から発生した蒸気は、地上をはって離れた低い場所に溜まることがあるので、周囲の火気に注意する。
  2. 2. 取扱い作業をする場合には、鉄ビョウの付いた靴は使用しない。
  3. 3. 取扱い場所に設けるモータ、制御器、スイッチ、電灯などの電気設備は、すべて防爆構造でなければならない。
  4. 4. 取扱い作業時の服装は、電気絶縁性のよい靴やナイロンその他の化学繊維などの衣類を着用する。
  5. 5. 床上に少量こぼれた場合には、ぼろ布などでよくふき取り、通風をよくして換気を十分に行う。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 泡消火剤の中には、水溶性液体用泡消火剤とその他の泡消火剤とがある。次の危険物の火災を泡で消火しようとする場合、その他の泡消火剤では適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. エタノール
  2. 2. ガソリン
  3. 3. 軽油
  4. 4. ジェット燃料
  5. 5. 重油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 給油取扱所において、固定給油設備からの危険物流出防止対策として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 給油中は吐出状況を監視し、ノズルから空気(気泡)を吹き出していないかどうか注意すること。
  2. 2. 固定給油設備は定期的に前面カバーを取り外し、ポンプ及び配管に漏れがないか点検すること。
  3. 3. 固定給油設備のポンプ周囲及び下部ピット内は、点検を容易にするため常に清掃しておくこと。
  4. 4. 固定給油設備内のポンプ及び配管等の一部に著しく油ごみ等が付着する場合は、その付近に漏れの疑いがあるので、重点的に点検すること。
  5. 5. 固定給油設備の下部ピットは、漏油しても地下に浸透しないように、内部をアスファルトで被服しておくこと。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第4類の危険物の一般的な火災の危険性について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 沸点の低い物質は、引火の危険性が大である。
  2. 2. 燃焼範囲の下限界が低い物質は危険性が大である。
  3. 3. 燃焼範囲の下限界が等しい物質の場合は、燃焼範囲の上限界が高いほど危険性は大である。
  4. 4. 燃焼範囲の上限界と下限界との差が等しい物質の場合は、下限界が低いほど危険性は大である。
  5. 5. 液体の比重が大きい物質ほど蒸気密度が小さくなるので、危険性は大である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの一般的性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 液体の比重は、1以上である。
  2. 2. 蒸気の比重(空気=1)は、5以上である。
  3. 3. 燃焼範囲の下限値は、5vol%以上である。
  4. 4. 引火点は、−40℃以下である。
  5. 5. 発火点は、250℃以下である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 アクリル酸について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色透明の液体である。
  2. 2. 引火点は常温(20℃)より高い。
  3. 3. 濃い蒸気を吸入すると、粘膜を刺激し炎症を起こす。
  4. 4. 非常に重合しやすいので、重合禁止剤を添加して取り扱う。
  5. 5. 重合の際、発生する熱は小さいので、温度はあまり上がらない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 動植物油類の性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 比重は1より大きい。
  2. 2. 不飽和脂肪酸で構成された油脂に水素を付加して作られた油脂は、硬化油と呼ばれ、マーガリンなどの食用に用いられる。
  3. 3. オリーブ油やツバキ油は、塗料や印刷インクなどに用いられる。
  4. 4. ヨウ素価の大きい油脂は、炭素の二重結合(C=C)が多く含まれた油脂で、空気中では酸化されにくく、固化しにくい。
  5. 5. 油脂の融点は、油脂を構成する脂肪酸の炭素原子の数が少ないほど高い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 二硫化炭素の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
問題 34
選択肢
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 メタノールとエタノールの性状について、次のうち誤っているものはどれか。

問題 35
選択肢
  1. 1. 水又は有機溶剤によく溶ける。
  2. 2. 水より軽い。
  3. 3. 蒸気比重は1より大きい。
  4. 4. いずれも引火点は常温(20℃)より高い。
  5. 5. 燃焼しても炎の色は青白く、見えないことがある。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。