乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法令上、危険物の品名、物品名及び指定数量の組合せで、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)特殊引火物、ジエチルエーテル、50L
  2. 2)第1石油類、アセトン、400L
  3. 3)アルコール類、エタノール、1,000L
  4. 4)第3石油類、重油、2,000L
  5. 5)第4石油類、ギヤー油、6,000L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、予防規程について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1)予防規程を定めたときは、市町村長等の認可を受けなければならない。
  2. 2)すべての製造所等の所有者等は、予防規程を定めておかなければならない。
  3. 3)予防規程は、危険物取扱者が定めなければならない。
  4. 4)予防規程は、製造所等の火災を予防するため漏油災害のみの対応について定めなければならない。
  5. 5)自衛消防組織を置く事業所は、予防規程を定めなくてもよい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 現在、灯油を、200Lを貯蔵している。これと同一場所に貯蔵した場合、指定数量以上とみなされるものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1)ガソリン ………… 100L
  2. 2)エタノール……… 200L
  3. 3)軽油……………… 800L
  4. 4)重油……………… 1,500L
  5. 5)ギヤー油 ………… 2,000L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、消火設備と設置方法について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)消火設備は第1種から第6種に区分されている。
  2. 2)危険物は、指定数量の10倍を1所要単位とする。
  3. 3)給油取扱所に小型消火器を設置する場合は、有効に消火できる位置に設置すること。
  4. 4)地下タンク貯蔵所には、第5種の消火設備を2個以上設置すること。
  5. 5)移動タンク貯蔵所には、自動車用消火器のうち、粉末消火器(充てん量が3.5kg以上のもの)又はその他の消火器を2個以上設置すること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等から一定の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられているが、次の建築物等と確保している距離の組合せで、誤っているものはどれか。ただし、市町村長が認める不燃材料で造った防火上安全な塀を設けたもの、および特例基準は除く。
選択肢
  1. 1)建築物等:使用電圧が、66,000Vの特別高圧架空電線……距 離:水平距離で5 m
  2. 2)建築物等:住居(同一敷地内に存するものを除く)……距 離: 15 m
  3. 3)建築物等:高圧ガスの施設(都道府県知事が認めたもの)……距 離: 25 m
  4. 4)建築物等:重要文化財の建造物……距 離: 40 m
  5. 5)建築物等:幼稚園……距 離:30 m
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、給油取扱所における「給油空地」の説明として次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1)給油取扱所の専用タンクに移動貯蔵タンクから危険物を注入するとき、移動タンク貯蔵所が停車するために設けられた空地のことである。
  2. 2)懸垂式の固定給油設備と道路境界線の間に設けられた幅4m以上の空地のことである。
  3. 3)固定給油設備のうち、ホース機器の周囲に、自動車等に直接給油し、及び給油を受ける自動車等が出入りするために設けられた間口10m以上、奥行6m以上の空地のことである。
  4. 4)消防活動及び延焼防止のために給油取扱所の周囲に設けられた、幅3m以上の空地のことである。
  5. 5)固定給油設備のうちホース機器の周囲に設けられた4u(2m×2m)以上の空地のことである。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、次の【  】内のA、Bに該当する語句の組合せとして正しいものはどれか。
「製造所、貯蔵所又は取扱所の位置、構造又は設備を変更しないで、当該製造所、貯蔵所又は取扱所において貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名、数量又は指定数量の倍数を変更しようとする者は、【 A 】に、その旨を【 B 】に届け出なければならない。」
選択肢
  1. 1)A.変更しようとする日の10日前まで
    B.消防長又は消防署長
  2. 2)A.変更しようとする日の10日前まで
    B.市町村長等
  3. 3)A.変更した後7日以内
    B.消防長又は消防署長
  4. 4)A.変更した後10日以内
    B.市町村長等
  5. 5)A.変更した後10日以内
    B.消防長又は消防署長
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 消防法違反とこれに対する命令の組合せで、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)違反の内容:製造所等における危険物の貯蔵又は取扱いが、技術上の基準に違反しているとき
    命令:危険物の貯蔵、取扱い基準遵守命令
  2. 2)違反の内容:製造所等の位置、構造又は設備が技術上の基準に違反しているとき
    命令:危険物施設の修理、改造又は移転の命令
  3. 3)違反の内容:公共の安全の維持又は災害の防止のため緊急の必要があると認めたとき
    命令:製造所等の緊急使用停止命令
  4. 4)違反の内容:危険物の流出その他の事故が発生したとき
    命令:危険物施設の応急措置実施命令
  5. 5)違反の内容:危険物保安監督者が、その責務を怠っているとき
    命令:危険物取扱作業の保安に関する講習の受講命令
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち誤っているものはどれか。 ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1)定期点検は、製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合しているかどうかについて行う。
  2. 2)定期点検は1年に1回以上実施しなければならない。
  3. 3)危険物施設保安員は定期点検を行うことができる。
  4. 4)乙種危険物取扱者は定期点検を行うことができる。
  5. 5)製造所等の所有者、管理者又は占有者は、定期点検の結果を市町村長等に提出しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 危険物取扱者以外の者が、危険物施設の定期点検及び危険物の取扱いをする場合、危険物取扱者の立会いについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)丙種危険物取扱者は、定期点検の立会いができない。
  2. 2)丙種危険物取扱者は、取扱作業の立会いができない。
  3. 3)甲種危険物取扱者は、定期点検の立会いができる。
  4. 4)乙種危険物取扱者は、免状に指定される種類の危険物の取扱いの立会いができる。
  5. 5)甲種危険物取扱者は、すべての種類の危険物の取扱いの立会いができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 危険物取扱者についての記述で、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1)甲種危険物取扱者のみが、危険物保安監督者になることができる。
  2. 2)乙種危険物取扱者は、危険物施設保安員になることができない。
  3. 3)丙種危険物取扱者は、特定の危険物についてのみ、危険物取扱者以外の者が作業するときの立会いができる。
  4. 4)危険物施設保安員は、危険物取扱者の立会いがないと定期点検をすることができない。
  5. 5)製造所等においては、危険物の数量が指定数量未満であっても、危険物取扱者の立会いがないと無資格者は取り扱うことができない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、移動貯蔵タンクから運搬容器への詰替えは、原則として認められていないが、注入ホースの先端部に手動開閉装置を備えた(手動開閉装置を開放の状態で固定する装置を備えたものを除く。)注入ノズルで行う場合、詰替えが許可されているものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1)硝酸
  2. 2)重油
  3. 3)メタノール
  4. 4)硝酸エチル
  5. 5)過酸化水素
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、10日以内の制限があるものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1)所轄消防署長から承認を受け、指定数量以上の危険物を製造所等以外の場所で仮に貯蔵し、又は取扱うことができる期間。
  2. 2)都道府県知事から免状の返納命令を受けてから、返納するまでの期間。
  3. 3)製造所等の変更工事中に、市町村長等の承認を受け、当該製造所等の変更工事部分以外の部分について仮に使用できる期間。
  4. 4)免状を亡失してから、都道府県知事に再交付の申請をする期間。
  5. 5)予防規程を定めてから、市町村長等に認可の申請をする期間。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 運搬の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)同一車両においての混載は一切禁止されている。
  2. 2)運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  3. 3)運搬容器および包装の外部に危険物の品名、数量等を表示して積載しなければならない。
  4. 4)運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物運搬車両には「危」の標識と消火設備を設けなければならない。
  5. 5)特殊引火物を運搬する場合は、直射日光をさけるため、遮光性の被覆で覆わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 危険物を容器で貯蔵する場合の貯蔵、取扱いの基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)危険物の残存している容器等を修理する際は、安全な場所において危険物を完全に除去した後に行うこと。
  2. 2)収納する容器は危険物の性質に適応し、かつ、破損、腐食、さけめ等がないようにすること。
  3. 3)危険物を収納した容器を貯蔵し、又は取扱う場合は、みだりに転倒させ、落下させ、衝撃を加え、又は引きずる等粗暴な行為をしないこと。
  4. 4)屋内貯蔵所及び屋外貯蔵所において危険物を貯蔵する場合においては、容器は絶対に積み重ねてはならない。
  5. 5)屋内貯蔵所においては、容器に収納して貯蔵する危険物の温度が55度を超えないように必要な措置を講ずること。
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 可燃性液体の通常の燃焼について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1)可燃性液体の表面から発生した蒸気が空気と混合して燃焼する。
  2. 2)可燃性液体は蒸発せず、液面が空気と触れて燃焼する。
  3. 3)可燃性液体の内部で燃焼し、燃焼生成物が炎となって液面に現われる。
  4. 4)液体が熱により分解し、発生した可燃性ガスが燃焼する。
  5. 5)可燃性液体が空気を吸収して燃焼する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 燃焼についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)燃焼とは、発熱と発光を伴う酸化反応である。
  2. 2)可燃物はどんな場合でも空気がないと燃焼しない。
  3. 3)燃焼の三要素とは、可燃物、酸素供給源及び点火源のことである。
  4. 4)点火源とは、可燃物と酸素が反応を起こすために必要なエネルギーのことである。
  5. 5)固体の可燃物は、細かく砕くと燃焼しやすくなる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の文の下線【A】〜【E】のうち誤っているのはどれか。
「動植物油類の自然発火は、油が空気中で酸化され、この反応で発生した熱(酸化熱)が蓄積されて【A】発火点に達すると起こる。
自然発火は一般に乾きやすい油(乾性油)ほど【B】起こりやすく、この乾きやすさを【C】油脂100gに吸収するよう素のグラム数で表したものをよう素価といい、不飽和脂肪酸が多いほど【D】よう素価が小さく、よう素価が大きいほど【E】自然発火しやすくなる。
選択肢
  1. 1)A
  2. 2)B
  3. 3)C
  4. 4)D
  5. 5)E
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火剤に関する説明として、次のA〜Dのうち、誤っているものの組合せはどれか。
A.二酸化炭素消火剤は、空気中の酸素濃度を低下させて、窒息効果により消火するが、密閉された場所で放射したときは人体に有害である。
B.粉末消火剤は、炭酸水素ナトリウムや亜塩素酸ナトリウム等を主成分とするものがあり、窒息効果と抑制効果がある。
C.強化液消火剤は、凝固点が0℃なので、寒冷地では凍結して使用できない。
D.泡消火剤には、水溶性液体用泡消火剤とその他の泡消火剤とがある。
選択肢
  1. 1)AB
  2. 2)AC
  3. 3)BC
  4. 4)BD
  5. 5)CD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 次の性状を有する可燃性液体についての説明で、誤っているものはどれか。
引火点………………−11℃
発火点………………500℃
沸 点………………80℃
燃焼範囲……………1.4〜7.1vol%
蒸気比重 ……………2.7
選択肢
  1. 1)蒸気は、空気の2.7倍の重さである。
  2. 2)蒸気が2vol%含まれている空気は、蒸気の濃度が低すぎるため、火炎を近づけても引火しない。
  3. 3)液温が−11℃のとき、液表面に1.4vol%の濃度の蒸気が発生する。
  4. 4)80℃に加熱すると沸騰する。
  5. 5)500℃以上に加熱すると、点火源がなくても発火する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 酸素の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)無色、無臭の気体である。
  2. 2)大気中、体積で21%含まれている。
  3. 3)実験室では、触媒を使用して過酸化水素を分解してつくられる。
  4. 4)高温では、一部の貴金属、希ガス元素を除き、ほとんどすべての元素と反応する。
  5. 5)酸素の同素体として、オゾンがあるが、両者の性状はほぼ同一である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 次の文の【  】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せはどれか。
「可燃性液体は一般に電気の【 A 】であり、これらの液体がパイプやホース中を流れるとき、静電気が発生しやすい。この静電気の蓄積を防止するには、なるべく流速を【 B 】、電気の【 C 】で接地するなどの方法がある。」
選択肢
  1. 1)【A.導体 】【B.遅く】【C. 絶縁体】
  2. 2)【A.不導体】【B. 速く】【C.導体】
  3. 3)【A.不導体】【B. 遅く】【C.導体】
  4. 4)【A.導体 】【B.速く】【C. 絶縁体】
  5. 5)【A.導体 】【B.遅く】【C. 導体】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 次の文の【  】内に当てはまる数値はどれか。
「圧力が一定のとき、一定量の理想気体の体積は、温度が1℃上昇するにしたがって、0℃のときより【   】増加する。」
選択肢
  1. 1)173分の1
  2. 2)273分の1
  3. 3)256分の1
  4. 4)327分の1
  5. 5)372分の1
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 次の熱化学方程式のXに最も近い数値はどれか。
CH4 + 2O2 = CO2 + 2H2O + X〔kJ〕
ただし、メタン1gが完全燃焼すると55.9 kJの熱が発生するものとする。
また、メタンの分子量は16とする。
選択肢
  1. 1)113
  2. 2)894
  3. 3)1789
  4. 4)2150
  5. 5)3024
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 次の反応のうち、下線を引いた物質が還元されているのはどれか。
選択肢
  1. 1)二酸化炭素が赤熱した炭素に触れて一酸化炭素になった。
  2. 2)黄りんが燃焼して五酸化二りんになった。
  3. 3)銅が加熱されて酸化銅になった。
  4. 4)石炭が燃焼して二酸化炭素になった。
  5. 5)メタンが燃焼して二酸化炭素と水蒸気になった。
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の性質について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1)第1類の危険物は、酸化性の固体であり、摩擦や衝撃で単独でも爆発的に燃焼する。
  2. 2)第2類の危険物は、いずれも無機化合物の固体で、水に溶けやすく、水と接触すると発火する。
  3. 3)第3類の危険物は、空気または水と接触すると発火もしくは可燃性のガスを発生させる固体又は液体であり、多くは禁水性と自然発火性の両方を有する。
  4. 4)第5類の危険物は、いずれも可燃性の固体で、酸素含有物質なので、着火すると燃焼が速く爆発的に反応が進行する。
  5. 5)第6類の危険物は、いずれも酸化性の固体で可燃性である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第1石油類の危険物を取り扱う場合の火災予防について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)液体から発生した蒸気は、地上をはって離れた低い場所に溜まることがあるので、周囲の火気に注意する。
  2. 2)取扱い作業をする場合には、鉄ビョウの付いた靴は使用しない。
  3. 3)取扱い場所に設けるモータ、制御器、スイッチ、電灯などの電気設備は、すべて防爆構造でなければならない。
  4. 4)取扱い作業時の服装は、電気絶縁性のよい靴やナイロンその他の化学繊維などの衣類を着用する。
  5. 5)床上に少量こぼれた場合には、ぼろ布などでよくふき取り、通風をよくして換気を十分に行う。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 第4類の危険物の消火方法として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)粉末消火剤は効果がある。
  2. 2)棒状の強化液消火剤は効果がある。
  3. 3)二酸化炭素消火剤は効果がある。
  4. 4)泡消火剤は効果がある。
  5. 5)ハロゲン化物消火剤は効果がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 水溶性液体用の特別な泡消火剤を使用しなければならない危険物の組合せは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1)ベンゼン 、ジエチルエーテル
  2. 2)ガソリン 、アセトアルデヒド
  3. 3)ベンゼン、メタノール
  4. 4)アセトン、メタノール
  5. 5)軽油、酢酸メチル
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 灯油の貯蔵、取扱いについて、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1)蒸気は空気より軽いので、換気口は室内の上部に設ける。
  2. 2)静電気が発生しやすいので、激しい動揺または流動をさける。
  3. 3)常温(20℃)で分解し、発熱するので、冷所に貯蔵する。
  4. 4)直射日光により過酸化物を生成するおそれがあるので、容器に日覆いをする。
  5. 5)空気中の湿気を吸収して、爆発するので、容器に不活性ガスを封入する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)水より軽い。
  2. 2)オレンジ系に着色されている。
  3. 3)引火点は一般に−40℃以下である。
  4. 4)自然発火しやすい。
  5. 5)燃焼範囲はおおむね1〜8 vol%である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 動植物油類の性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1)比重は1より大きい。
  2. 2)不飽和脂肪酸で構成された油脂に水素を付加して作られた油脂は、硬化油と呼ばれ、マーガリンなどの食用に用いられる。
  3. 3)オリーブ油やツバキ油は、塗料や印刷インクなどに用いられる。
  4. 4)ヨウ素価の大きい油脂は、炭素の二重結合(C=C)が多く含まれた油脂で、空気中では酸化されにくく、固化しにくい。
  5. 5)油脂の融点は、油脂を構成する脂肪酸の炭素原子の数が少ないほど高い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 アクリル酸について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)無色透明の液体である。
  2. 2)引火点は常温(20℃)より高い。
  3. 3)濃い蒸気を吸入すると、粘膜を刺激し炎症を起こす。
  4. 4)非常に重合しやすいので、重合禁止剤を添加して取り扱う。
  5. 5)重合の際、発生する熱は小さいので、温度はあまり上がらない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 次のうち、静電気の発生率が最も小さいものはどれか。
選択肢
  1. 1)ベンゼン
  2. 2)トルエン
  3. 3)軽油
  4. 4)ガソリン
  5. 5)エタノール
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 メタノールとエタノールの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)水によく溶ける。
  2. 2)沸点は100℃より低い。
  3. 3)燃焼しても炎の色は淡く、見えないことがある。
  4. 4)引火点は0℃より低い。
  5. 5)三酸化クロムと激しく反応する。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。