乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法令上、次の文の【  】内に当てはまるものはどれか。
「第1石油類とは、アセトン、ガソリンその他1気圧において引火点が【   】のものをいう。」
選択肢
  1. 1. 0℃以下
  2. 2. 20℃以上50℃未満
  3. 3. 21℃未満
  4. 4. 21℃以上70℃未満
  5. 5. 40℃以上
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、製造所等において、市町村長等の認可を受けなければならない場合は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物の品名・数量又は指定数量の倍数の変更をするとき。
  2. 2. 予防規程を制定したとき。
  3. 3. 危険物保安統括管理者の選任又は解任をするとき。
  4. 4. 製造所等の譲渡又は引渡しをするとき。
  5. 5. 製造所等を廃止するとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 次の危険物を同一場所で貯蔵した場合、指定数量の倍数の合計はいくらか。
ガソリン………………… 2,500 L
エタノール……………… 800 L
灯油……………………… 8,500 L
軽油……………………… 6,500 L
選択肢
  1. 1. 15.8倍
  2. 2. 18.5倍
  3. 3. 29.5倍
  4. 4. 89.3倍
  5. 5. 105.5倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 令上、学校、病院等の建築物等から一定の距離(保安距離)を保たなければならないが、次の製造所等のうち、保安距離を確保しなくてもよい施設はどれか。
選択肢
  1. 1. 給油取扱所
  2. 2. 屋外貯蔵所
  3. 3. 一般取扱所
  4. 4. 屋外タンク貯蔵所
  5. 5. 製造所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法に定める手続きとして、次の文の【  】内に当てはまる語句はどれか。
「製造所等の譲渡又は引渡しがあった時は、譲受人又は引渡しを受けた者は、 A【      】の許可を受けた者の地位を継承し、B【    】、A【      】に届け出なければならない。」
選択肢
  1. 1.【A.市町村長】【B.10日以内に】
  2. 2.【A.市町村長】【B.7日以内に】
  3. 3.【A.消防長、消防署長】【B.遅滞なく】
  4. 4.【A.市町村長】【B.遅滞なく】
  5. 5.【A.消防長、消防署長】【B.10日以内に】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 消火設備について次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 消火設備は第1種から第6種に区分されている。
  2. 2. 第4類の危険物に適応する消火設備を第4種消火設備という。
  3. 3. 消火粉末を放射する小型消火器は第4種消火設備である。
  4. 4. 泡を放射する大型消火器は第3種消火設備である。
  5. 5. 乾燥砂は第5種の消火設備に該当する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う場合、警報設備のうち自動火災報知設備を設けなければならない製造所等は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 屋内貯蔵所
  2. 2. 第一種販売取扱所
  3. 3. 地下タンク貯蔵所
  4. 4. 屋外貯蔵所
  5. 5. 第二種販売取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 市町村長等から出される許可の取り消し又は使用停止命令に、該当しないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の施設の一部を無許可で変更したとき。
  2. 2. 設備の完成検査を受けないで屋内貯蔵所を使用したとき。
  3. 3. 地下タンク貯蔵所の定期点検を怠ったとき。
  4. 4. 製造所等に対する、修理、改造又は移転命令に従わなかったとき。
  5. 5. 屋外タンク貯蔵所の危険物取扱者が、危険物の取扱作業の保安に関する講習を受けていないとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち正しいものはどれか。
ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1. 定期点検を行うのは移送取扱所と屋内タンク貯蔵所である。
  2. 2. 点検は原則として、1年に1回以上行わなければならない。
  3. 3. 危険物取扱者以外の者は、この点検を行うことができない。
  4. 4. 点検の記録は1年間保存しなければならない。
  5. 5. 危険物施設保安員が定められている製造所等は、定期点検を免除されている。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 危険物保安監督者の業務について、法令上、義務付けられていないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物の取扱作業の実施に際し、技術上の基準及び予防規程等の保安に関する規定に適合するように、作業者に対し必要な指示を与えること。
  2. 2. 火災等の災害が発生した場合は、作業者を指揮して応急の措置を講ずるとともに、直ちに消防機関その他関係のある者に連絡すること。
  3. 3. 火災等の災害の防止に関し、当該製造所等に隣接する製造所等その他関連する施設の関係者との間に連絡を保つこと。
  4. 4. 危険物施設保安員を置く製造所等にあっては、危険物施設保安員の指示に従い業務を行うこと。
  5. 5. 製造所等の予防規程に定められている事項を、作業者に対し徹底させるよう保安の教育を行う。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、免状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 免状は、危険物取扱者試験に合格した者に対し都道府県知事が交付する。
  2. 2. 免状を亡失して再交付を受けた者は、亡失した免状を発見したときは、再交付された免状を、交付した市町村長に提出しなければならない。
  3. 3. 免状に記載されている事項に変更が生じたときは、交付した都道府県知事又は居住地もしくは勤務地を管轄する都道府県知事に、書換えを申請しなければならない。
  4. 4. 免状を亡失又は破損した場合は、免状を交付又は書換えをした都道府県知事に再交付の申請をすることができる。
  5. 5. 免状の汚損又は破損により再交付申請をする場合は、申請書に当該汚損、破損の免状を添えて提出しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、危険物の保安に関する講習について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 法令上の命令を受けた者が、この講習を受講しなければならない。
  2. 2. 危険物施設保安員に選任された者は、直ちに受講しなければならない。
  3. 3. 危険物の取扱作業に従事することとなった日前2年以内に講習を受けている場合は、その受講日以後における最初の4月1日から3年以内に受講しなければならない。
  4. 4. 危険物の取扱作業に従事することとなった日前2年以内に講習を受けている場合は、その受講日以後における最初の4月1日から2年以内に受講しなければならない。
  5. 5. 危険物の取扱作業に従事することとなった日前2年以内に免状の交付を受けている場合は、免状の交付日以後における最初の誕生日から5年以内に受講しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13  法令上、市町村長等が行う保安検査について、次のうち誤っているものはどれか。(ただし、岩盤タンク及び地中タンクを除く。)
選択肢
  1. 1. 保安検査は、政令で定められた屋外タンク貯蔵所と移送取扱所のみが行う。
  2. 2. 保安検査は、定期に受ける定期保安検査と、特定の事由が発生した場合にうける臨時保安検査の2種類がある。
  3. 3. 定期保安検査を受けなければならない屋外タンク貯蔵所及び移送取扱所について、危険物の貯蔵及び取扱いが休止され、市町村長によって保安検査が適当でないと認められた場合には、検査時期を延長することができる。
  4. 4. 原則として、特定の屋外タンク貯蔵所は15年に1回、移送取扱所は3年に1回、保安検査を行うこと。
  5. 5. 特定屋外タンク貯蔵所の保安検査は、タンク底部の板厚及び溶接部について行う。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、製造所等における危険物の貯蔵・取扱いのすべてに共通する技術上の基準について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物を貯蔵し、又は取り扱う場合には、危険物が漏れ、あふれ、又は飛散しないように必要な措置を講じ、火花を発生する機械器具は細心の注意を払って使用すること。
  2. 2. 危険物が残存し、又は残存しているおそれがある設備、機械器具、容器等を修理する際は、安全な場所において危険物を完全に除去した後に行うこと。
  3. 3. 許可又は届出にかかわる品名以外の危険物を一時的に貯蔵し、又は取り扱う場合は、10日以内でなければならない。
  4. 4. 危険物のくず、かす等は7日に1回以上、当該危険物の性状に応じて安全な場所で廃棄、その他適切な処置をしなければならない。
  5. 5. 可燃性の液体、可燃性の蒸気又は可燃性ガスが漏れ、若しくは滞留するおそれのある場所において火花を発生する機械器具、工具等を使用する場合は、換気を行わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、指定数量以上の危険物の運搬について、次のうち誤っているものはどれか。    
選択肢
  1. 1. 運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  2. 2. 運搬容器および包装の外部に危険物の品名、数量等を表示して積載しなければならない。
  3. 3. 運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物運搬車両に「危」の標識と消火設備を設置しなければならない。
  4. 4. 危険物や運搬容器に著しい摩擦や動揺がおきないよう運搬すること。
  5. 5. 指定数量以上の危険物を車両で運搬する場合は、その都度、市町村長等に届け出なければならない。  
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 粉じん爆発について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 粉じん爆発は、空間に遊離、分散した燃焼範囲の粉じん雲中で何らかの原因で着火し、火炎が伝播する際の急激な体積膨張、圧力上昇により周囲への被害が及ぶ爆発現象をいう。
  2. 2. 可燃性固体の粉じん雲中では、静電気は発生しない。
  3. 3. 粉じんは、可燃性固体の粒子であるため、気体である酸素分子とは完全に混合することがないため、不完全燃焼をおこし一酸化炭素を発生しやすい。
  4. 4. 一般にガス爆発に比較して、発生する熱エネルギーが大きい。
  5. 5. 堆積粉が広く存在する場合は、一次の爆発が堆積粉を舞い上げて、二次の爆発がおこり、その過程を繰り返し遠方に伝播することがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 物質の酸化反応を熱化学方程式で表したとき、燃焼反応に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. C + O2 = CO2 +394 kJ
  2. 2. Al + 3/4 O2 = 1/2 Al2O3 +837 kJ
  3. 3. C2H5OH + 3O2 = 2CO2 + 3H2O +1,368 kJ
  4. 4. N2 + 1/2 O2 = N2O − 74 kJ
  5. 5. C3H8 + 5O2 = 3CO2 + 4H2O +2,219 kJ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 引火性液体の燃焼について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 可燃性液体の液面上の蒸気濃度が、燃焼範囲の下限値以下のとき、火炎を近づけても着火しない。
  2. 2. 物質1gの温度を1K(℃)だけ高めるのに必要な熱量を燃焼熱という。
  3. 3. 引火点とは、その液体が空気中で点火したとき、燃えだすのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生する最低の液温である。
  4. 4. 燃焼点とは、可燃性液体がいったん燃え出したとき、継続的な燃焼をおこす最低の液温である。
  5. 5. 発火点とは、空気中で可燃性物質を加熱した場合、これに火炎あるいは火花などを近づけなくても発火し、燃焼を開始する最低の温度である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 有機物の燃焼についての記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 蒸発又は分解によって生成した気体が、炎をあげて燃焼するものがある。
  2. 2. 燃焼で生じる明るい炎は、高温の炭素粒子が発光しているものである。
  3. 3. 空気量が不足すると、ススの発生量も多くなる。
  4. 4. 分子中に炭素数が多いものほど、発生するススの量も多くなる。
  5. 5. 不完全燃焼すると、二酸化炭素と水の発生量が多くなる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 消火理論について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 燃焼の3要素のうち、1つの要素を取り去っただけでは、消火することはできない。
  2. 2. 引火性液体の燃焼は、その液体の液温を引火点未満にすれば、消火することができる。
  3. 3. 二酸化炭素消火剤を放射し、可燃物周囲の酸素濃度をおおむね14〜15vol%にすれば燃焼は阻止される。
  4. 4. ハロゲン化物消火剤は、抑制(負触媒)作用があるため消火効果が大きい。
  5. 5. 水は、比熱および気化熱が大きいため冷却効果が大きい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 物体を単体、化合物及び混合物の3種類に分類したとき、次のうち混合物のみの組合せはどれか。
選択肢
  1. 1. 硝酸、酸素
  2. 2. 硝酸、塩化ナトリウム
  3. 3. 酸素、空気
  4. 4. 石油、空気
  5. 5. 塩化ナトリウム、水銀
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 次の現象のうち、物理変化はどれか。
選択肢
  1. 1. 紙が燃えて灰になる。
  2. 2. 空気中に放置した鉄がさびる。
  3. 3. アルコールが空気中で燃焼する。
  4. 4. 水の中に砂糖を入れたら溶けた。
  5. 5. 水素と酸素とが反応して、水ができた。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 静電気の発生等についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 2つの固体の摩擦、はく離、衝突などの過程で発生する。
  2. 2. 液体をフィルタでろ過する際に、イオンの吸着現象により発生する。
  3. 3. 固体の破砕などの破壊過程で発生する。
  4. 4. 静電誘導、帯電粒子、イオンの付着により発生する。
  5. 5. 溶解しない粉体と液体を混合し攪拌する場合、攪拌槽の壁面のみで発生する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 高分子材料の製法と用途についての記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. ポリエチレンは、エチレンの付加重合で得られ、フィルム、容器、袋などの他、ロープや地中埋設用のガス管にも用いられている。
  2. 2. ポリプロピレンは、プロペンを付加重合して得られ、耐薬品性や機械的強度に優れているので、食品用容器やバケツ・イスなどの大型工作物に向いている。
  3. 3. アクリロニトリルを縮合して得られるポリアクリロニトリルを繊維として用いたアクリル系繊維は、軽くて保温性に優れ、羊毛に近い風合いがあるので、セーター・毛布・絨毯などに用いられている。
  4. 4. ポリスチレンは、スチレンを付加重合して得られ、透明性がよいので菓子などの容器に用いられる他、緩衝梱包材・断熱材としても用いられている。
  5. 5. ポリ塩化ビニルは塩化ビニルを付加重合して得られ、プラスチック消しゴムの他、ビニールシート・パイプ・電線被覆・袋など、広く使われている。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 水素についての記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 物質中最も軽く、非常に拡散しやすい可燃性気体である。
  2. 2. 水に溶けにくい。
  3. 3. 純粋なものは、特有の臭いを有する青白色の気体である。
  4. 4. 見えにくい炎をあげて燃え、水を生成する。
  5. 5. 燃焼範囲は非常に広い。
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 第1類から第6類の危険物の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物には、常温(20℃)において、気体、液体及び固体のものがある。
  2. 2. 不燃性の液体又は固体で、酸素を分離し他の燃焼を助けるものがある。
  3. 3. 水と接触して発熱し、可燃性ガスを発生するものがある。
  4. 4. 危険物には、単体、化合物及び混合物の3種類がある。
  5. 5. 分子内に酸素を含み、他からの酸素の供給がなくても燃焼するものがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の一般的な性質として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 燃焼範囲の上限界を超えると、発火源がなくても燃焼する。
  2. 2. 水溶性のものは、可燃性蒸気が発生しにくいので、危険性が低い。
  3. 3. 燃焼範囲の下限値が高く、燃焼範囲が狭いものは、危険性が高い。
  4. 4. 発火点以上になると、火源がなければ燃焼しない。
  5. 5. 液温が高くなると可燃性蒸気の発生量も多くなる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 移動タンク貯蔵所から給油取扱所の地下専用タンクに危険物を注入していたら突然発火した。発火の原因として、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 移動タンク貯蔵所に設置してある接地導線を、給油取扱所の専用タンクに設置してある接地端子に取付ける。
  2. 2. 注入するときは、必ず注入するタンクの残油量を確認してから行う。
  3. 3. 注入する危険物の、配管やホースの中の流速速度を小さくする。
  4. 4. 作業時の服装は、電気導電性のよい衣類や靴を着用していたので、静電気が発生しやすかった。
  5. 5. 地盤面への散水を行い、人体等に帯電した静電気が漏えいしやすい環境をつくる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の火災における消火効果等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水溶性の危険物の火災には、棒状の強化液消火剤の放射が最も効果的である。
  2. 2. 乾燥砂は、小規模の火災に効果的である。
  3. 3. 初期消火には、霧状の強化液消火剤が効果的である。
  4. 4. 泡を放射する小型の消火器は、小規模の火災に効果的である。
  5. 5. 一般に注水による消火は不適切である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30  ジエチルエーテルの貯蔵及び取扱いについて、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 直射日光をさけ、冷暗所に貯蔵する。
  2. 2. 容器は密栓する。
  3. 3. 火気及び高温体の接近をさける。
  4. 4. 建物内部に滞留した蒸気は、屋外の高所に排出する。
  5. 5. 水より重く、水に溶けにくいので、容器等に水を張り、蒸気の発生を抑制する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの一般的性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 蒸気は空気より重い。
  2. 2. 揮発性が高く、引火しやすい。
  3. 3. 流動などにより静電気を発生しやすい。
  4. 4. オレンジ系に着色されている。
  5. 5. 燃焼範囲は、おおむね1〜77vol%である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 第4石油類の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 常温では蒸発しにくい。
  2. 2. 水に溶けず粘度が高い。
  3. 3. 潤滑油や可塑剤など、多くの種類がある。
  4. 4. 第1石油類より引火点は低い。
  5. 5. 火災になった場合は液温が高くなり消火が困難となる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33  動植物油類の性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 比重は1より大きい。
  2. 2. 不飽和脂肪酸で構成された油脂に水素を付加して作られた油脂は、硬化油と呼ばれ、マーガリンなどの食用に用いられる。
  3. 3. オリーブ油やツバキ油は、塗料や印刷インクなどに用いられる。
  4. 4. ヨウ素価の大きい油脂は、炭素の二重結合(C=C)が多く含まれた油脂で、空気中では酸化されにくく、固化しにくい。
  5. 5. 油脂の融点は、油脂を構成する脂肪酸の炭素原子の数が少ないほど高い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 アセトアルデヒドの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色透明な液体である。
  2. 2. 水、エタノールに溶けない。
  3. 3. 常温(20℃)で、引火の危険性がある。
  4. 4. 還元性物質である。
  5. 5. 酸化により酢酸を生成する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 第4類のアルコール類に共通する性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 無色透明な液体である。
  2. 2. 水より軽い。
  3. 3. 沸点は水より高い。
  4. 4. 蒸気は空気より重い。
  5. 5. 特有の芳香を持つ。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。