乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法別表第一に定める第4類の危険物の品名について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)ジエチルエーテルは、特殊引火物に該当する。
  2. 2)ガソリンは、第1石油類に該当する。
  3. 3)軽油は、第2石油類に該当する。
  4. 4)重油は、第3石油類に該当する。
  5. 5)クレオソート油は、第4石油類に該当する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 予防規程についての記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)移送取扱所を除く、すべての製造所等は予防規程を定めなければならない。
  2. 2)製造所等の所有者等は、予防規程を定めたときは市町村長等の認可を受けることが義務付けられている。
  3. 3)製造所等の所有者及び従業者は、予防規程に定められている内容を守らなければならない。
  4. 4)予防規程の内容は、危険物の貯蔵、取扱いの技術上の基準に適合していなければならない。
  5. 5)予防規程を定めなければならない製造所等で、それを定めていない場合、罰則の適応を受ける場合がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 ある屋内貯蔵所に以下の性状の第4類の危険物AとBが貯蔵されている。
危険物Aは、非水溶性で、1気圧において、発火点220℃、引火点40℃、貯蔵量2,000Lであった。
危険物Bは、非水溶性で、1気圧において、発火点480℃、引火点4℃、貯蔵量1,000Lであった。
法令上、この屋内貯蔵所に貯蔵されている危険物の指定数量の倍数はいくつか。
選択肢
  1. 1)2倍
  2. 2)5倍
  3. 3)7倍
  4. 4)22倍
  5. 5)30倍
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、製造所の外壁から30m以上の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられている建築物は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1)使用電圧が、7,000Vをこえ35,000V以下の特別高圧架空電線
  2. 2)使用電圧が、35,000Vをこえる特別高圧架空電線
  3. 3)高圧ガス施設
  4. 4)敷地外の一般住宅
  5. 5)高等学校
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等に設置する消火設備の区分について、次のうち第4種の消火設備に該当するものはどれか。
選択肢
  1. 1)リン酸塩類の消火粉末を放射する大型消火器
  2. 2)スプリンクラー設備
  3. 3)泡消火設備
  4. 4)ハロゲン化物を放射する小型消火器
  5. 5)粉末消火設備
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、第4類のアルコール類のみを貯蔵する屋外貯蔵所の位置、構造及び設備の基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)屋外貯蔵場所は、湿潤でなく、かつ、排水のよい場所に設置すること。
  2. 2)危険物を貯蔵し、又は取扱う場所の周囲には、さく等を設けて明確に区画すること。
  3. 3)指定数量の倍数が10以下の屋外貯蔵所のさく等の周囲には、2メートル以上の幅の空地を保有すること。
  4. 4)架台を設ける場合には、不燃材料で造るとともに、堅固な地盤面に固定すること。
  5. 5)架台は、貯蔵する危険物の重量、風荷重、地震の影響等の荷重によって生ずる応力に対して安全なものであること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所等の変更工事を行う場合の手続きとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1)変更工事終了後、10日以内に市町村長等の承認を受ける。
  2. 2)市町村長等から変更の承認を受けてから、変更工事を開始する。
  3. 3)変更工事終了後、速やかに市町村長等の許可を受ける。
  4. 4)変更工事を開始しようとする日の10日前までに、市町村長等に届け出る。
  5. 5)市町村長等から変更許可を受けてから、変更工事を開始する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、市町村長等による、製造所等の使用停止命令の理由に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1)危険物の貯蔵及び取扱いの基準の遵守命令に違反したとき。
  2. 2)危険物保安監督者を定めたが、市町村長等への届出を怠っているとき。
  3. 3)仮使用又は完成検査の承認を受けないで、製造所等を使用したとき。
  4. 4)危険物保安監督者の解任命令に応じなかったとき。
  5. 5)定期点検を行わなければならない製造所等で、法定期限内にそれを行わなかったとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、次に掲げる製造所等のうち、定期点検が義務づけられていないものはどれか。
選択肢
  1. 1)移動タンク貯蔵所
  2. 2)地下タンクを有する製造所
  3. 3)地下タンク貯蔵所
  4. 4)簡易タンク貯蔵所
  5. 5)地下タンクを有する給油取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物保安監督者を選任しなくてもよい製造所等は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1)製造所
  2. 2)屋外タンク貯蔵所
  3. 3)移動タンク貯蔵所
  4. 4)給油取扱所
  5. 5)移送取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物取扱者について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1)危険物取扱者は、危険物の取扱作業に従事するときは、危険物の貯蔵又は取扱いの技術上の基準を遵守し、当該危険物の保安の確保について細心の注意を払わなければならない。
  2. 2)危険物取扱者は、製造所等の位置、構造及び設備について、技術上の基準の維持に努めなければならない。
  3. 3)製造所等において、危険物取扱者以外の者が危険物を取り扱う場合、指定数量未満の危険物であれば危険物取扱者の立会いがなくても当該危険物を取り扱うことができる。
  4. 4)移動タンク貯蔵所に乗車する危険物取扱者は、甲種及び乙種危険物取扱者に限られる。
  5. 5)移動タンク貯蔵所は、危険物積載の有無にかかわらず、危険物取扱者が乗車しなくてはならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、危険物の保安に関する講習について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1)法令上の命令を受けた者が、この講習を受講しなければならない。
  2. 2)危険物施設保安員に選任された者は、直ちに受講しなければならない。
  3. 3)危険物の取扱作業に従事することとなった日前2年以内に講習を受けている場合は、その受講日以後における最初の4月1日から3年以内に受講しなければならない。
  4. 4)危険物の取扱作業に従事することとなった日前2年以内に講習を受けている場合は、その受講日以後における最初の4月1日から2年以内に受講しなければならない。
  5. 5)危険物の取扱作業に従事することとなった日前2年以内に免状の交付を受けている場合は、免状の交付日以後における最初の誕生日から5年以内に受講しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 危険物施設保安員に関する記述について、次のうち法令上定められていないものはどれか。
選択肢
  1. 1)危険物施設保安員は、製造所等の計測装置、制御装置、安全装置等の機能が適正に保持されるようにこれを保安管理しなければならない。
  2. 2)移送取扱所の場合、規則で定めるものを除き、指定数量の倍数に関係なく、危険物施設保安員を定めなければならない。
  3. 3)製造所等の所有者等は、危険物施設保安員を危険物取扱者の中から定め、遅滞なく市町村長等に届け出なければならない。
  4. 4)危険物施設保安員は、定期及び臨時の点検を行ったときは、点検を行った場所の状況及び保安のために行った措置を記録し、保存しなければならない。
  5. 5)危険物施設保安員は、火災が発生したとき又は火災発生の危険性が著しいときは、危険物保安監督者と協力して、応急措置を講じなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、危険物の運搬に関する基準について、次のA〜Dのうち正しいもののみをすべて掲げている組合せはどれか。
A.ガラスは、運搬容器の材質として定められていない。
B.運搬容器は、その構造及び最大容積が定められている。
C.ロープで固定するなどして、運搬容器が転倒や落下しないようにしなければならない。
D.危険物を積載する場合の運搬容器を積み重ねる高さの制限は、4m以下と定められている。
選択肢
  1. 1)A B C
  2. 2)A C
  3. 3)A C D
  4. 4)B C
  5. 5)B D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 危険物を容器で貯蔵する場合の貯蔵、取扱いの基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)危険物を貯蔵し、又は取扱っている建築物等においては、当該危険物の性質に応じた有効な遮光又は換気を行うこと。
  2. 2)危険物のくず、かす等は1日1回以上、危険物の性質に応じ安全な場所及び方法で処理すること。
  3. 3)危険物の残存している設備、機械器具、容器等を修理する際は、安全な場所において危険物を完全に除去した後に行うこと。
  4. 4)保護液中に保存している危険物は保護液から露出しないようにすること。
  5. 5)屋内貯蔵所においては、容器に収納して貯蔵する危険物の温度が60度を超えないように必要な措置を講ずること。
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 次の文の【  】内のA及びBに当てはまる物質の燃焼の仕方について、正しいものはどれか。
「木材、紙などの可燃性固体を加熱すると、可燃性ガスが発生し、それが燃焼することを【 A 】といい、木炭、コークスなどの可燃性固体を加熱すると、赤熱しながら燃焼することを【 B 】という。」
選択肢
  1. 1)【A.表面燃焼】【B.蒸発燃焼】
  2. 2)【A.蒸発燃焼】【B.分解燃焼】
  3. 3)【A.分解燃焼】【B.表面燃焼】
  4. 4)【A.分解燃焼】【B.蒸発燃焼】
  5. 5)【A.蒸発燃焼】【B.表面燃焼】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 一般的な燃焼について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)物質が酸素と化合して安定な酸化物に変化する反応のうち、熱と光の発生を伴うものを燃焼という。
  2. 2)燃焼には、反応物質としての可燃物と酸素供給源及び、反応を開始させるための点火源が必要である。
  3. 3)可燃物は、燃焼により安定な酸化物に変化する。
  4. 4)有機化合物の燃焼において、酸素が不足すると一酸化炭素やすすなどが生成され、不完全燃焼となる。
  5. 5)物質の燃焼に必要な酸素の供給源は、一般に空気であり、物質自身に含まれる酸素は酸素供給源にはならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 物質の酸化反応を熱化学方程式で表したとき、燃焼反応に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1)C + O2 = CO2 + 394 kJ
  2. 2)Al + 3/4 O2 = 1/2 Al2O3 + 837 kJ
  3. 3)C2H5OH + 3O2 = 2CO2 + 3H2O + 1,368 kJ
  4. 4)N2 + 1/2 O2 = N2O − 74 kJ
  5. 5)C3H8 + 5O2 = 3CO2 + 4H2O + 2,219 kJ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火に関する説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)水は比熱及び気化熱が大きいため、冷却効果が大きい。
  2. 2)ハロゲン化物による消火は、主に冷却効果である。
  3. 3)二酸化炭素による消火は、主に窒息効果である。
  4. 4)りん酸塩類を主成分とする消火粉末は、普通火災と電気火災に適応するが、油火災にも適応する。
  5. 5)泡による消火は、主に窒息効果である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 下表に掲げる性質を有する可燃性液体について、正しいものはどれか。
液体の比重……………… 0.87
引火点…………………… 4.4℃
沸点……………………… 111℃
蒸気比重(空気=1)…… 3.10
発火点…………………… 480℃
選択肢
  1. 1)この液体1kgの容量は0.87Lである。
  2. 2)空気中で引火するのに十分な濃度の蒸気を、液面上に発生する最低の液温は、4.4℃である。
  3. 3)炎を近づけても、480℃になるまでは燃焼しない。
  4. 4)111℃になるまでは、飽和蒸気圧とならない。
  5. 5)発生する蒸気の重さは、空気の重さの約3分の1である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)作業場所の床や靴の電気抵抗が大きいと、人体の静電気の蓄積量は大きくなる。
  2. 2)帯電した物体の放電エネルギーの大小は、可燃性ガスの着火に影響しない。
  3. 3)夏場、人体に静電気が蓄積しにくいのは、汗や湿気により静電気が漏れているからである。
  4. 4)接触分離する二つの物質の種類及び組合せにより、発生する静電気の大きさや極性は異なる。
  5. 5)接触面積や接触圧は、静電気発生の要因の一つである。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 0.00001 mol/Lの塩酸水溶液(液温25℃)の水素イオン指数(pH)の値に最も近いものは、次のうちどれか。
なお、水溶液の水素イオン濃度[H+]は[H+]= 1.0 × 10−n  (nはpH)
選択肢
  1. 1)1
  2. 2)3
  3. 3)5
  4. 4)7
  5. 5)9
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 酸化と還元の説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)物質が酸素と化合することを酸化という。
  2. 2)物質が水素と化合することを還元という。
  3. 3)化合物が水素を失うことを酸化という。
  4. 4)酸化物が酸素を失うことを還元という。
  5. 5)同一反応系において、酸化と還元が同時に起きることはない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 次の原子について、陽子、中性子、質量数の数として、正しい組合せはどれか。
問題 24
選択肢
  1. 1)陽子=13、中性子=14、質量数=27
  2. 2)陽子=13、中性子=27、質量数=27
  3. 3)陽子=27、中性子=13、質量数=27
  4. 4)陽子=27、中性子=27、 質量数=13
  5. 5)陽子=14、中性子=14、 質量数=13
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 化学変化に関する正しい用語の組合せは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1)分解、 燃焼、 中和
  2. 2)中和、 凝固、 化合
  3. 3)燃焼、 分解、 凝固
  4. 4)融解、 混合、 昇華
  5. 5)昇華、 融解、 化合
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物【 A 】は、酸化性が強く、酸素を分子構造中に含有しており、加熱、衝撃、摩擦等により分解して酸素を放出する固体である。
【 A 】の危険物は次のうちどれか。
選択肢
  1. 1)第1類の危険物
  2. 2)第2類の危険物
  3. 3)第3類の危険物
  4. 4)第4類の危険物
  5. 5)第5類の危険物
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の性状について、次のA〜Eのうち誤っているもののみをすべて掲げている組合せはどれか。
A.液体の比重は、1よりも大きいものが多い。
B.流動性が高いため、火災になると拡大する危険性が大きい。
C.液体から発生する蒸気の比重は、1よりも小さい。
D.引火点の高い物質ほど危険性が大きい。
E.蒸気は低所に滞留しやすく、また遠方へ流動することもある。
選択肢
  1. 1)A
  2. 2)BD
  3. 3)BE
  4. 4)CE
  5. 5)ACD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 第4類の危険物の貯蔵・取扱いについての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)可燃性蒸気は、低所よりも高所に滞留するので高所の換気を十分行う。
  2. 2)容器に液体が少量残っている場合でも、可燃性蒸気が発生するので注意しなければならない。
  3. 3)貯蔵中は、引火防止のため火花や裸火等の火気をさけること。
  4. 4)日光の直射をさけ、冷暗所に貯蔵する。
  5. 5)みだりに可燃性蒸気を発生させない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 引火性液体の危険物を取扱う際、静電気による火災を防止する措置として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)容器等に小分け作業をする場合は、蒸気及びミストを発散させないようにする。
  2. 2)水を発散するなどして周囲の湿度を上げる。
  3. 3)タンク、容器、配管、ノズル等は、できる限り導電性のもの使用し、導体部分は接地する。
  4. 4)取扱い作業に従事する作業者の靴及び着衣は、絶縁性のある合成繊維のものを着用する。
  5. 5)取扱う場所は、十分な通風と換気を行い、可燃性蒸気の滞留を抑制する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 アセトン及びエタノールなど、水溶性液体危険物の火災に、一般の泡消火剤を使用しても効果的でない。
その理由として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1)泡が重いため沈むから。
  2. 2)泡が燃えるから。
  3. 3)泡が乾いて飛ぶから。
  4. 4)泡が固まるから。
  5. 5)泡が消えるから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)燃焼範囲は、おおむね1〜8 vol%である。
  2. 2)発火点は100℃以下である。
  3. 3)オレンジ色に着色されている。
  4. 4)水より軽い。
  5. 5)引火点は0℃以下である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 重油の一般的な性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)水に溶けない。
  2. 2)水より重い。
  3. 3)日本工業規格では、1種(A重油)、2種(B重油)及び3種(C重油)に分類されている。
  4. 4)発火点は、100℃より高い。
  5. 5)1種及び2種重油の引火点は60℃以上である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 軽油について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)引火点は30℃〜40℃の範囲内である。
  2. 2)石油臭がある。
  3. 3)1類と6類の危険物に混触すると、発火の危険がある。
  4. 4)水より軽い。
  5. 5)水に溶けない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 次のうち、静電気の発生率が最も小さいものはどれか。
選択肢
  1. 1)ベンゼン
  2. 2)トルエン
  3. 3)軽油
  4. 4)ガソリン
  5. 5)エタノール
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 エタノールの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1)沸点は100℃より低い。
  2. 2)水より軽い。
  3. 3)引火点は、灯油とほとんど同じである。
  4. 4)無色透明で芳香がある。
  5. 5)水とどんな割合でも溶け合う。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。