乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法令上の危険物についての説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物とは、1気圧において温度零度で固体又は液体の状態にあるものをいう。
  2. 2.危険物は、その危険性により、甲種危険物、乙種危険物、丙種危険物に分けられている。
  3. 3.危険物はその類の数が大きくなるほど、危険性も増大する。
  4. 4.指定数量とは、その危険性を勘案して政令で定められた数量で、全国同一である。
  5. 5.難燃性の合成樹脂も危険物に指定される。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、営業用給油取扱所の予防規程のうち、顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所のみが定める事項は次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.顧客の車両に対する点検・検査に関すること。
  2. 2.危険物の保安のための巡視、点検及び検査に関すること。
  3. 3.顧客が自ら使用する洗車機の安全確保に関すること。
  4. 4.危険物の取扱作業の基準に関すること。
  5. 5.顧客に対する監視、その他保安のための措置に関すること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 現在、メタノール100Lを貯蔵している。これと同一場所に貯蔵した場合、指定数量以上とみなされるものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.アセトアルデヒド …………20L
  2. 2.トルエン …………………… 90L
  3. 3.酢酸………………………… 200L
  4. 4.アセトン …………………… 300L
  5. 5.グリセリン………………… 500L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、製造所等から一定の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられている建築物等とその距離の組合せとして、正しいものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.25人以上の人員を収容する児童福祉施設 ……………………… 20 m
  2. 2.都道府県知事の許可を受けて設置した高圧ガスの施設 ……… 10 m
  3. 3.病院 ………………………………………………………………… 30 m
  4. 4.重要文化財に指定された建造物 ………………………………… 40 m
  5. 5.使用電圧が、66,000Vの特別高圧架空電線 ………… 水平距離 4 m
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等に設置する消火設備のうち、第2種と第5種の消火設備に該当するものの組合せどれか。
A.スプリンクラー設備
B.消火粉末を放射する大型の消火器
C.屋内消火栓設備
D.泡消火設備
E.ハロゲン化物を放射する小型の消火器
選択肢
  1. 1.AB
  2. 2.AE
  3. 3.BD
  4. 4.BC
  5. 5.CA
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 次の4基の屋外貯蔵タンクを同一の防油堤内に設置する場合、この防油堤の最低限必要な容量として、正しいものはどれか。
(ただし、岩盤タンク及び特殊液体危険物タンクを除く)
1号タンク……… 重  油 ………300 k L
2号タンク……… 軽  油 ………500 k L
3号タンク……… ガソリン………100 k L
4号タンク……… 灯  油 ………200 k L
選択肢
  1. 1.100 k L
  2. 2.500 k L
  3. 3.550 k L
  4. 4.800 k L
  5. 5.1,100 k L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 次のうち、あらかじめ届出が必要なものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物保安監督者の選任をするとき。
  2. 2.危険物保安監督者の解任をするとき。
  3. 3.製造所等の譲渡又は引渡しをするとき。
  4. 4.製造所等を廃止するとき。
  5. 5.危険物の品名・数量又は指定数量の倍数の変更をするとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等の所有者等が、市町村長等から製造所等の許可を取り消される理由に該当しないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.危険物保安監督者を定めなければならない製造所等において、その者が取り扱うことができる危険物の取扱作業に関して、保安の監督をさせていないとき。
  2. 2.製造所等の変更の完成検査を受けないで、当該製造所等を使用したとき。
  3. 3.基準違反の設備に関して、修理、改造又は移転の命令を受けたが、それに従わなかったとき。
  4. 4.定期点検を行わなければならない製造所等において、定期に点検を行っていないとき。
  5. 5.市町村長等の許可を受けないで、製造所等の構造を変更したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち誤っているものはどれか。 ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1.定期点検は、製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合しているかどうかについて行う。
  2. 2.定期点検は1年に1回以上実施しなければならない。
  3. 3.危険物施設保安員は定期点検を行うことができる。
  4. 4.乙種危険物取扱者は定期点検を行うことができる。
  5. 5.製造所等の所有者、管理者又は占有者は、定期点検の結果を市町村長等に報告しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物保安監督者について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物保安監督者を定めなければならない製造所等は、危険物保安統括管理者も定めなければならない。
  2. 2.危険物保安監督者を定めるには、都道府県知事の許可が必要である。
  3. 3.危険物保安監督者は、甲種、乙種又は丙種危険物取扱者の中から選任しなければならない。
  4. 4.屋外タンク貯蔵所は、危険物保安監督者を定めなければならない。
  5. 5.危険物施設保安員を置く製造所等にあっては、危険物保安監督者は危険物施設保安員の指示に従ってその業務を行わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 次の文の【  】内のA〜Cにあてはまる、法令に定められている語句の組合せとして正しいものはどれか。
「免状の再交付は、当該免状を【 A 】した都道府県知事に申請することができる。免状を亡失し、その再交付を受けた者は、亡失した免状を発見した場合は、これを【 B 】以内に、その免状の【 C 】を受けた都道府県知事に提出しなければならない。」
選択肢
  1. 1.【 A.交付又は書換え 】【 B.10日 】 【 C.再交付 】
  2. 2.【 A.交付又は書換え 】【 B. 10日 】 【 C. 交付 】
  3. 3.【 A.交  付 】【 B. 20日 】 【 C. 再交付 】
  4. 4.【 A.交付又は書換え 】【 B. 7日 】 【 C. 交付 】
  5. 5.【 A.交  付 】【 B. 14日 】 【 C. 再交付 】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 次の文の【  】内のAとBに当てはまる語句はどれか。
「製造所等において危険物の取扱作業に従事する危険物取扱者は、危険物の取扱作業の保安に関する講習を、原則として前回の受講日以後における最初の【 A 】から【 B 】以内に受けなければならない。」
選択肢
  1. 1.【 A.1月1日 】【 B. 3年 】
  2. 2.【 A.1月1日 】【 B. 4年 】
  3. 3.【 A.1月1日 】【 B. 5年 】
  4. 4.【 A.4月1日 】【 B. 3年 】
  5. 5.【 A.4月1日 】【 B. 5年 】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 危険物に関する規制について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.指定数量未満の危険物の貯蔵又は取扱いについては、各市町村の火災予防条例において貯蔵及び取扱いに関する技術上の基準が定められている。
  2. 2.移動タンク貯蔵所で危険物を移送する場合、当該危険物を取り扱うことができる危険物取扱者が乗車しなければならない。
  3. 3.製造所等の用途を廃止した場合、当該施設の所有者、管理者又は占有者は遅滞なく届け出なければならない。
  4. 4.製造所等の位置、構造、設備を変更しようとする者は、変更しようとする日の10日前までに市町村長等へ届け出なければならない。
  5. 5.危険物の運搬については、数量に関係なく、消防法、危政令、危省令及び告示において技術上の基準が定められている。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 液体の危険物が入った未開封容器の表示が汚れてしまい、「危険等級V」「水溶性」「火気厳禁」の表示のみが読み取れた。
この危険物の類として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.2類
  2. 2.3類
  3. 3.4類
  4. 4.5類
  5. 5.6類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、製造所等における危険物の貯蔵・取扱いのすべてに共通する技術上の基準について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物を貯蔵し、又は取り扱う場合には、危険物が漏れ、あふれ、又は飛散しないように必要な措置を講じ、火花を発生する機械器具は細心の注意を払って使用すること。
  2. 2.危険物が残存し、又は残存しているおそれがある設備、機械器具、容器等を修理する際は、安全な場所において危険物を完全に除去した後に行うこと。
  3. 3.許可又は届出にかかわる品名以外の危険物を一時的に貯蔵し、又は取り扱う場合は、10日以内でなければならない。
  4. 4.危険物のくず、かす等は7日に1回以上、当該危険物の性状に応じて安全な場所で廃棄、その他適切な処置をしなければならない。
  5. 5.可燃性の液体、可燃性の蒸気又は可燃性ガスが漏れ、若しくは滞留するおそれのある場所において火花を発生する機械器具、工具等を使用する場合は、換気を行わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 可燃物と燃焼の仕方の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.灯油…………………蒸発燃焼
  2. 2.木炭…………………表面燃焼
  3. 3.木材…………………分解燃焼
  4. 4.重油…………………表面燃焼
  5. 5.セルロイド…………内部(自己)燃焼
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 燃焼についての説明で、次の文の【  】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「物質が酸素と結合して【 A 】を生成する反応のうち、【 B 】の発生を伴うものを燃焼という。有機物が完全燃焼する場合は、酸化反応によって安定な【 A 】に変わるが、酸素の供給が不足し、不完全燃焼すると、生成物に【 C 】、アルデヒド、ススの割合が多くなる。」
選択肢
  1. 1.【A.酸化物】【B. 熱と光】【C.二酸化炭素】
  2. 2.【A.還元物】【B. 熱と光】【C. 一酸化炭素】
  3. 3.【A.酸化物】【B. 煙と炎】【C. 二酸化炭素】
  4. 4.【A.酸化物】【B. 熱と光】【C. 一酸化炭素】
  5. 5.【A.還元物】【B. 煙と炎】【C. 二酸化炭素】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の引火性液体の説明について正しいものはどれか。
沸点……………………… 78.3℃
燃焼範囲………………… 3.3〜19vol%
液体の比重……………… 0.76
引火点…………………… 12.8℃
発火点…………………… 363℃
蒸気比重………………… 1.6
選択肢
  1. 1.液体を78.3℃に加熱しても、蒸気圧と標準大気圧は等しくならない。
  2. 2.この液体1kgの容量は0.76Lである。
  3. 3.引火性液体が引火するのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生する最低の液温は12.8℃である。
  4. 4.炎を近づけても、液温が363℃になるまでは燃焼しない。
  5. 5.蒸気の重さは、水蒸気の1.6倍である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 二酸化炭素消火剤について、次の文の【  】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「二酸化炭素消火剤の主たる消火効果は、【 A 】である。二酸化炭素は高圧で【 B 】され、液状で本体容器に充填されており、放射時に気化するときの冷却作用もある。薬剤は電気【 C 】性が良く、油火災と電気火災に適応する。」
選択肢
  1. 1.【A.窒息】【B.圧縮】【C. 絶縁】
  2. 2.【A.抑制 】【B.圧縮】【C. 伝導】
  3. 3.【A.窒息 】【B.冷却】【C. 伝導】
  4. 4.【A.抑制 】【B.圧縮】【C. 絶縁】
  5. 5.【A.抑制 】【B.冷却】【C. 伝導】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 粉じん爆発について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.可燃性固体の微紛が空中に浮遊しているとき、なんらかの火源により爆発することをいう。
  2. 2.開放空間では粉じん爆発はおこりにくい。
  3. 3.粉じんと空気が適度に混合しているときに粉じん爆発はおこる。
  4. 4.紛じんの粒子が大きいときは、浮遊しにくいので、粉じん爆発をおこしにくい。
  5. 5.有機物が紛じん爆発したとき、燃焼が完全なので一酸化炭素が発生することはない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.静電気は一般に電気の不導体の摩擦等により発生する。
  2. 2.静電気は人体にも帯電する。
  3. 3.静電気による火災には、燃焼物に適応した消火法をとる。
  4. 4.静電気は空気が乾燥している時に発生しやすい。
  5. 5.静電気の蓄電防止策の一つに、物体を電気的に絶縁する方法がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 金属元素と非金属元素に関する記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.単体の金属元素は、金属光沢があり熱と電気をよく通す。
  2. 2.金属元素は陽性が強く、結合することにより、より陽イオンになりやすくなる。
  3. 3.ハロゲンは、非金属元素である。
  4. 4.遷移元素は、すべて金属元素である。
  5. 5.非金属元素は、常温(20℃)で、すべて気体または固体である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 ホースやパッキングなどに使用された加硫ゴムが、経年変化により老化し亀裂・強度が低下する現象として、次の化学変化で正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.中和
  2. 2.酸化
  3. 3.脱水
  4. 4.還元
  5. 5.加水分解
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.水の比熱はエタノールより小さい。
  2. 2.水の熱伝導率は銀より大きい。
  3. 3.濃い食塩水の凍結温度(氷点)は、普通の飲料水より低い。
  4. 4.熱の対流は、液体と固体にのみおこる現象である。
  5. 5.水の熱膨張率は空気より大きい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 次の文の【 】内にあてはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。
「塩酸の水溶液は酸なので、pHは7より【A】。水酸化ナトリウムの水溶液は塩基なのでpHは7よりA【B】。塩酸と水酸化ナトリウムのそれぞれの水溶液を適量混合すると食塩と水ができるが、この反応を【C】という。 同量の酸と塩基を混合したときできた食塩のpHは7であったが、このとき【D】である。」
選択肢
  1. 1.【A.小さい】【B. 大きい】【C.中和】【D.中性】
  2. 2.【A.大きい】【B. 小さい】【C.酸化 】【D.酸性】
  3. 3.【A.小さい】【B. 大きい】【C.還元 】【D.アルカリ性】
  4. 4.【A.大きい】【B. 小さい】【C.中和 】【D.中性】
  5. 5.【A.小さい】【B. 大きい】【C.酸化】【D. 酸性】
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の性質について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.第1類の危険物は、酸化性の固体であり、摩擦や衝撃に対して安定している。
  2. 2.第2類の危険物は、引火性の固体または液体であり、比重は1より小さい。
  3. 3.第3類の危険物は、固体または液体であり、多くは禁水性と自然発火性の両方を有する。
  4. 4.第5類の危険物は、それ自体は不燃性だが、分解し酸素を放出する。
  5. 5.第6類の危険物は、還元性の液体であり、有機物との混触により、発火・爆発のおそれがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類危険物の火災予防の方法として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.可燃性蒸気は空気より軽く上部に滞留するので、高所での換気を行うこと。
  2. 2.沸点が低いものや、発火点が低く火源がなくても加熱されただけで発火するものは、冷却装置等を設け温度管理を行うこと。
  3. 3.空容器でも可燃性蒸気が残っているので、注意して取り扱うこと。
  4. 4.引火点の高いものでも、液温が上がると引火の危険を生じるので冷所に貯蔵し、容器を密栓する場合は、容器内に空間容積をとること。
  5. 5.可燃性蒸気が滞留するおそれのある場所では、火花を発する機械器具などを使用しないこと。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 第4類の危険物とその火災に適合する消火器との組合せで、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.ガソリン ………… 消火粉末(リン酸塩類)を放射する消火器
  2. 2.エタノール ……… 棒状の水を放射する消火器
  3. 3.軽油 ……………… 二酸化炭素を放射する消火器
  4. 4.重油 ……………… 泡を放射する消火器
  5. 5.ギヤー油 ………… 霧状の強化液を放射する消火器
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の一般的な性状について、次の文の【 】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せが正しいものはどれか。
「第4類の危険物は引火性の【 A 】で、液比重は1より【 B 】ものがほとんどである。電気の【 C 】であるものが多く、静電気が蓄積されやすい。」
選択肢
  1. 1.【A.液体】【B.小さい】【C.導体】
  2. 2.【A.液体と固体】【B.小さい】【C. 不良導体】
  3. 3.【A.液体 】【B.小さい】【C.不良導体】
  4. 4.【A.液体と固体】【B.大きい】【C.導体】
  5. 5.【A.液体 】【B.大きい】【C.不良導体】
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第1石油類の危険物を取り扱う場合の火災予防について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.液体から発生した蒸気は、地上をはって離れた低い場所に溜まることがあるので、周囲の火気に注意する。
  2. 2.取扱い作業をする場合には、鉄ビョウの付いた靴は使用しない。
  3. 3.取扱い場所に設けるモータ、制御器、スイッチ、電灯などの電気設備は、すべて防爆構造でなければならない。
  4. 4.取扱い作業時の服装は、電気絶縁性のよい靴やナイロンその他の化学繊維などの衣類を着用する。
  5. 5.床上に少量こぼれた場合には、ぼろ布などでよくふき取り、通風をよくして換気を十分に行う。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 ガソリンの性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.過酸化水素や硝酸と混合すると、発火の危険性が低くなる。
  2. 2.皮膚に触れると皮膚炎を起こすことがある。
  3. 3.主成分は炭化水素である。
  4. 4.不純物として、微量の有機硫黄化合物などが含まれることがある。
  5. 5.自動車ガソリンはオレンジ系色に着色されている。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 灯油について、次のうち誤っているものはいくつあるか。
A 引火点は常温(20℃)より高い。
B 発火点は100℃より低い。
C 蒸気は空気より重い
D 水に溶けない。
E 水より重い。
選択肢
  1. 1.1つ
  2. 2.2つ
  3. 3.3つ
  4. 4.4つ
  5. 5.5つ
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 重油の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.不純物として含まれている硫黄は、燃えると有毒ガスになる。
  2. 2.褐色又は暗褐色の液体である。
  3. 3.水に溶けない。
  4. 4.引火点は種類などにより異なる。
  5. 5.発火点は70℃〜150℃程度である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 ジエチルエーテルの性質について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.沸点はとても低い。
  2. 2.引火点はきわめて低く、燃焼範囲も広い。
  3. 3.蒸気は空気より重い。
  4. 4.電気の導体で、静電気が発生しにくい。
  5. 5.水にわずかに溶け、水より軽い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 メタノールの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.常温(20℃)で引火する。
  2. 2.アルコール類では、分子量が最も小さい化合物である。
  3. 3.燃焼しても炎の色は淡く、見えないことがある。
  4. 4.毒性はエタノールより低い。
  5. 5.沸点は約64℃である。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。