乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法別表第一に定める第4類の危険物の品名について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.ジエチルエーテルは、特殊引火物に該当する
  2. 2.ガソリンは、第1石油類に該当する。
  3. 3.軽油は、第2石油類に該当する。
  4. 4.重油は、第3石油類に該当する。
  5. 5.クレオソート油は、第4石油類に該当する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、屋外貯蔵所に貯蔵することができる危険物の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.灯油、  重油、  動植物油類
  2. 2.硫黄、  灯油、  カリウム
  3. 3.アセトン、  軽油 、 灯油
  4. 4.重油、  ギヤー油 、 ジエチルエーテル
  5. 5.塩素酸塩類 、 シリンダー油、  クレオソート油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令上、同一場所において、同じ類の危険物A〜Cを貯蔵する場合、次のうち指定数量の倍数の合計が最も大きい組合せはどれか。
ただし、【  】内は、それぞれの指定数量を示す。

A【200 L】
B【1,000 L】
C【2,000 L】
選択肢
  1. 1.A.100 L、B.1,000 L、C.1,800 L
  2. 2.A.200 L 、B.  900 L、C.1,600 L
  3. 3.A.300 L 、B.  700 L 、C.1,400 L
  4. 4.A.400 L 、B.  500 L 、C.1,200 L
  5. 5.A.500 L 、B.   200 L 、C. 600 L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、製造所の外壁等から50m以上の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられている建築物等は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.病院
  2. 2.高圧ガス施設
  3. 3.使用電圧が、35,000Vをこえる特別高圧架空電線
  4. 4.重要文化財に指定されている建築物
  5. 5.高等学校
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等に設置する消火設備の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.泡消火設備は、第2種の消火設備である。
  2. 2.ハロゲン化物消火設備は、第3種の消火設備である。
  3. 3.消火粉末を放射する大型の消火器は、第4種の消火設備である。
  4. 4.電気設備に対する消火設備は、電気設備のある場所の面積100uごとに1個以上設けなければならない。
  5. 5.地下タンク貯蔵所には、第5種の消火設備を2個以上設けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 次の4基の屋外貯蔵タンクを同一の防油堤内に設置する場合、この防油堤の最低限必要な容量として、正しいものはどれか。
(ただし、岩盤タンク及び特殊液体危険物タンクを除く)
1号タンク……… 重  油 ………300 k L
2号タンク……… 軽  油………500 k L
3号タンク……… ガソリン………100 k L
4号タンク……… 灯  油………200 k L
選択肢
  1. 1.100 k L
  2. 2.500 k L
  3. 3.550 k L
  4. 4.800 k L
  5. 5.1,100 k L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所等の譲渡又は引渡しを受けた場合の手続きとして、次のうち正しいものはどれか。ただし、移動タンク貯蔵所は除く。
選択肢
  1. 1.所轄の消防長又は消防署長の承認を受けなければならない。
  2. 2.市町村長等の承認を受けなければならない。
  3. 3.改めて、当該区域を管轄する都道府県知事の許可を受けなければならない。
  4. 4.当該区域を管轄する都道府県知事の承認を受けなければならない。
  5. 5.遅滞なくその旨を市町村長等に届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等が市町村長等から使用停止を命ぜられる事由に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等の危険物取扱者が免状の書換えを怠っているとき。
  2. 2.製造所等の位置・構造・設備を無許可で変更したとき。
  3. 3.製造所等を完成検査済証の交付前に使用したとき。
  4. 4.製造所等の定期点検の実施・記録・保存がなされないとき。
  5. 5.製造所等の措置命令に違反したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、定期点検について、次のうち誤っているものはどれか。 ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1.定期点検は、製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合しているかどうかについて行う。
  2. 2.危険物施設保安員が立会えば、危険物取扱者以外の者でも定期点検を行うことができる。
  3. 3.地下タンク貯蔵所及び移動タンク貯蔵所は、その規模等に関わらず、すべて定期点検を行わなければならない。
  4. 4.政令で定められた製造所等の所有者等は、点検記録を作成し、これを一定期間保存しなければならない。
  5. 5.定期点検は、1年に1回以上行わなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、危険物保安監督者を選任しなくてもよい製造所等は、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所
  2. 2.屋外タンク貯蔵所
  3. 3.給油取扱所
  4. 4.移送取扱所
  5. 5.移動タンク貯蔵所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、免状の書換えについて、次のA〜Eのうち誤っているものの組合せはどれか。
A.免状に貼付されている写真が撮影から10年を経過ので、書換えの申請をする。
B.免状に記載されている氏名が変わったので、書換えの申請をする。
C.免状に記載されている現住所が変わったので、書換えの申請をする。
D.免状に記載されている本籍の都道府県が変わったので、書換えの申請をする。
E.書換えは、免状を交付した都道府県知事か又は居住地、勤務地を管轄する都道府県知事に申請する。
選択肢
  1. 1.A
  2. 2.B
  3. 3.C
  4. 4.BD
  5. 5.CE
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、移動タンク貯蔵所における移送の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物を移送する危険物取扱者は、免状を携帯していなければならない。
  2. 2.移動タンク貯蔵所には、完成検査済証及び定期点検の点検記録等を備え付けておかなければならない。
  3. 3.危険物を移送する際は、当該危険物を取り扱うことのできる危険物取扱者が乗車していなければならない。
  4. 4.定期的に危険物を移送する場合には、移送経路その他必要な事項を出発地の消防署に届け出なければならない。
  5. 5.消防吏員は、危険物の移送に伴う火災の防止のため特に必要があると認める場合には、走行する移動タンク貯蔵所を停止させ、乗車する危険物取扱者に対し免状の提示を求めることができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 危険物の貯蔵・取扱い基準として、次のうち正しいものはどれか。 
選択肢
  1. 1.危険物が残存している設備、機械器具、容器等を修理する際は、中味を完全に除去した後に行うこと。
  2. 2.危険物のくず、かす等は、1週間に1回以上廃棄、処置をすること。
  3. 3.危険物を保護液中に貯蔵する場合は、危険物が確認できるように一部を露出させておくこと。
  4. 4.油分離槽置に溜まった危険物は、水とよく混ぜ合わせて下水に流すこと。
  5. 5.製造所等では、一切の火気の使用をしないこと。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 危険物施設保安員の業務について、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.施設の維持のための定期点検、臨時点検の実施、記録及び保存をする。
  2. 2.施設の異常を発見した場合の危険物保安監督者への連絡及び適当な措置をする。
  3. 3.火災が発生したとき又は火災発生の危険が著しい場合の応急措置をする。
  4. 4.危険物施設保安員は、危険物の取扱作業にあたり、危険物取扱者に対して必要な指示を与える。
  5. 5.計測装置、制御装置、安全装置等の機能保持のための保安管理をする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 液体の危険物が入った未開封容器の表示が汚れてしまい、「危険等級V」「水溶性」「火気厳禁」の表示のみが読み取れた。この危険物の類として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.2類
  2. 2.3類
  3. 3.4類
  4. 4.5類
  5. 5.6類
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 可燃物と燃焼の仕方の組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.木炭…………………表面燃焼
  2. 2.灯油…………………蒸発燃焼
  3. 3.ガソリン……………蒸発燃焼
  4. 4.セルロイド…………内部(自己)燃焼
  5. 5.重油…………………表面燃焼
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 燃焼等の一般的説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.酸素供給体は、空気とは限らない。
  2. 2.可燃物、酸素供給源及び点火源を燃焼の3要素という。
  3. 3.二酸化炭素は可燃物ではない。
  4. 4.気化熱や融解熱は、点火源になる。
  5. 5.金属の衝撃火花や静電気の放電火花は、点火源になることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 次の引火性液体の説明について正しいものはどれか。
沸点………………………78.3℃
燃焼範囲…………………3.3〜19vol%
液体の比重………………0.76
引火点……………………12.8℃
発火点……………………363℃
蒸気比重 …………………1.6
選択肢
  1. 1.液体を78.3℃に加熱しても、蒸気圧と標準大気圧は等しくならない。
  2. 2.この液体1kgの容量は0.76Lである。
  3. 3.引火性液体が引火するのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生する最低の液温は12.8℃である。
  4. 4.炎を近づけても、液温が363℃になるまでは燃焼しない。
  5. 5.蒸気の重さは、水蒸気の1.6倍である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 容器内で燃焼している動植物油類に、注水すると危険な理由として、最も適切なものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.水が容器の底に沈み、徐々に油面を押し上げるから。
  2. 2.高温の油と水の混合物は、単独の油よりも燃焼点が低くなるから。
  3. 3.注水が空気を巻き込み、火炎及び油面に酸素を供給するから。
  4. 4.油面をかき混ぜ、油の蒸発を容易にするから。
  5. 5.水が沸騰し、高温の油を飛散させるから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 次の文の【   】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして正しいものはどれか。
「一般に引火点とは、可燃性液体が空気中で燃焼するのに必要な最低濃度の蒸気を液面上に発生するときの液温をいう。したがって、引火点は、空気との混合ガスの【 A 】に密接な関係を有している。可燃性液体は、液温に対応した【 B 】をもつので、液面付近では【 B 】に相当する【 C 】がある。」
選択肢
  1. 1.A.燃焼下限値、B.蒸気圧、C.燃焼範囲
  2. 2.A.燃焼上限値、B. 蒸気圧、C. 燃焼範囲
  3. 3.A.燃焼下限値、B. 蒸気圧、C. 蒸気濃度
  4. 4.A.燃焼上限値、B. 沸点、C. 蒸気濃度
  5. 5.A.燃焼下限値、B. 沸点、C. 燃焼範囲
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 引火性の液体を取り扱う施設内で、作業を行うにあたっての帯電防止策として、効果のないものは次ぎのうちどれか。
選択肢
  1. 1.導電性の作業靴を用いる。
  2. 2.施設内への入室時には、接地棒に素手で触れる。
  3. 3.床に散水する。
  4. 4.施設内への入室時には、水を摂取する。
  5. 5.作業衣を導電性のものにする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 次のうち、酸化反応でないものはどれか。
選択肢
  1. 1.ガソリンが燃焼して、二酸化炭素と水蒸気になる。
  2. 2.ドライアイスが周囲から熱を奪い気体になる。
  3. 3.鉄が空気中でさびる。
  4. 4.炭素が不完全燃焼して一酸化炭素になる。
  5. 5.硫黄が燃焼して二酸化硫黄になる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 炭素が完全燃焼するときの熱化学方程式は、次のとおりである。
(原子量は、炭素=12、酸素=16)

C + O2 = CO2 + 394kJ

この方程式について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.この熱化学方程式は、発熱反応を示している。
  2. 2.炭素1molが完全燃焼するとき、反応した酸素と生成した二酸化炭素の体積は同じである。
  3. 3.二酸化炭素1molは、44gである。
  4. 4.炭素1gが完全燃焼したとき発生する熱量は394kJである。
  5. 5.炭素が完全燃焼するために必要な酸素と、生成した二酸化炭素の物質量は同じである。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 次の物質の水溶液と、これを電気分解したときに陽極に生成または発生する物質との組み合わせとして、誤っているものはどれか。
なお、電極には陽極、陰極ともに白金を使用するものとする。
選択肢
  1. 1.水溶液……ヨウ化カリウム  KI 陽 極……ヨウ素
  2. 2.水溶液……希硫酸      H2SO4 陽 極……酸素
  3. 3.水溶液……硝酸銀      AgNO3 陽 極……酸素
  4. 4.水溶液……水酸化ナトリウム NaOH 陽 極……水素
  5. 5.水溶液……硫酸銅      CuSO4 陽 極……酸素
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 物理変化及び化学変化に関する説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.炭素が燃焼して二酸化炭素になる反応は、化合である。
  2. 2.結晶性の物質が空気中で粉末等になる変化は、潮解という。
  3. 3.酸素が他の物質と化合することを酸化という。
  4. 4.他の物質との間で作用して酸化させる物質を一般的に酸化剤という。
  5. 5.酸化物が酸素を失ったり、物質が水素と化合することを、還元という。
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 1類から6類の危険物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.同一物質(金属)であっても、形状、粒度によって危険物になるものと、ならないものがある。
  2. 2.引火性液体の燃焼は主に分解燃焼であるが、引火性固体の燃焼は表面燃焼である。
  3. 3.水と接触して発熱し、可燃性ガスを生成するものがある。
  4. 4.危険物には、単体、化合物、混合物の3種類がある。
  5. 5.分子内に酸素を含有しており、他からの酸素の供給がなくても燃焼するものがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類危険物の一般的な性状について、次の文の【 】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せが正しいものはどれか。
「第4類の危険物は【 A 】で、液比重は水より【 B 】ものがほとんどで、蒸気比重は空気より【 C 】。
選択肢
  1. 1. A.液体と固体、B. 大きい、C.小さい
  2. 2. A.液体、B. 大きい 、C.大きい
  3. 3. A.液体と固体、B. 小さい、C. 大きい
  4. 4. A.液体、B. 小さい、C. 小さい
  5. 5. A.液体、B. 小さい、C. 大きい
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 第4類の危険物の消火方法として、不適切なものはどれか。
選択肢
  1. 1.消火粉末を放射する。
  2. 2.棒状の強化液を放射する。
  3. 3.二酸化炭素消火剤を放射する。
  4. 4.霧状の強化液を放射する。
  5. 5.泡消火剤を放射する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 製造所又は一般取扱所において、一般に行われる防火対策とそれにかかわる用語として、次のうち関連のないものはどれか。
選択肢
  1. 1.反応槽内を窒素で置換する……………………………引火
  2. 2.電動機を防爆構造とする………………………………引火
  3. 3.反応がまの温度を制御する………………………反応速度
  4. 4.反応させる物質の注入速度を調整する…………燃焼範囲
  5. 5.作業床面に散水する…………………………………静電気
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第4類の危険物の一般的な性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.非水溶性の液体が多い。
  2. 2.蒸気は低所に滞留する。
  3. 3.引火点を有する液体あるいは気体であり、火源により引火する。
  4. 4.電気の不良導体であるため静電気を蓄積しやすく、静電気の火花により引火することがある。
  5. 5.水より軽く、燃焼した際に注水すると水面に広がり、火災を拡大することがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水より軽い。
  2. 2.オレンジ系に着色されている。
  3. 3.引火点は一般に―40℃以下である。
  4. 4.発火点は90℃である。
  5. 5.燃焼範囲はおおむね1〜8vol%である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 第2石油類について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.すべて原油から分留され、水に溶けない。
  2. 2.すべて引火点は31℃以上である。
  3. 3.一般に静電気は発生しにくい。
  4. 4.霧状とき引火しやすい。
  5. 5.重油とギヤー油は、第2石油類である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 灯油および軽油に共通する性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水より軽い。
  2. 2.引火点は、常温(20℃)より高い。
  3. 3.蒸気は、空気より重い。
  4. 4.発火点は、100℃より低い。
  5. 5.水に溶けない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 引火点が低いものから高いものの順になっているもので、次のうち正しいものの組合せはどれか。
A 軽油 < アセトン  < シリンダー油
B クレオソート油  < 重油  < ジエチルエーテル
C 自動車ガソリン  < 灯油  < グリセリン
D 二硫化炭素  < メタノール  < ギヤー油
選択肢
  1. 1.AB
  2. 2.AC
  3. 3.BD
  4. 4.CD
  5. 5.DA
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ベンゼンについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.芳香族炭化水素である。
  2. 2.無色の液体で水より軽い。
  3. 3.水に溶ける。
  4. 4.引火点は0℃より低い。
  5. 5.エタノール、ヘキサンなどの有機溶媒によく溶ける。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。