乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 消防法に定められている品名として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.特殊引火物……………………二硫化炭素
  2. 2.第1石油類……………………クレオソート油
  3. 3.第2石油類……………………ガソリン
  4. 4.第3石油類……………………軽油
  5. 5.第4石油類……………………重油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 予防規程についての記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.予防規程を定めたときは、市町村長等の認可を受けなければならない。
  2. 2.予防規程は指定数量の倍数が100倍以上の製造所等において定めなければならない。
  3. 3.製造所等の所有者等は、予防規程を定めなければならない。
  4. 4.予防規程を変更したときは市町村長等の認可を受けることが義務付けられている。
  5. 5.予防規程を定めなければならない製造所等で、それを定めていないときは罰則の適用を受けることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 屋内貯蔵所で第4類の危険物を2,000L貯蔵する場合、指定数量の倍数の算定についての記述として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.この危険物が特殊引火物の場合は倍数が40倍になる。
  2. 2.この危険物が第1石油類で水溶性の場合は倍数が10倍になる。
  3. 3.この危険物がアルコール類の場合は倍数が10倍になる。
  4. 4.この危険物が第2石油類で非水溶性の場合は倍数が5倍になる。
  5. 5.この危険物が第3石油類で水溶性の場合は倍数が1倍になる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、次のA〜Dのうち、危険物保安監督者を定めなければならない製造所等において、市町村長等から製造所等の使用停止を命ぜられる事由に該当するものの組合せはどれか。
A.危険物保安監督者を定めていなかったとき。
B.危険物保安監督者が危険物の取扱作業の保安に関する講習を受講していないとき。
C.危険物保安監督者の解任命令に従わなかったとき。
D.危険物保安監督者を定めていたが、その届出を怠っていたとき。
選択肢
  1. 1.A B
  2. 2.A C
  3. 3.B C
  4. 4.B D
  5. 5.C D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等に設置する消火設備の区分について、次のうち第5種の消火設備に該当するものはどれか。
選択肢
  1. 1.消火粉末を放射する小型消火器
  2. 2.スプリンクラー設備
  3. 3.屋内消火栓設備
  4. 4.泡消火設備
  5. 5.屋外消火栓設備
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 引火点が70度未満の第4類の危険物を貯蔵する、屋内貯蔵所(独立平屋建て)の基準として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.「屋内貯蔵所」と記載した標識と、「火気厳禁」と記載した注意事項の掲示板を、それぞれ見やすい箇所に掲げなければならない。
  2. 2.壁、柱及び床を耐火構造とし、はりを不燃材料でつくること。
  3. 3.窓、出入口にガラスを用いる場合は、網入りガラスとすること。
  4. 4.貯蔵倉庫には、採光、照明及び換気の設備を設けるとともに、滞留した可燃性蒸気を床下に排出する装置を設けること。
  5. 5.貯蔵倉庫の床は、危険物が浸透しない構造とするとともに、適当な傾斜をつけ、かつ、貯留設備を設けること。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 屋内貯蔵所を増築する場合の必要な手続きとして、法令上定められていないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.施設の位置、構造、設備を変更しようとする者は、市町村長等に変更工事の許可申請を行わなければならない。
  2. 2.予防規程の内容に変更が生じ、それを変更した場合は、市町村長等の認可を受けなければならない。
  3. 3.変更の工事が終了したときは、市町村長等の完成検査を受け、完成検査済証の交付を受けてから、使用ができる。
  4. 4.工事が終了するまで、市町村長等に工事の進捗状況を毎日報告すること。
  5. 5.増築の工事に係わる部分以外のところは、営業を続けるため使用するので、仮使用の承認を受けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、学校、病院等の建築物等から一定の距離(保安距離)を保たなければならないが、次の製造所等のうち、保安距離を確保しなくてもよい施設はどれか。
選択肢
  1. 1.屋外貯蔵所
  2. 2.一般取扱所
  3. 3.販売取扱所
  4. 4.屋外タンク貯蔵所
  5. 5.製造所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち正しいものはどれか。
ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1.定期点検を行うことができるのは、危険物取扱者のみである。
  2. 2.定期点検は、危険物の貯蔵及び取扱いの技術上の基準に適合しているかどうかについて実施する。
  3. 3.特定の製造所等の所有者等は、定期に点検し、その点検記録を作成し、一定の期間保存しなければならない。
  4. 4.製造所、屋内貯蔵所、屋外タンク貯蔵所、屋外貯蔵所、一般取扱所は、指定数量の倍数にかかわらず、点検を行わなければならない。
  5. 5.移動タンク貯蔵所は、点検を実施しなくてもよい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、製造所等における危険物の取扱いについて、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等の所有者が指示した場合、危険物取扱者以外の者でも、指定数量未満であれば、危険物を取り扱うことができる。
  2. 2.危険物取扱者以外の者が危険物を取り扱う場合には、指定数量未満であっても、甲種危険物取扱者又は当該危険物を取り扱うことができる乙種危険物取扱者の立会いが必要である。
  3. 3.危険物取扱者以外の者が危険物を取り扱う場合、丙種危険物取扱者が立会うことができるのは、自ら取り扱える危険物に限られている。
  4. 4.すべての乙種危険物取扱者は、丙種危険物取扱者が取り扱うことができる危険物を自ら取り扱うことができる。
  5. 5.危険物取扱者でなくても、指定数量未満であれば、すべての危険物を取り扱うことができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物保安監督者及び危険物保安統括管理者について、誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物保安監督者は甲種危険物取扱者でなければならない。
  2. 2.危険物保安統括管理者は危険物取扱者でなくてもよい。
  3. 3.製造所等の所有者等は、危険物保安監督者を定めた場合、市町村長等に遅滞なく届け出なければならない。
  4. 4.危険物保安監督者は製造所等において、危険物取扱いの実務経験が6ヶ月以上あるものでなければならない。
  5. 5.製造所等の所有者等は、危険物保安統括管理者を定めた場合、市町村長等に遅滞なく届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.危険物施設保安員は、すべてこの講習を受けなければならない。
  2. 2.危険物保安監督者に選任された危険物取扱者のみが、この講習を受けなければならない。
  3. 3.危険物取扱者であっても、現に製造所等において危険物の取扱作業に従事していない者は、この講習を受ける必要はない。
  4. 4.危険物取扱者はすべてこの講習を受けなければならない。
  5. 5.現に危険物の取扱作業に従事している者で、法令に違反した者のみが受けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、移動タンク貯蔵所に備え付けておかなければならない書類として、次のうち該当しないものはどれか。
選択肢
  1. 1.完成検査済証
  2. 2.定期点検の記録
  3. 3.危険物保安監督者の選任届出書
  4. 4.譲渡、引渡しの届出書
  5. 5.品名、数量、指定数量の倍数の変更届出書
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 法令上、運搬容器の外部には規則で定められた事項を表示するが、この表示事項について規則で定められていないものは次のうちどれか。
ただし、最大容積が2.2L以下のものを除く。
選択肢
  1. 1.品名
  2. 2.危険等級
  3. 3.消火方法
  4. 4.化学名
  5. 5.数量
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、製造所等における危険物の貯蔵・取扱い基準として、誤っているものはどれか。
A.危険物の残存している設備、機械器具、容器等を修理する際は、安全な場所において危険物を完全に除去した後に行うこと。
B.屋内貯蔵所で第2類の引火性固体と第4類の危険物を類別ごとにそれぞれとりまとめて貯蔵し、かつ相互に1m以上の間隔を置く場合は同時に貯蔵することができる。
C.屋内貯蔵所においては、容器に収納して貯蔵する危険物の温度が80度を超えないように必要な措置を講ずること。
D.屋外貯蔵所において危険物を収納した容器を架台で貯蔵する場合の貯蔵高さは3m以下とすること。
選択肢
  1. 1.A B
  2. 2.A D
  3. 3.BC
  4. 4.BD
  5. 5.CD
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 燃焼についての説明で、次の文の【 】内のA〜Cに当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。

「物質が酸素と結合して【 A 】を生成する反応のうち、【 B 】の発生を伴うものを燃焼という。有機物が完全燃焼する場合は、酸化反応によって安定な【 A 】に変わるが、酸素の供給が不足し、不完全燃焼すると、生成物に【 C 】、アルデヒド、ススの割合が多くなる。」
選択肢
  1. 1.A.酸化物………B.熱と光………C.二酸化炭素
  2. 2.A.還元物………B. 熱と光………C.一酸化炭素
  3. 3.A.酸化物 ………B.煙と炎………C.二酸化炭素
  4. 4.A.酸化物………B. 熱と光………C.一酸化炭素
  5. 5.A.還元物………B. 煙と炎………C.二酸化炭素
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 粉じん爆発の特性について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.粉じん爆発は、空間に遊離、分散した燃焼範囲の粉じん雲中で何らかの原因で着火し、火炎が伝播する際の急激な体積膨張、圧力上昇により周囲への被害が及ぶ爆発現象をいう。
  2. 2.堆積粉が広く存在する場合は、一次の爆発が堆積粉を舞い上げて、二次の爆発が起こり、その過程を繰り返し遠方に伝ぱすることがある。
  3. 3.気体と比べて、粉体はその種類や環境条件などによって静電気が発生しやすく、その放電は粉じん爆発の着火源になる場合がある。
  4. 4.粉じん粒子が小さく、空気中に浮遊しやすいほど危険性が大きい。
  5. 5.可燃性粉体は空気中に漂い、酸素分子と均一に混合され燃焼するので完全燃焼しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 引火、発火等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.同一の可燃性物質においては、一般に発火点の方が引火点よりも高い数値を示す。
  2. 2.発火点とは、空気中で可燃物を加熱したとき、火源がなくても自ら発火する最低の温度をいう。
  3. 3.燃焼点とは、可燃性液体が継続して燃焼するのに必要な濃度の蒸気を発生する液温をいう。
  4. 4.引火点とは、可燃性液体が燃焼範囲の上限値の濃度の蒸気を発生する液温をいう。
  5. 5.同一の可燃性物質においては、一般に引火点よりも燃焼点の方が高い数値を示す。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 電気設備の火災に適応した消火剤の組合せで、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.二酸化炭素、消火粉末
  2. 2.化学泡、 強化液
  3. 3.二酸化炭素、水溶性液体用泡
  4. 4.機械泡、 水
  5. 5.化学泡、 消火粉末
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 次の物質のうち、燃焼しないものはどれか。
選択肢
  1. 1.炭素
  2. 2.二酸化炭素
  3. 3.水素
  4. 4.一酸化炭素
  5. 5.二硫化炭素
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 静電気に関する説明について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.静電気は固体だけでなく、気体、液体においても発生する。
  2. 2.静電気は、その物質の絶縁抵抗が大きいほど帯電しにくい。
  3. 3.ガソリンや灯油がパイプやホースの中を流れると、静電気が発生しやすい。
  4. 4.2種類の電気の不導体を互いに摩擦すると、一方が正、他方が負に帯電する。
  5. 5.静電気の放電火花は、可燃性ガスや粉じんがあるときは、しばしば点火源となる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 物理変化と化学変化について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.エタノールに、メタノール、ホルマリン等を添加して変性アルコールを作った。……………… 物理変化
  2. 2.炭化カルシウムに水を加えてアセチレンを作った。……………… 化学変化
  3. 3.過酸化水素水に酸化マンガンを加えて酸素を作った。 ………………化学変化
  4. 4.原油を蒸留してガソリンを作った。 ………………化学変化
  5. 5.ゴマの種を圧搾してゴマ油を作った。………………物理変化
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 Aの物質がBの物質に変化した場合、それが酸化反応に該当するものはどれか。
選択肢
  1. 1.A:硫黄………→ B:硫化水素
  2. 2.A:黄リン………→ B:赤リン
  3. 3.A:一酸化炭素………→ B:二酸化炭素
  4. 4.A:濃硫酸 ………→ B:希硫酸
  5. 5.A:水………→ B:水蒸気
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 物質の三態の変化のうち、気体から液体に変化することはどれか。
選択肢
  1. 1.凝固
  2. 2.融解
  3. 3.蒸発
  4. 4.昇華
  5. 5.凝縮
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 次の構造化学式をもつ化合物の名称として、正しいものはどれか。
問題 25
選択肢
  1. 1.エタノール
  2. 2.キシレン
  3. 3.酢酸
  4. 4.ベンゼン
  5. 5.アセトン
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 1類から6類の危険物について、正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.1気圧、20℃で引火するものは、すべて危険物である。
  2. 2.すべての危険物に引火点がある。
  3. 3.すべて燃焼する。
  4. 4.すべての危険物が、炭素、酸素、水素を含有している。
  5. 5.1気圧、20℃で固体又は液体である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第4類の危険物の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.すべて可燃性で、水に溶けないものが多い。
  2. 2.常温(20℃)で、すべて液体である。
  3. 3.水溶性のものは、水で薄めると引火点が低くなる。
  4. 4.すべて蒸気比重は1より大きい。
  5. 5.液体の比重は、1より小さいものが多い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 空気との接触及び日光の下、揮発性の過酸化物を生成しやすいものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.ジエチルエーテル
  2. 2.二硫化炭素
  3. 3.ベンゼン
  4. 4.ピリジン
  5. 5.エチルメチルケトン
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 ガソリンを貯蔵していたタンクに灯油を入れるときは、タンク内のガソリンの蒸気を完全に除去してから入れなければならないが、その理由として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.タンク内に充満していたガソリンの蒸気が灯油と混合して熱を発生し、発火することがあるから。
  2. 2.タンク内のガソリンの蒸気が灯油と混合することにより、ガソリンの引火点が高くなるから。
  3. 3.タンク内に充満していたガソリンの蒸気が灯油に吸収されて燃焼範囲の濃度に薄まり、かつ、灯油の流入で発生した静電気の火花で引火することがあるから。
  4. 4.タンク内のガソリンの蒸気が灯油の蒸気と混合するとき発熱し、その熱で灯油の温度が高くなるから。
  5. 5.タンク内のガソリンの蒸気が灯油と混合して、灯油の発火点が著しく低くなるから。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 静電気により引火するおそれのある危険物を取り扱うときの火災予防対策として、次のA〜Dのうち正しいもののみを掲げているものはどれか。
A.作業者は絶縁性の高い手袋や履物を着用する。
B.危険物の機器は接地する。
C.危険物を貯蔵容器から他のタンク等に注入するときは、なるべく流速を速くして短時間で行う。
D.床に散水するなどして、室内の湿度を高くする。
選択肢
  1. 1.AB
  2. 2.AC
  3. 3.BC
  4. 4.BD
  5. 5.CD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.蒸気は空気より重い。
  2. 2.二硫化炭素より発火点は低い。
  3. 3.ジエチルエーテルより燃焼範囲は広い。
  4. 4.引火点は常温(20℃)より高い。
  5. 5.水より重い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 灯油の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.霧状になって浮遊するときは、火がつきやすい。
  2. 2.灯油の中にガソリンを注入しても混ざり合わず、やがて分離する。
  3. 3.引火点は40℃以上である。
  4. 4.加熱等により引火点以上に液温が上がったときは、火花等により引火の危険がある。
  5. 5.流動等により静電気が発生する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 動植物油類の性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.水に溶けない。
  2. 2.引火点以上に熱すると、引火危険が生じる。
  3. 3.乾性油は、ぼろ布等にしみ込ませて積み重ねておくと、自然発火することがある。
  4. 4.燃えているとき、液温が非常に高くなっているので、注水すると危険である。
  5. 5.引火点は300℃程度である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 引火点が低いものから高いものの順になっているものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.自動車ガソリン < トルエン < ギヤー油
  2. 2.自動車ガソリン < 灯油 < トルエン
  3. 3.自動車ガソリン < ギヤー油 < 重油
  4. 4.トルエン < 自動車ガソリン < ギヤー油
  5. 5.トルエン < ギヤー油 < 灯油
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 トルエンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.無色透明の液体である。
  2. 2.水に溶けない。
  3. 3.引火点は常温(20℃)以上である。
  4. 4.濃硝酸と反応しトリニトロトルエンを生成することがある。
  5. 5.蒸気は空気より重い。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。