乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法別表第一で定めるアルコール類の組成等について、次の文の【  】内に当てはまるものはどれか。 「アルコール類とは、1分子を構成する炭素原子の数が1〜3個までの飽和1価アルコール(変性アルコールを含む。)をいい、その含有量が【  】未満の水溶液を除く。」
選択肢
  1. 1.50%
  2. 2.60%
  3. 3.70%
  4. 4.80%
  5. 5.90%
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、製造所等以外の場所で指定数量以上の危険物を、10日以内の期間、仮に貯蔵し、又は取扱う場合の申請手続きとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.消防長又は消防署長の承認を受ける。
  2. 2.都道府県知事に届け出る。
  3. 3.市町村長等に届け出る。
  4. 4.消防本部に届け出る。
  5. 5.危険物保安統括管理者の許可を受ける。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 現在、灯油を200 L貯蔵している。これと同一場所に貯蔵した場合、指定数量以上とみなされるものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.ガソリン ………100 L
  2. 2.重  油………1,000 L
  3. 3.軽  油………800 L
  4. 4.ギヤー油 ……… 1,500 L
  5. 5.ジエチルエーテル ………30 L
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、次に掲げる製造所等のうち、学校や病院等の建築物等から、一定の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられていないものはどれか。
選択肢
  1. 1.製造所
  2. 2.販売取扱所
  3. 3.屋外貯蔵所
  4. 4.屋外タンク貯蔵所
  5. 5.一般取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 製造所等に設置する消火設備の区分について、第3種の消火設備に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.水噴霧消火設備
  2. 2.粉末消火設備
  3. 3.不活性ガス消火設備
  4. 4.水蒸気消火設備
  5. 5.屋内消火栓設備
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 法令上、製造所等に設ける標識、掲示板について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.屋外タンク貯蔵所には、危険物の類、品名及び貯蔵最大数量又は取扱最大数量、指定数量の倍数並びに危険物保安監督者の氏名又は職名を表示した掲示板を設けなければならない。
  2. 2.移動タンク貯蔵所には、「危」と表示した標識を設けなければならない。
  3. 3.第4類の危険物を貯蔵する地下タンク貯蔵所には、「取扱注意」と表示した掲示板を設けなければならない。
  4. 4.給油取扱所には、「給油中エンジン停止」と表示した掲示板を設けなければならない。
  5. 5.第4類の危険物を貯蔵する屋内貯蔵所には、「火気厳禁」と表示した掲示板を設けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 市町村長等から出される使用停止命令に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等の位置・構造・設備を無許可で使用、変更したとき。
  2. 2.製造所等を完成検査済証の交付前に使用したとき。
  3. 3.製造所等の定期点検の実施・記録・保存がなされないとき。
  4. 4.製造所等の措置命令に違反したとき。
  5. 5.危険物の貯蔵・取扱いを休止して、その届出を怠っているとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等の所有者等が市町村長等に届け出なくてもよいものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.危険物の品名、数量を変更しようとするとき。
  2. 2.危険物保安監督者を解任したとき。
  3. 3.危険物施設保安員を定めたとき。
  4. 4.製造所等の譲渡を受けたとき。
  5. 5.製造所等を廃止したとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、製造所等の定期点検について、次のうち誤っているものはどれか。ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢
  1. 1.丙種危険物取扱者は、この点検を行うことができない。
  2. 2.製造所等の所有者等は、点検の記録を作成し、これを一定期間保存しなければならない。
  3. 3.製造所等の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合しているかどうかについて行う。
  4. 4.乙種危険物取扱者は、この点検を行うことができる。
  5. 5.危険物施設保安員は、この点検を行うことができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、製造所等において、危険物取扱者以外の者が危険物を取り扱う場合、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.第1類危険物の資格を有する者が立会っても、第2類の危険物の取扱作業はできない。
  2. 2.甲種危険物取扱者の立会いがあれば、すべての類の取扱作業ができる。
  3. 3.丙種危険物取扱者は、取扱作業の立会いはできない。
  4. 4.製造所等以外の場所で指定数量未満の危険物を取り扱う場合は、市町村条例によって規制される。
  5. 5.製造所等において、取り扱う危険物の数量が指定数量未満であれば、危険物取扱者の立会いがなくてもを取扱作業ができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 危険物取扱者免状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.免状を亡失又は破損した場合は、免状を交付又は書換えをした都道府県知事に再交付の申請をすることができる。
  2. 2.免状は、それを取得した都道府県の範囲だけでなく、全国で有効である。
  3. 3.免状の返納を命じられた者は、その日から起算して6ヶ月を経過しないと免状の交付を受けることができない。
  4. 4.免状を亡失して再交付を受けた者が亡失した免状を発見した場合は、これを10日以内に免状の再交付を受けた都道府県知事に提出すること。
  5. 5.免状に記載されている事項に変更が生じたときは、交付した都道府県知事又は居住地、若しくは勤務地を管轄する都道府県知事にその書換えを申請しなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.指定数量未満の危険物の貯蔵・取扱いの基準は、市町村条例で定められている。
  2. 2.移動タンク貯蔵所は、種類、数量に関係なく危険物保安監督者の選任が必要である。
  3. 3.製造所等の譲渡をうけたときは、遅滞なく、届け出なければならない。
  4. 4.製造所等に消防職員が、立ち入り、検査や質問をすることがある。
  5. 5.特定の製造所等の所有者、管理者又は占有者は危険物保安監督者を選任又は解任したとき、遅滞なく、届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、都道府県知事が行う危険物の取扱作業の保安に関する講習について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.製造所等において継続して危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者は、前回の保安講習を受講した日以後における最初の4月1日から3年以内に講習を受けなければならない。
  2. 2.製造所等において危険物の取扱作業に従事することとなった日の過去2年以内に免状の交付を受けている危険物取扱者は、当該免状の交付を受けた日以後における最初の4月1日から3年以内に講習を受けなければならない。
  3. 3.免状を取得した都道府県に限らず、全国どこでも受講できる。
  4. 4.製造所等において危険物の取扱作業に従事することとなった日の過去2年以内に講習を受けている危険物取扱者は、当該講習を受けた日以後における最初の4月1日から5年以内に講習を受けなければならない。
  5. 5.2年前に免状の交付を受け、危険物の取扱作業に従事していなかった危険物取扱者が、新たに危険物の取扱作業に従事することとなった場合は、従事することとなった日から1年以内に講習を受けなければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 危険物の運搬について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.運搬容器は収納口を上に向けて積載しなければならない。
  2. 2.運搬容器および包装の外部に危険物の品名、数量等を表示して積載しなければならない。
  3. 3.運搬する危険物が指定数量以上のときは、危険物運搬車両に標識と消火設備を設置しなければならない。
  4. 4.特殊引火物を運搬する場合は、直射日光をさけるため、遮光性の被覆で覆わなければならない。
  5. 5.指定数量の10倍以上の危険物を車両で運搬する場合は、その都度、市町村長等に届出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、次のA〜Dのうち製造所等における危険物の貯蔵・取扱いの基準に適合しているものの組合せはどれか。
A.屋外貯蔵所において、引火点40℃の第2石油類を金属製ドラム缶(上部固定式のもの)に密封して貯蔵する。
B.危険物の残存している設備、機械器具、容器等を修理する際は、安全な場所において危険物を完全に除去した後に行うこと。
C.屋内貯蔵所において、容器に収納して貯蔵する危険物の温度が80度を超えないように必要な措置を講ずる。
D.険物を配合する室を設けていない第1種販売取扱所において、シンナー(第1石油類)を顧客が持参した容器に詰め替えて販売する。
選択肢
  1. 1.AB
  2. 2.AC
  3. 3.BC
  4. 4.BD
  5. 5.CD
回答欄 1 2 3 4 5

物理・化学

問題 16 燃焼の三要素がそろっている組み合わせとして正しいものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1.酸素……………………空気………………衝撃火花
  2. 2.ジエチルエーテル……空気………………静電気火花
  3. 3.エタノール……………水素………………電気火花
  4. 4.水素……………………灯油………………赤外線
  5. 5.ガソリン………………一酸化炭素………紫外線
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 メタノールの完全燃焼したときの化学反応式として、次の【 】内の @ 〜 Bに当てはまる数字および化学式の組合せとして、正しいものはどれか。
【 @ 】CH3OH + 【 A 】O2  →  2【 B 】 + 4H2O

問題 17
選択肢
  1. 1.@―2、A―3、B―CO2
  2. 2.@―2、A―3、B― CO
  3. 3.@―3、A―2、B― HCHO
  4. 4.@―3、A―2、B― CH4
  5. 5.@―4、A―3、B― CO2
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 有機物の燃焼についての記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.蒸発又は分解して発生するガスが炎をあげて燃えることが多い。
  2. 2.燃焼に伴って発生する明るい炎は、高温の炭素粒子が光っているものである。
  3. 3.空気の量が少ないと、発生するススの量が多くなる。
  4. 4.分子中の炭素の量が多いと、発生するススの量も多くなる。
  5. 5.不完全燃焼すると、二酸化炭素が発生する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 二酸化炭素消火剤について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.化学的に不安定である………火災の際、放射した二酸化炭素が熱により分解し一酸化炭素になり、消火中に爆発することがある。
  2. 2.消火後の汚損が少ない………泡消火剤などにくらべ、使用後の機器の汚損が少ない。
  3. 3.電気絶縁性が悪い………電気絶縁性が悪いので、電気火災には使用できない。
  4. 4.長期貯蔵ができない………長期間の貯蔵は、劣化が進むので定期的に詰め替えをしなければならない。
  5. 5.人体に対する影響がない………人体に対する影響はないので、密閉された室内で使用するとき、内部にいる人を非難させる必要がない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 引火、発火等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.同一の可燃性物質においては、一般に発火点の方が引火点よりも高い数値を示す。
  2. 2.発火点とは、空気中で可燃物を加熱したとき、火源がなくても自ら発火する最低の温度をいう。
  3. 3.燃焼点とは、可燃性液体が継続して燃焼するのに必要な濃度の蒸気を発生する液温をいう。
  4. 4.引火点とは、可燃性液体が燃焼範囲の上限値の濃度の蒸気を発生する液温をいう。
  5. 5.同一の可燃性物質においては、一般に引火点よりも燃焼点の方が高い数値を示す。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 2つの異なる絶縁性固体を摩擦するときに、次のうち静電気の発生に最も影響しないものはどれか。
選択肢
  1. 1.温度
  2. 2.表面状態
  3. 3.照度
  4. 4.不純物
  5. 5.速度
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 有機化合物に関する説明として誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.有機化合物の成分元素は、主に炭素、水素、酸素で構成されていて、リン、硫黄、窒素、ハロゲンが含まれているものがある。
  2. 2.有機化合物は炭素の共有結合で構成されていて、鎖状や環状構造物をつくる。
  3. 3.有機化合物の多くは水に溶けにくく、有機溶媒に溶けやすい。
  4. 4.有機化合物は、一般的に融点及び沸点の低いものが多い。
  5. 5.有機化合物は、一般的に燃えやすく、完全燃焼すると主に、一酸化炭素と水を生成する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 炭素が完全燃焼したときの熱化学方程式は C+O2 =CO2 +394 kJである。
788 kJの熱量が発生した場合は、炭素は何g完全燃焼したこととなるか。
炭素の原子量は12とする。
選択肢
  1. 1.12g
  2. 2.24g
  3. 3.36g
  4. 4.48g
  5. 5.60g
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 次の反応のうち、(  )内の物質が還元されているのはどれか。
選択肢
  1. 1.(黄リン)が燃焼して五酸化リンになった。
  2. 2.(アルコール)が燃焼して二酸化炭素と水になった。
  3. 3.(木炭)が燃焼して二酸化炭素になった。
  4. 4.(二酸化炭素)が赤熱した木炭に触れて一酸化炭素になった。
  5. 5.(銅)を熱したら黒く変色した。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 次の構造化学式をもつ化合物の名称として、正しいものはどれか。
問題 25
選択肢
  1. 1.エタノール
  2. 2.キシレン
  3. 3.酢酸
  4. 4.ベンゼン
  5. 5.アセトン
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の一般的な性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.第1類の危険物は、酸素を含有しているので、内部(自己)燃焼する。
  2. 2.第2類の危険物は、水と作用して激しく発熱する。
  3. 3.第3類の危険物は、可燃性の強酸である。
  4. 4.第5類の危険物は、外部から酸素の供給がなくても、燃焼するものが多い。
  5. 5.第6類の危険物は、可燃性で強い酸化剤である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 「給油取扱所の地下専用タンクに移動貯蔵タンクから危険物を注入する際、作業者が誤って注入ホースを他のタンクの注入口に結合したため、この地下専用タンクの計量口からガソリンが噴出した。」
このような事故を防止するための留意事項として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.注入開始前に、移動貯蔵タンクと注入する地下専用タンクの油量を確認する。
  2. 2.注入ホースを結合する際、注入口を確認する。
  3. 3.地下専用タンクの注入管に過剰注入防止装置を設置する。
  4. 4.地下専用タンクの計量口を、注入中は必ず開放し、常にガソリンの注入量を確認する。
  5. 5.注入作業は、給油取扱所と移動タンク貯蔵所の両方の危険物取扱者が立会い、誤りの無いことを確認し実施する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 灯油の貯蔵、取扱いについて、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.蒸気は空気より軽いので、換気口は室内の上部に設ける。
  2. 2.静電気が発生しやすいので、激しい動揺または流動をさける。
  3. 3.常温(20℃)で分解し、発熱するので、冷所に貯蔵する。
  4. 4.直射日光により過酸化物を生成するおそれがあるので、容器に日覆いをする。
  5. 5.空気中の湿気を吸収して、爆発するので、容器に不活性ガスを封入する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 第4類の危険物の消火方法として,次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.粉末消火剤は効果がある。
  2. 2.二酸化炭素消火剤は効果がある。
  3. 3.泡消火剤は効果がある。
  4. 4.棒状の強化液消火剤は効果がある。
  5. 5.ハロゲン化物消火剤は効果がある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 第4類の危険物の一般的な性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.沸点の低い物質は、引火の危険性が大きい。
  2. 2.静電気が発生しやすく、静電気の火花により引火する危険性がある。
  3. 3.燃焼範囲の下限値が高いもの、または燃焼範囲の狭いものは危険性が高い。
  4. 4.液温が高くなるに従って、可燃性蒸気の発生量も多くなる。
  5. 5.発火点以上の温度になると、火源がなくても発火する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの性状として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1.引火点は20℃以上である。
  2. 2.紫色に着色されている。
  3. 3.比重は1より大きい。
  4. 4.発火点は約300℃である。
  5. 5.燃焼範囲はおおむね6〜36vol%である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 灯油の性質について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.電気の導体である。
  2. 2.霧状にしたものは火がつきやすい。
  3. 3.水に溶けない。
  4. 4.引火点は40℃以上である。
  5. 5.水より軽い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 重油の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1.褐色又は暗褐色の粘性のある液体である。
  2. 2.一般に水より重い。
  3. 3.C重油の引火点は70℃以上である。
  4. 4.ぼろ布に染み込んだものは、火がつきやすい。
  5. 5.火災の際は、窒息消火が効果的である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 次のA〜Cの性状をすべて有する危険物はどれか。
A 引火点は0℃以下である。
B 水より軽い。
C 水によく溶ける。
選択肢
  1. 1.二硫化炭素
  2. 2.酢酸
  3. 3.ベンゼン
  4. 4.トルエン
  5. 5.アセトアルデヒド
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 第4類のアルコール類に共通する性状として、次のうち誤っているものはどれか。

問題 35
選択肢
  1. 1.無色透明な液体である。
  2. 2.水より軽い。
  3. 3.沸点は水より高い。
  4. 4.蒸気は空気より重い。
  5. 5.特有の芳香を持つ。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。