【No.168】乙種第4類危険物取扱者 模擬試験


法令

問題 1 法別表第1で定める動植物油類について、次の文の【  】内のA及びBに当てはまる語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
「動植物油類とは、動物の脂肉等又は植物の種子若しくは果肉から抽出したものであって、1気圧において【 A 】が【 B 】℃未満のものをいい、 総務省令で定めるところにより貯蔵保管されているものを除く。」
選択肢
回答欄 1 2 3 4 5

問題 2 法令上、製造所等以外の場所において、指定数量以上の危険物を仮に貯蔵し、又は取り扱う場合の基準について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 貯蔵しようとする日から10日以内に市町村長等に申し出なければならない。
  2. 2. 貯蔵する期間は20日以内としなければならない。
  3. 3. 貯蔵する危険物の量は、指定数量の倍数が10以下としなければならない。
  4. 4. 製造所等以外の場所で指定数量以上の危険物を仮に貯蔵し、又は取り扱う場合は、危険物保安監督者を選任しなければならない。
  5. 5. 消防長又は消防署長の承認を受けないで仮に貯蔵し、又は取り扱っている場合は、危険物の除去を命ぜられることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 3 法令で定める第4類の危険物の指定数量について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 特殊引火物の指定数量は、第4類の危険物の中で最も少ない量である。
  2. 2. 第1石油類の水溶性液体とアルコール類の指定数量は同じである。
  3. 3. 第2石油類の水溶性液体と第3石油類の非水溶性液体の指定数量は同じである。
  4. 4. 第1石油類、第2石油類及び第3石油類は、各類との水溶性液体の指定数量は、非水溶性液体の2倍である。
  5. 5. 第3石油類の水溶性液体と、第4石油類の指定数量は同じである。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 4 法令上、製造所等において危険物を貯蔵し、又は取り扱う建築物等の周囲に保有しなければならない空地の幅として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋外貯蔵所の空地の幅は、貯蔵する危険物の類に応じて定められている。
  2. 2. 屋内貯蔵所の空地の幅は、軒高に応じて定められている。
  3. 3. 一般取扱所の空地の幅は、取り扱う危険物の品名に応じて定められている。
  4. 4. 製造所の空地の幅は、取り扱う危険物の指定数量の倍数に応じて定められている。
  5. 5. 屋外タンク貯蔵所の空地の幅は、屋外貯蔵タンクの容量に応じて定められている。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 5 法令上、製造所等に設置する消火設備の区分について、第4種消火設備に該当するものはどれか。
選択肢
  1. 1. 屋内消火栓設備
  2. 2. スプリンクラー設備
  3. 3. 泡消火設備
  4. 4. 消火粉末を放射する大型の消火器
  5. 5. ハロゲン化物を放射する小型の消火器
回答欄 1 2 3 4 5

問題 6 指定数量の10倍以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う製造所等には、火災が発生した場合、自動的に作動する火災報知設備その他の警報設備の設置が義務付けられている。次のA〜Dのうち、自動火災報知設備を設けなくてもよいものの組合せはどれか。

A.延べ面積500u以上の製造所
B.移動タンク貯蔵所
C.平屋建て以外の屋内タンク貯蔵所で著しく消火困難に該当するもの
D.屋内給油取扱所以外の給油取扱所
選択肢
  1. 1. AとB
  2. 2. AとC
  3. 3. AとD
  4. 4. BとD
  5. 5. CとD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 7 法令上、製造所等の所有者等が、あらかじめ市町村長等に届け出なければならないものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等の譲渡又は引渡しをしたとき。
  2. 2. 製造所等の位置、構造、設備を変更しないで、貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名・数量又は指定数量の倍数を変更しようとするとき。
  3. 3. 製造所等の用途を廃止したとき。
  4. 4. 危険物保安監督者を定めなければならない製造所等において、危険物保安監督者を定めたとき。
  5. 5. 危険物施設保安員を定めなければならない製造所等において、危険物施設保安員を定めたとき。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 8 法令上、製造所等の所有者等に対して、市町村長等が許可の取り消しを命ずることができる事由として、次のA〜Dのうち該当するもののみの組合せはどれか。
A.危険物保安統括管理者を定めなければならない事業所で、それを定めていないとき。
B.定期点検を行わなければならない製造所等において、定期に点検を行っていないとき。
C.製造所等の位置、構造、設備に係る措置命令に違反したとき。
D.予防規程を定めなければならない製造所等で、定めていなかったとき。
選択肢
  1. 1. AとB
  2. 2. AとC
  3. 3. BとC
  4. 4. BとD
  5. 5. CとD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 9 法令上、次に掲げる製造所等のうち、定期点検が義務付けられていないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 指定数量の倍数が10以上の製造所
  2. 2. 地下タンク貯蔵所
  3. 3. 移動タンク貯蔵所
  4. 4. 地下タンクを有する給油取扱所
  5. 5. 第2種販売取扱所
回答欄 1 2 3 4 5

問題 10 法令上、免状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 免状は、危険物取扱者試験に合格した者に対し都道府県知事が交付する。
  2. 2. 免状に記載されている事項に変更が生じたときは、交付した都道府県知事又は居住地、もしくは勤務地を管轄する都道府県知事に遅滞なくその書換えを申請しなければならない。
  3. 3. 免状を亡失又は破損した場合は、免状を交付又は書換えをした都道府県知事に再交付の申請をすることができる。
  4. 4. 免状を亡失して再交付を受けた者が亡失した免状を発見した場合は、これを遅滞なく免状の再交付を受けた都道府県知事に提出しなければならない。
  5. 5. 免状は、それを取得した都道府県の範囲だけでなく、全国で有効である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 11 法令上、危険物取扱者と危険物取扱者以外の者についての記述で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等において、甲種危険物取扱者の立会いがあれば、危険物取扱者以外の者も危険物を取り扱うことができる。
  2. 2. 製造所等において、乙種危険物取扱者が自ら取り扱うことができる危険物の立会いをすれば、危険物取扱者以外の者も危険物を取り扱うことができる。
  3. 3. 丙種危険物取扱者は、危険物取扱者以外の者の危険物の取扱いに立ち会うことはできない。
  4. 4. 危険物取扱者免状は、甲種、乙種、丙種の3種類がある。
  5. 5. 製造所等において、危険物の数量が指定数量未満であれば、危険物取扱者の立会いがなくても危険物取扱者以外の者は危険物を取り扱うことができる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 12 法令上、製造所等の区分、及び貯蔵し又は取り扱う危険物の品名、数量等に関係なく、すべての製造所等の所有者等に共通して義務づけられていることは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 製造所等に危険物保安監督者を定める。
  2. 2. 製造所等に自衛消防組織を置く。
  3. 3. 製造所等の位置、構造及び設備を技術上の基準に適合するよう維持する。
  4. 4. 製造所等の火災を予防するため、予防規程を定める。
  5. 5. 製造所等に危険物施設保安員を定める。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 13 法令上、移動タンク貯蔵所による危険物の貯蔵・取扱い及び移送について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物取扱者免状は、常置場所のある事務所で保管している。
  2. 2. 移動貯蔵タンクの底弁、マンホール及び注入口のふた、消火器等の点検は、1月に1回以上行なわなければならない。
  3. 3. 休憩等のため移動タンク貯蔵所を一時停止させるときは、その都度、消防機関等に通報しなければならない。
  4. 4. ガソリンを移送する移動タンク貯蔵所には、丙種危険物取扱者が乗車することができる。
  5. 5. 定期的に危険物を移送する場合は、移送経路その他必要な事項を、出発地を管轄する消防署へ届け出なければならない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 14 液体の危険物が入った未開封容器の表示が汚れてしまい、「危険等級V」「水溶性」「火気厳禁」の表示のみが読み取れた。 この危険物の類として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 2類
  2. 2. 3類
  3. 3. 4類
  4. 4. 5類
  5. 5. 6類
回答欄 1 2 3 4 5

問題 15 法令上、製造所等においてする危険物の貯蔵及び取扱いのすべてに共通する技術上の基準として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 危険物のくず、かす等は、1日に1回以上当該危険物の性質に応じて、安全な場所で廃棄その他適当な処置をしなければならない。
  2. 2. 危険物が残存し、又は残存しているおそれがある設備、機械器具、容器等を修理する場合は、適宜換気をしながら行わなければならない。
  3. 3. 危険物を保護液中に貯蔵する場合は、危険物の状態が確認できるよう、その一部を保護液から露出させておかなければならない。
  4. 4. 貯留設備又は油分離装置にたまった危険物は、十分に希釈して濃度を下げてから下水道等に排水しなければならない。
  5. 5. 製造所等においては、一切の火気を使用してはならない。
回答欄 1 2 3 4 5

物理学・化学

問題 16 燃焼に関する一般的な説明として、次のA〜Dのうち、正しいもののみの組合せはどれか。
A.硝酸、過酸化水素、塩素酸カリウムなどの酸化剤は、酸素供給源として作用することもある。
B.燃焼が始まるためには、可燃性物質、酸素供給源、点火源の3つが同時に存在する必要がある。
C.鉄がさびて酸化鉄になる酸化反応は、燃焼にあたる。
D.線香が無炎燃焼しているとき、風などの影響で酸素の供給量が増加することにより、有炎燃焼に移行することがある。
選択肢
  1. 1. A、D
  2. 2. B、C
  3. 3. C、D
  4. 4. A、B、D
  5. 5. A、C、D
回答欄 1 2 3 4 5

問題 17 次の燃焼の化学反応式のうち、誤っているものはどれか。
選択肢
回答欄 1 2 3 4 5

問題 18 粉じん爆発について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 可燃性固体の微紛が空中に浮遊しているとき、なんらかの火源により爆発することをいう。
  2. 2. 開放空間では粉じん爆発はおこりにくい。
  3. 3. 粉じんと空気が適度に混合しているときに粉じん爆発はおこる。
  4. 4. 紛じんの粒子が大きいときは、浮遊しにくいので粉じん爆発をおこしにくい。
  5. 5. 有機物が紛じん爆発したとき、燃焼が完全なので一酸化炭素が発生することはない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 19 消火には、除去消火、窒息消火、冷却消火、抑制作用による消火があるが、次のそれぞれの説明のうち誤っているものはどれか。
選択肢
  1. 1. 除去消火は、燃焼するのに必要な可燃物を取り除くことにより消火する方法で、ガスの元栓を閉めて消火するのがこれにあたる。
  2. 2. 窒息消火は、燃焼するのに必要な酸素の供給を遮断することにより消火する方法で、窒素消火剤で酸素の濃度を低くして消火するのがこれにあたる。
  3. 3. 窒息消火は、可燃物の内部の酸素により燃焼している場合は、効果がない。
  4. 4. 冷却消火は、燃焼物の温度を下げることにより消火する方法で、一般的なものとして、ロウソクの炎等を吹き消すように、冷風を送風して消火するのがこれにあたる。
  5. 5. 抑制作用による消火は、可燃物の分子が次々と活性化し、連鎖的な酸化反応が進行するのを抑制することにより消火する方法で、ハロゲン化物消火剤を放射して消火するのがこれにあたる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 20 次に示す性質を有する物質に関する説明として、正しいものはどれか。
沸点 ……………… 111℃
燃焼範囲 ………… 1.2〜7.1vol%
液比重 …………… 0.87
蒸気比重 ………… 3.14
引火点 …………… 4.4℃
発火点 …………… 480℃
選択肢
  1. 1. この液体2kgの容量は1.74Lである。
  2. 2. 空気中で、炎を近づけると引火するのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生する最低の液温は4.4℃である。
  3. 3. 蒸気の重さは、水蒸気の3.14倍である。
  4. 4. 111℃になるまで、飽和蒸気圧を示さない。
  5. 5. 炎を近づけても、480℃になるまでは燃焼しない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 21 絶縁性物質の静電気発生の防止及び抑制について、一般的な方法として適切でないものは、次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 接触面積を小さくする。
  2. 2. 接触状態のものをすばやく引きはがす。
  3. 3. 接触圧力を低くする。
  4. 4. 接触の回数を少なくする。
  5. 5. 摩擦速度を小さくする。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 22 化学の用語の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
  1. 1. 物質をつくり上げている粒子は絶えず運動しており、粒子の運動を電気泳動という。
  2. 2. 体積と蒸気圧の関係を示す曲線を蒸気圧曲線という。
  3. 3. 液体の飽和蒸気圧が外気の圧力に等しくなるときの液体の温度を沸点いう。
  4. 4. 固体から液体の状態を経ないで直接気体となることを拡散という。
  5. 5. 固体、液体、気体が平衡状態で共存する点を臨界点という。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 23 金属のイオン化傾向の説明について、次のA〜Dのうち正しいもののみの組合せはどれか。
A.イオン化傾向の小さい金属の単体は、イオン化傾向の大きい金属の単体よりも酸化されやすい。
B.イオン化傾向の大きい金属の単体には、希硫酸や希塩酸と反応して水素を発生するものがある。
C.金属のイオン化傾向と金属の反応性との関係は、ほとんどない。
D.イオン化傾向の異なる金属を組合せて、酸化還元反応を利用して電池ができる。
選択肢
  1. 1. AとB
  2. 2. AとC
  3. 3. BとC
  4. 4. CとD
  5. 5. BとD
回答欄 1 2 3 4 5

問題 24 標準状態0℃、1気圧(1.013 × 105Pa)において、33.6Lの一酸化炭素の質量として正しいものはどれか。
なお、0℃、1気圧(1.013×105 Pa)の気体1molの体積は、22.4 Lで、原子量はC=12、O=16とする。
選択肢
  1. 1. 28g
  2. 2. 33.6g
  3. 3. 42g
  4. 4. 50.4g
  5. 5. 61.6g
回答欄 1 2 3 4 5

問題 25 中性子の数が7である原子として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢
回答欄 1 2 3 4 5

性質

問題 26 危険物の類ごとの性状について、次のうち妥当でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 第1類の危険物は酸化性の液体で、周囲の可燃物の燃焼を著しく促進する。
  2. 2. 第2類の危険物は可燃性の固体で、低温で引火するものがある。
  3. 3. 第3類の危険物は固体又は液体で、空気中で発火するものがある。
  4. 4. 第5類の危険物は自己反応性の固体又は液体で、燃焼速度が速い。
  5. 5. 第6類の危険物は不燃性の液体であるが、有機物と混ぜるとこれを酸化し、着火させることがある。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 27 第2石油類の性状について、次のうち妥当でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 引火点が20℃以下のものはない。
  2. 2. 比重は1より大きく、水に沈むものがある。
  3. 3. 水に溶けるものがある。
  4. 4. 蒸気比重は1より大きい。
  5. 5. 発火点はすべて、第1石油類より高く、第3石油類より低い。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 28 第4類の危険物の一般的な性状について、次のうち妥当でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 水に溶けるものが多い。
  2. 2. 1気圧20℃で、液体である。
  3. 3. 電気の不良導体であり、静電気が蓄積されやすい。
  4. 4. 燃焼範囲の上限界が65vol%を超えるものはない。
  5. 5. 発火点が650℃を超えるものはない。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 29 エタノールやアセトンが大量に燃えているときの消火方法として、次のうち妥当なものはどれか。
選択肢
  1. 1. 乾燥砂を散布する。
  2. 2. 水溶性液体用泡消火剤を放射する。
  3. 3. 膨張ひる石を散布する。
  4. 4. 棒状注水をする。
  5. 5. 一般の泡消火剤を放射する。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 30 危険物を取り扱う地下埋設配管(鋼管)が腐食して危険物が漏えいする事故が発生している。その腐食の原因として、考えにくいものは次のうちどれか。
選択肢
  1. 1. 地下水位が高く、常時、配管の上部が乾燥し、下部が湿っている。
  2. 2. 配管埋設の際、工具が落下し被覆がはげたことに気づかず、配管を埋設した。
  3. 3. コンクリートの中に配管を埋設した。
  4. 4. 電気機器のアースをとるため、銅の棒を地中に打ち込んだ際に、配管と銅の棒が接触した。
  5. 5. 埋設した配管の近くに、直流の電気設備を設置したため、迷走電流の影響が大きくなった。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 31 自動車ガソリンの一般的性状について、次のうちA〜Eのうち妥当でないもののみを掲げているものはどれか。
A.揮発性が高く、蒸気比重は1より大きい。
B.燃えやすく、沸点まで加熱すると発火する。
C.電気の不導体で静電気が発生しやすい。
D.燃焼範囲の上限界は10vol %を超える。
E.引火点が低く、冬の屋外でも引火の危険性がある。
選択肢
  1. 1. AとB
  2. 2. BとD
  3. 3. CとD
  4. 4. DとE
  5. 5. C とE
回答欄 1 2 3 4 5

問題 32 軽油の性状について、次のうち妥当でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 沸点は水の沸点よりも高い。
  2. 2. 水に溶けない。
  3. 3. 蒸気比重は1より小さい。
  4. 4. ディーゼル機関等で燃料として用いられる。
  5. 5. 引火点は45℃以上である。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 33 酢酸の性状について、次のうち妥当でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 一般に、高純度のものは約15〜16℃以下で固体になる。
  2. 2. 刺激臭を有する無色透明の液体である。
  3. 3. 水溶液は、腐食性はない。
  4. 4. 20℃では引火の危険性はない。
  5. 5. 青い炎をあげて燃焼し、二酸化炭素と水蒸気になる。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 34 特殊引火物の性状について、次のうち妥当でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 二硫化炭素は無臭の液体で、水より軽く、水に溶ける。
  2. 2. 二硫化炭素は燃焼すると有毒な二酸化硫黄を発生する。
  3. 3. ジエチルエーテルは日光や空気に長くさらされることにより、爆発性の過酸化物を生じる。
  4. 4. アセトアルデヒドは加圧下で空気と接触させると、爆発性の過酸化物を生成するおそれがある。
  5. 5. アセトアルデヒドはエタノールの酸化によって生成される。
回答欄 1 2 3 4 5

問題 35 ベンゼンの性状について、次のうち妥当でないものはどれか。
選択肢
  1. 1. 蒸気比重は1より大きい。
  2. 2. 引火点は、0℃より低い。
  3. 3. 発生する蒸気の毒性が強い。
  4. 4. 水と反応して発熱する。
  5. 5. 流動等により静電気が発生しやすい。
回答欄 1 2 3 4 5



お疲れ様でした。
「採点」ボタンを押して試験結果を確認してください。